プリティヴィー さん プロフィール

  •  
プリティヴィーさん: サンスクリット・サーガラ(サンスクリット語の海)
ハンドル名プリティヴィー さん
ブログタイトルサンスクリット・サーガラ(サンスクリット語の海)
ブログURLhttps://ameblo.jp/prthivii/
サイト紹介文サンスクリット語からインド文化を知る雑学・うんちく話
自由文世界で一番難解、と言われいる古代インドの言葉サンスクリット語は、ヨーガ(ヨガ)、アーユル・ヴェーダ、インド思想、インド占星術etc.、あらゆるインド文化の源泉です。サンスクリット語を中心とした雑学、うんちくについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/02/23 14:53

プリティヴィー さんのブログ記事

  • アンティーク風デーヴァナーガリー文字のヘアゴム
  • メインではサンスクリット語講師を仕事にしていますが、知識を趣味と組み合わせたくて始めたハンドメイド雑貨。私自身がデーヴァナーガリー文字大好きなので、テキストを切り抜いてレジン(樹脂)で固めてこれ↓を作ってみました。けっこう気に入ってます。 View this post on Instagram 古代インドの言葉「サンスクリット語」のテキストをベースにレジンで固めました。 サンスクリット語は古代インドで聖典に用 [続きを読む]
  • 明日12月8日にイベントに出ます
  • 昨日はアーユルヴェーダサロンSatya AyurvedaのKさんと自然食のカフェに行ってランチを食べました。そのとき、週末に(もう、明日)手作り市のイベントで出店するので、品物を見せてアドバイスもらいました。チラシはこちら↓袋の入れ方や飾り方など、やっぱり、自分ひとりで考えているより、人から意見をもらった方がよいですね。これは↓lokā? samastā? sukhino bhavantu ????? ??????? ?????? ????? [続きを読む]
  • タロットカードにまつわるシンクロニシティ
  • 久しぶりにサンスクリット語の話を…と思ったのですが驚いたことがあったので勢いで書きます。ちょっとばかりミーハーな話から始まりますが、私の好きなミュージシャンのライブグッズが発表されたとき、そのテーマデザインを見て↓「あれ?なにか見覚えがあるような…」すぐ思い出したのがタロットカード。似てるかどうか確かめるために久しぶりにタロットカードを出してみました。(注:グッズのデザイン自体はオリジナルで、本当 [続きを読む]
  • 知人からの電話
  • 昨日の夜9時近くに携帯が鳴ってこんな時間に誰だろう?と思いながら出たら、音信が途絶えていたママ友でした。「久しぶりにプリティヴィーさんと話したくなったの。最近私、命についてのお話を聞いたから、それを伝えたくて」ときたので、(あ、やばい、これは面倒な話だ)と直感したら案の定??私もね、嫌いじゃないですよ命や人生についての話。でもこういう形でのお誘い、しかも喫茶店で「先輩」なる人から話を聞く、というの [続きを読む]
  • 母なるガンガー
  • 先週のサンスクリット語のクラスのときインド帰りのサンスクリット語の生徒さんからお土産を頂きました。ナタラージャ(踊るシヴァ神)のTシャツお香ガンジス川の水(日本で瓶に詰め替えたそうです)ヒンディー語の新聞ありがとうございます。お香もとても好きな香りでした。そして、ガンガーの水が透明でビックリしました。全体像で見ると茶色いのに。こういうことって社会のなかでもよくありますよね。集団だと嫌な印象だけどひ [続きを読む]
  • もしも呪力があるのなら
  • 前回の投稿で書いたように最近ついてることが多いのですが、実は別のチケットも当選していました。落選した人たちの悲嘆をツイッターで見ていると、まるで何か悪い力を利用して自分の思い通りにしているような、不思議な罪悪感が湧いてきました??ま、たまたまだとは思いますけどね??本当にそんな力があったら、世界平和とか、貧困を無くすとか、災害の被害を最小限にするとか、そういうことにも使いたい。 ひとりひとりの思い [続きを読む]
  • ”敵に打ち勝つバガラームキー女神のマントラ”
  • 実家の問題が解決したあと、面白半分に身近にいる「ちょっと面倒な人たち」がおとなしくなってくれないかな、遠ざけられないかな、と思ってバガラームキーマントラを試しに数日間唱えていたのですが、マントラの意味が黒魔術的なので自分に還ってくるかも?と思って自主判断で止めました。そのあとで「身近な人に唱えるのは止めた方がいいですよ。死ぬ場合もありますから」とガネーシャギリ先生にも言われたのですが、それから約2 [続きを読む]
  • 『パーニニが言及するヴェーダ語形の研究』
  • 2月3月に行ないました「サンスクリット語講座」同様の文字&発音コース、さらに踏み込んで学ぶ文法初級コースの受講者を募集しようと思います。近々お知らせします。 話は変わって、今日の読書↓ 尾園絢一著『パーニニが言及するヴェーダ語形の研究』(東北大学出版会) 内容はかなり堅いです。 普段は曖昧な定義で使ってしまう「サンスクリット語」という言葉ですが、紀元前4世紀に、文法学者のパーニニ(?????? Pā?ini [続きを読む]
  • サンスクリット語でダイエット
  • 今日は4名のメンバーで2年以上続いているサンスクリット語講座がありました。 文法の説明だけを続けていると煮詰まってくるので、気分を変えるため、ここ2回くらい、文章の読解だけをやっています。あらかじめ宿題(文章問題)を一人に二問ずつ割り振っておき、その日本語訳を発表してもらいます。単語からの推測でそれらしい日本語訳ができる場合もありますが、きちんと語尾を把握しておかないと間違った訳になるため、ひとつ [続きを読む]
  • サンスクリット語の短母音・長母音問題について
  • サンスクリット語を教えている生徒さんが「今までガヤトリーだと思っていたけど、正しくはガーヤトリーだったんですね」と、宿題を解いていて気づいたそう。 それで「なぜガヤトリーとかクンダリーニとか、間違った発音が氾濫しているのでしょうか?」 と問われました。 (正しくは、ガーヤトリー ??????? gāyatrī、クンダリニー ????????? ku??alinī) うーん… そもそもサンスクリット語の正しい知識を [続きを読む]
  • 敵に打ち勝つバガラームキー女神のマントラ
  • サンスクリット語やマントラに神秘的な力があるとかないとか私は言える立場ではありませんが、最近、もしかして?と思ったことがありました。 私の実家の両親が住んでいるのは下町の古い家。地震や台風で倒れそうだし、1階が元工場、2階に居住空間なので階段を上り下りするのは80代の両親には危なく、引っ越しすることになりました。 ところがその過程で裏の土地を所有する地主さん(別の場所に住んでる)が境界確認の立ち会いも [続きを読む]
  • ピアスも(土星モチーフとスワロフスキー)
  • View this post on Instagram ネックレスとおそろいのピアス。 土星のフレーム&土星を象徴するダークブルー色をした大粒スワロフスキー使用。 モンタナと呼ばれるこの色番は深い海の色や漆黒の空の色にも似た、落ち着きのある色味です。 長さ4センチ スワロフスキー #1088直径8ミリ (土星はインド占星術において運命改善のポイントとなることが多い惑星で、インドでは土星を神格として礼拝する人が多いです。 [続きを読む]
  • 土星モチーフとスワロフスキーのネックレス
  • View this post on Instagram 製品タグを付け忘れたので再度投稿 先日23日のヨガフェスで販売した 土星モチーフとスワロフスキー(クリスタルガラス)を組合せたネックレス。 深い青色というか紺色のスワロフスキーは神秘的な雰囲気で、土星の色を表しています。 一目見て気に入って下さった方が購入されました。 写真を するとminneのページに飛びます。 質問のフォームから注文があれば制作します [続きを読む]
  • 祈りの空間@ドイツ
  • インドやサンスクリット語から離れたテーマが続いて申し訳ないですが 先月のドイツ旅行で、あらためて私は祈りの空間が好きなんだなと気付きました。 到着した翌日、フランクフルトから電車で1時間圏内の古都ハイデルベルクに足を伸ばしました。ハイデルベルク城を中心とした中世〜近代の街並みが残る古都です。街の中心広場の近くに聖霊教会がありました。 私はクリスチャンではありませんしキリスト教の教義や聖書については教 [続きを読む]
  • ドイツの食文化とヴィーガン、仏教人気、移民大国
  • ドイツ滞在中に考えたこと、あれこれ。 上の写真はフランクフルト中央駅。毎日利用していました。ヨーロッパの各都市の中央駅はどこも風格のある建物で立派で、こういう雰囲気大好きです。ハリーポッターシリーズが好きな子ども達は「キングス・クロス駅みたい!!」とはしゃいでおりました。 駅の構内にはドイツらしいファストフード店やB級グルメ店が立ち並んでいて、あれこれ目移りしながらドイツの名物を食べ歩き。 南インド [続きを読む]
  • どういうわけかドイツへ
  • 今まで何のゆかりもないとおもっていたドイツへ行ってきます。家族旅行でヨーロッパへ行く予定をたてたときは、パリかロンドン、と思っていたのですが、何故かドイツ、フランクフルトに行くことに。縁もゆかりもない、と思っていたけど、子どもが小さい頃に独学したシュタイナー教育の本場だし、考えてみたら、ドイツはサンスクリット学の盛んな土地でした。自分が行くことを想像したことはありませんが、行ってみたら、何か気づき [続きを読む]
  • 実家の片付けで断捨離(昭和の子ども時代は自由で楽しかった)
  • すみません、また過去の振り返りですが、さらに時代を遡って昭和の子ども時代のこと。80代の両親が暮らす東京下町の家、近々住み替えすることになり、帰省ついでに必要な物と不要品の選別を手伝いながら過去と向き合ってきました。 元町工場だった1階が天井の高い広い倉庫になっていて2階の部屋も余っていたので、父が溜め込んだ古い家電、40年以上前の弁当箱や食器、私の小学校からのテスト答案、姉が高校の美術で描いた油絵な [続きを読む]
  • 変わらないメディアの体質
  • ついこの間、義父から、私が習っているヨガ教室は変な宗教と関わりはないのか?大丈夫なのか?と聞かれました?? 私の習ってる先生は日本人なのにインド人の血が入ってる?と思うようなエキゾチック美人の可愛い女性で、勉強熱心な方ですが、1年通って、そういう系統ではないことくらいは見極められる自信はあります?? 今でもオウム真理教の後継団体がヨーガ教室などを通じて信者を増やしていると報道されたから、身近な人から [続きを読む]
  • 聖典の悪用
  • (いちおう学問としてサンスクリット語を教える立場で、研究者の研究がオウム真理教に悪用されたことを踏まえ、警鐘のために書いていますが、不愉快に感じる方いらしたら申し訳ないです。) 前回書いたオウム真理教事件への反省と疑問と似たことが、ちょうど18日付けの朝日新聞で載っていたので紹介します。 「オウムとは、宗教研究者の模索 社会の反応受け「沈黙」10年」 - 朝日新聞 (ネット記事は会員制のため全文読めま [続きを読む]
  • オウム真理教の事件の記憶と感情を振り返る
  • オウム真理教による地下鉄サリン事件の死刑囚7人の死刑が執行されてから10日が過ぎました。被害者やご遺族にとって節目となり少しでも癒されますように… 若い方にはこのニュース、あまりピンとこないかもしれませんし、一般的には自分とは無関係の狂気の集団が起こした事件、という認識の人が多いように感じます。事件当時に広報部長としてテレビに出ずっぱりだった元幹部・上祐史浩氏が死刑執行の直後に記者会見したときも、記者 [続きを読む]