気ままに歩こう!徒然日記♪ さん プロフィール

  •  
気ままに歩こう!徒然日記♪さん: 山に癒されて…
ハンドル名気ままに歩こう!徒然日記♪ さん
ブログタイトル山に癒されて…
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nanekobi5963
サイト紹介文日々の事をメインに お山やポエムなど・・・想いのままに綴る 自己世界の気まぐれ日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/02/27 11:30

気ままに歩こう!徒然日記♪ さんのブログ記事

  • 鈴鹿 秘境のお山第2弾 Ⅲ  向山〜イハイガ岳〜雨乞岳
  • 2017年12月3日(日)? 向山~イハイガ岳〜雨乞岳:鳴野橋から周遊 迷いの森向山から脱出したところからの続きです 漸く正規のルートに出て 尾根を辿って歩きます油断すると 再び迷いの罠に嵌りそう…この季節を選んだチチの思惑が 犇々と伝わりますこの季節ながらの見通しの良さに救われながらルート確認しつつ進みます向山どんどん下って… 振り向けば向山その姿は悠然として こうして見ると優しい面持ちのお山に見えます [続きを読む]
  • 鈴鹿 秘境のお山第2弾 Ⅱ  向山〜イハイガ岳〜雨乞岳
  • 2017年12月3日(日)? 向山~イハイガ岳〜雨乞岳:鳴野橋から周遊 鈴鹿秘境のお山第2弾プロローグからの続きです1週間前の同じ場所そして歩く林道甲津畑線 少しだけ 冬の趣を濃くして落葉の舞い散る道路に哀愁を感じます岩ヶ谷林道起点分岐を過ぎて 今回取り付く登山口を探します 林道甲津畑線の登山口付近の駐車スペース  甲津畑登山口の岩ケ谷林道起点の分岐 中電巡視路標識 R160へ駐車場スペースには 既に2台の車が停 [続きを読む]
  • 鈴鹿 秘境のお山第2弾は…
  • 鈴鹿の秘境 カクレグラに登ってから7日後また 同じ登山口に来ています甲津畑登山口の岩ケ谷林道起点の分岐今回はカクレグラと対面する谷を隔てた もう一つの秘境に登る為ですそのルートを登れば秘境と呼ばれるお山を周回する事になる様ですそのお山は 低山ならではの味わいある藪山歩きでしたそして 味わいある藪山歩きとは… 決して侮ってはいけないという事でした…山の持つ本来の姿が そこにあり舐めてかかると痛い目に [続きを読む]
  • 鈴鹿の秘境4 隠?(かくれぐら) 杉峠からの帰り道
  • 2017年11月26日(日)? 滋賀県東近江甲津畑のお山 隠?〜タイジョウ 杉峠からの続きです杉峠 1042m漸く下山地点の杉峠に辿り着き一休憩したところで 登りのない登山道をテクテクと下っていく事にします 片割れの杉の残痕 片割れも年老いてきている…片割れを失った大杉も 朽ちてなお背筋をキリっと伸ばし 天を仰ぐ立ち姿はその生き様を見せつけているようにも見えますその杉の木に別れを告げて甲津畑・岩ケ谷林道へ下っ [続きを読む]
  • 鈴鹿の秘境3 隠?(かくれぐら)~タイジョウ
  • 2017年11月26日(日)? 滋賀県東近江甲津畑のお山 隠?〜タイジョウ カクレグラからの続きですカクレグラからの道も下りと登りを繰り返すします斜度が少し緩んだかと思うと 急な登りであったり…稜線の形そのままに変化を見せますただ、変わりないのは落ち葉の道という所でしょうか… いつまで続く急登の尾根道広い樹林の尾根が次第に狭くなり 左側が切れ落ちる崖になる頃展望は開け その向こうに 鈴鹿の奥座敷と言われる [続きを読む]
  • 鈴鹿の秘境2 隠?(かくれぐら)
  • 2017年11月26日(日)? 滋賀県東近江甲津畑のお山 隠?〜タイジョウ続きに入る前に…漸く続きを書き上げたのにアップ寸前で 何をしたのでしょう…すべて消してしまいました…暫く 呆然…何もする気になれず漸く書き上げたものを また書くなんて…自身で書いたものなのに 同じものは書けないという お粗末なお話…ちょっと気を取り戻して漸く続きを書きましたものの…沈…今回は サラリと流す形になりそうですが続きにお付 [続きを読む]
  • 鈴鹿の秘境 隠?(かくれぐら)取り付き編
  • 2017年11月26日(日)? 滋賀県東近江甲津畑のお山 隠?〜タイジョウ今回は未踏のルートを歩くため登山口へのアプローチも車のナビを頼りに向かいます…だけど 甲津畑集落へと誘われ入り込むと その道はどんどん狭くなっていきますチチ…この先 道はあるの…?んん… どうかな?チチ…大丈夫?んん… 大丈夫かな?案内された道の道幅は 車すれすれの幅…山歩きより怖いものは こんなアプローチ積雪期ではないので まだ救 [続きを読む]
  • 鈴鹿の秘境 隠?(かくれぐら)
  • 2017年11月26日(日)? 滋賀県東近江甲津畑のお山 隠?〜タイジョウ窓を開け 冷たい風が頬をかすめ耳元を通り襟足を撫でるように通り過ぎるとふと…山が恋しくなります御在所岳丁度紅葉も終盤を過ぎ落葉となり中途半端なこの時期…人も少ない頃…冬支度を始めた山の山腹に住む生き物たちもひと時の眠りに入る頃… 熊さんもぼちぼち冬眠を始めたかしら…蛭さん達も 冬季ヒル休暇に入ったかしら…そろそろ 鈴鹿のお山たちが恋 [続きを読む]
  • 紅葉は散りし初冬のお山で見たものは…三津河落山2 筏場道編 
  • 2017年11月12日 ?/? 大台ヶ原 三津河落山(最高点如来月1654m) 川上辻からの続きです風が残る 薄曇りの空の下ゆっくりと笹原の道を歩き始めます右の方向の筏場道へと向かいます秋も終わり道には落ち葉が積もっておりますカサカサと 落ち葉の音を立てる緩やかな下りの水平道…気持ちよさそうに見えますがこの落ち葉が 曲者となります…空は閉じられ 稜線にはガスがおりてきております青い空が消えると 寒さが一層強く感 [続きを読む]
  • 紅葉は散りし初冬のお山で見たものは…三津河落山
  • 2017年11月12日 ?/? 大台ヶ原 三津河落山(最高点如来月1654m)もう秋も終盤で 平野部に紅葉が残るのみで山頂には冬の申し子たちが出でて遊びだしておりますまだ…間に合うかしら…紅葉…この日曜日はお天気だと聞いています紅葉をちょっぴり期待しながら大台ヶ原へと向かう事にしますしかし…大台ヶ原は 自然を守るために 規制があります中でも 西大台は 1日の入山制限があり許可書が必要となります大台ヶ原は、日出ヶ [続きを読む]
  • 3連休は秋晴れのご褒美?冬の戒め? 中央アルプス紀行2
  • 2017年11月5日(日) ? 宝剣岳・木曽駒ケ岳:千畳敷より往復宝剣岳からの続きです宝剣山荘宝剣山荘のところまで帰ってまいりました今回のメインの登頂を終えて後はのんびりと駒ヶ岳へとのんびりと向かいます以前は木曽駒高原スキー場跡のコガラ登山口から入山し 福島Bコースの周回コースを歩きましたが反対側とはまた違った雰囲気を味わいます 積もった雪の事は気にせず歩けのは気持ち的にも随分と楽です青い屋根の宝剣山荘さ [続きを読む]
  • 3連休は秋晴れのご褒美?冬の戒め? 中央アルプス紀行
  • 2017年11月5日(日) ? 宝剣岳・木曽駒ケ岳:千畳敷より往復暗い道を通って 菅ノ台バスセンターの駐車場についてみると数台の車がすでに停まっておりますその駐車場で バスの乗車券売りの窓口が開くまで仮眠を取りますシーンと静まり返った真っ暗な駐車場…ではなく月明かりがほんのりと周りの景色を浮き出しております明日のお天気は期待できそう…そう思いながらもいつしか睡魔に襲われ眠りの闇へと堕ちていくのに時間はかか [続きを読む]
  • 山行記の前に…
  • 本当に、平日の時間は、自分の時間が作れなくなっています時間の使い方が下手なのですが、最近は、酷くなっています昨日も、残業睡眠時間、4時間〜5時間私の歳になると、体に堪えますそして、今日は、研修のため1日缶詰状態になります眠気に勝つことができますでしょうか山行記も進まないなか部屋の一室に閉じ込められ空の青さが恨めしい…だけど 頑張ろう〜 [続きを読む]
  • 3連休は 秋晴れのご褒美?冬の戒め?
  • 長かった…待ち遠しかった…紅葉の季節は 雨で流されたかと思いましたそして…漸く 長い長い秋雨前線と季節外れの台風から 解放されるときが来たようですこの三連休 お天気とにらめっこしながらお山の天気の雲行きの変動を見ておりまし…が三連休ともにお天気に恵まれるかと思いきや…そうでもなさそう…冬の衣を纏いだしたお山もあれば豊かな色彩にの衣を纏う秋の風情を残すお山…さて…どちらのお山に行きましょうか…と迷い [続きを読む]
  • あら・・・咲いていたのね…
  • 秋の長雨…長すぎ!そして ブログ更新の怠慢…もう月も変わり11月…大型台風続きで 秋雨前線も刺激され 大荒れの日本列島!漸く落ち着いた思ったら…紅葉のベスト時期を過ぎて初冬の面差しを見せる山々私はというと… 身体は 冬眠状態になりながらも 仕事に追われて ブログ更新もブログ拝見もままならぬ日々…自宅と会社を往復する毎日ですここで漸く3連休…滞っていた家の事でも…と庭に出てみると…自由奔放に遠慮なく伸 [続きを読む]
  • バースデー登山5 秋色の浅間山は噴火警戒レベル2
  • 2017年10月8日(日)?/? 浅間山:噴火警戒レベル2のため 車坂峠より外輪山周遊長くなってしまいました…余りの紅葉の美しさに感動し湯の平高原での様子を書いているうちに あれもこれもと…そして今回ようやく最終章と…なるはずです…段々 文章表現も乏しさに拍車をかけただただ長くなる愚ブログの山紀行ですがもうしばらく お付き合い下さいませ… 湯の平峠の分岐からの続きです火山館を経てあさま山荘へと下るルートと草 [続きを読む]
  • バースデー登山4 秋色の浅間山は噴火警戒レベル2
  • 2017年10月8日(日)?/? 浅間山:噴火警戒レベル2のため 車坂峠より外輪山周遊外輪山の鋸岳からの続きです赤肌の鋸岳に別れを告げて来た稜線を戻っていきます赤ざれの鋸岳ごつごつした岩肌の外輪の稜線が続きますこの稜線を歩いたのだと改めて見つめます所で…なぜ この辺りを虎ノ尾と呼ぶのかは不明?もしかしたら いくつか見られる小さなピークのどれかが虎ノ尾と呼ばれるものかもしれませんがこの辺りを虎ノ尾と呼ばしても [続きを読む]
  • バースデー登山3 秋色の浅間山は噴火警戒レベル2
  • 2017年10月8日(日)?/? 浅間山:噴火警戒レベル2のため 車坂峠より外輪山周遊トーミの頭からの続きですトーミの頭から望む黒斑山 黒斑山へと向かいます湯ノ平口・草すべりコース分岐トーミの頭から黒斑山へ向かう途中に 湯ノ平口へと向かう草スベリコースの分岐があります帰りはこちらから戻ってくるようです…覗いてみよと思いましたが…止めました…先の事は考えないことにして 直進していきます  展望は樹林帯の中に隠れ [続きを読む]
  • バースデー登山2 秋色の浅間山は噴火警戒レベル2
  • 2017年10月8日(日)?/? 浅間山:噴火警戒レベル2のため 車坂峠より外輪山周遊 東阪峠から表コースへ入山!からの続きです笹床のカラ松林の中をゆっくりと登っていきます日がまだ届かず 薄暗いカラ松林はまだ眠たそうな感じです昨夜の雨が乾ききれず 湿気の含んだ冷たい空気がなんとも微妙な感じで 温まらぬ体に絡んできます冷たい空気が鼻を通って身体の髄まで入ってきます山の目覚めと共に 私の体も覚醒していくよう♪時 [続きを読む]
  • バースデー登山は何処に…
  • さて…秋も深まりつつあり紅葉前線が南下してきているよう…この三連休はお天気に恵まれそうです♪仕事に追われた毎日に疲れを感じている中せめてこの週末 雑踏の中から解放され…秋の装い深きお山に出かけたい! しかし…何処がいいか考えても 今の家事情…テン泊での縦走は無理…この連休に 帰ってこられますか?娘にラインを送ってみたけれど…あっさりと断られてしまう…娘も 仕事と教習所通いに忙しい様子…あぁぁぁ…近 [続きを読む]
  • 武奈ヶ岳と釣瓶岳2
  • 2017年10月1日(日)?/? 武奈ヶ岳と釣瓶岳のプチ縦走 坊村から武奈ヶ岳へ向かう夏道と冬道の分岐からの続きです 紅色のイヌタデの花序は赤い飯にたとえられ アカマンマとも…小さな花を携えたイヌタデがまだまだ現役を誇示するように咲き乱れていました白っぽいイヌタデの花序に混ざって 紅色の花序も見られますこの紅色のイヌタデは 幼い頃…ままごと遊びで赤飯代わりに使っていた記憶が…懐かしい花が今 最盛期のよう [続きを読む]
  • 武奈ヶ岳と釣瓶岳
  • 2017年10月1日(日)?/? 武奈ヶ岳と釣瓶岳のプチ縦走暑い! 暑い!と言っていた季節がいつの間にか通り過ぎ今度は涼しげな風が 秋を連れてきたようですそして その涼しげな風に乗って山の招待状が届いてきますさて どのお山の招待状をお受けしましょう…それもこれも目移りするばかり…まずは…家事情で 日帰りで行けるところの範囲で…そういえば…比良方面のお山で歩いていないルートが幾つか残っております…その中の [続きを読む]
  • 赤神山(太郎坊山)〜岩戸山 3
  • 2017年9月18日 滋賀のお山 赤神山周遊 龍神舎から入山したところからの続きです自然林の静かな登山道誰にも会う気配なく 自然の懐に包まれたような山道…それが石段の道に変わると 角度も急になり本格的に上りに集中します視界が開ける箇所もありますが基本 樹林の中の道を歩きます 赤神山(太郎坊山)と箕作山の分岐を左へ… まずは ご神体のお山 赤神山(太郎坊山)へと向かいます急な道になりますが 昨日の台風の影響 [続きを読む]
  • 赤神山(太郎坊山)〜岩戸山 2
  • 2017年9月18日 滋賀のお山 赤神山周遊742段の階段を上って本堂に向かう続きからです742段の石段を数えながら登っておりましたがいつの間にか 数があるところから増えていない事に気づき100段も数えられない自分に呆れている頃…小さな踊り場のような所に出ます不上石囲いの中に石があり案内板によれば 旧石段の一つで 石画が自然に魚の形をしているそう…ここは 明治初年の頃までは、参拝当日までに魚・鳥・肉類を [続きを読む]