sin さん プロフィール

  •  
sinさん: 世界の投資ニュースブログ
ハンドル名sin さん
ブログタイトル世界の投資ニュースブログ
ブログURLhttp://toushi-blog.com/
サイト紹介文世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2015/02/24 23:50

sin さんのブログ記事

  • 米国債利回り、ついに本格的な上昇開始か−10年債が一時3.09%
  • 米国債利回りがついに本格的な上昇を始めたのかも知れない。米国債は今週に入ってから全ての年限で利回りが大きく上昇。特に長期・超長期債での上げが目立つ。  10年債利回りは市場参加者が節目の一つと見なしてきた3%を超えて推移し、19日には一時3.09%と、5月以来の高水準に達した。今年これまで見られてきたイールドカーブ(利回り曲線)のフラット化にも変化が生じ、一部の年限の利回り差はこの1カ月余りの最大に広がっ [続きを読む]
  • 米国株・国債・商品】株が1カ月ぶり大幅安、米中対立激化
  • 17日の米国株は反落し、S&P500種株価指数が約1カ月ぶりの大幅安。トランプ米大統領が先週末、中国製品2000億ドル(約22兆4000億円)相当への関税手続きを進めるよう側近に指示したとの報道が引き続き重しとなった。米10年債利回りは3%近辺で推移した。米国株は終盤に下げが大きくなる展開−テクノロジー株軟調米国債は10年債利回りが一時3%を上回る場面もNY原油は反落、米中通商対立で需要鈍化懸念NY金は3日ぶりに上 [続きを読む]
  • トルコ中銀、政策金利24.00%に引き上げ 追加引き締めも示唆
  • トルコ中央銀行は13日、政策金利である1週間物レポレートTRINT=ECIを17.75%から24.00%に6.25%ポイント引き上げた。中銀は声明で「必要なら一段の金融引き締めを行う」と表明。通貨リラが上昇したほか、市場ではエルドアン大統領の金融政策への影響を巡る懸念が緩和した。4月下旬以降の利上げ幅は今回を含め11.25%ポイントとなる。ロイターの調査ではすべてのエコノミストが利上げを予想していた。ただ [続きを読む]
  • パイオニア、香港ファンドから数百億円規模の資金調達
  • 経営不振のパイオニアが、香港を本拠とする投資ファンドの「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」から数百億円規模の融資を受ける方向で調整に入ったことが11日、分かった。今月下旬に133億円の借入金の返済期限が迫っており、返済にめどを付け、手元資金を厚くするのが狙い。近く発表したい考えだ。主力取引銀行が求めていた抜本的な再建策は改めて検討する。 パイオニアは12月にも44億円を返済する必要があ [続きを読む]
  • リーマン10年 バブル崩壊、歴史繰り返す
  • 世界のバブルの歴史は長い。過去40年間に、1980年代の日本の不動産バブル、1990年代のIT(情報技術)バブル、2000年代の米国住宅バブルとおおむね3度のバブルの発生と崩壊を経験した。つまり、およそ10年に1度、バブルが発生し、崩壊したことになる。 08年のリーマン・ショックから、9月で10年が経過する。09年から始まった世界の景気拡大は既に9年超に達している。先進国のインフレ率と政策金利は歴史的に著しく低い水準である。 [続きを読む]
  • カンニングトレードFX(カントレFX) これは優秀な配信サービス
  • カンニングトレードFX(カントレFX)福岡の投資助言業者が開始したFX配信サービス。デルタインベストメント㈱といえば日経225オプションのサービスが年利100%を超えていることで有名だが、満を持してFX配信を開始した。なんと9か月のテスト配信を経て(なんとその間9カ月連続利益)のサービススタート。私は既に日経225オプション取引の225Legendで1000万以上の利益を上げているので、サービスそのものが良いのは私自身納得済み。こ [続きを読む]
  • 仮想通貨投資、6割が損失を抱える 個人投資家調査
  • 日経マネーが毎年実施している「個人投資家調査」。12回目となる2018年は1万3137人から回答を得た。仮想通貨は、17年の急激な相場上昇が普段投資に関心のない人を巻き込み、一種のバブルとなった。その仮想通貨投資を行っていたのは2260人(回答者全体の17%)。うち運用成績が分かる1183人について分析した。そこから浮かび上がるのは、株式と全く違う投資家像だ。 まず若年層の多さが目を引く。株式投資では中高年が主だが、仮 [続きを読む]
  • 為替トレーダー、米中間選挙のヘッジ開始を
  • バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジストは、北米の夏が終わりに近づく今こそ、米中間選挙に備え計画を立てるよう、投資家にアドバイスした。  BofAは、11月にかけてドル・円オプション3カ月物のインプライド・ボラティリティー(IV、予想変動率)を保有することを推奨している。11月の中間選挙では、民主党が下院で、また上院でも共和党から過半数を奪回しようとする見通しだ。為替ストラテジストのアリス・ [続きを読む]
  • オプション忍者 2018年は+300万程度にペースダウン!!
  • オプション忍者の【日経225オプション】リアルタイムトレード配信大阪の投資助言業者が提供している日経225オプション配信サービス。6月限までは半年で+200万を超える利益をたたき出していましたが7.8月限は二か月連続でわずかにマイナス運用となりました。これが9月限で一気に取り戻せることになりそうです。残り二週間程度残っていますがすでに20〜50万程度の利益は固められているポジション。10月限への流れもスムーズにいきそ [続きを読む]
  • 東証1部、上場企業が8年連続増 新興市場から流入加速、顔触れ多様
  • 日本を代表する企業が集まる東証1部は、リーマン・ショック後に株式市況が回復し、活気を取り戻す過程で顔触れが一段と多様になった。未公開だった有力企業や政府系銘柄が相次いで加わり、IT企業が新興市場マザーズで力を蓄えてから1部に流入する動きも加速している。 2018年の東証1部の上場企業数が8年連続で増加する見通しとなったことが分かった。金融危機を増幅させたリーマン・ショックの08年以降に一時低迷した [続きを読む]
  • 自動運転新会社設立を正式発表 トヨタ系4社の強みを集結
  • トヨタ自動車グループの部品大手デンソーとアイシン精機、ジェイテクト、アイシン子会社のアドヴィックス(愛知県刈谷市)の4社は27日、自動運転技術を開発する新会社を設立する検討に入ったと正式発表した。2019年3月の設立を目指す。 これとは別にデンソーとアイシンは、電動車両向けの部品開発や販売を手掛ける新会社を折半出資で19年3月に設立する検討を始めたことも公表した。 4社で設立する新会社の出資比率は [続きを読む]
  • トルコ・リラはもみ合い、週明けアジア外為市場で
  • 27日早朝のアジア外為市場でトルコ・リラは対ドルでもみ合いの後に反発。先週はトルコ金融市場が休場で比較的落ち着いた動きだった。  米国との対立や経常赤字拡大の中でトルコ経済は悪化するとの懸念が根強い中、リラ相場は一時1ドル=6.0375リラまで下げたが、その後反転。シドニー時間午前7時43分(日本時間同6時43分)現在は0.4%高。リラは8月に入り18%下げている。  ヘッジファンド、マン・グループのポートフォリ [続きを読む]
  • 突然人気となった「ご長寿投信」 何が凄いのか?
  • 何とか資産を殖やしたい──そんな投資家の欲求に応えるように、華々しい謳い文句とともに新しい金融商品が次々と登場しているが、その一方で「古い商品」が注目を浴びている。誰が呼んだか、「ご長寿投信」。その“凄さ”の理由とは。 老後マネーの運用先として人気を集める投資信託(投信)。株投資に比べて低リスクとされ、投資の専門家(ファンドマネージャー)に運用を任せられる“手堅さ”が支持の背景にある。 そうしたリ [続きを読む]
  • 成長株に集中投資 大勝ちする個人投資家の流儀を探る
  • 日経マネーの個人投資家調査で、2015年、16年、17年の3年連続でリスク資産の運用成績が5%以上プラスだった「3連勝さん」は約1900人。また、16年と17年の2年連続で20%以上プラスの「大勝ちさん」は約370人いた。大勝ちさんの約7割は3連勝さんでもある。彼らは、15年の世界同時株安や16年のブレグジット・ショック、その後のトランプ米大統領の言動に振り回される相場などを乗り越え、勝ちを収めてきた腕利きの投資家だ。 そんな3 [続きを読む]