まあさ さん プロフィール

  •  
まあささん: いつも ごきげん!
ハンドル名まあさ さん
ブログタイトルいつも ごきげん!
ブログURLhttps://ameblo.jp/kobuta-kaeru-sirokuma/
サイト紹介文舌癌サバイバーだって…。おかあさんが認知症だって…。いちばんのお薬は、いつもごきげんでいること!
自由文舌癌サバイバー1年生のまあさと申します。
毎年、留年せずに進級して、東京オリンピックを母と観るのが目標です。 
〈ワタシの場合〉という限定つきですが参考にしていただければ幸いです。
2週間たっても治らない口内炎を心配している方はぜひ歯科か耳鼻咽喉科に受診しましょう。早期に発見すれば予後は決して悪くありません。Let’s survive!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/02/25 16:01

まあさ さんのブログ記事

  • 5回めのPETCT検査
  • 2018年9月18日(火) CA19-9の謎の上昇と、気になる右腋窩リンパ節のコロコロを探査すべくPET/CT検査を受けました。この検査は一度で、ほぼ全身の画像を調べることができます。もともとブドウ糖の消費が多い脳や心臓、検査薬を排出する腎臓や膀胱は放射性物質でマーキングしたブドウ糖が集積しやすいので、この検査は不向きですが、CTも同時に撮影するのでPETの欠点を補うことができます。ワタシは喘息の既往があるので、CTの造影 [続きを読む]
  • ケモ後1回めの定期検診〜CA19-9の謎の上昇
  • 2018年9月13日(木) ・・・つづきです。きょうの予約時間は9時半です。8時45分には受付しようと思っていましたが、起きられなくて9時15分になってしまいました。採血室の受付機から出てきた番号は99番、入室の表示は50番。約50人待ちです。意地でも起きればよかった。(笑)外来化学療法中は遅れを取ると1日仕事になってしまうので、早起きのおじいちゃんおばあちゃんには負けちゃうけど、7時15分には行っていました。 [続きを読む]
  • ヘンなもの見つけちゃいました〜のの字の歌〜
  • 2018年9月13日(木) きょうも1日仕事も終わり、あとはお風呂でリラックス  そのとき忘れず、バスタイムは検診タイム 乳癌リハビリ&自己検診 体操〜のの字の歌〜をご存じでしょうか頭頸部がん患者と家族の会〜Nicotto〜の副会長ムーランさん作詞作曲、筑波大付属病院 がん看護専門看護師 入江佳子さん           理学療法士 中川のり子さんNPO法人つくばピンクリボンの会の皆様による振り付けの体操です。 、 8月 [続きを読む]
  • DC療法6クールめの副作用 part 2
  • 2018年8月29日(水) ●爪の変色6クールを通して、顕著な手足症候群、皮膚障害は出ませんでした。ただ爪に変化がありました。2クールめごろから、爪母(元の三日月型のところ)が変色してきました。始めは青あざ色で、それが紫褐色になって、今は3本の爪の中央に縦に薄茶色の縦縞の変色、すべての爪に二枚貝のように横筋状に凸凹が入って来ました。たぶん1クールでひと縞、今確認できているのは5縞です。 爪と指のビンディン [続きを読む]
  • 6クールめ副作用 part 1
  • 2018年8月29日(水) 6クールめが7月19日だったので、すでに最後の化学療法から1か月以上が経過しています。遅ればせながら6クールめの副作用の記録です。 長くて1000文字超えのエラーが出てしまったので、前後半に分けています。DC療法のの個人的な副作用について興味をお持ちの方はご覧くださいませ。あくまでワタシの場合でございます。 ●お腹の調子6クール後、しばらくは四六時中ではないけれど毎日腹痛がありました。 [続きを読む]
  • 白斑出たり消えたりで、歯科受診
  • 2018年8月25日(土) 8月から職場復帰をして以来、健側の右絶縁部の裏側に白斑が出たり消えたり。仕事中はほとんど声を出しているといってもいいくらいで、ときには全盛期の黒柳徹子さん状態(笑)。舌と歯が擦れる頻度が極度に増えています。でも仕事を辞めるわけにはいかないのです。 できる位置が右下の奥歯(7番)辺りで、その7番の内側の金属にざらつきを感じたので、かかりつけのI先生のクリニックに行って、ツルツルに磨い [続きを読む]
  • Japan Cancer Forum 2018
  • 2018年8月12日(日) 8月11日(土)、8月12日(日)の両日、国立がん研究センター 築地キャンパス 新研究棟で開催されたジャパンキャンサーフォーラム2018に参加しました。 がんに関する興味深いたくさんの講演プログラムがありますが、後日ネット上で動画配信されるので、今回はほとんどの時間を頭頸部癌患者と家族の会〜Nicotto〜の出展ブースで過ごしました。同病の方に出会うことのこと少ない頭頸部癌です [続きを読む]
  • ストマ外来3回め
  • 2018年8月10日(金) きょうは3か月ぶりのGA病院WOC支援センターのストマ外来でした。中待合に入ると、WOCの隣の診察室が手術をしてくださったN嵜先生の外来でした。ワタシの診察はないけれど、患者さんが入退室するときに白衣の袖が見えて、先生のお声と笑い声が聞こえたので、お元気そうで、懐かしくうれしかったです。 呼び出し機が鳴ってWOC支援室に入ると、これまた大好きなWOC専任看護師のFさんがすてきな笑顔で迎えてくだ [続きを読む]
  • 白斑、消えましたっ!(*^^*)
  • 2018年8月7日(火) お陰様で、右(健側)絶縁部の裏にできた白斑が消えました。8月3日(木)にハッキリとした白斑を認めてから毎日観察していましたが、6日の朝にはかなり薄くなり、夜には色ムラ?くらいに。今朝には完全に消えました。4日間だったので反応性のものだったようです。取り急ぎ、ご報告させていただきます。お騒がせいたしました。 あと3か月で術後4年になりますになりますが、経過観察中に別の癌にも罹患したので [続きを読む]
  • 職場復帰早々、白板症発生?それとも反応性のもの?
  • 2018年8月5日(日) 6か月の休職を経て、8月から職場復帰しました。7月19日に外来でDC療法6クールめを終えて2週間後の復帰です。回数を重ねる毎に骨髄抑制からの回復が遅くなっているので、職場を離れたとたんにクタクタでございます。(笑)ながらワーカーをなさっているサバイバーさんをあらためて尊敬いたします。 もともと骨盤リンパ節を郭清しているのでリンパ浮腫を起こしやすいのに加えて、2月の直腸に転移した腫瘍 [続きを読む]
  • DC療法の経過と副作用(5クールめ〜6クールめ)
  • 2018年7月22日(日) おかげさまで、7月19日(木)にDC療法6クールを無事終了して経過観察に入りました。応援・お祈りいただいた皆様、ありがとうございました感謝です。 これでブログもリアルタイムに追い付きましたです。(笑) ●5クールめ(外来)ここでトラブルが起きました。朝こっぱやく化学療法の受付をしようとしたら、なんと予約が入っていないとのこと。婦人科の受付に行って事情を話して、N先生の外来 [続きを読む]
  • 舌癌術後3年7か月め検診
  • 2018年7月9日(月)のことです。 T大学歯学部付属病院に術後3年7か月めの検診に行きました。准教授のS先生、ワタシが婦人科で化学療法(DC療法)中ということをご存じなので、経過を尋ねてくださいました。1クールめに強めに出た副作用のこと、2クールめからは減薬していただいたので、かなり副作用が軽くなったことをダイジェストで、お口の中に起きた副作用以下3つはしっかり報告しました。 ●幸いなことに口内炎 [続きを読む]
  • ””頭頸部がんの緩和ケア””
  • 2018年7月20日201(金) リアルに繫がることができた頭頸部癌サバイバーさんが強い痛みに悩まれていらっしゃいます。難治性の頭頸部癌の疼痛について、どう対処したらよいものか…。心配です。決して他人事ではありません。やはり、頭頸部癌の痛みについて深い理解と経験を持っていらっしゃる緩和ケア専門医を併診することが疼痛緩和には大切なことだと再確認させていただきました。大津先生、ありがとうございました。マッ [続きを読む]
  • DC療法の経過と副作用(2クールめ〜4クールめ)
  • 2018年7月16日(月) リアルタイムからまだまだ遅れをとっています。実は今週の木曜日で6クール目の予定です。どんだけブログサボっとんのや〜 ここで遅れを取り戻そうと2クール〜4クールをまとめちゃおうという魂胆です。 ●2クールめ2018年4月24日(水)〜26日(木)の2泊3日の入院でした。脱毛進行中だったので、コロコロ持参で入院中は茶色の不織布キャップの上にバンダナのバブーシュカ結びで過ごしました。投与前の血液検 [続きを読む]
  • 毛髪事情〜脱毛の始まりとウィッグデビュー
  • 2018年4月16日(月)に脱毛は始まりました。DC療法を始める前に化学療法室でこれから予想される副作用について説明していただき、どういう副作用がいつ頃出てくるかのスケジュール表をもらいました。それによるとDC投与後2週間で脱毛が始まるようでしたが、まさに13日めでつむじまわりから抜け始めました。DC療法に決まったときから、脱毛は覚悟の上。副作用としては痛みや苦しさはないのでショックはありませんでした。化学療法 [続きを読む]
  • 続々々々・DC療法1回め〜驚異的回復
  • 2018年4月16日(月)のことです。 どんだけひっぱるんだあという感じですが、もう少しだけ1クールめにお付き合いください。DC(ドセタキソル+カルボプラチン)投与後12日めです。好中球減少性発熱に対して入院しないで、自宅で抗菌剤を服用するかわりに、お約束どおり受診しました。4月13日(金)の夜に下がって以来、(土)(日)も発熱しなかったので、入院の用意はしていきませんでしたよ。血液検査の結果は、単球がわずかの [続きを読む]
  • 続々々・DC療法1回め〜好中球減少性発熱の収束と味覚障害
  • 2018年4月13日(金) 朝起きて、ゴミ出して、植物に水あげて、洗濯をしたら、体力尽きちゃった。朝ごはんも昼ごはんも、りんごジュース。ひと眠りして起きたら、熱がぶり返して今回最高の38.6℃。きのう入院を断ったことを後悔しましたですよ。1日1回のクラビットと2時間以上あけてのロキソブロフェンの服用して、暗くなって目が覚めたときに、お腹がぐ〜っと鳴りました。すももちゃんがつぶやいても、お腹痛くないし、熱も3 [続きを読む]
  • 続々・DC療法1回目〜骨髄抑制と好中球減少性発熱
  • 2018年4月12日(木)のことです。 朝、目覚めて体温を測ったら37.9℃。きのうの受診で37.5℃以上発熱したら受診するように言われていたので、婦人科の受付がオープンするのを待って電話して状況を話したら、「ちょうどN先生の外来があるので11時までに来てください。」とのこと。 採血・採尿のあとの待ち時間がダルくて、長く感じることといったら!看護師さんが様子を見に来てくださって、「気分が悪くなったらベッドもで横にな [続きを読む]
  • DC療法1クールめ〜2泊3日の入院は絶好調
  • 2018年4月3日(火)〜5日(木)のことです。 これからDC(ドセタキセル+カルボプラチン)を3週毎に1回、6クール受けることになります。初回は万一、急性症状が起きたときの対応のため、入院での投与になりました。 ワタシにとって化学療法は未知の世界。どんな副作用がでるかわからないので、入院前夜はおいしくて栄養のあるものを食べておこうとタッキー(母、享年91歳)のために買い置きしていた冷凍のうなぎのかば焼きを食べま [続きを読む]
  • KR病院受診〜DC療法に決まりました
  • 2018年3月26日(月)のことです。 3月20日に職場と相談した結果、契約が延長できて、しかも休職扱いで社会保険各種も継続加入できることになったことをN先生に報告しました。先生も「よかったね〜。」と喜んでくださいました。 さっそくこれからすることになる化学療法のお話に。「先生、TC療法(パクリタキセル+カルボプラチン)のことなんですけど、副作用に手の痺れがありますが、 痺れは化学療法が終われば治りますか?」 [続きを読む]
  • 化学療法3択問題
  • 2018年6月6日(水) きょうは化学療法4クールめの外来ケモでした。6クールの予定なので、すでに折り返し地点を過ぎました。この化学療法を選択した経緯を振り返ってみたいと思います。何を重視して選ぶか、あるいは選ばざるをえないか、化学療法を選択しないかは、人それぞれの価値観と必要性によって違うので、これはあくまでもワタシの場合ですのでお勧めしているワケではありませんし、忘備録的でもあります。お読みい [続きを読む]
  • 病理の結果を踏まえてのKR病院受診
  • 2018年3月12日(月)のことです。 GA病院で術後病理診断の結果が出た4日後、KR病院を受診しました。 ノスタルジックな電車で来ましたよ。半袖のヒトがいるくらい暖かい日です。 KR病院の主治医のN先生は再発転移が決定した時点(2017年12月)で、抗がん剤治療はした方がよいというご意見でした。 抗がん剤を始めるタイミングをどうするかについては、腫瘍の成長がとても速いのと、セカンドオピニオンの結果を踏まえて  [続きを読む]