ボタン さん プロフィール

  •  
ボタンさん: 英語多読 中学1年レベルから英語を読めるようになる
ハンドル名ボタン さん
ブログタイトル英語多読 中学1年レベルから英語を読めるようになる
ブログURLhttp://flowerattack.blog2.fc2.com/
サイト紹介文沢山の簡単な英語の本を読むことで、英語をスムーズに読めるようにする英語多読を実践中。
自由文英語多読、100万語、GR、児童書、sss、ペンギンリーダー、オックスフォードブックワーム、マクミラン、ケンブリッジ、I CAN READ BOOK、STEP INTO READING、READ IT YOURSELF
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/02/24 03:56

ボタン さんのブログ記事

  • ジャパン FAQ Japan FAQ (ラダーシリーズ Level 4)
  • ジャパン FAQ Japan FAQ (ラダーシリーズ Level 4)総文字数:21650語読みやすかった。相撲の巡業って、何月がどこの地域とか決まってたんだと、この本で知りました。2005年初版の本なので、電子機器的なものとかの情報は古いですが、ほとんどは日本についての基本的なこと文化や習慣とかについて書かれたもので、情報が古くて困惑はないと思います。英文はぶっちゃけやはり英語圏ネイティブの方の英文のが読みやすく感じます。こ [続きを読む]
  • 『ジョジョの奇妙な冒険』で英語を学ぶッ!
  • 私が買って来るジャンプを弟が楽しみにしていたので、私はほぼ1,2話ぐらいしか読むものがなかったんですが、毎週買ってました。高校生でバイトしてたんでお金あったし弟が楽しみにしてたしね。あの当時はマガジンとか少女雑誌も買ってたし、ドンドン雑誌がたまりまくってましたね。この『ジョジョの奇妙な旅』は、2,3話読んで私の好みのタイプのマンガジャンルではなかったので読んでなかったんですが、英語版を図書館でみかけ [続きを読む]
  • SONS AND LOVERS (Penguin Readers, Level 5)
  • YL:5.0 総語数:18,000『チャタレー夫人の恋人』の著者デーヴィッド・ハーバート・ローレンスの自伝的なお話だそうです。母親と息子たち、家族のお話です。母親への依存、母親からの束縛など読んでいて、ちょっと息苦しい感じがしました。(545冊目  総合計語数 422万8730語) [続きを読む]
  • イン・ザ・プール In the Pool (ラダーシリーズ Level 4)
  • イン・ザ・プール In the Pool (ラダーシリーズ Level 4)総文字数:15980語とても面白かった!精神科に通う話だし、何かミステリー系の話なのかな?って読み始めたら、そうじゃなかった!伊良部先生が面白いキャラで笑えます!お勧め!面白かったので作者さんは誰で、他にどんな本を書かれているのかなと探してみたら、奥田 英朗さんという作家さんでした。面白い精神科医、伊良部先生が登場する本は2冊あって、『空中ブラン [続きを読む]
  • ON THE ROAD (Penguin Readers Level 5)
  • YL:4.5総語数:19,000 当てもなくヒッチハイクやバスでアメリカを旅行し、マリファナ、女、酒三昧する話です。ロードムービーで実写化されてますが、なぜこんな話を映画化しようと思ったのかなって不思議になるぐらい退屈なお話でした。中頃まではきっと何か事件があったりでお話が展開していくのかなって思って読んでたんですが、後半部分に入って相変わらずただ酒と女と金がね〜の繰り返し展開なので、こりゃこのまま何もなく終 [続きを読む]
  • 坂本龍馬 Sakamoto Ryoma  (ラダーシリーズ Level 4)
  • 坂本龍馬 Sakamoto Ryoma  (ラダーシリーズ Level 4) 総単語数 15190語先日読んだ『新選組』と同じ西海コエンさんが英文を書かれていたので、とても読みやすかったです。『新選組』で引いた単語も何度も出てきたので、単語の定着にもなったかな。たぶん。日本の歴史の大きな転換期に名を遺した新選組に何故あまり惹かれないのだろうと思ってましたが、よく考えたら京都には新選組や明治維新にゆかりの有名な場所はあるんですが、 [続きを読む]
  • 新撰組 The Tale of the Shinsengumi (ラダーシリーズ Level 4)
  • 総単語数 14,650語とても英文が読みやすかったです。最後、松尾芭蕉の俳句が出てきますが、読んで、なんの俳句だか分かりませんでしたが、調べたらとても有名な俳句でした。”Summer grasses  Are all that is left Of warrier's dreams"「夏草や 兵どもが 夢の跡」日本語訳がつくと、なるほど。やっとわかりました。京都出身で、実家のすぐそばに新選組とゆかりのある場所もあるんですが、だからこそ苦手だったんですよね。 [続きを読む]
  • A Picture to Remember (Cambridge English Readers Level 2)
  • A Picture to Remember (Cambridge English Readers Level 2) YL:2.5 総語数:9,000(大雑把カウント)ブエノスアイレスの美術館で働くクリスティーナは、強盗現場に居合わせて犯人と目があってしまう。しかしそのあと彼女は車の事故に遭い事故の前に起こったことを忘れてしまう。しかし顔をしっかり覚えられたと思った犯人はクリスティーナを殺そうとするが・・この本のひとつ前に読んだシェイクスピアの本が読みにくくて、気 [続きを読む]
  • MORE TALES FROM SHAKESPEARE (Penguin Readers, Level 5)
  • MORE TALES FROM SHAKESPEARE (Penguin Readers, Level 5)YL:5.0 総語数:26,000 『Winter's Tale』以前、ラダーシリーズレベル2で『冬物語 Shakespeare's Stories The Winter's Tale』(自) で読んだことがあるのでお話の流れは知ってましたが、2度目に読むこのお話は1度目の時気づかなかった点に気づいて印象が変わったお話になりました。この国の王子は、王様の妻への疑惑の心が原因で亡くなっているんですよね。王妃は側近 [続きを読む]
  • THE BODY (Penguin Readers /Pearson English   Level 5 )
  • THE BODY (Penguin Readers /Pearson English   Level 5 )YL:5.0 総語数:20,000スティーブン・キング原作のリトール。主人公ゴーディの語りで描かれるお話だが、ゴーディの空想シーンの部分は特に読みにくく、全体的に意味が掴みにくい文章が沢山あった。映画を大昔に観たことがあったし、お話の展開的には少年たちが年上のお兄さんたちから死体が森の中にあるらしいぜという話を聞いて、死体探しに出る夏休みのひと時のお話で [続きを読む]
  • Prime Suspect (Penguin Readers Level 5)
  • Prime Suspect (Penguin Readers Level 5)YL:5.0 総語数:20,000 面白かった。しぶといシリアルキラーと、はじめて殺人事件を受け持つ女性刑事。女性が重要な仕事を任されることに良い感情を持たない上司や部下、被害者の親などによる、捜査から外させようとする妨げや、仕事に全てを捧げている彼女の生き方など、短いながら読み応えありました。女性刑事のジェーンは、ずっと殺人事件を任されたいと思っていたが、男社会の警察 [続きを読む]
  • The House of Stairs (Penguin Readers Level4)
  • YL:4.5 総語数:14,000初めてGRでレズものを読みました。そういえば同性愛者が出て来るものって今までGRで読んだことがないな。主人公エリザベスは、ベルという女性を初めてみたのは、彼女が遺産を相続したばかりの旦那を誘導して殺し、パーティ会場に現れて「旦那が自分を銃で撃った。助けて」と駆け込んできたときだ。エリザベスは旦那を亡くしたエリザベスの叔母コゼットの家に住まわせて貰っていたが、そこにエリザベスと恋仲 [続きを読む]
  • 400万語到達
  • 300万語から400万語は何だかアッと言う間に到達してしまいました。レベルが上がるにつれて1冊の文字数が多いので、あれ?そんなに沢山本を読んでないのに、もう到達してしまったという感じです。2014年12月に英語多読をはじめて、400万語到達に3年半ぐらいかかっています。カメ並みに遅いかもとは思いますが、物凄い飽き性の私にしては、同じ趣味をずっと続けてやれているので嬉しいです。300万語の時の目標で、400万〜450万はレベ [続きを読む]
  • あだ名
  • よく今まで出て来た事がない名前がいきなり出てきて、誰だよこいつって思ったり、頭がこんがらがったりしてたので、気付いたあだ名を、書き残してきます。Elizabeth   liz Lizzie or Lizzy     エリザベス → リズ → リジー [続きを読む]