簿記ゼミ講師カトー さん プロフィール

  •  
簿記ゼミ講師カトーさん: 簿記ゼミ講師のカトーのブログ
ハンドル名簿記ゼミ講師カトー さん
ブログタイトル簿記ゼミ講師のカトーのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bokizemi/
サイト紹介文2003年より広島で簿記教室を運営しているカトーが簿記検定や勉強方法などについてつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/02/26 20:17

簿記ゼミ講師カトー さんのブログ記事

  • 第147回 日商簿記検定試験 講評
  •  昨日、「第147回 日商簿記検定試験」が実施されました。 受験された方はお疲れ様でした。  それでは、簡単に講評を述べたいと思います。 まずは3級から述べます。 第1問はいつもどおり仕訳問題でした。 選択する勘定科目群に引出金勘定がないため、資本金勘定で解答する部分に気を付ければ満点を狙える問題でした。  第2問は予想どおり、商品有高帳でした。 基礎・基本が問われいたため、テキスト等でしっかり確認して [続きを読む]
  • 試験の鉄則③
  • 試験まであと3日となりました。検定試験まであともう少しなので、簿記ゼミ生の方には最後まで諦めずに頑張ってほしいと思います。さて、前回、前々回と「試験の鉄則」についての書きましたが、今回も「試験の鉄則」について書きたいと思います。最後まで絶対に諦めない試験で、どんな状況になったとしても決して最後まであきらめてはいけません。最後というのは、試験官が、「ハイ、辞めてください」というその瞬間までです。試験 [続きを読む]
  • 試験の鉄則②
  • 前回のブログで試験の鉄則について述べましたが、今回も試験の鉄則について述べたいと思います。試験の鉄則として大切なことは「分からない問題は飛ばし、できる問題から解くようにする」です。これは簿記の検定試験に限らないことですが、分からない問題は飛ばして、分かる問題を解くようにしてください。試験は2時間という制限時間のなかで解かないといけません。ですから、時間配分も重要になってきます。試験の鉄則は、分か [続きを読む]
  • 試験の鉄則①
  • 検定試験まであと6日となりました。簿記ゼミでは、この土日は朝の9時から17時半まで11月検定向けの直前対策を行いました。簿記ゼミ生の方は朝から長時間、お疲れ様でした。あともうひと踏ん張りですので、最後まで諦めずに頑張りましょう!!さて、毎回、検定前になると試験の鉄則について書くのですが、今回再び書きますので、11月検定を受検される方は参考にしてみてください。試験の鉄則として「問題文をしっかり読むこと」と [続きを読む]
  • 模試(147回)
  • 昨日、簿記ゼミでは第147回日商簿記検定試験用の模擬試験を実施しました。簿記ゼミ生の皆さん、お疲れ様でした!!簿記ゼミでは、試験2週間前に試験当日の時間帯と合わせて、3級は午前9時から2時間、2級は午後1時半から2時間計って模擬試験をおこない、そのあと採点してすぐに解説会をおこなっています。今回もいつもと同じように「模擬試験」→「解説会」をおこないました。試験当日と同じような環境で実際に2時間を計っておこな [続きを読む]
  • 見直し
  •  11月検定向けの授業も一昨日で終わり、今日から直前対策に入ります。 試験の日が次第に迫ってきましたが、ここからがグーンと伸びる時期ですので、簿記ゼミ生の方は最後の最後まで諦めずに頑張りましょう。  さて、いつも検定試験の前日に、受講生の方に「桁間違いや誤字・脱語、計算間違いなどのケアレスミスをしていないかどうかなど(特に第1問を)見直しを絶対にしてください」と必ず言います。  もし、試験が終わって [続きを読む]
  • PDCA学習法
  •  早いもので検定試験まで残り1ヶ月となりました。 さて、皆さん、ご自宅で勉強するときに計画表を立てて勉強していますか? 特に学習習慣が身に付いていない人は計画表を立てずに勉強しているではないでしょうか。  勉強で大切なことは、PDCA(Plan計画―Do実行―Check確認−Actino改善)です。  勉強の計画を立て、実行し、そのあと計画通りにできたかどうか確認し、問題点や課題が生じた場合は改善 [続きを読む]
  • 無料説明会&授業体験
  • 11月検定終了後に日商簿記2級の「無料説明会&授業体験 」を実施します。簿記の資格を取得するために学校に通学してみたいけど、授業や料金、途中で通えなくなったときなどなど、通学にあたっての悩み、疑問を解消してみませんか?また、説明会では、第147回日商簿記検定試験の出題を踏まえて、次回の第148回日商簿記検定試験の出題予想についても説明します。「148回日商簿記検定試験(平成30年2月検定)の出題はどうなるんだろ [続きを読む]
  • 第147回 日商簿記検定試験 直前対策講座
  • 早いもので今週から10月になりました。簿記ゼミでは11月検定目標コースの授業もあと1ヶ月となりました。 そのあとは、11月から「第147回 日商簿記検定試験 直前対策講座」がおこなわれます。 合格するためには大切なことは多くの問題を解くことで経験値を上げるという「勉強の量」が大切です。しかし、それだけではなく、「どの問題を解くか」という「勉強の質」をいかに上げるのかということも大切です。限られた時間の中で学習 [続きを読む]
  • 経営分析講座
  • 早いもので、気付けば検定試験まで残り1ヶ月ちょっととなってしまいました。残り1ヶ月ちょっとと聞くと焦りや不安が生じるかもしれませんが、大切なことは目の前の1問1問を大切に解くことです。その1つ1つの積み重ねが合格という果実につながっています。ですから、今できることを精一杯がんばりましょう!ところで、検定試験が終わったあと、11月に経営分析講座 を実施します。経営分析(財務分析)とは、財務諸表(貸借対照表 [続きを読む]
  • 第147回 日商簿記 出題予想
  • 毎回、試験予想について公表していますが、今回も教室のホームページ に「第147回 日商簿記 出題予想 」を公開しました。 この11月検定から2級の出題範囲に連結会計が追加されます。個人的には何らかの形でこの11月検定に出題されるのではないかと思っています。出題予想では、その辺りについても述べていますので、11月検定を受検される方は今後の勉強に参考にしていただければと思います。 最近、2級の傾向として工業簿記は [続きを読む]
  • 新講座(12月開講)
  • 従来、日商簿記1級の出題範囲だった連結会計がこの11月検定から日商簿記2級の出題範囲に追加されます。そのため、先週から11月検定向け日商簿記2級コースでは連結会計の授業をおこないました。簿記講師になり早や17年、連結会計を日商簿記2級の授業で先週、初めておこない、「簿記検定も新しい時代に入ったなぁ」としみじみと思いました。日商簿記3級もより実務的にするため、これまでよりも変わるという話しもあり、どんど [続きを読む]
  • 第146回 日商簿記検定試験 出題者の意図・講評
  • 日本商工会議所より、「第146回 日商簿記検定試験 出題者の意図・講評」 について発表がありました。11月検定を受験される方は是非、一読してみてください さて、次回の11月検定から連結会計が2級の出題範囲に追加されます。連結会計は本来、6月検定から出題範囲になるところをを次の11月検定からの出題になりました。個人的には連結会計は何らかの形で11月検定で出題されるのではないかと思っております。でないと、11月に連 [続きを読む]
  • 夏休み
  • 連日、暑い日が続いております。受講生の皆さんは体調に気を付けて授業の復習をしてください。 さて、この度、教室のお盆休みについてお知らせします。 教室では8月10日から17日までお休みさせていただきます。 なお、お問い合わせ等につきましては18日以降ご回答させていただきます。 ご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。 簿記会計ゼミナール 代表 加藤 淳一 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 土俵の真ん中で相撲を取る
  • 今月から11月検定向け2級コースがスタートしました。 これから、暑い日が続きますので、簿記ゼミ生の方は体調に気を付けて、日々、勉強頑張ってください。  さて、最近、京セラの稲盛会長の著書を読んでいたら、「土俵の真ん中で相撲を取る」という言葉が出てきました。  これは、常に土俵の真ん中を土俵際だと思って、一歩も引けないという気持ちで仕事にあたるということです。  これは仕事だけでなく、勉強でも同じことが [続きを読む]
  • 土俵の真ん中で相撲を取る
  • 今月から11月検定向け2級コースがスタートしました。 これから、暑い日が続きますので、簿記ゼミ生の方は体調に気を付けて、日々、勉強頑張ってください。  さて、最近、京セラの稲盛会長の著書を読んでいたら、「土俵の真ん中で相撲を取る」という言葉が出てきました。  これは、常に土俵の真ん中を土俵際だと思って、一歩も引けないという気持ちで仕事にあたるということです。  これは仕事だけでなく、勉強でも同じことが [続きを読む]
  • 土俵の真ん中で相撲を取る
  • 今月から11月検定向け2級コースがスタートしました。 これから、暑い日が続きますので、簿記ゼミ生の方は体調に気を付けて、日々、勉強頑張ってください。  さて、最近、京セラの稲盛会長の著書を読んでいたら、「土俵の真ん中で相撲を取る」という言葉が出てきました。  これは、常に土俵の真ん中を土俵際だと思って、一歩も引けないという気持ちで仕事にあたるということです。  これは仕事だけでなく、勉強でも同じことが [続きを読む]
  • 合格体験談(146回・2級)
  • 前回、6月検定で2級に合格された方2人と3級に合格された方1人に合格体験談を書いていただきましたが、6月検定で2級に合格された別の方に合格体験談を書いていただきました。 教室のホームページに、合格体験談 を新たに掲載しましたのでお手すきの際に一読していただければと思います。簿記ゼミでは、テキストはもちろんのこと、直前対策の問題もオリジナル問題を作成し、受講生の方に解いてもらっています。その中で一番大 [続きを読む]
  • 合格体験談(146回2級・3級)
  • 前回、6月検定で2級に合格された方2人と3級に合格された方1人に早速、合格体験談を書いていただきました。教室のホームページに、合格体験談 を新たに掲載しましたのでお手すきの際に一読していただければと思います。今回2級に合格された方の1人は遠方から通っていた方で、大変だったときもあったと思いますが、簿記ゼミの門を叩いて見事1回目で合格されました。合格体験談の中にテキストの中にある勉強方法やメンタリテ [続きを読む]
  • 合格発表(146回)
  • 本日、第146回日商簿記検定試験の合格発表が実施されました。結果は、3級は44.5%、2級は45.8%の合格率でした。3級、2級ともにいつもより高い数字でした。特に2級に近年まれにみる高さでした。合格率が高ったこともあり、簿記ゼミでも3級は約9割、2級は約8割の方が合格され、僕自身多くの受講生を合格を導くことができ、とても嬉しいです。 また、後日、日本商工会議所より全国平均の合格率と「出題の意図」が公表される [続きを読む]
  • 市民と市政
  • ホームページ上でも記載しておりましたが、11月検定向け日商簿記3級・2級コースは広島母子会の指定講座になっており、母子家庭の方は格安で受講することができます。 明日発行6月15日号の広島市の「市民と市政」に当教室の11月検定試験向け日商簿記3級・2級コースの詳しい募集要項が記載されます。 ご希望の方は広島母子会までお問い合わせください。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 第146回 日商簿記検定試験 講評
  • 昨日、「第146回 日商簿記検定試験」が実施されました。受検された方はお疲れ様でした。 簡単に講評を述べたいと思います。まずは3級から述べます。 第1問はいつもどおり仕訳問題でした。5が旅費の精算と手付金の処理でしたが、それ以外はテキストレベルでした。ここは16点は取りたいところです。 第2問は補助簿の選択でした。143回に出題されており、少し予想外の出題でした。補助簿に該当しない取引もあり [続きを読む]
  • 試験の鉄則③
  • 試験まであと3日となりました。検定試験まであともう少しなので、簿記ゼミ生の方には最後まで諦めずに頑張ってほしいと思います。さて、前回、前々回と「試験の鉄則」についての書きましたが、今回も「試験の鉄則」について書きたいと思います。最後まで絶対に諦めない試験で、どんな状況になったとしても決して最後まであきらめてはいけません。最後というのは、試験官が、「ハイ、辞めてください」というその瞬間までです。試験 [続きを読む]
  • 試験の鉄則②
  • 前回のブログで試験の鉄則について述べましたが、今回も試験の鉄則について述べたいと思います。試験の鉄則として大切なことは「分からない問題は飛ばし、できる問題から解くようにする」です。これは簿記の検定試験に限らないことですが、分からない問題は飛ばして、分かる問題を解くようにしてください。試験は2時間という制限時間のなかで解かないといけません。ですから、時間配分も重要になってきます。試験の鉄則は、分か [続きを読む]