静炉厳 さん プロフィール

  •  
静炉厳さん: いつものペーパーバック
ハンドル名静炉厳 さん
ブログタイトルいつものペーパーバック
ブログURLhttp://serogan.la.coocan.jp/paperback/
サイト紹介文バカ話を中心にしたサラリーマンの活動日誌です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/02/18 17:29

静炉厳 さんのブログ記事

  • コノヤロー! タコ飯
  • いつだったか旅先で食べたタコ飯がおいしかったわけ。 また食べたいなぁと思ってたんだけど、なかなか機会がない。 でもね、居酒屋にいったらメニューにあった! そりゃ、頼みますよ。 そしたら、ヘンなの出てきた。 なにこれ? タ … 続きを読む → [続きを読む]
  • 深夜タクシーと気まずい時間
  • 仕事が終わると終電もなくなっていたので、駅前でタクシーを拾って帰ることにしました。ところが、タクシーが全然見当たらないわけ。 しょうがないから諦めて、会社に戻って寝るかとトボトボと来た道を戻り始めたら、ちょうタクシーが通 … 続きを読む → [続きを読む]
  • 藤岡藤巻のShowroom配信
  • 藤岡藤巻のShowroom配信のために、仕事帰りに渋谷のカラオケ屋に寄る。 前回は3日前で、そのときは藤巻さんの代役で藤岡さんとダラダラと喋りながら、ときどき生ギターで披露する歌にコーラスをつけて遊ぶ。 藤巻さんの葬式の … 続きを読む → [続きを読む]
  • オトナがカッコをつけるとき
  • デパートでお腹が痛くなり、トイレに駆け込んだ。 すぐ後から、一人の少年も青い顔で走ってきた。 そのトイレには個室は2つあって、ひとつのドアには誰かが入っているが、もうひとつのドアは少し開いていた。空いてる! チャンスだ! … 続きを読む → [続きを読む]
  • 眠気覚ましの缶コーヒー
  • 夜更かし明けの週末、車を走らさせていたら睡魔が襲ってきて、これはイカンと道路脇に車を停めたわけです。 自販機があったんで、そこで眠気覚ましに缶コーヒーを買いました。 ボウっとした頭で、自販機からゴロンと出てきた缶コーヒー … 続きを読む → [続きを読む]
  • 更新情報-輪廻の恐怖
  • このサイトには新旧のコンテンツが混ざっているけれど、今回は2003年に書いたものの追加です。 まだスマホもなかった時代の実話で、そういえばこの頃は履歴書を書くのに手書きの人もいたなと思い出したり。果たして、この話の主人公 … 続きを読む → [続きを読む]
  • こだわりの店って何なのか気になってしまう
  • 自転車でよく通る道に、”こだわりの餃子”と宣伝文句が書かれた中華料理店がある。こういうのって一度気にかかると、通るたびに気になってしょうがない。いったいどんなところにこだわってる店なんだろ?”こだわりの餃子”ってどんなのだろ?この店に入ってみたい。でも、この類のコトってのは期待しすぎると裏目に出るもの。そんな期待ハズレにガッカリすることのないように、オレは店の前を通る度にあえてショボイこだわりを考 [続きを読む]
  • 藤岡藤巻と第三のコラボ
  • webサイトで書き散らしているけど、それ以外のネットの世界のことは全然わかっていないわけです。で、SHOWROOMっていう、無料で誰でもライブ配信&視聴ができる有名なアプリのことも知らなかったんだけど、ゆるゆると活動再開した藤岡藤巻と一緒に5月から『藤岡藤巻 第3のコラボ相手は君だ!オーディション!−SHOWROOM(ショールーム)』というイベントに関わってたわけ。これは静岡朝日テレビとSHOWROOMが主催する”藤岡藤巻と半 [続きを読む]
  • 鈴木嬢の恋占い
  • 23歳のOL鈴木嬢は、同じフロアにある別の課の佐々木君に片思いをしていた。佐々木君は、『北斗の拳』のケンシロウみたいな顔で、言葉少なく真面目なタイプの男である。彼を知る同僚からは「彼って結構、気むずかしいのよ」などと言われもしたけれど、恋する鈴木嬢にはそんなことは関係ない。鈴木嬢は彼と仲良くなりたかったけれど、実際にはこれまでに春の社内親睦会で一言、二言の言葉を交わしたことしかなく、名前まで覚えて [続きを読む]
  • その男、不可思議につき
  • それではクイズです。問題はこちら↓「目は口ほどにモノを言う」…さて、なんでしょう?・・みんな、わかったかな?・・それでは回答です。・正解は、鬼太郎の”目玉おやじ”でした*恐怖の散髪屋その男は、散髪屋の椅子に座りながら、これまでにない恐怖を感じていた。目の前の鏡には、椅子の後ろでカミソリを構える店主の姿が映っている。だが、店主のカミソリを持つ手は小刻みに震え、視線は落ち着かず宙をさまよっている。”店 [続きを読む]
  • 更新情報-トルコライス発祥の謎を推理する
  • トルコライスと部下の説教という記事を書いたことがあるけれど、それからトルコライスのことが何となく気になっていた。トルコライスっていうのは、主には長崎市を中心としたご当地グルメで、ワンプレートにピラフ、ナポリタンスパゲティ、トンカツなどが乗せられた料理のことだ。先日、浜松町に行く機会があったので、トルコライスを食べてみたのだけど、今度はトルコライス発祥の謎が気にかかる。だって、Wikiを読むと発祥に関す [続きを読む]
  • チャンスの神様に思うこと
  • ”チャンスの神様”の話がどうにも納得できない。「チャンスの神様ってのは突然現れて、物凄いスピードで走り抜ける上に前髪しかないから後から掴もうとしてももう掴めない。だからチャンスの神様が来たと思ったら、すぐに掴まなくてはならないのだ」っていうヤツね。これね、人としてどうかと思うわけさ。ちょっと考えてほしいんだけどね。向こうから誰かが全力で走ってきます。その人が目の前を通り過ぎようとしています。さぁ、 [続きを読む]
  • 更新情報-気まずいランチなんて食べたくないよ
  • ”湘南 から元気倶楽部”がサイトだった時代に書いたものシリーズ。今回は2001年の記事から。記事中に携帯電話が出てくるけど、2001年の携帯電話の状況っていうのは、KDDIが株式会社エーユーを吸収合併して、NTTドコモがFOMAを開始、Jフォン、シャープは「写メール」サービスを開始した年で、まだまだスマホの登場なんて夢のまた夢という時代。それにしても記事に書いた状況は、いまでもしっかりと覚えているぐらいだから、自分に [続きを読む]
  • 更新情報-ニックネームはうんこ
  • 前回(4/26)の記事は、”湘南 から元気倶楽部”がサイトだった時代に書いたものだけれど、今回も当時の記事で2000年に書いたもの。読み返して思うのは、当時も今も考えることはたいして変わってないじゃんってこと。から元気の素に ニックネームはうんこを追加しました。*さて、自分はスタローンの「ロッキー」シリーズが好きで、第一作には特に思い入れがある。2018年には、アポロの息子クリードが主役の2作目「クリード2 [続きを読む]
  • 更新情報-カーナビは友達だからね
  • このサイトの原点である”湘南 から元気倶楽部”の時代に書いた2004年の記事をアップしました。内容はといえば、サイトを通じて交流があった友人たちとの短いドライブの話。まだカーナビが高価で音声認識も珍しかった頃で、カーナビに翻弄される様子を書いた記事。当時はまだSNSなんて言葉もあまり馴染みがなくて、”湘南 から元気倶楽部”の訪問者の交流はいわゆる掲示板で行われていた。なにせmixiのサービス開始が2004年、Faceb [続きを読む]
  • 歴史を振り返る〜狂牛病の恐怖
  • 2001年の日本では、狂牛病(BSE)が社会的な混乱を招いていた。狂牛病というのは、1986年にイギリス初めて報告された病気のことで、ヨーロッパでは数千頭もの牛が死に、人間にも感染する可能性があるということでパニックを引き起こしていたのである。そんなわけで当時の日本では牛肉が避けられており、隆盛を誇っていた巷の焼肉店も、ガラス越しにヒマそうな様子が見えて、牛肉産業に関わっている方は大変だなと思ったものだ。現在 [続きを読む]