ryouma さん プロフィール

  •  
ryoumaさん: 田舎暮らしと野菜栽培
ハンドル名ryouma さん
ブログタイトル田舎暮らしと野菜栽培
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ryouma123jp
サイト紹介文田舎暮らしと素人の野菜栽培です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/02/18 12:10

ryouma さんのブログ記事

  • 8/14の各種ブドウの状況
  •  素人のブドウ栽培日記として8/14の各種ブドウの状況を載せてみることにした。今年はブドウの消毒用に家庭用電気で稼働する電動噴霧器を購入して、うどんこ病、炭素病、疫病、晩腐病、黒とう病、ベト病、廃色カビ病などの病気に早めに予防したのが幸いしたのか病気にもならずにりっぱなブドウがいまのところできている。 このままだとできすぎて夫婦二人ではとても食べきれなくなってしまう。ワインにしても飲みきれなくなってし [続きを読む]
  • 田植え後96日経過
  • 5月11日に田植えをして、その後96日が経過した。だいぶ稲穂が黄色がかってきた。今のところ台風による倒伏もなく順調に育っている。出穂から約50日後に稲刈りが可能になるので、出穂が7月11日だったので稲刈りは9月10日ごろか。無事収穫にこぎつけてほしいものだ。 素人が稲を栽培して4年目となるが命を維持することができるお米はなんと素晴らしい作物であるかとあらためと思ってしまう。ネットをしているので雀の被害も少ない。 [続きを読む]
  • 試しとり
  •  色づいた巨峰とふじみのりを試しどりをしてみた。 巨峰の方はまずまずの甘さだったがふじみのりの方はまだ酸っぱさが残っていて糖度がのってなく、もうしばらくかかりそうだ。                      巨峰巨峰ふじみのりふじみのりふじみのりは完全に真黒い色になってないので糖度が載っていないのではないかと思われる。  [続きを読む]
  • 上高地
  •  日本中がまるでフライパンで温められているような猛暑が続いている。 火星が地球に最も近い位置になってきているので大気圏内の高気圧の移動に変化が起きているのかもしれない。避暑を兼ねて上高地に行ってきたが上高地も朝こそ20度台の気温だが日中は30度を超す気温となっている。 乗鞍岳にも行き剣ケ峰にも登ったがやはり暑かった。                  河童橋          水が冷たくて(15度ぐらい [続きを読む]
  • メロンの収穫
  • メロンを栽培してみた。メロン栽培は素人では難しいといわれている。5月に、プリンスメロンとネット系のメロンの苗を購入して畑に植えてみた。 植えてからすぐに「ウリハムシ」の集中攻撃で葉が穴だらけにされ瀕死の状態になった。なので園芸店に行き、1本1,000円する噴霧式の農薬を散布したら、たちまちウリハムシが死滅して葉が食べられなくなり、その後順調に育ち収穫を迎えた。 プリンスメロンは何個か食べてみたがそれなり [続きを読む]
  • 防鳥網の設置
  •  だいぶ稲穂が出てきたので防鳥網を設置した。田舎の田んぼばかりのところでは雀がいなく面倒な雀対策の防鳥網を設置する必要はないのだが、JRの駅から徒歩5分の町の中にある田んぼなので雀が群れをなして乳化段階にある稲穂の米をくちばしで吸い取ってしまう。 なので大変ではあるが毎年時間と労力をかけてネットを張っている。           稲穂が垂れ始めている。           びっしりと稲穂が出ている。 [続きを読む]
  • 収穫
  •  桃「楊夏妃」の収穫期となった。 今年は摘果を大胆にしたため大きな桃ができた。袋掛けをしっかりしておくと虫も入らずりっぱな桃ができた。 [続きを読む]
  • 今年は豊作か
  •  みかん、デコポンなどの柑橘類は今年は豊作のようだ。昨年はみかんやデコポンはなることはなったが今年は木にびっしりと実をつけている。猛暑日が続くがこの天気のせいかわからないが豊作になりそうだ。                       みかん                   デコポン                     デコボン                     なつみかん [続きを読む]
  • 現在の様子
  •  猛暑が続いているがブドウの現在の様子をみてみた。袋掛けのしているブドウの袋をとってみた。袋がパンパンになってきている。シャインマスカットはやや黄色がかってきた。フジミノルはまだ着色してなくまだまだ食すことができようになるには時間がかかりそあうだ、シャインマスカットフジミノル車庫の軒下に這わせている「クイーンニーナ」、500円玉より大きくなってきた。 [続きを読む]
  • 出穂
  •  田んぼを見に行ったら、なんと稲に穂がでてきている。稲作用語では「出穂(しゅすい)」と言うようだ。このところの関東地方は連日の猛暑となっている。昨年も同じように7月は猛暑だったが、8月に入ると連日の雨の日が続いたが今年はどうなるか。インドあたりの上空の高気圧が日本全体に張り出しているのが原因のようだ。出穂から約50日後には稲刈りになる。今年も豊作になりそうだ。 [続きを読む]
  • 収穫
  •  大玉スイカと小玉スイカを収穫した。 4月16日に植え付けしたので約3か月で収穫できたことになる。 今年は暑さがよかったのか大豊作になった。大玉スイカは約10キロぐらいありそうだ、小玉スイカもたくさんなっている。食べきれないので週末に開催される自治会の夏まつり用にスイカを寄付している。右下の白いものはメロン [続きを読む]
  • 2か月経過
  • 田植えから2か月経過した。ぶんけつも順調に進み、幼穂が形成されつつある。このまま順調にいけばあと3週間後には出穂期に移行する予定だ。お米はど素人で、しかも無肥料、無農薬でも丁寧に栽培すると神様が豊作にしてくれるのか手間いらずで命を維持することのできる「お米」をプレゼントしてくれる。       かぶもとにはお米の赤ちゃんがたくさんできつつある。 稲からとてつもないパワーが感じられる、このパワーからで [続きを読む]
  • 試しどり
  •  袋をかぶせてある桃を試しどりをした。袋をかぶせてあるにもかかわらず虫害のあるものもあった。虫害のあったものはジャムにしてみた。桃はとったばかりは硬いりんごのようにカチカチなのでしばらく放置しておくと柔らかくなる。今年の桃は摘果を多くしたので大きい桃ができた。虫害にあった桃をジャムにした。これで10個ぐらいの桃をジャムにした。この桃ジャムが果物のジャムの中では一番美味しいと思っている。ジャムにするこ [続きを読む]
  • 今年もたくさんの実が
  •  畑に植えた山ブドウが今年もたくさんの実をつけた。今年もジュースにするが、手間がかかるので今年は簡単にジュースにする方法がないか調べてみたい。 植えてから5年もたたないのになりすぎのかんがしないでもない。今年もなっている実の半分は使用しないで終わりそうだ。   [続きを読む]
  • 摘果
  •  田んぼのそばの畑に植えたキウイが3年目を迎えたくさん実をつけた。今年は昨年以上に実をおおきくするために摘果をだいたんにしてみた。 付いている実の1/3くらいに減らしてみた。  [続きを読む]
  • 百合
  •  関東地方は梅雨が最短で明け、季節が夏になってしまった。畑のスイカが猛暑なのでたくさんの実をつけ大きくなってきている。もう小玉スイカは食べはじめている。庭の花も百合が咲き始めた。紫陽花と百合が一緒に咲くという不思議な季節になってきた。人間が生存できないような気温が遠くないうちに来そうな気がしてきた。 [続きを読む]
  • 中干し
  •  田植えから50日が経過し、だいぶぶんけつ進んできたので「中干し」をした。 ここのところの関東地方は連日36度を超す猛暑なので水を止めるとすぐにひび割れができた。 稲は水を吸い上げるために根を地中深く伸ばす。これにより台風の強風にさらされても倒れない稲になるようだ。  田んぼの中に白く写っているのは藻がからからに乾燥したもの。このくらいに干上がると田んぼに入っても長靴が沈まない。硬い土の上にいるので「 [続きを読む]
  • 袋掛け
  •  だいぶブドが大きくなってきたので袋掛けをした。今年は種なしにするためと大きくするためのジベ処理を行わなかった。 しかし、ブドウは順調に育ち、ジベ処理をした時と変わらずに大きく育っている。 我が家の屋敷内に建設したビニールハウス3棟(1棟の面積は30坪)内のブドウは植えてから3年目にして手狭になった。袋掛けした枚数は200袋でストップした。それ以上しても食べきれないので放置となりそうだ。 袋掛け前のセトジャ [続きを読む]
  • 収穫開始
  •  4月20日に種まきしたインゲン(モロッコとケンタッキー)が取れ始めた。種まきしてから約2か月経過でとれるまでになった。 インゲンはごまあえやテンプラにしたり天丼の材料にしたりして利用している。美味しいので毎年作っている。このインゲンは素人が無農薬栽培してもたくさんとれるので助かっている。モロッコケンタッキー [続きを読む]
  • 6/12のブドウ
  •  6/12のブドウの状況 だいぶ大きくなってきた。木が大きくなりパワーもついてきたが、そのぶんビニールハウスが小さくなってきている。なのでハウス内がブドウの葉で狭くならないようにブドウの成長点を取っている。それでも少し時間が経つと脇芽がでてくるのでそれもとっている。  ストレスのないブドウを栽培するには大きなハウスが必要になるが我が家の敷地内に作ったミニビニールハウスではよいブドウを作ることは難しいと [続きを読む]
  • 田植えから1月経過
  • 田植えから1月が経過した。稲が力強く成長している。ぶんけつも順調に進んでいる。稲作をはじめてからいつも思うのは、日本人の主食になっているお米のなんと力強いその生命力である。 植えた後は何もしなくても豊かな実りを与えてくれる。なんとたのもしい作物であることか。 [続きを読む]
  • 杏(アンズ)ジャム
  •  杏が今年も少しなったのでジャムを作ってみました。レシピは、というかレシピなど難しいことではなく簡単に作れるのでその過程を載せてみました。たくさん実った場合にジャムに加工すると長期保存ができます。                水洗いをします。   包丁で切れ目を入れると簡単に割れるので種を取り除きます。砂糖を入れてぐつぐつ煮ます。このときに焦がさないようにきおつけます。砂糖の量は適当に入れます。 [続きを読む]
  • 田植え後3週間が経過
  •  田植え後3週間が経過した。藻が生じているが藻はお米の成長する際に何の問題もない。どんどん増えても中干しをするとからからに干されてその後のお米の肥料となる。 素人のお米栽培も経験を積んできたので「お米はどんな作物よりも強くてほっておいても育ってくれる」ということがわかったので余裕がでてきたように感じている。人間が生きていく上でお米は主食としては最強の作物のようなきがしている。  [続きを読む]
  • 収穫
  •  昨年の11月16日に残っていたニンニクをダメもとで畑に植えていたものを収穫した。サビ病にもならないで他の雑草の中で育ったせいかそれなりのものがとれた。 ニンニクはステーキを焼く時には欠かせないので毎年少し栽培している。 ハウスの単管に吊り下げて使用するときにとりだしている。 [続きを読む]