しぶや黒田陶苑 さん プロフィール

  •  
しぶや黒田陶苑さん: 陶心
ハンドル名しぶや黒田陶苑 さん
ブログタイトル陶心
ブログURLhttp://20902445.at.webry.info/
サイト紹介文当苑での展示会や企画展そして常設作品の中から、特にお奨めしたい作品を取り上げご紹介してまいります
自由文しぶや黒田陶苑では、ほぼ週替わりで展示会や企画展をおこなっています。
北大路魯山人、石黒宗麿、岡部嶺男を始めとした物故巨匠陶芸家の逸品を扱いながら美意識や見識を養うとともに、皆様との対話から次世代に残るような名品を一点でも現代の作家さんたちに作っていただくことが使命だと思っております。
どうぞ、「陶心」をお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2015/02/22 16:03

しぶや黒田陶苑 さんのブログ記事

  • 餞 ーはなむけー
  • 丸田先生の個展の初日を迎えました。毎年、素敵な服装でいらっしゃる先生、くっきりしたストライプのジャケットで颯爽とお見えになりました。外が初夏のような陽射しの今日にピッタリ! [続きを読む]
  • 即興の妙 『織部 小山智徳展』より
  • 成形や絵付けをどのように取り組まれているか伺うと「即興の世界ですよ」と話される小山智徳先生。桃山陶の織部がかつてそうであったように「型」が生まれると、それを展開、変容させ、あらたな「型」を生み出す。本歌の織部が今見ても自由であり、新鮮であるのは常に固定した「型」に留まるのではなく、そこにどう挑むかという「即興性」が常にあるからこそ。今生まれ来る「織部」とはどのような世界なのでしょうか。それは決して [続きを読む]
  • 「鵜の目 鷹の目」 色彩豊かな織部の世界
  • まだ、4月も半ばですが、早くも、緑の美しい季節になってきました。13日より、織部「小山智徳展」を開催しております。山野の緑、水辺の草花、清水の苔など、織部の色は何を想像されますか?織部の代表的な青織部作品、小山先生のつかう登窯からは、様々な色彩の緑釉がつくられます。あざやかな緑、やさしい黄緑、きりっとした深みのある青碧の色。緑釉のかかった香合や水滴。ユーモアのある可愛い作品をご紹介します。 [続きを読む]
  • 中野欽二郎展 李朝・伊万里の探求
  • 先週末のお休みはいいお天気に嬉しくなって、ご近所までお花見に足を延ばしました。ハラハラと散り始めた花びらの落ちる先には、花開き始めた山躑躅(ヤマツツジ)が誇らしげに顔を上げて頑張っていました。春の陽射しが透けるような柔らかで薄い花びらは、春の到来を喜ぶ少女のスカートが躍り跳ねるようでこちらも胸が弾みます。「近道へ 出てうれし野  躑躅かな」  与謝蕪村 [続きを読む]
  • 曜変天目 瀬戸毅己展
  • 先日、ちょっとしたお休みを戴き、南の島の離島に立ち寄ってきました。昼間の透き通るような美しい海のブルーとはまた違い、真夜中に見上げた空の美しかったこと……。夜空全体はどこまでも深い漆黒。そこには瞬くような星が数えきれないほどキラキラと眩しい程に輝いて、本当にいつも見上げている空と同じ空なのか……と疑うほどでした。 [続きを読む]