気ままに歩こう!徒然日記♪ さん プロフィール

  •  
気ままに歩こう!徒然日記♪さん: 山に癒されて…
ハンドル名気ままに歩こう!徒然日記♪ さん
ブログタイトル山に癒されて…
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nanekobi5963
サイト紹介文日々の事をメインに お山やポエムなど・・・想いのままに綴る 自己世界の気まぐれ日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/02/27 11:30

気ままに歩こう!徒然日記♪ さんのブログ記事

  • 冬の綿向山 帰り道は竜王山経由で♪
  • 2018年2月4日(日)? 綿向山 イハイガ岳 竜王山 表参道周遊何 もたもたしている〜早く下山しなければ 次のお山に行けないぞ!…という事で… 長々綴ってきた綿向山紀行 そろそろ終盤へと急ぐことにします 東支尾根ピークから分岐への尾根道竜王山分岐で一休憩をしてさぁ〜 帰ろうと 言う事になりますがさて…どのルートを…?と言う事になります当初は 竜王山経由での周遊ルートを考えておりましたでも 意外に体力を [続きを読む]
  • 冬の綿向山 イハイガ岳まで足を延ばしたら…次は?
  • 2018年2月4日(日)? 綿向山 イハイガ岳 竜王山 表参道周遊苦労して登ったイハイガ岳からの復路…直下の急下りはちょっと怖かったけど山の女神さまが 特別にご褒美を用意してくださいましたその様子を 番外編のように帰りの東支尾根ピークまでの様子を残してみたいと思います自己満足の画像ですが見ていただけると嬉しく思います イハイガ岳からの続きです今度は綿向山を見ながら下っていきます穏やかそうに見えるこの稜線 [続きを読む]
  • 冬の綿向山では勿体ない♪イハイガ岳まで足を延ばして…
  • 2018年2月4日(日)? 綿向山 イハイガ岳 竜王山  綿向山山頂からの東の展望綿向山の山頂からの続きです山頂の展望を満喫している間に空は怪しげに雲を広げ この先をどうしようかと思案させますそれでも テンションは上がりいつの間にか自分の体調も完全復活したような錯覚を覚えこのまま 帰るのが勿体なく感じてしまいますそんな私の様子を遠くから見るチチの目…きっとどうしようか…と 思案していたのでしょう無言のま [続きを読む]
  • 六花咲く綿向山
  • 2018年2月4日(日)? 綿向山 イハイガ岳 竜王山さて…そろそろ山が呼ぶと…誘われる様に出向いたお山は 綿向山  駐車場は満車 駐車スペースなし丁度 役場の方が除雪作業をして下さっておりましたので駐車してもよいスペースを確認して駐車手前の橋の近くのスペースをお借りして駐車する事にします車は後から後から増えていく一方…今日は午前中までお天気は持つという予報で考える事は皆さん同じなのでしょう♪我が家も同 [続きを読む]
  • 病み上がりでも 山が呼べば…
  • 体調が戻り始めると… 体の中からウズウズ病が再発してきます少しは じっとしていなさい…そういわれようと どうしても止められない感情です立春過ぎてもなお 冬将軍が場を陣取っているようで白い冠を被ったお山が手招きしています登れるだろうか登りたい…行けるだろうか行きたい…雪の感触を味わいたい…少しだけなら…行けるか?う…うん…大丈夫かはっ…はい…布団の中で温めて育てた脂肪も燃焼させたい…何よりも 逃げて [続きを読む]
  • 近況報告2と謝罪
  • 突然 パソコンすら開けない状況に陥りコメントを下さった方にも レスが返せないままとなってしまいました本当に ごめんなさいちょっと 病というお山を縦走しておりまして遭難しかかりましたが 1週間以上かかって 何とか無事に下山することが出来ました〜突然とは 本当に起こります私の場合は 突然は常に付きまとうものですが…やはり 困ったものです…だけど…何が起こっても 日は登る明日という日が来るのだと信じて自 [続きを読む]
  • 近況報告?
  • まだ若い…そう思っていても身体は着実に老いを感じていますムリがきいていたころとは違い最近は無理が出来なくなりつつあります先日 足に力が入らず 何もない平坦な所で転び立ち上がろうとしても 足が変…脱力と しびれ感…何が起こったのかわからないまま 暫くじっとしていますその間 自身の体と向き合ってみます睡眠時間 平均3〜4時間…それが当たり前担っていたけど 最近は…堪えます食事は細目に摂るようにしているけ [続きを読む]
  • 北八ヶ岳 冬の散策 プチ池巡り 2
  • 2018年1月7日(日)?  縞枯山 茶臼山 白駒池と雨池の周遊 縞枯山からの続きです縞枯山の展望からの絶景を楽しんで今度は茶臼岳へと向かいますピークハントは この茶臼山で終わりとなりますこの時点で 時は10時私は 楽勝〜♪と感じ チチは この時既に 時間との戦いに入っていたよう…そんなことは 露とも知らず 呑気に展望を楽しんでいた私です南八ヶ岳をバックに目指す茶臼山縞枯山からの下りも急な方ですが雪があり  [続きを読む]
  • 北八ヶ岳 冬の散策 プチ池巡り 3
  • 2018年1月7日(日)?  縞枯山 茶臼山 白駒池と雨池の周遊 白駒池からの続きです白駒池では 比較的長い休憩を取り一面雪の広がる池の上で 腰を下ろして食事をします壮大な景色を見ながら 二人でホットミルクティーを飲みますこの時 チチが言います北横岳は無理だよ山麓駅での食事のタイムリミットは15時30分…12時を過ぎた時点で難しい…それは理解できました…はい山賊焼き定食だけでも 楽しみに…それも 間に合うかな… [続きを読む]
  • 北八ヶ岳 冬の散策 プチ池巡り
  • 2018年1月7日(日)?  縞枯山 茶臼山 白駒池と雨池の周遊一度 北八ヶ岳のお池巡りをしたくて密かに計画を立てておりました…しかし…去年の暮れに 火災事故があり泊まる計画をしていた白駒山荘が利用できなくなり計画は中止せざるをえなくなります…しかし 日帰りで行ける範囲に縮小してとりあえず 冬の白駒池に行ってみる事にしましたそして の〜びりと 北八ヶ岳周辺の池を散策する予定… でした北八ヶ岳ロープウェイ山 [続きを読む]
  • 2017年我が家の納山際は 恒例の九重山系へ 3 中岳
  • 2017年12月30日? 大分の山くじゅう連山 中岳法華院温泉山荘と三俣山法華院温泉山荘からの続きです疲れは すぐに睡魔を呼び 深き闇の世界へと引きずり込まれ 窓を打つ風の音も子守歌のように心地よく聞いていました目が覚めた時には 日も変わりうっすらと明るさを見せ始めていますしかし…昨日の空とは違い 灰白色の空が一面広がり明るくなったとはいえ 青空を見せることはありませんお天気が悪くなることは予め予期してい [続きを読む]
  • 2017年我が家の納山際は 恒例の九重山系へ2 大船山
  • 2017年12月30日? 大分の山 大船山  1泊2日の初日 坊がつるからのお話の続きです坊がつるセピア色のススキ原の湿原が広がる一筋の道懐かしき坊がつるのキャンプ場へと向かいますいつもなら 楽に歩けるところなのですがやはり 体調が戻らないのでしょうか…ザックの重みを感じいつもの調子が まだ出ない私です… テントが数張りみられます 今年はテン泊の人も意外に多いような…雪がないことも原因でしょうか…そんな坊が [続きを読む]
  • 2017年の納山際は 恒例の九重山系へ
  • 2017年12月30日 大分の山 大船山いつの頃からでしょうか…チチと二人で山を歩くようになって年に一度 九州のお山で過ごす事が恒例となったのは…九州の山に行くようになって 6年という年月の中…九重のお山が笑ってくれたのは数えるほど…それでも、訪れるたびに違った顔を見せてくれるお山に魅力を感じてしまいます今回もまた どんなお顔を見せてくれるのでしょう…この時期は体調を崩しやすくいつも体調の悪い時になるので [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 新年明けまして おめでとうございます色々とあった旧年も思い出沢山残りました今年はどれだけの思い出を残すことが出来るのでしょう…良い事ばかりではなかったけど振り返ると 楽しかったことだけを思い出す私です今年も 辛いことから逃げないでその向こうにあるであろう 幸せを見つける努力をしたいと思います山歩きのレポ中心のブログで本当に長〜い長文のブログになりますがそれでも ご訪問下さる方々へ感謝するばかりです [続きを読む]
  • ナウ2
  • 只今、急いで帰宅途中?ブログにコメントありがとうございますレスが、遅れて申し訳ございません帰りつきましたら、返信させていただきたいと、思っておりますそれまで、お許し下さいませ??一年間、愚ブログに、お付き合い下さいまして有り難うございます感謝してもしきれません来年も、どうぞ、宜しくお願い致します皆様も、良いお年をお迎え下さいませ本当に、有り難うございました [続きを読む]
  • ナウ
  • 只今、九州に上陸し大分のお山にいますお山では、贅沢な過ごし方…個室の小屋泊まり?お食事迄、温泉に入ってのんびりと、過ごします今年は、雪もなくまるで、春山のようなお山でした青い空だけが、救いだったかも…明日は、お天気も下り坂のよう…〆のお山は、どうなるのでしょう法華院温泉からの、ナウでした〜? [続きを読む]
  • もうすぐ 仕事納め!
  • ふぅ〜とため息ついてカレンダーを見ればもう…クリスマスも通り過ぎて12月も終わりに近づいています…何と 何と…私…浦島太郎…ならず 浦島花子と化したよう・・・体調を崩したこともありその日その日を何とか過ごしているうちに…年の瀬の忙しさに追われて時の人となりそうだったわ〜気が付けば ブログ更新どころか…ネット縦走も出来ないまま 日々に追われていたよう…これはいけない…と目覚めて動き出そうとするけれど身 [続きを読む]
  • 鈴鹿 秘境のお山第2弾 Ⅳ  雨乞岳から杉峠を経て…
  • 2017年12月3日(日)? 向山~イハイガ岳〜雨乞岳:鳴野橋から周遊  清水頭から雨乞岳に向かう笹原の尾根からの続きです遮るもののない尾根とは 何と風通しの良いものでしょう…冷たい風が 汗を引っ込ませるほど絡んできます身体が冷やされると 自然現象が近くなるよう…(本当は 歳の所為かも…)でも…花摘みをするところなどありません隠れる所がないのですから 堂々と…なんて…前方の雨乞岳の頂上には 人の声が…人影 [続きを読む]
  • 鈴鹿 秘境のお山第2弾 Ⅲ  向山〜イハイガ岳〜雨乞岳
  • 2017年12月3日(日)? 向山~イハイガ岳〜雨乞岳:鳴野橋から周遊 迷いの森向山から脱出したところからの続きです 漸く正規のルートに出て 尾根を辿って歩きます油断すると 再び迷いの罠に嵌りそう…この季節を選んだチチの思惑が 犇々と伝わりますこの季節ながらの見通しの良さに救われながらルート確認しつつ進みます向山どんどん下って… 振り向けば向山その姿は悠然として こうして見ると優しい面持ちのお山に見えます [続きを読む]
  • 鈴鹿 秘境のお山第2弾 Ⅱ  向山〜イハイガ岳〜雨乞岳
  • 2017年12月3日(日)? 向山~イハイガ岳〜雨乞岳:鳴野橋から周遊 鈴鹿秘境のお山第2弾プロローグからの続きです1週間前の同じ場所そして歩く林道甲津畑線 少しだけ 冬の趣を濃くして落葉の舞い散る道路に哀愁を感じます岩ヶ谷林道起点分岐を過ぎて 今回取り付く登山口を探します 林道甲津畑線の登山口付近の駐車スペース  甲津畑登山口の岩ケ谷林道起点の分岐 中電巡視路標識 R160へ駐車場スペースには 既に2台の車が停 [続きを読む]
  • 鈴鹿 秘境のお山第2弾は…
  • 鈴鹿の秘境 カクレグラに登ってから7日後また 同じ登山口に来ています甲津畑登山口の岩ケ谷林道起点の分岐今回はカクレグラと対面する谷を隔てた もう一つの秘境に登る為ですそのルートを登れば秘境と呼ばれるお山を周回する事になる様ですそのお山は 低山ならではの味わいある藪山歩きでしたそして 味わいある藪山歩きとは… 決して侮ってはいけないという事でした…山の持つ本来の姿が そこにあり舐めてかかると痛い目に [続きを読む]
  • 鈴鹿の秘境4 隠?(かくれぐら) 杉峠からの帰り道
  • 2017年11月26日(日)? 滋賀県東近江甲津畑のお山 隠?〜タイジョウ 杉峠からの続きです杉峠 1042m漸く下山地点の杉峠に辿り着き一休憩したところで 登りのない登山道をテクテクと下っていく事にします 片割れの杉の残痕 片割れも年老いてきている…片割れを失った大杉も 朽ちてなお背筋をキリっと伸ばし 天を仰ぐ立ち姿はその生き様を見せつけているようにも見えますその杉の木に別れを告げて甲津畑・岩ケ谷林道へ下っ [続きを読む]
  • 鈴鹿の秘境3 隠?(かくれぐら)~タイジョウ
  • 2017年11月26日(日)? 滋賀県東近江甲津畑のお山 隠?〜タイジョウ カクレグラからの続きですカクレグラからの道も下りと登りを繰り返すします斜度が少し緩んだかと思うと 急な登りであったり…稜線の形そのままに変化を見せますただ、変わりないのは落ち葉の道という所でしょうか… いつまで続く急登の尾根道広い樹林の尾根が次第に狭くなり 左側が切れ落ちる崖になる頃展望は開け その向こうに 鈴鹿の奥座敷と言われる [続きを読む]
  • 鈴鹿の秘境2 隠?(かくれぐら)
  • 2017年11月26日(日)? 滋賀県東近江甲津畑のお山 隠?〜タイジョウ続きに入る前に…漸く続きを書き上げたのにアップ寸前で 何をしたのでしょう…すべて消してしまいました…暫く 呆然…何もする気になれず漸く書き上げたものを また書くなんて…自身で書いたものなのに 同じものは書けないという お粗末なお話…ちょっと気を取り戻して漸く続きを書きましたものの…沈…今回は サラリと流す形になりそうですが続きにお付 [続きを読む]