コルネ さん プロフィール

  •  
コルネさん: WILD WILD WEST
ハンドル名コルネ さん
ブログタイトルWILD WILD WEST
ブログURLhttps://ameblo.jp/four-rivers/
サイト紹介文アイダホで、ハンティング、サーモン、スティールヘッド釣り。アラカン夫とアラフィフ妻の野生な日々。
自由文春から夏にかけてサーモン釣り。秋にはハンティング。その後、スティールヘッド釣り。
夏には、家庭菜園もやり、薪ストーブ用に木こりもやる。一年中大忙し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/02/26 15:35

コルネ さんのブログ記事

  • 木こりキャンプ 2018 その1
  • 9日間に渡る木こりキャンプが、今年も終わりました。 ってか、もう一回今週末も行くんだけど・・・。 去年まで、燃料用の木を伐る許可(Wood permit)購入ののミニマムは、2コード。(1コードの体積は、約1.2X1.2X2.4メートル)今年のミニマムは、4コードになっており、金額も2倍になるのかと思いきや、去年と一緒の25ドル。 山火事が多いから、行政としても、民間人に手伝ってもらって立ち枯れした木をできるだけ多く伐ってもらい [続きを読む]
  • ハンバーガーパテを作って木こりに行きます
  • 我が家で作るハンバーガーのお肉は、夫がハンティングで獲って来るエルクや鹿の挽き肉です。 エルクや鹿を収獲した後は、もちろん、自分たちで解体作業をし、精肉作業まで行います。 挽き肉マシーンまで家にあるので、挽き肉も作ります。 電動挽肉機◆ミートグラインダー◆ミンチ調整可◆AMG31A6,697円Amazon で、挽き肉作業をする際には、ビーフの脂身を少し混ぜ込みます。エルクや鹿にも、もちろん脂肪はあるんだけど、美味し [続きを読む]
  • サーモンフィッシング 2018 その6 ちょっと番外編
  • 3週間ほど前に、ステップ息子が、新しいピックアップトラックを買いましてね。(中古だけど) これまで彼が乗っていたトラックは、80年代のポンコツおんぼろで、いつ壊れてもいいくらいで、騙しだまし乗ってたんですが。 ウチの隣にここ半年位ずーっと置き去りにされていた、ピックアップトラックがあって、斜めお向かいさんの物だと思ってたら、そこの娘さんの彼氏の物だと。で、その娘さんと彼氏は、現在、ミシガン州に住んでい [続きを読む]
  • サーモンフィッシング 2018 その5
  • はい、また、サーモンフィッシングのお話です。 前回のヘルズキャニオンで悔しい思いをしたので、(その話)今度は、リギンズ(Riggins)へと行きました。 夫の仕事が終わってから、お昼過ぎの出発。USハイウェイ95を北上。 ニューメドウズ(New Medows)から、リギンズまでのハイウエイは、サーモンリバーの支流の一つであるリトル・サーモンリバー沿いにあり、リギンズに近づくと、リトル・サーモンリバーで釣りをする人たちの車 [続きを読む]
  • 家庭菜園 2018
  • サーモン釣りとか、ハンティングとか、家庭菜園とか、毎年やることのタイトルを「○○ 2018」ってすると、楽 よね。。。 って、てことで、 今年の我が家の家庭菜園。 あんまり出来が良くないです。 なぜだろう?? 肥料(我が家では、知り合いから頂く動物のフン)を毎年入れ続けると、土に窒素過多になってしまうので、今年は入れなかったからかな? けど、秋には庭の落ち葉を入れたり、台所の野菜くずを入れたり、春にはコン [続きを読む]
  • サーモンフィッシング 2018 その4
  • そろそろ、サーモンフィッシングの話は、お腹いっぱい・・・って方もいらっしゃるかとは思いますが、も少し続きます。(我慢して読んでね) つか、 最近のワタシ、記事UPの率が高くない?(っても、毎日じゃないけどー) だってね、ネタが貯まってるし、今月末から、恒例の木こりが始まるのよー。 で、その2週間後は、日本に帰省〜。 なので、頑張ってます、ワタシ! という訳で、 サーモンフィッシングの話。 ようやく釣れた翌週 [続きを読む]
  • サーモンフィッシング 2018 その3
  • アイダホ州側のヘルズキャニオンでのサーモン釣りは、釣り人が多過ぎて楽しくないので、翌週末は、夫の友人に誘われてリギンズへ行きました。(その話) で、またその翌週、夫と二人でリギンズへと出かけ、 はい、また、早朝3時出発で、リギンズに着いた頃には、夜も白々と明け始め、 サーモンリバーの水量は、その前の週に比べて随分減っておりました。 いつものように、夫に釣竿の調整をしてもらい(餌も付けてくれる)、私は、 [続きを読む]
  • サーモンフィッシング 2018 その2
  • その週末も懲りずにヘルズキャニオンへと出かけ、 はい、午前3時出発です。 前日に、ステップ息子と甥がヘルズキャニオンに行っており、特に大急ぎで場所取りをしなくてもいいのに・・・。 薄明るくなる午前5時半頃に到着し、また、岩々崖崖の階段&トレイルを下って行くと、二人は既に釣りを始めておりました。 その時点で、釣り人は私達四人の他に、50メートル位離れた所に一人。 日が高くなるにつれて、一人、また一人・・・と [続きを読む]
  • サーモンフィッシング 2018 その1
  • 話は前後するけれども、一月位前の話です。 はい、 今年もシュヌックサーモン(Chinook salmon:キングサーモン)釣りシーズンが始まっています。 んが、 去年と同じく、アイダホの川まで上って来るサーモンの数が少ないよう。(去年は、シーズンがオープンした翌週には、クローズになった) んが、 夫、出かけております。 シーズンがオープンしたのは、四月の終わり。けれども、オープンした週末には出かけず。 そして、次の週末 [続きを読む]
  • 今年も綺麗に咲きました
  • ちょっと時期は過ぎてしまったけど、我が家のお花さんたち。 数年前に根っこ(?)を植えたピオニーちゃんが、今年は、花を四輪も咲かせましたー。って、写真は一輪しか写って無いけど・・・。 が、なんか、去年(二輪のみ)の花よりも小ぶり?四輪になったから小さくなったのかな?ま、咲いてくれただけでも嬉しい。 バラも満開。 ナデシコちゃんも スリンガ(オレンジモック)柑橘系のいい香りがします。 カタルパ白粉(オシロ [続きを読む]
  • 色んな種類の魚を釣った一日
  • そして、日曜日は、家にいて洗濯やら庭いじりやらしてゆっくりと過ごし、 メモリアルデー当日の月曜日に、再度、C.J.ストライクへ。 期待していたニジマスが全く釣れなかったので、今回は、ニジマスの食いつきがいい早朝から始めてお昼過ぎには帰ろうと、出発時間午前6時。 一時間半とちょっとで現場に着き、期待しながら釣り開始。 んが・・・、 私、全然釣れないんですけど? てか、アタリも無いんですけど? 一方夫は、細々と [続きを読む]
  • パーチ釣りに出かけたよ
  • 金曜日のサーモン釣り、撃沈・・・だったので、その翌日は、C.J.ストライクにパーチ釣りに行きました。(去年行った時の話) 前日が2時起床だったので、普段通りにゆっくりと起きて、バタバタもせずに9時に出発。 I-84(フリーウェイ)を東へと。Simco rd(Exit74)でフリーウェイを降りて南下。30分位走って横道に入り、C.J.ストライクダムが見えてきます。 ダムの下の方のScout parkに行って、休日だったので、キャンプする人た [続きを読む]
  • サーモン釣りとモレルマッシュルームと昭和の歌謡曲
  • ぼやぼやしているうちに、世の中は6月に突入しており、先月末のメモリアルホリデーの事を、少し(?)ばかり遅れて綴って行こうと思います。 5月の最終月曜日は、アメリカではメモリアルデー(戦没者記念日?みたいなもの)の祭日で、その前の週の金曜日から、私達は釣り三昧の日々を送りました。 まず、金曜日。本来なら仕事の日だったけど、オロフィーノ(Orofino)に住む夫の友達夫婦に誘われて、リギンズ(Riggins)にサーモン [続きを読む]
  • 初夏になって来たわよ
  • うん、もう、今ね、初夏(って言っていいわよね?)のいい季節よ。 花を育てられない女の私が選んで花壇に植えているのは、多年草の花。 アイリスちゃんに コロンバインちゃん達。 今のところ、満開状態なのはこの二つで、もう少ししたら、ナデシコちゃんやフォックスグローブちゃんたちも登場するはず。ピオニーちゃんは、去年より花の数も多いみたいよ。楽しみだなぁ。 一応、花も咲いたので、こちらのお方も。西洋わさび。花は [続きを読む]
  • 野生の七面鳥を食す
  • 七面鳥って、一年に一度、感謝祭の時に食べたらそれで満足・・!なんですけど、ワタシ・・・。 しかし、我が夫はハンターで、毎年、四月の半ばから始まる七面鳥ハンティングで、一羽は仕留めて来て(時には二羽、更に秋のシーズンがあると冷凍庫に3羽の七面鳥。更に職場から感謝祭用の七面鳥を貰ったら、4羽!)。 ま、せっかくの収獲なので、ありがたく頂きますけどね。 お店で売っている養殖の七面鳥は、お肉も柔らかだけど、野 [続きを読む]
  • 姪、ハンティングデビュー その4
  • まだまだ続いている、近所に住む姪のメグちゃんのハンティングデビューの旅。 メグちゃんが行けなかった週末のある日、夫はメグちゃんのお父さんと出かけ、 メグちゃんのお父さんが、一羽仕留めました。 生後6ヶ月のメグちゃんの弟君と、一歳半の妹ちゃんと一緒に記念撮影。ちゃんと迷彩柄の服を着てるし・・・(笑)。 この二人のベビーのお母さん(メグちゃんのステップママ)は、National guard(州部隊)に所属しており、この [続きを読む]
  • たまーには、こういう事にも行く
  • 近所に住む姪のメグちゃんのハンティング話は、まだまだ続くんだけど、今日は、一回休み。 ってことで。(いや、いつもどんだけ休んでるんだよ!とのツッコミは止めてね) ご存知のように、我が家のお出かけと言ったら、(「お出かけ」なんて、オサレ(?)な言葉で言ってみた・・・W) 山っ とか、川っ とか、湖っ とかだけど、(全然オサレのかけらも無い・・・) こないだ、我が村近くの町、オレゴン州のオンタリオ(Ontari [続きを読む]
  • 姪、ハンティングデビュー その3
  • Adultのシーズンが始まったその週末、メグちゃんは、お母さんの所に行くことになっており、(メグちゃんの両親は離婚していて、普段は父親とステップママさん、弟二人、妹と暮らしている。週末は隔週で母親の所へ行く) ので、夫は一人で出かけ、でっかいやつを仕留めて来ました。 んで、また、翌々日にメグちゃんを連れて行き、 山道に入った所で、オスが道路を横切って行き、夫はメグちゃんにトラックから降りて撃てと指示し、 [続きを読む]
  • 姪のハンティングデビュー その2
  • 近所に住んでいる姪のメグちゃんめぐちゃん(仮名)の七面鳥ハンティングはまだ続いています。(過去の記事) Adult(18以上)のハンティングが解禁になる一週間前にジュニア(10〜17歳)のシーズンが解禁になり、その解禁になった翌日に連れて行き、残念ながら仕留められなくて帰って来て、その翌日にまた学校帰りに連れて行きました。 が、その日は、メスにしか出会えず・・・。(春のシーズンはオスのみ狩 [続きを読む]
  • 駆け足の春
  • いつも通りに更新が滞りがちで、すみません。 春の写真を早くUPしないと、またまた時季外れな記事になってしまう。 というわけで、 我が村周辺の牧場では、仔牛が産まれて(って、産まれ始めるのはいつも2月半ばから。暖かいお母さんのお腹の中から飛び出したら氷点下!てのもかわいそう) 我が家のチューリップちゃんたちも満開。 ムスカリちゃんも満開 今年は、ピーチの花がよく咲いて、 プルーンの花も咲きました。実は、この [続きを読む]
  • 姪、ハンティングデビュー
  • 先日、めでたく10歳を迎えた近所に住んでいる甥の娘(メグちゃん:仮名)。 (正確には夫の弟の娘の娘。甥は姪の元夫、だけど、夫は未だに甥と呼んでいる) 夫が2012年にムースを仕留めた際、(その話)そのムースの頭に座った子。 ハンターセイフティーの試験に100点満点で合格したと。 アイダホ州では、10歳からハンティングが出来る。1975年1月1日以降に生まれて、今回初めてハンティングをするという人は、ハンターセイフティ [続きを読む]
  • 最後のスティールヘッドフィッシング
  • もう、二週間ほど前のことだけど、夫と二人でスティールヘッド(海を回遊して川に戻って来たニジマス)釣りに行きました。 今回、私もオレゴン州の一日釣りのライセンスを買って。 ヘルズキャニオンに着くと、誰もいない・・・。 ケド、川の水量は増えていて、嫌なカンジ。 夫と10メートル位離れたポイントで釣りを始めて、 しばらくしたら、アタリが! が、丸々と太ったカープでした。 この後も何度かアタリがあり、途中で逃げ [続きを読む]
  • もしかしたらの花粉症?
  • 庭のムスカリちゃん(Grape hyacinth)が咲き始め、 家庭菜園には、アスパラガスがニョキニョキと出て来てて、 段々と暖かくなったりしてる今日この頃。 3月の始めに夫婦してインフルエンザに罹り、治ったものの、なんだかすっきりしない。 夫は咳がまだ出続けていて、毎年恒例の花粉症まで出て来て、ドクターから抗生物質を処方してもらって服用。少しは改善されてるようです。 で、私は、インフルエンザから回復後も、ひどくは [続きを読む]
  • 久しぶりのスティールヘッド釣り (応援)
  • この一月でリタイアした夫は、リタイア直後から別の会社で、午前中のみパートで働いています。 で、先週の木曜日、お昼前に帰って来てすぐに、 「今からスティールヘッド釣りに行かないか?明日休みだし(って、勝手に休みを取って来た。Good Fridayだし)」 またかーっ! いつも直前になって決めて、バタバタとして出かける用意をさせられる・・・。 常々、「せめて一日前にプランを立ててくれ。直前に言われても、私も一応、一 [続きを読む]
  • いつのまにやら
  • いつもいつも滞り気味な私のブログですが、 いやー、前回の記事をアップした後、次の日からインフルエンザし(夫が職場から貰って来た)にやられましてね、一週間程ぶっ倒れておったのですが、その後もなかなか身体に力が入らず、 年を取るってこういう事ね・・・ と悲しくむせび泣いておりました。 ら、 いつの間にやら、世間は三月も下旬。 アイダホ州南西部のこの時期、どよ〜んとした曇り空で、風も吹き荒れる日々が多いので [続きを読む]