あんだんて♪ さん プロフィール

  •  
あんだんて♪さん: あんだんて♪の、人生の忘れものを探しに・・・
ハンドル名あんだんて♪ さん
ブログタイトルあんだんて♪の、人生の忘れものを探しに・・・
ブログURLhttp://andanteeno.exblog.jp/
サイト紹介文失ってしまった大切なことや忘れものを探しに・・・心の趣くまま、のんびり気ままな一人旅♪
自由文年を重ねる毎に得たものも多いが、その分、失くしたり、忘れてならないものも、どこかに置いてきちまった・・。これまでの半生、触れることも、気づくことも儘ならなかった自然界の美しさや、その不可思議の再発見、そして、歴史探訪のぶらり旅や、拙い音楽活動等々。ここからは持ち前の好奇心を更に刺激しつつ、焦ることなく、のんびりと過ごしていきたい・・。  このブログは、そんな自分の後半戦の記録にしようと始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/02/25 11:43

あんだんて♪ さんのブログ記事

  • 香しき会津平野のふところに抱かれて
  • 多感な少年時代を過ごしたわが心の 愛しき会津・・長い冬がようやく終ると待ち望んだ春の陽に 山も川も 街も村もそして人も花も すべてが光り輝いた 盆地の暑い夏は あっという間にかけ足で過ぎ去り会津平野は 香しい黄金色に染まる何処からともなく 風に乗って 祭り囃子が聞こえると間もなくして 磐梯の御山は 白い綿帽子をかぶる暫し物思いに耽っていると心地よく吹きわたる ... [続きを読む]
  • 小雨に煙る青沼のほとり
  •  この時季 季節は日々目まぐるしく変化し もたもたしていると 山間部の風景は がらっと一変してしまう この五色沼自然探勝路の樹々たちも まもなく 彩り鮮やかな秋色に染まる 次回は晴天時を狙い  また 一味違った風情を切り撮りたい ここ裏磐梯は 「にっぽんトレッキング100スペシャル 行きたくなる絶景ランキング」 「水の絶景ベスト10」の第2位にランキングされた♪... [続きを読む]
  • なごり夏の残像
  •    久々に青空を仰いだ秋の日   砂浜では バーベキューを楽しむ家族連れの一群   港の堤防では   シーバスのルアーキャスティングを楽しむ人たち   そして 何時しか陽は西に傾き   渚で戯れる親子の向こうに   過ぎ去りし なごり夏の残像・・<... [続きを読む]
  • 四季の花山歩 〜 森の妖精にパルピテーション! 〜
  • 日本固有種で、福島県〜奈良県の太平洋側の山地に分布し当地では絶滅危惧種Ⅱ類に指定されていますそんなレンゲショウマに、当地の山間で出逢うことはあるまい、と思っていましたがやはり、人が歩かない山間を山歩するのが好き、という山友先輩が教えてくれましたそして、初めてのその姿にパルピテーション!・・だったことは言うまでもありませぬ(古い)^^;森の妖精とも... [続きを読む]
  • 会津路の春 〜 会津山都路 メープルシロップの樹 〜
  • 棚田からの途中、車窓からほんの微かに甘い香りが♪・・ふと、その香る方に目をやると、畦道の向こうに、前から気になっていた、黄金色に輝く大樹が佇んでいました。この樹木の花は、つい最近覚えたアブラチャン(油瀝青)の花とも似ていますが、どうも、花の付き方も微かなスギチオール臭とも違い、得も云えぬほど上品な甘い香りがします。そう、かのメープルシロップの甘い香りなのでした♪『イタヤカ... [続きを読む]
  • 会津路の春 〜 会津山都路 棚田の桜 〜
  • テロ対策とは名ばかりの、現代の治安維持法の忌々しき強行採決の日。そして、一億総監視社会の幕開けかと危惧される日に、少し気が引けますが・・棚田の桜・・というと、故黒沢明監督のオムニバス作品、『夢』に登場する雛人形達が桃の段々畑の舞台で雅楽を奏で、舞い踊る情景を思い浮べますが、今回、ようやくその機会を得てわくわくしながら訪れましたが、残念ながら・・今年は少し遅かったようです。... [続きを読む]
  • 会津路の春 〜 西会津 鳥追観音にて 〜
  • 鳥屋山を下山し、とうとうと流る阿賀川(お隣の新潟県に入ると阿賀野川)沿いに春を楽しみつつ、なじょな願いもききなさる・・と云われる、西会津 大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)から、県指定重要文化財にも指定されている「会津ころり三観音」の一つとして有名な、如法寺・鳥追観音(とりおいかんのん)を謹んで参拝す -_- 阿賀川・山郷発電所にて飯... [続きを読む]
  • 会津路の春 〜 裏磐梯にて 〜
  • 春のふるさと探訪・・投稿のタイミングが大分遅れましたが、連休中の裏磐梯の様子です。既に桜も終盤を迎える地区が多い中、ここでは、ようやく遅い春が訪れていました。五色沼自然探勝路にて曽原湖畔探勝路にてレンゲ沼・中瀬沼探勝路にて中瀬沼の向こうに磐梯山を望む... [続きを読む]
  • 故田部井淳子さんメモリアル ②
  • 山にゆく前に「万が一」を話したことは一度もない。が国内の山々の移動の車の中で私が死んだら騒がず、身内(夫と子供のみ)で火葬し、仲間たちには一ヶ月後位におなかをすかして来て下さい」と案内し、たらふくご馳走を食べて帰っていただく。山で風が吹いたり、沢の音が聞こえたり心地いいなぁ−と思った瞬間に「そういえば田部井さんとも歩いたな」と思い出してもらえたら最高だ。戒名もいらない... [続きを読む]
  • 現政権が主導する強引な避難指示解除の陰で切り捨てられる人権
  • 「一人も路頭に迷わせないで!!」「復興の陰で犠牲になっている人がいる事を分かってください!!」早く蓋を被せ、何も無かったことにしたい、現政権主導の強引な避難指示解除により、帰還できる者、帰還したくともできぬ者、そして、住宅支援打ち切りを強行される県外自主避難者たち。かつての町民や村民は、情け容赦なくこの日を境に分断され、それぞれに、さらなる苦悩の日々が待ち受ける・・一... [続きを読む]
  • この国は「復興」を諦めたのか? 帰還政策が奪った「福島の未来」
  • 未だ燃料デブリの位置さえ確認できず、今後の廃炉の見通しが全く見えないなか、帰還政策だけが冷徹なまでに、着実に進んでいく不条理。これを「帰還ファシズム」と表する方も・・・これが、『福島の復興なくして日本の再生なし』とのたまってきた現政権による、未だに異土の地で辛い思いを強いられている、あるいは強制帰還後もご苦労されるであろう原発被害者に対する仕打ちです。そして、これが七度... [続きを読む]
  • ドキュメンタリー映画 「 知事抹殺の真実 」のご紹介
  • 知事という職権に纏わる賄賂の類から、盆暮の付届けの類に至るまで、一切の授受を自らも厳しく律する高潔な人柄、そして、県民を護るためには命を賭してでも「盾」となる・・まさに「県民ファースト」に徹した県政運営により、5期18年もの間、県民の絶大なる支持を受けていた元福島県知事の佐藤栄佐久(えいさく)氏。全国に先駆けての地方主権・分権の主張、大都市一極集中を招く道州制案の否定、そして、東電... [続きを読む]
  • 第11回 いわき七峰(ななみね)縦走大会参加
  • あの大震災以来、ここ浜通りの山間部でも、風力発電所設置のための乱開発(地元の登山愛好者の方々や山岳会グループの方々が苦労して整備されている里山の登山道を、臆面もなく破壊していく様を見て、あえてこう言いますが・・)が進行しており、今年、中止が危ぶまれていた11回目の “いわき七峰縦走”が昨日、12/4に開催されました! このイベントは、福島県山岳連盟・石城(いわき)山岳会主催ですが、... [続きを読む]