禰彌(でび) さん プロフィール

  •  
 禰彌(でび)さん: 愛と幻想の薬物
ハンドル名 禰彌(でび) さん
ブログタイトル愛と幻想の薬物
ブログURLhttps://ameblo.jp/epicure-epicure/
サイト紹介文彼岸の淵からさいはての地に迷い、どこでもないどこかで懐かしい憧憬にすがりつくボケの回想録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供470回 / 365日(平均9.0回/週) - 参加 2015/02/24 13:41

禰彌(でび) さんのブログ記事

  • クリームソーダ
  • 今朝、朝っぱらから『クリームソーダ』を作った。昨夜、晩ご飯を食べ終わった頃の団欒(だんらん)のときに、何のハズミだか忘れたけれど僕が末娘(次女)にクリームソーダの作り方を話した。メロンソーダをグラスに入れてバニラアイスを上に乗せる。そんなことを話したあと僕は先に早々に布団に入って、そんな会話のことは忘れていた。朝起きて、嫁さんと長男とでコーヒーを飲みながらパンを食べていたら、末娘が起きてきておはよう [続きを読む]
  • パウダーの衰退
  • 誠に残念な時代の流れ。一時期は通信販売だけに留まらず、日本各地で店舗販売もされていた合法パウダー(厚労省未指定危険ドラッグ)が、表市場そして裏市場からも一般的には流通しなくなりましたね。僕のブログを読んでくれる人は不思議と覚醒剤には関心があっても、パウダー(カチノン系・フェニチルアミン系)には関心が無いですよね、僕はシャブよりパウダーが好きなんですけど…。それはさておき。パウダーですが。厚労省未指定 [続きを読む]
  • 法規、別の視点
  • 長くて面倒くさい記事です。前回の記事『法規』のアンチです(笑)。『なぜ薬物事犯者には違法薬物の違法性が理解できないのだろうか?』これは僕が警察の取り調べで刑事さんに尋ねられたことで、『多くの薬物事犯者は、自分が生まれる前から覚醒剤は違法だと知っているのに自ら罪を犯したがる、なんでや?』なんでや?て言われたら、『好奇心が刺激されたんです。』と答えた。そんな幼稚な理由で国のキマリを身勝手に破られたらム [続きを読む]
  • 法規
  • 何を今さらということを見つけた。警察の人たちの職務は、法規の違反者の捜査と検挙と周知の徹底、社会秩序の維持、だと思った。言い換えれば、『警察』は、法律違反をしていない場合や、犯罪の発生が予見できないことには、警察は個人の生活には介入しない…ですよね?薬物の使用が単なる個人の嗜好や趣味で判じられるなら…、薬物事犯を逮捕しなくても良いなら。つまり、薬物依存症は回復する病気だと定義され薬物の使用で社会 [続きを読む]
  • カレーライス
  • 昨夜、とても珍しくカレーライスを作った、たまには嫁さんをねぎらって僕が調理した。ポン中が作るカレー!即ち『ポンカレー』!だから何やねんていう大げさことではないね。日頃、居間の定位置で根拠もないのに偉そうにふんずりかえって、一日中動かないバカが滅茶苦茶珍しく気まぐれに家事をしたのですね(笑)。それを自慢したかったのさ。普段僕の家庭での働きは、食後の皿洗いと玄関の掃除。他はほぼなにもしない。頭のおかし [続きを読む]
  • 一教の絶対
  • 案山子さんのブログの記事にあった言葉に射たれた。シンプルだからこそ突き刺さる言葉、朝から頬をビンタされた気持ちだ。揺らがない信念曲がらない意志貫く覚悟これは一教だ。つまり技であり理(ことわり)、武道で始めに学ぶ。教えない道場はアホだ。一教ができないのに二教三教に及ぼうとしても成り立たない。ただの知ったかぶりでしかない。僕はまた違えた。分かっていなかった。武道で教わり稽古したことを実践しなくては何が [続きを読む]
  • 嫌がらせ
  • 嫌がらせ僕の相棒の原チャリ、リトルカブ。リトルカブはカブの仲間なので、走る時足でペダルを踏みこみニュートラルから一速にギアをチェンジして、加速とともに一速から四速までペダルを踏みアクセルを開くことで走る。三年ほど前、神戸まで合法ドラッグ屋さんまで怪しい粉を買いに行った帰り道、そのチェンジペダルが突然折れた。ペダルを前方に踏むと、ニュートラルから一速、二速…と数字が上がり、踵で後ろに踏むと四速から [続きを読む]
  • 言葉
  • 言葉俺は自分が知っている単語を連ねて『言の葉』を綴る。自分の思考、自分の感情、自分の世界を、そうしたすべてを、『いろはの音』の組み合わせで表現する。時々、自分で作った創作語も使う。言葉はその意味を共有する知識で作りだされた概念そのものだ。言葉をあやつることは、魔術だ。自分の思考を他人に伝播する。挨拶も宣言も説教も戯れ言も、『いろはの音』の五十の音を掛け合わせて発せられる、言霊ではなく言葉である。 [続きを読む]
  • 草の持ち上げ方
  • 人にもよるのでしょうけど、僕の経験を例に書いてみます。僕が草を吸うときは、インディカだとかサッティバだとかは知識が及ばずにいて、大抵密売人のオススメを言われるがまま購入して使っていた。 昔、道産子しか入手できなかった頃は、酒飲みながら草吸って、グラグラしてきたら軽ーいトリップを楽しみ、そのあとどれだけ草を追加しても変わらなかった。たぶんTHCが少ないんだろうね。で、その酩酊をロケットドライブにしよう [続きを読む]
  • ハイテンショーン!
  • パキってばかりいた頃、たまーに狂ったように楽器をかき鳴らす時があった。ほんとにたまに。基本僕は楽器は弾けない。ただ何故かパキってるときに、その時の気分に合った曲なんかが流れると、喚(わめ)き叫(さけ)ぶように歌う。でもたまに弾けもしないギターやベースを神経質な人がヒステリックになったように滅茶苦茶に鳴らすのが、テンションを上げてくれる。で、今別に怪しい粉やイケナイ結晶をどうにかしてるワケではなく [続きを読む]
  • 二日酔い
  • 昨夜はそれほど飲んではいないのだが、昼間に飲んだブロン錠と夕方に飲んだビールの飲み合わせが肝臓泣かせなのか、二日酔いだ。普段からベタナミンとプブロピオンが肝臓を働かせすぎなのかも知れない。ビールは最近は医師の指導を守って缶ビールを一日三缶まで。昨夜はすこしテンションが高く…飲みに行くと大概テンションは高いのだけど、瓶ビールを五本か六本飲んだけど、酒乱にはならずに普通に帰った。たまには破滅的になら [続きを読む]
  • 仲間たち
  • カズヤさんと清水さんと正司に会った、久しぶりに。最初正司の店に遊びにゆき、彼の仕事の邪魔をした(笑)。正司は僕が本を作りたがっていることを知って、アマゾンで出版にこぎ着けられる可能性を教えてくれていたのだが、『まだしないんですか?』と指摘されてしまい、申し訳ないと謝った…。正司がウーロンハイを飲めるようになったらしい、僕が炸裂しないことを条件になら一緒に飲みに行ってくれるらしい(笑)。それでそんな約 [続きを読む]
  • 魚釣り
  • 今年、全然釣りをしていない。自宅の前に水路があるので去年は暇な時は頻繁に魚釣りをしていた。水路の向こうが畑なので、畑で園芸をしてるおじいさんやおばあさんが僕に釣り餌のミミズをよく持ってきてくれて、それでフナや鯉、ブルーギル、ブラックバス、ナマズなんかが釣れた。だけどあまりに頻繁すぎたからだか、スッカリ魚がスレてしまった。それでまったく釣れなくなって釣り自体をしなくなった。渓流釣りも昨年までは月に [続きを読む]
  • 罰金十万円は前科だよ。
  • まったく威張れた話ではないが、自分ではそこそこ真面目に生きてきて、たかがシャブにボケた程度で僕は普通の人、怖い人たちと比べたら僕はヘタレだし激しい訳でもない。何度か書いたけれど、僕はシャブで逮捕される前に一度、条例違反で起訴されたことがあった特殊警棒を護身用に所持していたのを咎められ、パトカー三台と警邏の全部で十人くらいの警察官に囲まれ、任意というほぼ逮捕とかわらない連行をされた。三人目の子供が [続きを読む]
  • 反省
  • くだらないことに腹を立ててくだらない記事を書いてしまった。危うくアップロードするところだった。とある小説投稿サイトみたいなのがあり、そこでブログのように記事を公開し、読者から支持されることにより本を出版できるという…まぁいわばありがちな会社だ。そこで会員登録をしようかと考えたが、何かが引っかかり規約を先に読んだ。こんなことが書いてあった。[xx] 自殺、集団自殺、自傷、違法薬物使用、脱法薬物使用等を [続きを読む]
  • スバル360(後編)
  • 翌日、日曜日に大阪の実家から愛知県の寮まで帰るわけだが…。昨日、行きが八時間近くかかったため帰りも似たような時間だろうと読んだ。家族にバイバイして、昼前には自宅を出た。昨夜とは違い太陽があかるいので、なかなか良いドライブ日和だ。スバルはテケテケと大阪、京都、滋賀と国道をひた走る。事件は滋賀の鈴鹿山脈に差し掛かる山道で起こる。川の上の橋で信号待ちをしていた。青信号になり、さて発車となったら、急に車 [続きを読む]
  • スバル360(中編)
  • その日は土曜日で、翌日は仕事は休みだった。当時の僕は二週に一度は豊田市から愛知県から大阪に戻っていた。愛知県にも遊ぶ所はあるのだが、なんせ単身で全く知らない土地の寮に入ったことと、入社のときの歓迎会で暴れてしまい酒乱だと皆にバレてから、距離を置かれて愛知県には親しいやつもいなかった。それに恋人は京都にいるし。京都までは新幹線を使えば、一時間ちょいくらい。名古屋〜京都までは『のぞみ』に乗れば三十分 [続きを読む]
  • スバル360(前編)
  • スバル360(前編)僕は人生で一度だけ車を買ったことがある。その車の所有期間…僅か二日(笑)。それ以外に車を乗るときはレンタカーか、先輩の車だ。車を買ったのは十九歳で、その時は金があった。トヨタの正社員だったからな、月収は二十万程度だがボーナスもデカいが、何より社会的信用が強い。経団連の会長がやってる会社だからローン会社に審査などない。仕事は好きだったけど、愛知県で音楽活動をする気ににはならず、関西に戻 [続きを読む]
  • リトルカブのメンテナンス
  • なぜだかやたら退屈なので、雨も上がったことだし相棒(リトルカブな50cc)のメンテナンスをしようか、と思った。メンテナンスといっても僕は単車の知識がないから、ネットで知らない誰かが書き込みをしてるブログの記事とか見ながらする。実は先週、出先から帰宅するときエンジンが止まってしまい、その後『押しがけ』でもエンジンがかからない。それで思い当たるところ『プラグ』を確認してみると…本当なら白いところが焼けて [続きを読む]
  • ヘタレだから酒飲んで暴れる
  • ヘタレだから酒飲んで暴れる忘年会のシーズンですね。僕は酒乱なので忘年会などではムチャクチャしてた記憶がある。そんな行事に僕が参加していた頃は、結構皆んなにぎやかだった。時代性というのもあるけれど、大概暴れたり壊したり倒れたり逃げたり..まぁそんな展開になる事がほとんどだった。今はそういう事をするとすぐに警察が来るみたいだし、防犯カメラが街中に設置されているから、あんまり無茶な事をするとパクられそ [続きを読む]
  • 我が家の子どもたち
  • 我が家の子どもたちこれは謂わば自慢だ(笑)。我が家の子どもたちは、現在のところとても素直だ。自宅から誰かが出かけるとき、皆でハイタッチして見送る。ハイタッチの習慣は、僕がシャブ中だったとき自宅を出たあと無事に帰宅できるという保証はどこにもない。いつでも、『それが最後になるかもしれない』と思い、後悔することがないように気持ちのうえで区切りをつける意味合いがあって、行い始めた行為が習慣になり、気づい [続きを読む]
  • 『ここではないどこか』
  • 『ここではないどこか』此処ではない何処かへ不思議な花の咲く前に君と僕の隠れ家も春までには、出来そうにない。四月には、皆殺し此処とは違う何処かへ幾つも砂漠を越えて楽園は見つからずに、巡り巡って、帰ってくる四月には皆殺し四月には皆殺し。作詞、Morrie [続きを読む]