Pマルディーニ さん プロフィール

  •  
Pマルディーニさん: Favorite Blue(フェイバリット ブルー)
ハンドル名Pマルディーニ さん
ブログタイトルFavorite Blue(フェイバリット ブルー)
ブログURLhttps://ameblo.jp/ppmaldini/
サイト紹介文香川県のサッカークラブ『カマタマーレ讃岐』を中心としたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/02/18 18:51

Pマルディーニ さんのブログ記事

  • 勝てそうで勝てない…
  • 2017年J2リーグも第4節終了して、我らのカマタマーレ讃岐は、16位(0勝1敗3分 勝点3 得点5 失点6 得失点差−1)。 昨シーズンの第4節終了時点は、2位(3勝0敗1分 勝点10 得点7 失点4 得失点差+3)。 数字的には雲泥の差だが、個人的には今シーズンの方が良く感じる。組織力を高めていき、ベテラン陣も温かくなれば調子が上がってきそう。 楽天家では無いつもりだが、今シーズン [続きを読む]
  • 2017年カマタマーレ讃岐ホーム開幕戦
  • まずは結果から、2−2のドロー… 前半終了間際、自陣での相手スローインから失点。リスタートに弱いな〜 後半押し込まれながらも、徐々にこちらのペースになり、CKの流れから隼斗のミドルで同点さらにアディショナルタイムに途中出場の馬場ちゃんの逆転ゴール前節からの溜まりに溜まった鬱憤を全て晴らす、最高の一撃 スタジアムは最高潮に達し、今日は勝った! と思いました。が、まさかラストプレー [続きを読む]
  • DAZーーN!②
  • 話は進んで、2月25日J1開幕日。 「鹿島vsF東京戦」を視聴。13時からと思い込み、12時50分前にDAZNに接続すると試合始まってる!!急いでNHKもつける。 タイムラグがあるとは聞いていたが結構ズレてる。時間にして1分弱DAZNの方が遅いか。 次に画像比較。今回はディスクトップPCでの有線LANでの視聴。PCスペックは、OS:Windows8.1、CPU:Core i7 3630QM 2.4GHz、メモリ:8GB。モニターが23インチのためか十 [続きを読む]
  • DAZーーN!①
  • 巷でなにかと話題のDAZN(ダゾーン)について。 DAZNは今年2月17日に契約した。今までスカパーオンデマンドをほとんど見たことがないので比較できないですが、個人的な感想を。 それまでネットでの情報を色々見ていると、 ・安定して放送できない場合がある。 ・画像が悪い。 ・平気でLive放送を飛ばす。などなど、ネガティブな書込みが。 しかし、月額はスカパーより安価で、自宅でPC・ダブ [続きを読む]
  • ついに開幕!『2017年Jリーグ』!!
  • 待ちに待った2017年のJリーグ開幕!!先々週までは時間が経つのが早かったのに、先週は週末が開幕戦と思うと気が逸って時間の経過が遅かったですね〜 しかし、熊本までは行けず…香川でDAZN観戦。 結果は1−2で開幕戦を飾れず…負けはしたものの、パスも良くつながり、決定機も作れていたし、引いて守るのがこれまでのシーズンより少なかったので面白い内容であった。得点は取れる時に取らないとやられると [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑳
  • ○ロアッソ熊本 先月から続けてきた今シーズンJ2クラブの短評も最後です。*名古屋については短評になっているかは疑問ではあるが…。奇しくもカマタマーレが開幕戦の相手である熊本が最後となったもの何かの縁か。 昨年4月大震災に見舞われ、サッカー所ではなく、練習もままならないまま1ヶ月後に再開。しかしホームでの開催は難しくアウェイでの連戦。中断分をウィークデーで開催、過密日程で過酷なシーズンを切り [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑲
  • ○Vファーレン長崎 2016シーズンはJ2で最低順位15位となった。そして先日、大規模赤字の見通しを発表し、社長を含む3名の役員が辞任届を提出。 選手の移籍にも影響をしたと思われる。期限付き契約の復帰は仕方がないが、「坂井達弥(DF)」、「白星東(MF)」、「田中裕人(MF)」、「木村裕(MF)」、「岸田翔平(DF)」、「永井龍(FW)」、「趙民宇(DF)」、「大久保択生(GK)」、「パク ヒョンジン(DF)」、「梶川諒太(MF)」 [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑱
  • ○大分トリニータ 2016シーズンはまさかのJ3でのシーズンを送り、最終節で栃木SCを避わしての優勝。1年でのJ2復帰を果たした。J3に降格したことで主力選手がクラブを去ったが、サポーターはまとまりJ2だった2015シーズンより観客動員が増加(ちゃんと調べてませんので間違ってたらすみませんm(__)m)。 主力の移籍は、「松本昌也(MF)」と期限付き移籍の満了、外国籍選手の契約満了。J3での試合を見ていな [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑰
  • ○アビスパ福岡 2016年は久々にJ1でのシーズンであったが、1年でJ2に降格してしまった。 しかし主力の移籍は、「イ・ボムヨン(GK)」と、「金森健志(FW)」だけに留まった。 そして、G大阪より「岩下敬輔(DF)」、京都より「山瀬功治(MF)」、名古屋より「松田力(FW)」、神戸より復帰の「石津大介(FW)」、外国籍の「ジウシーニョ(MF)」、「ウィリアン・ポッピ(FW)」が加入。 さらに選手層が厚くなった、とい [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑯
  • ○愛媛FC 2015シーズン5位に入りプレーオフ進出。敗れはしたものの主力が残留し、期待の2016シーズンに。2015シーズンのFW原動力「西田剛」、「河原和寿」が怪我や不調で振るわなかったものの、「瀬沼優司」、「阪野豊史」が活躍。しかし10位に終わった。 木山監督が山形に移籍し、主力をごっそり一緒に連れていってしまった。「藤田息吹」、「小島秀仁」のボランチ、「林堂眞」、「浦田延尚」、「西岡大輝」のCB [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑮
  • ○徳島ヴォルティス 2016シーズンは序盤戦に苦戦したものの、徐々に調子を上げたがプレーオフに届かず。主力では、「福元洋平(DF)」、「アレックス(MF)」、「キム キョンジュン」が移籍し。 しかし、J2屈指のボランチ「カルリーニョス」、「岩尾憲」、FWでは高さのある「山崎凌吾」、「佐藤晃大」、決定力のある「渡大生」、GKでは「長谷川徹」、SBでは「内田裕斗」、「広瀬陸斗」が残留した。その上、DF「ニ [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑭
  • ○レノファ山口 J2昇格初年度の昨シーズン、町田と共に2015年シーズンの金沢のように旋風をおこした。 J2では、活躍した選手はJ1や、J2上位クラブに引き抜かれてしまう傾向。J2昇格してすぐの山口も例外無く、平畠氏にファンタスティック4と呼ばれた自慢の中盤のうち3名「庄司悦大」、「島屋八徳」、「福満隆貴」。パスサッカーを支えたSB「小池龍太」、「岸田和人」不在の間も代わりとなって得点力を落 [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑬
  • ○ファジアーノ岡山 昨シーズンJ1昇格プレーオフに進み、松本に勝利し、後一歩のところでC大阪に敗れた。今年こそというところだったが、中心選手が移籍していまった。 各ポジション加入はしているが、6位の原動力となった選手(特に中林、岩政)の代わりなだけに補強となっているかはわからない。 ・主な移籍 :「中林洋次(GK)」、「岩政大樹(DF)」、「矢島慎也(MF)」、「押谷祐樹(FW)」など・主な加入 : [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑫
  • ○京都サンガ 昨シーズンも結構な選手が入れ替わったが、今期も主力の出入りが激しい。 ・主な移籍「アンドレイ(MF)」、「山瀬功治(MF)」、「菅沼駿哉(DF)」、「岩沼俊介(MF)」、「堀米勇輝(MF)」、「ダニエル ロビーニョ(FW)」、「有田光希(FW)」、「佐藤健太郎(MF)」など・主な加入「ケヴィン オリス(FW)」、「ハ ソンミン(MF)」、「田中マルクス闘莉王(DF)」、「大黒将志(FW)」、「湯澤聖人(DF)」、「伊東俊(MF)」、「望月嶺臣(MF)」、「小 [続きを読む]
  • 共同通信杯と京都記念(結果)
  • 今週は、共同通信杯と京都記念を購入しました。 ○買い目 ・共同通信杯東スポ杯2歳ステークス上位組は強いのではないかと思っているので、ムーヴザワールドを、もちろんスワーヴリチャードも。そしてエアスピネルの弟、エアウィンザーと3頭を選択し、買い目を悩んだ結果、ワイド3頭ボックスへ。 結果は、1着(スワーヴリチャード)、3着(ムーヴザワールド)、6着(エアウィンザー)3点中1点的中(1−4 [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑪
  • ○FC岐阜 カマタマーレがJ2参戦した2014シーズンからの「ラモス監督」体制が昨シーズン解任で終焉した。そして、今シーズン実績十分で、FC今治でもアドバイザーをしていた「大木監督」が就任。 「高地系治」が契約満了となり、「川口能活(GK)」、「三都主(DF)」もすでに移籍しており、ラモス体制初期の象徴は「難波宏明(FW)」のみになった。安定はしなかったが爆発力のあったブラジルトリオも移籍した。 しかし、 [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑩
  • ○ツエーゲン金沢 昨シーズンは、2015シーズン12位からまさかの21位。2015シーズン後半戦から苦戦していた上、攻撃の中心選手であった「清原翔平」を引き抜かれ、変わりにと獲得した外国籍選手が期待外れたなどが要因と思われる。しかし、J3栃木SCとの入替戦に勝利し、辛くも残留。 期限付き移籍で加入選手は「秋葉勝(MF)」、「中美慶哉(MF)」以外は残留できず、怪我は多いが鳥取時代から素質のあった「馬渡和彰(DF)」 [続きを読む]
  • 東京新聞杯ときさらぎ賞(結果)
  • 東京新聞杯ときさらぎ賞の結果を書いてなかったので。 ・きさらぎ賞 結果からいうと、収支マイナス…。買い目は、1番サトノアーサーの単勝と複勝を購入。 言い訳をしますと、ド本命サトノアーサーは決定していて、単勝or複勝で悩んでいた。当日予定があり、土曜で判断しなければならず、複勝1.1倍。もしかしたら1.0倍になるかな?と思い単勝も買い足し…。 レース後のコメントで、重馬場は合わないく、勝ち [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑦
  • ○横浜FC カズが契約更新し、50歳Jリーガーが誕生。いやいや素晴らしい! 主力の移籍は、CBの出場の多かった「大崎玲央(徳島)」と、「小野瀬康介(山口)」くらいかな。中盤の層が少し薄くなったかもしれない。しかし、「渋谷飛翔(名古屋)」が移籍したことで、GKで計算できるのがベテランの「南雄太」だけになった方が心配かな? FWのメンバーはほぼ同じだが、「イバ」が残留。DFは、「西河翔吾」、「 [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑥
  • 今シーズンのJ2クラブのことを書いてて、知識が偏ってるなと思うこの頃…っまあ、このまま書かせて頂きます(^。^;)y-.。o○ ○町田ゼルビア 昨シーズン途中、主力の「鈴木崇文(MF)」と「三鬼海(DF)」が契約解除され、勢いが止まるかと思ったが、6位の岡山に勝点で並び脅かした(J1ライセンスがないのでPO出場はできないが)。 今シーズンはCBのスタメン、「ヨン ア ピン」、「畠中槙之輔」が同じカテゴリ [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて⑤
  • ○東京ヴェルディ かつては活躍した選手は移籍補償金・育成補償金で移籍していく印象が強かった。 今オフは、「杉本竜士(FW)」、「南秀仁(MF)」が移籍したが、昨シーズンはそれほど活躍できていなかったので、主力の移籍は無かった。 町田より「畠中槙之輔(DF)」が戻り、浦和よりベテランの「永田充(DF)」を獲得。中盤も「中後雅喜」、「二川孝広」の両ベテランに、昨シーズンの主力「高木善朗」が健在の上、長崎 [続きを読む]
  • 2017シーズンのJ2クラブについて④
  • ○ジェフユナイティッド千葉 主な移籍は、「井手遥也(MF)」がG大阪、「オナイウ阿道(FW)」が浦和、「長澤和輝(MF)」、「エウトン(FW)」がレンタル元へ復帰。 主な加入は、神戸より「山本海人(GK)、G大阪より「西野貴治(DF)」、パラグアイより「ホルヘ・サリーナス(MF)」、熊本より「清武功暉(MF)」、F東京より「羽生直剛(MF)」、UAEより「ラリベイ(FW)」、高校選手権で大活躍した青森山田の「高橋一晟(MF)」。外 [続きを読む]