ryouma さん プロフィール

  •  
ryoumaさん: 田舎暮らしと野菜栽培
ハンドル名ryouma さん
ブログタイトル田舎暮らしと野菜栽培
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ryouma123jp
サイト紹介文田舎暮らしと素人の野菜栽培です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/02/18 12:10

ryouma さんのブログ記事

  • まだまだでてくる
  •  しめじの発生が10/24から次から次と1月経ってもでてきている。発生する木は違っているので採取して食べている方としてはなんとも感謝である。原木に菌を植えるのが手間ではあるがその後はほっとけばよいのできのこ栽培はとても簡単で、きのこは混ぜご飯やうどん・そばに大活躍だ。原木はかなり腐食してきたがしめじが発生し続けている。 発生したばかりのしめじであるが1週間ぐらいで人の手ぐらいに大きくなる。  [続きを読む]
  • 11/24のみかん
  •  今年の夏は猛暑だったせいか、みかんの生育状況がとてもよく大変皮の薄く甘いミカンができた。この気象状態が続くとみかんの栽培北限が東北まで広がるかもしれない。                温州宮川みかん                  デカポン                    夏みかん [続きを読む]
  • 霜よけ対策
  • エンドウとソラマメに霜よけ対策として藁屋根を作った。 関東地方でも真冬はマイナス5度ちかくまで気温が下がる日が何日がある。なのでエンドウやソラマメには霜よけ対策が必要になる。小さな竹を並べて霜よけをする場合もあるが藁があるので今年ははじめて藁で屋根を作ってみた。11/3播種のスナッフエンドウソラマメ藁が風で飛ばされないように鉄網を被せて反対側のスチール骨材に縛ってみた。来年の春まで霜や寒さに負けずに乗 [続きを読む]
  • 収穫
  •  霜が降りる前にサツマイモ(ベニアズマ)を収穫した。6月16日に植え付けしたので5か月経過している。この間太陽光とサツマイモの葉っぱの葉緑素による光合成で澱粉を蓄積したと思うと頑張ったサツマイモが愛おしくなる。           掘り起こす前のサツマイモの状況          しばらく天日に干してから保存する。   [続きを読む]
  • 秋の椎茸
  •  ここのところ朝夕が少しづつ寒くなってきているので椎茸小屋をみてみたらたくさんの椎茸がでていた。食べきれないので干し椎茸にした。きのこは栄養はないようだ、なので太らない食材に向いている。木が大きいので椎茸もジャンボなものが発生している。みつけるのが遅かったので開いてしまった。 [続きを読む]
  • 植え付け
  •  9月10日に播種したタマネギを移植した。早生が300個、長期保存できるものが300個。タマネギは植え付けた後は翌年の春の収穫まで何もしないので素人の野菜栽培には向いている作物だ。早生タマネギ長期保存用ヌマネギ  [続きを読む]
  • 収穫
  • 9/2に移植したキャベツが収穫時期を迎えた。ネットを外さなかったので虫食いにならずに大きくできた。完全無農薬野菜を栽培するのに経験を積んできたので素人でもなんとか食べられるようになるまでに栽培できるようになってきた。やはり安全で安心して食べられる野菜は二人に一人が癌になる時代では重要なことだ。 [続きを読む]
  • 11/15の状況
  • 8月23日に播種した白菜が出来上がってきたのでネットを外して霜よけにのために葉っぱを縛ってみた。大きくなるまでモンシロチョウなどの虫対策としてネットを外さなかったので虫食いの被害もなく完全無農薬の白菜ができた。今年は有機配合肥料を使用したためか大きい白菜ができた。  [続きを読む]
  • 11/15の状況
  •  ブドウの状況 やっとカイジが塾して食べられる様になってきた。糖度は20度ぐらいだが、甘いだけでなくこくがあるというかシャスンマスカットの極甘のブドウと比べるとカイジだけがもっているうまさがあるようだ。カイジカイジ安芸クイーンシャインマスカット  [続きを読む]
  • 伊香保温泉と草津温泉
  • 伊香保温泉と草津温泉に紅葉狩りをしながら行ってきた。伊香保のおもちゃと自動車博物館、水沢観音、草津では嬬恋郷土館、鬼押し出し公園、浅間山火山博物館、軽井沢の雲場池を探索してきた。自動車博物館懐かしい昭和の車がたくさん。本物のトヨタ2000GTを見たのは初めて@@水沢観音仏像の入ったお堂、仏像が木枠ごと回すと廻る。紅葉がみごろ草津温泉の夜の湯畑宿では蟹と寿司が食べ放題天明三年(1783年)の浅間山大噴火鎌原観音堂 [続きを読む]
  • 干し柿
  •  今年もまた干し柿を作ってみた。毎年の行事みたいになってきたが、この時期に干し柿を作っておくと年越しの紅白を見るときに天然のお菓子としてとて年越しソバと一緒に美味しく食べている。 この柿はハチヤ柿とこちらでは呼んでいるが地域によって名前が変わっているようだ。三角の形をしてとても大きな柿だ。   50個の柿をむいたが大きくてむくのに時間がかかった。約1時間      2個ずつ紐でむすんで2階のベランダに [続きを読む]
  • 第一回目の収穫
  •  キウイの木が太くなり、かなり大きく摘果をしたがそれでも大量になった。第一回の収穫をしてみた。第二回目は霜がおりたらする予定だ。ゴールデンキング紅妃  畑の第一回目の収穫でバケツ一杯取れた。屋敷内の「フジゴールド」も大量になっているので来年はもっと大胆に摘果する必要がありそうだ。昨年までは籾の中に入れて完熟させていたが、今年はそのまま状態で箱に入れておくだけで完熟になるようなので、そのままダンボー [続きを読む]
  • 試しどり
  •  6/16に植え付けた「ベニアズマ」を試しどりをしてみた。葉が繁茂している。なんとか実をつけてくれた。水道で洗ってみたら名前のとおりみごとな紅色だ。          2〜3日太陽に干すと甘みが増すようだ。 [続きを読む]
  • シャインマスカットが黄色く
  •  シャインマスカットがまだ木になっているが、色が緑から黄色くなってきた。フジミノルと違ってこのシャインマスカットは木にならしてある状態で皮が破れないで長くならせておくことができると言われている通り、8月中旬の初収穫から約2か月以上経過しているがまだまだ木にしっかりなっている。そういう意味では新鮮なフルーツとしてのブドウが長期間食べられるのでシャインマスカットは優秀なブドウだと言えるのではないか。だい [続きを読む]
  • ひらたけが次々と
  •  ここのところの冷え込みと雨が降ったので、ひらたけが次々と発生している。さっそく初どりの白菜と一緒にすき焼きに入れてみた。3年前に植菌してから毎年この時期に発生している。あと何年発生するかわからないが、次世代のひらたけ発生用の植菌をする時期なのかもしれない。 [続きを読む]
  • 車庫内整理棚の製作
  •  車庫内に置いている肥料などの農業関係用品が増えてきたので片付けるために整理棚を作った。簡単な図面を書いて、必要な木材と木ねじをホームセンターで買いに行き、日曜大工でなんとか一日で出来上がった。身長よりも高い大きさにしたので大部分の用具が片付いた。完成して壁にセットしたところ。マルノコとデンドルが大活躍。 完成後荷物を棚に載せてみたが整理というよりは棚に置いたという感じ。農機具のくわやスコップ、大 [続きを読む]
  • そろそろ収穫時期か
  •  朝夕冷えてきて、今年もあけびが収穫時期になってきた。3年前に「三つ葉あけびの園芸種」ということでサカタのタネから購入して椎茸小屋の上に植えたものが木が太くなり今年は8個なった。皮は天ぷらにして食べられるようだがまだ試してない。ただ、普通の山野にあるあけびよりも巨大なので天ぷらにしたとしても1個で十分な大きさになっている。 [続きを読む]
  • 糖度が24度に
  •  シャインマスカットの糖度がついに24度まで上がってきた。さすがにこの糖度まで上がると砂糖を直接食べているようだ。色も黄色くなってきた。普通のブドウの糖度が16から18度ぐらいだからシャインマスカットは糖度が高くなるブドウのようだ。糖度計が24度を表示している。わかりにくいが偏光の色を変えた同じシャインマスカットの糖度色が緑から黄色に変わってきている。それにつれて糖度も上がっている。        いつま [続きを読む]
  • こんにゃく作り
  •  2年間育てたこんにゃく芋を掘り出しこんにゃくを作ってみた。なんと2?の重さの芋になっていた。一般に売られているこんにゃく芋は500g前後なので4倍ぐらいに育ったことになる。 レシピは簡単、まず適当な大きさに切って茹で上げ、皮をむいてからミキサーで粉砕し、カセイソダーを入れて(今回は2キロあったので約30gのカセイソーダーを入れた)よく混ぜ合わせてから形を整え、適当な大きさに切ってから茹でる。茹でるのは灰汁 [続きを読む]
  • 10/10の状況
  •  サトイモの試しどりをした。1株でたくさんのサトイモがとれた。今年は暑かったがサトイモは豊作となった。さっそくトン汁で食べてみた。柔らかくとても美味しくできた。1株でとれたサトイモ、かなり大きくなっていた。 サトイモは掘って土から出してしまうと乾燥してすぐ食さないと美味しくなくなってしまう。なので食べる直前に掘り出すことがサトイモを美味しくいただくこつとなる。関東地方は冬マイナス5度ぐらいが最低温度 [続きを読む]
  • 10/10の状況
  •  涼しくなってきたので成長が早くなってきた。今年は食べられるようになるまで防虫ネットははずさない予定だ。今のところモンシロチョウが入れないので青虫の被害はない。完全無農薬での栽培はできるだけ虫が入らないようにネットは欠かせない。台風でも石の重りで飛ばされなかった。 [続きを読む]