とうとのひとりごと さん プロフィール

  •  
とうとのひとりごとさん: カウンセリングの手引書
ハンドル名とうとのひとりごと さん
ブログタイトルカウンセリングの手引書
ブログURLhttp://cocorotkn.com/news/counseling
サイト紹介文対人関係、恋愛問題等は家族との関係がテーマになります。カウンセリングのヒントが有ります。
自由文私自身が悩み苦しみ、カウンセリングの世界に飛び込みました。カウンセラーになるためには先ず「自分自身を知れ」。自分のセルフカウンセリングから、カウンセラーへの道になります。
ブログにカウンセリングのからくりのヒントを一杯披露しています。悩み解決のヒントになればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/02/24 20:16

とうとのひとりごと さんのブログ記事

  • 所長のカウンセリングアドバイス:マンダラアート
  • 6月のエサレン研修で体験した「マンダラアート」を教室に飾っています。じっと見ていると、色々な思いが湧いてきます。エサレンで描いたときには「もうこれで充分。完成した」と思い筆を置きました。間違いなく。でも、あれから数ヶ月経つと、チョトと重いが変わってきました。筆を足したい。物足りない。未完成。と言う気持ちになっています。マンダラアートは自分自身の心を表します。描き始めたときは、ただ兎も角「色を塗る」 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:結婚しよう☆
  • 結婚しよう☆何も結婚を推奨いる訳ではありません。個人の主義主張がありますから、もちろん本人の自由意志です。シングルでも自分らしく生きいれば問題ありません。約20年前に出版されて「モリー先生との火曜日」の中に「私個人としては、結婚はなすべき事、それも非常に大事なことで、結婚しようとしないのはとてつもなく、沢山のものを失うことになる」と言う一説があります。結婚には色々な問題を持っています。お互いの価値 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:自業自得
  • 先月8月末に体調を壊しました。大腸カメラでの腸内洗浄のような状況になり熱までました。夏バテ等の疲れが溜まっていたのでしょうね。食事も24時間絶食しました。歳いきにはこの酷暑はこたえました!ここで女房が一言「自業自得だね!」そうです。横井家の因果がここに生きていました。働いて当たり前休むことは悪四六時中仕事のために動くこれをしない者は一人前でない一人前で無いものは、意見を言ってはいけないもちろん、文 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:信号待ち
  • 道路を横断するときギリギリの処で赤信号に引っかかったら貴方はどの様に思いますか?「今日は、ついていないなぁ!」ですか?赤信号なのですから、渡れなくて「当たり前」なのです。全く問題ありません。渡れればラッキーでしたがギリギリの信号でしたので渡れなくても問題ありません。普通です。当たり前なのです。ネガティブに捉える事はないのです。ドリームジャンボ宝くじ1等に当たれば、ラッキーです。ついています。ハズレ [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:先送り 今に生きる
  • カウンセリングを受ける事により気づきが促され問題点から原因がわかり答えが見えた事により安堵の気持ちから、私らしく生きる行動を先送りする方が居られます。これでは、何も変わりません。無理は言いません。ほんのすこしで良いので、幸せに向かって歩んで欲しいのです。中には、「私はその気になれば、一気に出来ます。1ヶ月後でも、直ぐに追いつきますよ」と言われる方が居られます。確かにこの方は自力があるので例えスター [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:従順と優柔不断
  • 体験講座の時に「交流分析:エゴグラム」を行ないます。その結果「N型」の方が多く居られます。「N型」の特徴は自分を犠牲にしても相手の面倒をみる優しいタイプです。例え嫌なことでも頼まれたら「ノー」とは言わず、笑顔で「ハイ」と答えます。縁の下の力持ち。結果、貧乏くじを引きます。指示待ち型の、従順タイプです。でも、本当に優しい良い人なのですよ。素直な人です。近年、増殖中が「従順なまでのコントローラー:優柔 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:家族は何人!? 家って!?
  • 講座用の出席カードなどに「家族:○○人」の欄があります。家族構成を知るためです。この欄に記入するときに「家族って?私今ひとり暮らしなので、ひとりで良いですか?何人と書けば良いですか?」って聴かれることがよくありますあります。こちらが「?」となります。家族をどの様に捉えているのでしょうね?お父さん、お母さん、兄弟姉妹が居て家族です。今一緒に住んでいなくても「家族」です。例え結婚して、独立をしていても [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:外向性&内向性&内気
  • 貴方は「外向性」ですか?「内向性」ですか?それとも「内気」ですか?そして、区別が付いていますか?「外向性」は興味が外に向いています。周囲に影響を受けやすく考えるより行動が好きで、外の世界の事実が一番重要であり、現実と捉える。受け取った情報を五感を駆使して素早く処理をします。相手の答えには全く興味が少ない処があります。刺激に対して鈍感です。刺激をいっぱい求めます。人との関わりが沢山必要です。人と関わ [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:失敗は成功の肥し
  • 野村元監督の名言に「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」があります。言い換えれば「成功に不思議あり、失敗に不思議なし」ですね。成功は、上手く行ったことが当たり前になります。今までの経験から偶然、成功しただけです。成功し結果が出たのですからそこで終わり。何故、成功したかの追求はしません。失敗私達は失敗を嫌がります。恐れます。避けます。失敗を負の遺産と捉えがちですが、失敗からは色々なことを [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:愛とは?
  • 愛って何でしょうね?愛を知っていますか?愛を分かっていますか?でも、「愛」を分かることは難しいことです。これを持って「愛」と言う定義はありません。ですから、色々な格言が産まれます。親子、家族、恋愛、結婚などで、愛について考えることがあります。「愛」なんて偽物、そんなものはない「愛」は裏切る・・・等という人は「愛」を知っています。「愛」を知り、その結果裏切られ失望した結果です。昔、こんな事を言う人が居 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:親のコピー
  • 貴方の価値観は何処から来ていますか?知らない間に、親に吸収された人生を送っています。私達は産まれたときから親の価値観を見習って吸収し成長の中で強化していきます。赤ちゃんが、お腹が空いたので泣く。親が泣き声を聴いて「お腹が空いたんだなぁ!」と理解してオッパイをあげる。これで、赤ちゃんは理解されたとして安心感を持ちます。でも、お腹が空いて泣いてもオッパイを貰えなかったらどうすれば、気づいてくれるか考え [続きを読む]
  • リクエストクラスをスタートしました。
  • お仕事が多様化してきた関係でお仕事がシフト制の方が多く居られます。 カウンセリングの勉強をやりたくてもを受講日のスケジュール調整が付かない!休みの日と受講したい講座がマッチングしない!時間が空いたので、急に受講がしたい!受講が一度抜けると、同じ講座が回ってこない!早く受講を進めたい!・・・等々受講の多様化が求められていました。そんな方々が受講しやすいように「リクエストクラス」を作りました。基礎講座の通 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:優柔不断は悪
  • 「優柔不断」厄介な捉え方です。私も思いっきりやっていました。決断を下すことが怖いのです。決断を下すと、責任を取らないといけないからです。欲しいものも欲しいと言えません。お陰で、選択肢がある時には自分の意思で選べないのです。選んだ限りは文句を言えません。実行をして結果をださいとダメです。また、責任を果たさないといけないのです。失敗は許されません。失敗をする子は悪い子です。悪い子は愛されません。愛され [続きを読む]
  • 2018年のエサレン研修を終えて
  • 今年のエサレン研修を終えて、もう3週間ほど経ちます。3年ぶりのエサレンでした。今回ポール・ヒューツセンスタムの「アート曼荼羅」ワークショップを受けて、あらためて、ゲシュタルト療法の素晴らしさを実感しました。「今に生きる」今に生きるとは今、出来ることを一生懸命やることやっているうちに次のやることが産まれる又、その事を一生懸命にやるこの繰り返しをやっていくうちに新しい「私」が産まれる。 「アート曼荼羅 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:木を見て森を見ず
  • 「木を見て森を見ず」ひとつのことに囚われてしまって全体が見えなくなっている状況です。カウンセリングにも言えます。クライエントの話に対し「全体の話を聴きながらポイントを聴いてください!」と伝えています。どうしても、今おきてる問題点「悩み」に囚われがちで悩みに聴き入っています。大事なことではありますが、「落とし穴」にはまりがちです。今、喋っていることは「悩みの花」です。いくら花をしっかり見てもその奥に [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:対人関係のカラクリ
  • 「乖離性人格障害」は以前までは「多重人格」を言われていました。時代と共に呼び名が変わります。「乖離性人格障害=多重人格」と言えば皆さん敬遠しがちです。一人の中に、色々な人格があり、個性を持ち単独行動をします。そして、通常の「私」が各人格をコントロールが出来ない。他の人格が行なった行動を記憶していない。簡単に言えばこれが「多重人格」です。 ただ、「プチ多重人格」は案外身近にいてるかも!俗に言う「多面 [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート⑦
  • エサレン最終日いよいよこの日が来ました果たして、研修の成果が出たのでしょうか?でも生徒達の様子を見ていると自身を持って言えます。自分自身をあるがまま受け入れる事とをスタートさせた。時間は掛かりますが、一歩ずつ歩み出した事を。アート曼荼羅は心の中を描きます。無意意識で表現します。表現した自分自身を肯定も否定もされずに受け入れられた実感が、更なる成長に自信が持てます。ワークショップリーダーのポールは素 [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート⑥
  • エサレン最後の夜です。あっという間に木曜日の夜が来ました。長い様で短いエサレンです。今朝は、5リズムのジョナサンの好意で特別にダンスワークに参加させて頂きました。毎日キャンパスに向き合い肩も凝り、目も疲れてキンキンになっている状態でしたので、とてもラッキーでした。身体の緊張もほぐれハートもオープンになれました。アート曼荼羅も完成しました。長い格闘でしたが、完成したアート曼荼羅はどれも素敵です。その [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート⑤
  • エサレン4日目停電も収まり、朝食にもありつけました。朝から、アート曼荼羅に追い込まれています。ハートがオープンし始め、感情が湧き出しています。今日は夜のワークがない日ですが、アート曼荼羅に掛り切りです。時間があっという間に過ぎます。ワークリーダーのポールが皆んなに関わりアドバイスをくれます。それも、生徒の心をしっかり把握してアート曼荼羅がその人を表していきます。明日は特別にジョナサンの5リズムダン [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート④
  • エサレン研修3日目大停電です。私自身20回目のエサレンですが、初めての経験です。事故で車が途中の電柱にぶつかり送電が止まりました。緊急発電機が直ぐに起動せず起動しても直ぐ止まる状況です。幸いにも、ワークが終了していましたが楽しみのお風呂もセキュリティの為入れません。貴重な体験をしています。ワークは順調に進んでいます。1日6時間以上、アート曼荼羅に取り込んでいますがあっという間に時間が進みます。リーダ [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート③
  • エサレン2日目の朝は霧アート曼荼羅の始まりです!キャンパスに下地を描き曼荼羅をトレース。もうここから色々な自分の癖が顔を出します。失敗を恐れたり綺麗に描いたがったりマインドで考えっぱなしです。ワークリーダーのポールの一言でみんな右往左往して振り回されています。まだ、自分の殻の中にいていることも気づかず、殻の中で戦っています!まだ、下地を作っている段階です。日を追うごとに、自分の殻にヒビが入り殻を破 [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート②
  • エサレンに着きました。エサレンは変わってない様で変わっています。昔の良きエサレンと新しくなり良くなったエサレンそして、失われたエサレン。感じ方は色々です。それでもエサレンは魅せられます。総てのものを受け入れてくれます。今回の生徒達が、どの様に変わっていくか楽しみです。アート曼陀羅はスタートです。マインドで見るのオープンハートで描け!大きな課題です。今までの殻を破り新たな気づきが産まれるか!チャレン [続きを読む]
  • 2018-エサレン研修レポート①
  • 第20回海外研修18回目のエサレン研修のスタートです。ここまで色々とありました。エサレンに予約をしたら、「残席3」と言われワークショップを変更するように言われました。慌ててワークショップリーダーに連絡を取り追加予約が出来るように依頼しました。通常ならばメールが一週間以上掛かって返信が来るにですがこの時はリアルタイムに返事があり追加予約が出来るように手配をして貰えました。いつもならば朝練の予約はな [続きを読む]