易者 さん プロフィール

  •  
易者さん: 易者
ハンドル名易者 さん
ブログタイトル易者
ブログURLhttps://ameblo.jp/oowwll/
サイト紹介文占いにまつわる話、勝手な占い、恋愛、悩み、日常のこと、趣味
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/02/24 22:44

易者 さんのブログ記事

  • 逆走を見た
  • そうそう、きのう道路を走っていたら遠くで、追い越し車線を逆走して来た軽自動車が急いでUターンして、たまたまあった切れ目から反対車線に入るのが見えた。 このこちらの自動車は衝突を避けることができたのだろうか。 動作はきびきびしていたので運転慣れしているとは思ったが、そんな人でも勘違いして逆走するのか、と思った。 これでは、道路の出口の機能を絶対に逆走できないように工夫するしかないのではないだろうか。 易 [続きを読む]
  • ピロリ菌と胃がん
  • 胃がんの怖さはご存知だと思う。日本人の10人に1人が胃がんにかかる。 自覚症状がないからときどき、検査が必要である。ピロリ菌が胃に住みついたまま放っておくと胃がんの原因になる。 そのことを発見したのはウォーレン教授と研修医のマーシャル先生。 マーシャルが祭りで休んで放っておいた培養皿でピロリ菌が増えていた。 彼は、その菌を自分で飲んで、症状が出ることを確認。その発見で、二人はノーベル賞をもらった。 ニ [続きを読む]
  • 何ともない曲だけれど
  • https://www.youtube.com/watch?v=RjvIMVpvPeY 東欧の小さいグループが歌う。伴奏も洗練されていないかも知れないけれど。それでも心にしみてくる。彼らは結婚式場を回って歌っているグループらしい。 <今の運勢>「渙(かん)」。閉じこもっていたひとが外に出て大活躍する。 易占セット(筮竹 サイコロ2つ 易経本卦)4,500円Amazon [続きを読む]
  • 大洲城の下にある松尾芭蕉の句碑
  • ここは桝形(ますがた)という場所である。大洲藩時代は、ここに藩兵が集合した。 ピンクのバスは、100円で市内のどこにでも行き、お年寄りに喜ばれたが、採算が取れなくて、つい先日、廃止された。 これから右に曲がると、城の下にある市民会館のバス停。 そこに、芭蕉の句碑がある。日本最古の芭蕉の句碑なのだが、そうと知っている人は少ない。 書いてあるのは、「いざさらば雪見にころぶところまで」という句である。 この [続きを読む]
  • ミー子の引っ越し
  • 白猫のミー子は成長してもますます美しくなり、個性を発揮した。 近所でネズミ狩りをして、寝ている母の枕元に、ズラーッと大小数匹を自慢で、置いたこともあった。 ぜんぶ殺していたが、食べた跡はなかった。 朝起きた母がさすがに悲鳴を上げた。あるとき、ひどく消耗して帰ってきた。そのとき、雄猫に襲われたらしい。やがて3匹の子どもを産んだ。 子どもを産んでからは、あのプラスチック遊びをしなくなった。 投げてやって [続きを読む]
  • 言葉がわかった猫
  • 昔の家の戸口に倒れかかるように白い子猫がやって来た。 食事をさせ、石けんで洗って、いるかも知れないノミ取りをして、獣医に行くほどのことではないと思って人間の虫下しを飲ませた。 すぐ居ついたが飼っているうちに、すごく頭がいいことが分かった。 プラスチックの白いピンで遊ぶのが好きで食器棚に置いてあるのを覚えていてくわえて持って来て、ひざの前に置く。投げてやると猛烈な勢いで駆けて行って、口にくわえて持って [続きを読む]
  • バベルの塔はレンガ造り
  • 旧約聖書の中に、バベルの塔は、石の代わりに煉瓦を、漆喰の代わりにアスファルトを使った、と書いてある。 それは当然だろう、チグリス・ユーフラテス川の間のメソポタミア地方は今でも湿地帯である。 https://www.youtube.com/watch?v=vRoOaqTvUOI現在のイラク南部の湖沼地帯。 うちの周辺の町や村もそうだが、洪水による肥沃な土壌が豊かな作物を育てた。 石油が自噴している場所。左はガスを燃やしているのだが、右は自噴した [続きを読む]
  • バビロニア バベルの塔
  • https://www.youtube.com/watch?v=ELcVxOSNB0g バビロニア地方は、チグリス・ユーフラテス川の治水のため、天文学や暦(こよみ)が発達した。 太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星の7つの曜日は、現代の日本でも採用している。 この絵は旧約聖書の叙述から想像して描いた絵らしく7段どころではなく頂上が雲に隠れている。 実際のバベルの塔は横から見ると7段、高さは約90メートル、黒、赤、白、と7つに色分けして最上段 [続きを読む]
  • ゴールデン・レトリーバー
  • 家内が「A子さんからよ」と言って、受話器を渡してくれた。 よもやま話の最後に、あるお宅を訪ねたときの話をしてくれた。 その家の玄関で奥さん里帰りのお嬢さんと挨拶していたら、横に大きい犬が顔を出した。 犬種はゴールデン・レトリーバーだった。お世辞のつもりで「こんにちは。遊びましょ。」と話し掛けると、犬は奥へ引っ込んだ。 驚いたことにはその犬はボールをくわえて持ってきた。そして「遊ぼう!」と言わんばかり [続きを読む]
  • 酔い止め 福翁自伝
  • 福沢諭吉が自伝の中で書いている。 咸臨丸でアメリカに向けて出航する前日に、諭吉たちは、飲み屋で酒を飲んだ。 女郎の汚い茶碗で飲んだ、と書いている。当時はいかに日本が貧しかったか、茶碗さえないのだ。 浦賀で造られている現代の酒。 その茶碗を盗んだ、と書いてあったような気がする。酒好きの諭吉は咸臨丸に酒を持ち込んで航海中に飲むことを思いついたのだ。 太平洋横断を成し遂げた咸臨丸だが、その道中は、ずっと海 [続きを読む]
  • 観光バスで 酔い止め
  • 私は学生のとき、生活費をかせぐために、修学旅行生を連れて行くツーリストのバイトをしていた。特に、田舎の中高生は、あまり乗り物に慣れていないので、修学旅行では必ず一人や二人、バスに酔う子がいた。車酔いは、たいへん苦しい。酔いどめの薬も、あまり効かないことが多かった。あるとき、バスの運転手さんが、「ウイスキーが効きますよ」、と教えてくれた。その運転さんが、酒を売っている店の前にバスを止めてくれた。ポケ [続きを読む]
  • 屋久島は悪魔の島 縄文杉は危険
  • 心臓が悪い私は山には登れない。人に聞いた話。 屋久島は円錐形で、90%が森林で覆われている。 頂上まで海抜約2000メートルもあり、夏でも、頂上の気温は、北海道並み。縄文杉↓という言葉に釣られて、現地に入っても簡単に登れると思ってはいけない。 雨具もなく足ごしらえもせず弁当も持たずに行くと必ず遭難する。 ガイドなしで行くと山に慣れた人でも遭難すると思ったほうが良い。 現地では、ふつうのルートから外れた [続きを読む]
  • 初等教育では優しい女先生より厳しい男先生のほうが?
  • 東京医大の入試は学力テストでは、男子が女子に勝てないので操作をしたらしい。 日本ではよくあること。 インドの医学生 地方の役所などの採用も、コネが有利だと言われることがあるし、学校新聞や自転車運転技能大会もまるで、先のボクシング判定のような偏向判定に出会ったことがある。 しかし、それが必要な場合もあるかも知れない。 たとえば、小学校では女先生の合格率が高い。真面目でよくできるからだ。 しかし、やさしい [続きを読む]
  • 「宇宙船地球号」に未来はあるか
  • この本はちょうど50年前の1980年に発行された予言に満ちたバイブルである。いまは亡きそうそうたる人が執筆されている。 この中に、地球物理学者の竹内均先生の論文が載っている。 地球におけるエネルギー消費量を計算して温暖化をはっきりと予言されている。その結果、異常気象が始まると、述べておられる。 「地球号」と名付けたのはハーマン・カーン博士だが、この狭い地球号で、エネルギーの節約を行わなければ、地球は [続きを読む]
  • 「蝉の声」はニイニイゼミの声
  • 斎藤茂吉が「アブラゼミ」だと言った話は、雑誌社が文人たちに場を設けてそこで議論が交わされたようだ。 そのとき、小宮豊隆が「7月中旬にはまだアブラゼミが鳴いていない」と主張したのでこのセミはニイニイゼミだということになった。https://www.youtube.com/watch?v=eZqotpr9hrU それでもまだニイニイゼミでは時期が早すぎるし岩にしみいる感じがなさそう、と思ったが、小宮らは、実際に立石寺に行って何ゼミが鳴いているか [続きを読む]
  • 俳句「閑かさや岩にしみいる蝉の声」芭蕉
  • 閑(しず)かさや岩にしみいる蝉の声 芭蕉この句が詠まれた立石寺の頂上。昔は今の「りっしゃくじ」ではなく「りゅうしゃくじ」だったらしい。https://www.travel.co.jp/guide/article/29377/#photo1 いことを思いついた。俳句や短歌を題材にすればかんたんに文が書ける。 芭蕉は、この立石寺で「閑かさや・・」の句を詠んだそうな。 このセミが、アブラゼミかヒグラシかニイニイゼミかを論じた歌人もいたそうだ。 ヒグラシが似合 [続きを読む]
  • いい歌だと教えてもらった  
  • https://www.youtube.com/watch?v=HCjNJDNzw8Y&feature=youtu.beいいよ、と教えてもらった曲。 今朝は、親友と言っていいほどの女性から久しぶりに電話が掛かってきた。ちょっと深刻な相談。占ってやると「あたった、あたった、パチ、パチ」と電話の向こうでまるで拍手をするような勢い。 さて、私もこのひと月、根をつめなければ。だから軽い文しか書けないかもしれない。 https://www.youtube.com/watch?v=elwTgpHlty0&feature=y [続きを読む]
  • 人類は閉じ込められたネズミ化しているのではないか
  • 米国での実験。箱の中で、ネズミの飼育を行った。 ある一定の数までは、ネズミたちは平和に暮らしていた。 うちの近所の家に最近ネズミがいない。そのかわり、ヘビが出ると近所の人が言っておられる。うちはイタチもいるようだ。しかし、イタチはすぐに他所に行ってくれる。 しかし、ある数以上、すなわち、ぎゅうぎゅうづめにしたら、ネズミたちの行動に変化が起きた。隣りどうしが噛みつき始めた。相手かまわずオス同士の性交渉 [続きを読む]
  • アラビアの歌
  • https://www.youtube.com/watch?v=jnwlstRTkwU アラビアの音楽とあるがアラビア文字で書いてないので西欧の歌手なのかと思って調べてみたらシリアかヨルダンの歌手らしい。 この↓歌に本人の映像がある。戦乱から逃れてだろう、今はパリに住んでいるそうだ。感想を読んでみると、西洋の旋律が混じっていると,アラビア語で書いている人もいた。https://www.youtube.com/watch?v=CWRambAQfAAそれは、そうだろう、歌は混血するものだ [続きを読む]
  • 桃太郎の家来の犬の子孫
  • 岡山の人なら誰でも知っていることだろう。 吉備津彦(桃太郎)神社を犬養家が代々守ってきた。5.15事件の犬養毅の生家である。なお、猿、雉の子孫もあるそうだが、はっきりしたことは言えない。 興味があるのは司馬遼太郎さんが書いておられたが、徳島に「かたりべ(語部)」の子孫がおられるということ。 代々、親から子に口伝えで語り続けているという。 文字に起こしてもらえばどんなにうれしいことか。 しかしそれでは「かた [続きを読む]
  • キビ団子と桃太郎と鬼
  • うちでは正月の餅は餅つき機でついている。昔は、粟(あわ)や黍(きび)を入れた餅も作っていたが、最近は、案外、雑穀が高価になってきたので何も入れないでふつうのもち米だけで餅を作るようになった。 たまに、スーパーで売っているときに手に入れて風味を楽しむことはある。 キビ餅は、子どもの頃は、食べて、力持ちになったような気がしたものだ。 餅はつかなければならないが団子は米粉と混ぜて蒸かすだけでよい。昔は、 [続きを読む]
  • かつて尾道の浦島神社の近くにテントを張った
  • 今治から山陰に走ったことがあった。息子と二人で125?のバイクを連ねて行った。 しまなみ海道を渡るには片道600円ほどで瀬戸内海を渡ることができるので、125?か、せめて50ccがお勧めである。(自転車は無料だが坂道がしんどいのでお勧めしない) 宿泊は必ずテント、風呂はできるだけ温泉にした。 尾道の養老温泉の前で、高校生たちに、「この近所にテントを張る場所はないか」と聞いた。しばらく考えてくれて「こ [続きを読む]
  • オーム事件の陰に隠れた事件、その③
  • もしオーム事件がなかったら鎌田の連続殺人事件は、最大の凶悪事件になっただろう。 小学生の女の子はアパートで絞殺されている。男の人について行ってはいけないと、教えておくべきだった。 彼は商売に関しては先見の明があって、現在はやりの、古着販売だった。多くの客がいた。その人たちが引っかかったのだろう。 彼が、お礼だと言って書いてきたのは大阪拘置所の食事献立である。15年前のものだが、はじめの三日分を、ここ [続きを読む]
  • オーム事件の陰に隠れた事件、その②
  • 死刑囚・鎌田安利の手紙を載せる。彼は、薄い小さい便箋に横書きで書いている。字は、針金のよう。  大洲市のパンフレットの1つ。ひらの屋の「志ぐれ」や村田文福堂の「月窓餅」はおいしい。 『前略 元気ですか、僕は高血圧症也。                    ↓ママ風の便りでは・・平成16年に大洲城が復元完成するとか聞きましたが・・略突然で申し訳ないけど、大洲城の復元された写真(絵ハガキ)とか、大洲市の [続きを読む]
  • ロシアの明るい中年歌手二人
  • https://www.youtube.com/watch?v=QnojAfM0ogQ ロシアではアコーディオンを弾きながら歌う歌手もいる。明るい楽器なので、ウキウキするような曲が多い。 気が滅入りがちなときに。 https://www.youtube.com/watch?v=lYF2O7KzrPk <今の運勢>「漸」。少しづつ良くなりはするが、まだ動きが悪い。初めはようす見ることになるかも知れない。 易占セット(筮竹 サイコロ2つ 易経本卦)4,500円Amazon [続きを読む]