sai さん プロフィール

  •  
saiさん: 家庭菜園インフォパーク
ハンドル名sai さん
ブログタイトル家庭菜園インフォパーク
ブログURLhttp://kateisaien01.com/
サイト紹介文家庭菜園で野菜や花の栽培のコツを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/02/22 01:40

sai さんのブログ記事

  • サヤエンドウ|絹さやの育て方!プランター栽培のコツ
  • スーパーで買おうと思うと少々お高い絹さや(サヤエンドウ)も初心者でもプランター栽培することができます。つるあり種とつるなし種の違いも含め詳しく紹介します。サヤエンドウ|絹さや栽培基本データ科名マメ科食用部分若いさや生育適温15~20℃発芽適温15~20℃スタート方法タネ・苗連作障害あり株サイズ草丈150~200?病害虫アブラムシ、ネコブセンチュウ、バモグリバエサヤエンドウ|絹さやの栽培時期と収穫までの流れ地域タネま [続きを読む]
  • ジニアプロフュージョンが色あせる理由!切り戻しと追肥で秋まで咲かす
  • 6月に買ったジニア・プロフュージョンが1ヶ月くらい経ったら、ピンク色が色あせて白くかすれたピンク色に変わってしまった等のトラブルは多いです。理由と秋以降きれいに咲かせるために切り戻し作業まで紹介します。色あせる理由乾燥させ過ぎた直射日光による日焼け花の終わりかけ肥料不足乾燥させ過ぎたジニア・プロフュージョンは過乾燥、つまり水やりを忘れるなど土を乾燥させ過ぎると色あせが起こります。ジニアは過湿に弱いの [続きを読む]
  • チューリップを地植えできれいに咲かせる育て方のコツ
  • お庭の花壇など地植えでチューリップをきれいに咲かせるためのコツを紹介します。土づくりまず、お庭の土が今まで何も花を植えたことがない場所であったり、春から夏にかけて違う花や野菜を栽培していたときは土の構造と栄養分がなくなっている可能性があるため、チューリップが育ちやすい土壌環境にしてあげる必要があります。耕してゴミや雑草などを取り除く酸度チェック&酸度調整する苦土石灰(くどせっかい)をまき1~2週間おくた [続きを読む]
  • 雑草対策11選!庭に雑草を生えなくする方法【完全保存版】
  • ※趣味の家庭菜園やプランターでの使用はお薦めしません。手やかま、草刈り機でお願いします。お庭や駐車場、お墓など夏にはボウボウに生えてしまう雑草をなんとか生えなくする方法が知りたい!そんなお悩みは多いと思います。ズバリ結論はこちら結論年単位で長期間効果のある除草方法は防草シート月単位で短期間効果のある除草方法は除草剤簡単!雑草を生えなくする方法は3つだけ太陽光に当てない・・・光合成できない環境にすれ [続きを読む]
  • 小カブの育て方!プランター栽培で初心者が収穫できる方法
  • 初心者でも比較的カンタンにプランター栽培できる小かぶについてコツなど紹介します。小かぶの栽培時期と収穫までの流れ地域タネまき収穫中間地(関東甲信・東海・近畿・中国・九州北部)3月~4月5月~6月9月~10月11月~12月北海道・東北4~6月6~8月8~9月10~11月四国・沖縄・九州南部3~5月5~6月9~10月11~1月小かぶのプランター栽培のコツ間引きをする防虫対策茎葉を傷つけない用意するものタネ培養土(肥料配合済み)鉢底石(排水システムが [続きを読む]
  • ナバナの育て方!プランター栽培で初心者が収穫できる方法
  • ナバナとはアブラナ科野菜の中で花茎やつぼみを食べる野菜の総称です。10月から種まきをスタートさせ春に収穫できるナバナ(菜花)をプランターで栽培できる方法とコツを紹介します。ナバナの栽培時期や期間ナバナの生育適温は18~20℃のため9~10月の秋にタネまきをし、2~4月の春に収穫するのが栽培サイクルです。タネまき収穫中間地9〜10月3~4月寒冷地7~8月9~11月暖地9~10月2~3月ナバナの種類・系統系統収穫時期種類・品種中国系年内 [続きを読む]
  • 5月のイチゴの育て方!栽培管理と作業
  • 5月の畑(露地)栽培とプランター栽培の作業内容を紹介します。畑(露地栽培)とプランター栽培の共通作業収穫5月は秋から栽培を始めたイチゴの収穫適期です。だいたいイチゴの花が咲いてから35~45日(一ヵ月超)で収穫にちょうどいい大きさに成長します。実が成ったら収穫遅れに成らないようにどんどん摘んでいきましょう。イチゴの収穫と同時に根元からランナーが次から次へと出てきますが、見つけ次第即取り除いて下さい。ランナーを [続きを読む]
  • 4月のイチゴの育て方!栽培管理と作業
  • 4月の畑(露地)栽培とプランター栽培の作業を紹介します。畑(露地栽培)とプランター栽培の共通作業授粉イチゴはミツバチ、アブ、蝶などの訪花昆虫や風によって自然に授粉が行われるため、実がなるのですが例えばマンションの高層階など虫が来ない環境ではうまく結実しません。そのため確実に実を成らせるためには人工授粉をする必要があります。人工授粉というとなにやら専門的な作業をしなくてはいけない気がしますが、全くの初心 [続きを読む]
  • パプリカの色が赤くならない黄色くならない理由と育て方のコツ
  • 家庭菜園やベランダのプランター菜園でパプリカを育てているのに、いつまで経っても青く緑色のままで色づかないことがあります。その理由について紹介します。パプリカ色づくまでには2ヶ月かかるパプリカの実がまだグリーンなのは未熟果だからです。つまりまだ色づくまでには時期が早くもう少し待ちましょう!赤いパプリカや黄色・オレンジ色のパプリカは緑色の未熟な果実が完熟したもの(完熟果)です。緑色の実がついてからおよそ2 [続きを読む]
  • 赤バラ100本の値段相場は2万から5万円!違いと理由を公開
  • プロポーズや結婚記念日などサプライズの定番アイテムといえば100本の赤いバラの花束ですが、どうやって買えばいいのかわからないと思います。そこで花のプロが買い方から値段のカラクリまで全公開します。バラ1本の値段は100円〜1000円まであるタイトルでは「バラ(赤)100本の値段相場は2万から5万円!違いと理由を公開」と書きましたが、実はバラ1本の値段には100円〜1000円まで幅があります。しかし“バラ”といっても同じバラが [続きを読む]
  • 3月のイチゴの育て方!栽培管理と作業
  • 3月のイチゴの畑(露地栽培)とプランター栽培の共通作業と四季成りイチゴの栽培作業を紹介します。3月の畑栽培(露地栽培)とプランター栽培の作業3月は寒さが緩み、だんだんと暖かくなってくる時期です。茎や葉が伸び株が大きく成長してきます。秋に植えた一季なりイチゴの3月の栽培作業で気を付けたいのは、以下ランナー取りと病害虫対策の2点です。ランナー取りランナーはイチゴが株を増やそうと株から伸ばす匍匐茎(ほふくけい)で [続きを読む]
  • サンセベリアの葉が伸びすぎて倒れてきた時の対処法
  • 葉が倒れる全ての原因が伸びすぎとは限りません。今回は、サンセベリアの倒れたときの対処法について紹介します。鉢ごと倒れる原因と対処法鉢が株の大きさと重みに耐えられない植え替える株は元気に成長しているのに鉢ごと倒れてしまうのは、植わっている鉢に対して株全体の成長が著しいため頭が重い状態になっているからです。このような場合は、一回り大きい鉢に植え替えてあげましょう。ポイントは“一回り大きい”鉢です。例え [続きを読む]
  • 12月1月のイチゴの育て方!栽培管理と作業
  • 12月1月のイチゴの育て方を畑(露地)栽培と鉢植え促成栽培に分けて紹介します。12月1月の畑(露地)栽培の作業防寒対策この時期の畑(露地)栽培のイチゴはすでに休眠期に入っています。寒さには強いためあえて防寒対策をする必要はありません。イチゴ栽培の基本は秋冬の低温期にしっかり寒さにあてることです。ただし、北海道・東北など氷点下の日が続いたり畑が凍結してしまうような地域では防寒対策をしましょう。光を通すタイプ(透 [続きを読む]
  • バジルの育て方!室内でプランター栽培する簡単なコツ
  • バジルをキッチンや窓辺やテーブルなど室内栽培に特化した育て方のコツを紹介したいと思います。まずバジル栽培で覚えておくべき超基本事項を簡単に確認しましょう。バジルは蒸し暑い環境が好きなハーブバジルの原産地:熱帯アジア・インド生育適温:15〜30℃インドの気候データを参考にしてもらうとわかりますが、年間を通して高温で雨が多い地域原産のハーブです。つまり、高温(暑さ)と過湿には強いけど、低温(寒さ)と乾燥には弱 [続きを読む]
  • 11月のイチゴの育て方!栽培管理と作業
  • 11月のイチゴの畑(露地栽培)とプランター栽培の具体的な作業をそれぞれ紹介します。11月の畑栽培(露地栽培)の作業枯葉取り9月の終わりから10月にかけて植え付けた苗が根付いてくる頃です。イチゴは寒さに当てることで花芽を作る準備をしますが、目に見えてわかるのはタンポポのように株が地面に対してペタッとロゼット状になります。中心の2〜3枚以外の葉は寒さによって枯れてきますがこれは異常ではないので安心して下さい。枯れ [続きを読む]
  • サンセベリアスタッキーの本物と偽物の違いと見分け方
  • サンセベリアスタッキーの本物と偽物の違いと見分け方について紹介します。お店で売られている“スタッキー”は99%偽物サンセベリアスタッキー(Sansevieria stuckyi)という名前で多くの商品が販売されていますが、99%は偽物です。偽物というかサンセベリアの違う品種をスタッキーという名前で販売しているのが実情です。なぜスタッキーという名前で偽物が売ら出したのかは定かではありませんが、棒状の真っ直ぐ伸びるサンセベリア [続きを読む]
  • サンセベリアの水やり!やってはいけない3つのやり方
  • 観葉植物のサンセベリアを枯らしてしまう原因のNO.1が水のやりすぎです。水やり頻度についての質問が多いですが気温が異なる春・夏と秋・冬では全く違います。今回はやってはいけないサンセベリアの水のやり方と正しい水のやり方について紹介します。やってはいけない3つの水のやり方季節に関係なく毎日水やりをする3日1回など頻度を決めてやっている土の表面が乾いたらたっぷりやる× 季節に関係なく毎日水をやるサンセベリアの [続きを読む]
  • イチゴ栽培!初心者におすすめの育てやすい品種一覧
  • ホームセンターやインターネットなどではたくさんの品種が売られていますが、はじめてイチゴ栽培にチャレンジする場合どれを選んで良いのかわかりませんよね?そこでイチゴ栽培初心者でも育てやすい品種を紹介します。初心者向けのイチゴの共通点うどんこ病に強い花芽ができる期間が早い花が咲く時期が早いイチゴには一季なり品種と四季成り品種があるまず、最初に覚えておいて欲しいのはイチゴには一季なり品種と四季成り品種があ [続きを読む]
  • 7月8月のイチゴの育て方!栽培管理と作業
  • 7月、8月は四季成りイチゴの開花と結実が続きます。この時期にできることは暑さ対策です。収穫と夏越し暑さ対策について紹介していきます。畑(露地栽培)とプランター栽培の共通作業収穫夏越し暑さ対策収穫8月上旬になると暑さによって花芽がつきにくくなるため実付きも悪くなります。またどうしても実が小さめになるのも特徴です。四季成りイチゴの収穫終了時期は9月までなのでいかに暑さを乗り越えるかがポイントです。なお、9月 [続きを読む]
  • 10月のイチゴの育て方!栽培管理と作業
  • 10月のイチゴ栽培の管理と作業について紹介します。9月下旬から10月上旬にかけては苗の植え付け時期です。イチゴ苗は春にも販売されていますが、自分でしっかりと寒さに当てて冬越しさせたイチゴは実成りも良く味もより美味しく感じられると思います。畑(露地)栽培とプランター栽培では植え付け方が少し違うので参考にして下さい。10月の畑栽培(露地栽培)の作業畝点て(うねたて)一般的にイチゴを畑(露地)で栽培する場合は土を盛っ [続きを読む]
  • 9月のイチゴの育て方!栽培管理と作業
  • 9月のイチゴ栽培の管理と作業について紹介します。畑(露地栽培)とプランター栽培の共通作業苗の購入と苗選び健康なイチゴ苗の選び方はこちらの記事を参考にして下さい。⇒プランターイチゴの育て方!初心者栽培でも甘い美味しいコツ9月中旬から下旬に出回るイチゴ苗は冬を越し春に収穫できる「宝交早生(ほうこうわせ)」や「女峰(にょほう)」「カレンベリー」等々の一季なり性品種です。一季なり性品種は春にも販売されるのですが、 [続きを読む]
  • ジャガイモの秋植え!プランター栽培もできる収穫のコツ
  • 春植え栽培が一般的ですが、秋植え栽培にチャンレンジするときのコツを紹介します。秋植えと春植え品種の違いはなに?ジャガイモには以下3つの品種タイプがありますが、品種による休眠期間の違いが関係します。春植え向き品種秋植え向き品種春秋植え兼用品種休眠期間の長短ジャガイモにはもともと成長が止まり芽がでない休眠期間があります。この休眠期間は品種によって違い休眠期間が長いタイプと短いタイプに分けられます。ジャ [続きを読む]
  • ミニトマトの病気?蜘蛛の巣の原因は小さい赤色ハダニ
  • ある日突然、ベランダ菜園で育てているプランター栽培のミニトマトに白い糸状、綿状の蜘蛛(くも)の巣のようなものが茎や葉、実全体に覆われてしまい、赤茶色い虫が大量に発生してキモチ悪い!!その原因はハダニです。原因と対処法などを紹介します。ハダニが発生する原因は高温・乾燥・風通しの悪さハダニが発生する原因は高温・乾燥風通しの悪さだいたい苗の植え付け後の5月〜梅雨明けに多く発生するのですが、2018年の夏のよう [続きを読む]