中華街の魅力 さん プロフィール

  •  
中華街の魅力さん: 中華街の魅力
ハンドル名中華街の魅力 さん
ブログタイトル中華街の魅力
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/to-sai00
サイト紹介文齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供476回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2015/02/18 09:43

中華街の魅力 さんのブログ記事

  • 中華街の春節④ 旧正月の食文化
  • 旧正月の食文化 http://www.yakuzenro.jp/room/jijyo/kyu_shougatu.htm中国の正月中国では旧正月から新年が始まるという感覚が一般的です。新暦の正月は日本でいう祝日といった程度で、旧正月に盛大な新年のお祝いをします。官公庁や一般の企業もこの時期は10日から2週間程度の長い休みになります。おせちの準備旧暦の12月8日を過ぎる頃になると、古い伝統を保っている農村の主婦たちは正月を迎える食べ物の準備で忙しくな [続きを読む]
  • 中華街の春節② こんな料理
  • 中国のお正月料理 http://www.worldfoodsnavi.com/china/report/245/日本では12月も後半となると、日に日にお正月ムードが漂ってきますね。もちろん、中国にもお正月はあるのですが、お祝いをする日が全く違います。ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、中国では日本でいう、1月1日をお正月とはせず、旧暦の旧正月(春節)を正式なお正月としてお祝いします。したがって、2014年の旧正月は、1月31日になります [続きを読む]
  • 康華楼の面白いサービス。北門もこれから楽しい時期。
  • 「3800円飲み放題」とされているコースであるが、最近では珍しいダブル、いやトリプルサービスかもしれない。まずは、飲み放題であるが、焼酎(茜霧島「芋焼酎」)がつくらしい。飲み放題で多分銘柄品の追加と言うことだろうが、茜霧島というのはそういう酒なのだろうか。後は人数ごとに「料理」「幹事無料」などが追加されるらしい。私として試したわけではないが、もう少し料理にこだわってもよいのかもしれない。康華楼(北門)では、 [続きを読む]
  • 中華街の春節① こんな行事
  • 中国春節(旧正月)2016 春節とは中国のお正月で伝統ある祝い事であり、中国だけではなく、全世界の華人にとって最も大切な伝統的な祝日です。春節は国民の祝日で多くの人は一週間の連休になります。 春節は4000年以上もの歴史があります。毎年、生贄にされなければならなかった神への信仰から始まったとされています。太陽暦が変わったとき、特に一年の終わりに影響を受けた農業では人々は五穀豊穣を願い神への生贄を捧げまし [続きを読む]
  • 中華街で3軒目。やはり締めは、私の好きな店「謝甜記弐号店」
  • この企画は 私が引率します sosamu@ya2.so-net.ne.jp参加したい方はご連絡ください。090−3436−8532ネットでカルチャー(散策・グルメ) 2軒のみ食べたところで帰ればよいのだが、ある程度お酒が入ると何かもう少し飲みたくなるのがおじさんの悪い習慣。最後は安心して飲める店にしてみた。謝甜記とのお付き合いは30年程度、私は変わらないが、社長も代替わり息子さんの事態になっている。 すいてはいたが、奥の円卓に案内し [続きを読む]
  • 中華街の魅力 知っておいてもよいこと その12 「広東道」
  • 「広東道」1.意外と知られていない良質の点心専門店。萬珍楼點心舗2.古代麺を扱う、コンシェルジュ飾磨を持つオーナーの店3.外観からすると中華料理店とは思えないが大ぶりのワンタンが非常においしい慶華飯店蓮「広東」④ ?蓮のランチも頑張っています「ユーリンチー(油淋鶏)」。500円。蓮「広東」①?蓮「広東」② 何か気になる「龍蓮(広東道)」、定食ランチがだされていた。?蓮「広東」③ 最近のお気に入りの店「 [続きを読む]
  • 見落としていたが、宏福楼の「定食」。
  • 独特のメニューも含まれている定食。すべてに「点心」「サラダ」がつくのもこの店らしい。A「魚の四川風激辛煮」B「ホルモンの東北風炒め」C「干し豆腐の四川豆腐炒め」、D「砂肝の鉄板焼き」などは他店舗ではなかなか出さないメニューなのかもしれない。魚料理も得意とする店舗。楽しみである。ビールも300円/杯、ありがたい。関内からはしご酒③ 野毛の割烹料理店「福家」で仕上げ。...宏福楼」で魚・小皿料理を楽しむ。...桜木 [続きを読む]
  • 中華街でランチをシェアしながら単品と組み合わせて楽しむ。永華楼。
  •  夏休み・お盆と合わさってしまった中華街。こうなるとどの店も混雑している。人数も5人と少なく、予約も入れてなかつたので、今日はランチをシェアしようということになった。大通りのまだ入ったことがない店舗がよいと思い、思いついたのは永華楼。入ったてみた。 やはり混雑している。1階の客席は満席。どうにか円卓を一つ開けてもらい座らせてもらった。頼んだランチは①エビチリ②青椒肉絲③中華うま煮④海鮮の塩炒め⑤海 [続きを読む]
  • 中華街の魅力 知っておいてもよいこと その10「関帝廟通り」
  • 「関帝廟通り」1.中華街唯一のクッキングスクール「馬クッキング」2.少し路地に入ると「徳記」、豚足そばがファンには人気3.日本国における新聞誕生の地4.清風楼し池上正太郎ゆかりの中華料理店。炒飯・焼売を主に勝負関帝廟通りのクッキングスクール「馬」も順調に営業している。中華街で料理を作ってみよう (点心体験講座とランチを楽しむ)馬クッキングスクール Official Bloghttp://blog.ma-cooking.jp/?day=2014052 [続きを読む]
  • 中華街の魅力 知っておいてもよいこと その9「福建路」
  • 「福建路」1.中華街に最近できた不思議な洋食店(レストラン)2.中国茶を学び飲むのであれば、緑苑(茗香閣)3.本来は肉系(焼き肉)を想定したが、現在は魚介主体「宏福楼」 現在でも焼き肉の換気扇は客席に残っているBeauty&the Beast(castle of the best)と言うおしゃれなフレンチレストランが昨年開業していた。第4回 中華街の老舗お茶教室、ランチシェアして食べて見ましょう 「茗香閣(緑苑)」+四五六菜館(本店) [続きを読む]
  • 中華街の魅力 知っておいてもよいこと その8「上海路」
  • 「上海路」1.午前中には売り切れ、路地の人気店「ちまき屋」2.おかゆの人気店「謝甜記貳号店」、いろいろなものが食べられる3.ビルまで持っている辰寿司。出前も中華街でしている。上海路、路地の路地で営んでいる「ちまき屋」。人気は衰えないらしい。道案内がつけられていた。たびたびマスコミにも紹介された裏路地のちまき屋は繁盛しているらしい。第2回 中華街 「中華粥とお任せコース」 謝甜記弐号店(上海路)三次会 謝 [続きを読む]