とうとのひとりごと さん プロフィール

  •  
とうとのひとりごとさん: カウンセリングの手引書
ハンドル名とうとのひとりごと さん
ブログタイトルカウンセリングの手引書
ブログURLhttp://cocorotkn.com/news/counseling
サイト紹介文対人関係、恋愛問題等は家族との関係がテーマになります。カウンセリングのヒントが有ります。
自由文私自身が悩み苦しみ、カウンセリングの世界に飛び込みました。カウンセラーになるためには先ず「自分自身を知れ」。自分のセルフカウンセリングから、カウンセラーへの道になります。
ブログにカウンセリングのからくりのヒントを一杯披露しています。悩み解決のヒントになればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/02/24 20:16

とうとのひとりごと さんのブログ記事

  • リクエストクラスをスタートしました。
  • お仕事が多様化してきた関係でお仕事がシフト制の方が多く居られます。 カウンセリングの勉強をやりたくてもを受講日のスケジュール調整が付かない!休みの日と受講したい講座がマッチングしない!時間が空いたので、急に受講がしたい!受講が一度抜けると、同じ講座が回ってこない!早く受講を進めたい!・・・等々受講の多様化が求められていました。そんな方々が受講しやすいように「リクエストクラス」を作りました。基礎講座の通 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:優柔不断は悪
  • 「優柔不断」厄介な捉え方です。私も思いっきりやっていました。決断を下すことが怖いのです。決断を下すと、責任を取らないといけないからです。欲しいものも欲しいと言えません。お陰で、選択肢がある時には自分の意思で選べないのです。選んだ限りは文句を言えません。実行をして結果をださいとダメです。また、責任を果たさないといけないのです。失敗は許されません。失敗をする子は悪い子です。悪い子は愛されません。愛され [続きを読む]
  • 2018年のエサレン研修を終えて
  • 今年のエサレン研修を終えて、もう3週間ほど経ちます。3年ぶりのエサレンでした。今回ポール・ヒューツセンスタムの「アート曼荼羅」ワークショップを受けて、あらためて、ゲシュタルト療法の素晴らしさを実感しました。「今に生きる」今に生きるとは今、出来ることを一生懸命やることやっているうちに次のやることが産まれる又、その事を一生懸命にやるこの繰り返しをやっていくうちに新しい「私」が産まれる。 「アート曼荼羅 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:木を見て森を見ず
  • 「木を見て森を見ず」ひとつのことに囚われてしまって全体が見えなくなっている状況です。カウンセリングにも言えます。クライエントの話に対し「全体の話を聴きながらポイントを聴いてください!」と伝えています。どうしても、今おきてる問題点「悩み」に囚われがちで悩みに聴き入っています。大事なことではありますが、「落とし穴」にはまりがちです。今、喋っていることは「悩みの花」です。いくら花をしっかり見てもその奥に [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:対人関係のカラクリ
  • 「乖離性人格障害」は以前までは「多重人格」を言われていました。時代と共に呼び名が変わります。「乖離性人格障害=多重人格」と言えば皆さん敬遠しがちです。一人の中に、色々な人格があり、個性を持ち単独行動をします。そして、通常の「私」が各人格をコントロールが出来ない。他の人格が行なった行動を記憶していない。簡単に言えばこれが「多重人格」です。 ただ、「プチ多重人格」は案外身近にいてるかも!俗に言う「多面 [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート⑦
  • エサレン最終日いよいよこの日が来ました果たして、研修の成果が出たのでしょうか?でも生徒達の様子を見ていると自身を持って言えます。自分自身をあるがまま受け入れる事とをスタートさせた。時間は掛かりますが、一歩ずつ歩み出した事を。アート曼荼羅は心の中を描きます。無意意識で表現します。表現した自分自身を肯定も否定もされずに受け入れられた実感が、更なる成長に自信が持てます。ワークショップリーダーのポールは素 [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート⑥
  • エサレン最後の夜です。あっという間に木曜日の夜が来ました。長い様で短いエサレンです。今朝は、5リズムのジョナサンの好意で特別にダンスワークに参加させて頂きました。毎日キャンパスに向き合い肩も凝り、目も疲れてキンキンになっている状態でしたので、とてもラッキーでした。身体の緊張もほぐれハートもオープンになれました。アート曼荼羅も完成しました。長い格闘でしたが、完成したアート曼荼羅はどれも素敵です。その [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート⑤
  • エサレン4日目停電も収まり、朝食にもありつけました。朝から、アート曼荼羅に追い込まれています。ハートがオープンし始め、感情が湧き出しています。今日は夜のワークがない日ですが、アート曼荼羅に掛り切りです。時間があっという間に過ぎます。ワークリーダーのポールが皆んなに関わりアドバイスをくれます。それも、生徒の心をしっかり把握してアート曼荼羅がその人を表していきます。明日は特別にジョナサンの5リズムダン [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート④
  • エサレン研修3日目大停電です。私自身20回目のエサレンですが、初めての経験です。事故で車が途中の電柱にぶつかり送電が止まりました。緊急発電機が直ぐに起動せず起動しても直ぐ止まる状況です。幸いにも、ワークが終了していましたが楽しみのお風呂もセキュリティの為入れません。貴重な体験をしています。ワークは順調に進んでいます。1日6時間以上、アート曼荼羅に取り込んでいますがあっという間に時間が進みます。リーダ [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート③
  • エサレン2日目の朝は霧アート曼荼羅の始まりです!キャンパスに下地を描き曼荼羅をトレース。もうここから色々な自分の癖が顔を出します。失敗を恐れたり綺麗に描いたがったりマインドで考えっぱなしです。ワークリーダーのポールの一言でみんな右往左往して振り回されています。まだ、自分の殻の中にいていることも気づかず、殻の中で戦っています!まだ、下地を作っている段階です。日を追うごとに、自分の殻にヒビが入り殻を破 [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート②
  • エサレンに着きました。エサレンは変わってない様で変わっています。昔の良きエサレンと新しくなり良くなったエサレンそして、失われたエサレン。感じ方は色々です。それでもエサレンは魅せられます。総てのものを受け入れてくれます。今回の生徒達が、どの様に変わっていくか楽しみです。アート曼陀羅はスタートです。マインドで見るのオープンハートで描け!大きな課題です。今までの殻を破り新たな気づきが産まれるか!チャレン [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート①
  • 第20回海外研修18回目のエサレン研修のスタートです。ここまで色々とありました。エサレンに予約をしたら、「残席3」と言われワークショップを変更するように言われました。慌ててワークショップリーダーに連絡を取り追加予約が出来るように依頼しました。通常ならばメールが一週間以上掛かって返信が来るにですがこの時はリアルタイムに返事があり追加予約が出来るように手配をして貰えました。いつもならば朝練の予約はな [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:こころの風邪ひき
  • 「こころの風邪ひき」に罹ったことがありますか?えっ!それって何?と却ってきそうですが、「うつ病」のことです。うつ病は罹った事が無い人は居ません。誰もが罹り、誰もが治る病気でもあります。ただ、罹っている期間は苦しいものです。そんなものは罹ったことがないという方も居られますが、重症な「うつ病」は無く、軽症うつ病は誰もが罹り誰もが治っています。代表例が「サザエさんシンドローム」と言われるものです。日曜日 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:好きの基準は!
  • 対人関係に於いて、皆さんの好き嫌いの基準は何でしょ?好きな人の基準は?嫌いな人の基準は?顔ですか?性格ですか?価値観ですか?習慣ですか?体臭ですか?色々とあると思います。決めるその人個人にもよるかと思います。でも、私達は真っ白で産まれます。好きも嫌いも持っていません。自分のことを愛してくれる人を好きになり自分のことを邪険にする人を嫌いになります。純粋に好き嫌いが産まれます。その中に何も駆け引きもあ [続きを読む]
  • パーソナリティー障害セミナー
  • パーソナリティー障害セミナー 私達は色々な顔を持っています。対人関係に於いて上手く使いこなせれば良いのですが、なかなか上手くは行かない者です。色々な癖のある顔を持っているからです。だからこそ対人関係でトラブルが発生します。どのような顔を持っているかを知り上手くコントロール出来るようになりませんか? あなたは 「何か人と違う」「普通にしているのに、人から邪険にされる」「どうも、人と、リズムが合わない [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:矛盾
  • 矛盾していませんか?そして。矛盾をしてはイケないと思っていませんか?私達は「矛盾」をして、普通で正常なのです。矛盾しない方が問題なのです。矛盾して当たり前!これが正常です☆だって、私達は矛盾するように構造がなっています。心理学的も言えることです。私達は「理性」を持っています。規則を守る決められたことは守る仕事をする勉強をする人を裏切らない人を傷つけない・・・等々そして「本能」も持っています。幸せに [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:その不安は何?
  • 先日の恋愛講座で受講生から「彼のご両親に紹介されました」との話が出ました。ゴールインに一気に近づいたぁ!良かったなぁ!と思いきや受講生は何故か不安げです。普通は、喜びいっぱいの筈です。なのに何故?聞くところによるとデートでプロ野球の観戦に行った帰りに突然彼が「今から俺の親と一緒に晩ご飯を食べよ」と言い出したようです。恋人の親に会うと言うことは「結婚」に進む過程の内、重要な事です。服装や、手土産。こ [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:しあわせ比べ
  • 幸せって何でしょうね?どの様になれば幸せなのでしょう!何をもって、満足なのでしょ?幸せの基準は?今の幸せに満足していますか?私達の幸せの基準は、相手と比べて、自分が幸せを思えるかのようですね!今、幸せと思って喜んでいたり、満足してもいても相手が自分より幸せと感じたら、もう私は「不幸せ」に感じます。チョットでも、相手より優位にたっていなければ今ある幸せを、幸せとは感じられないものです。危ういものです [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:有言実行
  • 悩みを抱える人には「いい人」が多いです。自分の気持ちを殺し、自分の気持ちに嘘をつき相手が気持ちよくなるように行動します。相手に嫌われたくないから傷つけられたくないから独りぼっちになりたくないから自分を殺し、相手に合わします。それにより相手から見て「いい人」になります。自分の意思・意見をしっかり伝えずあやふやに伝えます。「興味があるので前向きに考えます」「次回からその様にします」「スケジュールを見て [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:小石を取る
  • 歩いている時靴の中で何かが当たり痛みを感じることがありますよね。歩いている最中なのでともかく、歩き方を変えたり指の位置をかえたりいろいろ方法を変えて痛みから逃れようとします。一時的には収まりますが暫くすると、又痛くなります。だって、靴の中には小石が入っているからです。小石を取り除かない限り痛みは続きます。一度立ち止まり、靴を脱ぎ小石を取り除くと何もなくごく普通に歩けます。走ることも出来ます。原因が [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:明日はあるか!
  • 「明日はありますか?」明日が来る保証はありません。明日が来ると漠然と思っているだけです。当たり前だと、ごく自然に思い込んでいます。カウンセリングをしていると、ちょこちょこ出て来ます。カウンセリングにより、問題点み気づき問題点の改善の謎解きが進みます。悩みの出口が見つからないトンネルの先から出口の光が見えてきました。出口が見えてきたので後は、出口に向かって歩き出すだけです。歩き進めば、悩みのトンネル [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:今だけに生きる
  • 「今に生きる」と「今だけに生きる」との違い講座の中で「ゲシュタルト療法」があります。テーマは「今、ここに生きる」です。過去に拘って過去は変わるならば拘ってください。でも変わりません。これからくる未来に不安がっても誰も分からないのですから意味がありません。過去が幸せで、現在が不幸せは嫌です。過去がどん底でも、今が幸せならばOKです。ならば、今を幸せに生きる事に対して一生懸命に頑張りましょう!とても大 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:チャレンジャーとサバイバー
  • サバイバーとは生き延びる人のこと!チャレンジャーは夢を追い続ける人! サバイバーは逆境の中でも生き延びるために必死で戦います。どんなに苦しくても悲しくても辛くても淋しくても怒りに満ちていても生きるために、負けないために必死で生きることに精一杯、力を注ぎます。明日への希望はありません。カウンセリングの世界でも悩みに負けないために必死で戦います。苦しくても悲しくても辛くても淋しくても怒りに満ちていても [続きを読む]