シマリス さん プロフィール

  •  
シマリスさん: 君を待つ心は汽水域
ハンドル名シマリス さん
ブログタイトル君を待つ心は汽水域
ブログURLhttps://ameblo.jp/shimarisu-r/
サイト紹介文町田樹選手応援ブログ! 引退後にコアファンになった新米ですがまっちーを語りたい!その他日常のことなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/02/27 15:55

シマリス さんのブログ記事

  • 読むか…(汗)
  • どーん。借りてきた…(汗) 本当に…!町田さん…!なんていうものを読ませる気だよ!!!こんな本 まっちーファンにならなかったら絶対一生生涯私の人生に1ミリもクロスしなかったよ!!! ダブル・ビルも気になる… 人間の條件(仲代達矢)はDVD6巻見ました…( ´艸`) [続きを読む]
  • バナーいろいろ
  • 2年前から作り出したバナー。1.はじめて作ったバナーA2サイズの0.2ミリの透明プラスチックシートを台にして、100均のアクリル絵の具で作成。黒い布地に白色がどんどん吸い込まれて何度も色を重ねた。途中、失敗では?と何度も不安になる…。シートをはがした時、わぁ!っと感激( ̄▽+ ̄*) 遠目からでもハッキリ樹バナーだとわかるのでダントツで使用頻度が高いo(^▽^)o 2.いちばん思い入れのあるバナー月明りの中、森 [続きを読む]
  • 広島あれこれ
  • PIW広島雑感。 初日はなかなか演技に集中できなかった。なんというか…広島の皆さんがおおらかで… 演技途中に席の移動。案外気軽に席を立つ…( ´艸`)おしゃべりが多くて小声ではあるけど気が散る(^▽^;) これはΣ(゚д゚;)きっとカープ愛が強くて野球観戦感覚なのかなっ? 広島はなんといっても皇帝プルシェンコ。 私は広島に泣きにきたのに織田君、プルの流れで笑っちゃう。プログラムとか何を滑ってもプル様色に染まるんだろ [続きを読む]
  • ボレロ比較動画
  • ボレロ比較動画良かったらみてください(^^)広島では最後の世界が開眼するシーン、4方向とも吠えていて(声は聞こえなかったけれど)そのシーンが好きだったので放送でそこが見られなかったのは少し残念。でも広島の生放送動画、本当に有り難いです!!!比較動画を作ることができました。横浜と違う方向の画も多くて嬉しいです(* ̄∇ ̄*) [続きを読む]
  • 意志
  • ボレロ広島公演。今までも公演ごとに違う印象を受けてきた町田樹のプログラム。だけどボレロほど多彩な色を見せてくれたものはないんじゃないか。 春の公演は町田樹のリアルな身体を感じ、寓話の中の男の物語を堪能した。夏は舞台が氷上から異空間に飛び、狂いゆく男の舞いに見惚れ、最終公演はあまりにも男の生命の輝きが強くてただただ圧倒された。演技中は泣くこともできなかった。そして暗闇に落ちる哀れな男の末路と町田樹の [続きを読む]
  • 仮置 限定動画
  • https://youtu.be/ll3BJ0M-dQcとり急ぎ 町田さん挨拶の限定動画です。相変わらず小さい画面で、ほとんどまっちーが隠れてしまっていますが雰囲気だけでも…。手ブレもヒドイ…(・・。)ゞ 1週間ほどで記事も動画も削除します。(拡散不可でお願いしますm(_ _ )m) [続きを読む]
  • ぼくを探しに
  • ぼくを探しに(ネタバレあります30年(!)近く前に読んだ本なので細部相違あるかも…) パックマンのような形をした「ぼく」の物語。笑った口にも見える欠けた部分をもつ「ぼく」は、欠けたかけらを探しに旅に出る。かけらがピタリとはまれば丸になれる。丸になれたらどんなに素晴らしいだろう!欠けた部分でつまずくこともないし、もっとコロコロ早く進める。足りないかけらを探してラッタッターと歌を歌いながら転がり進む。大 [続きを読む]
  • 2018世界バレエフェスAプロ8月4日
  • 初のバレエフェス。会場についてプログラムを見ると…4部まである!14:00から始まってラスト18:25!(ノ゚ο゚)ノ長いとは聞いていたけれどホントに長い。いつ帰ろうかな…と悩む(・・。)ゞでもラストにドン・キホーテがある。1時間ごとに休憩があるので見ながら考えよう。 記憶がある( ´艸`)プロだけぼんやり記。 ■アポロ:オレシア・ノヴィコワ/デヴィッド・ホールバーグノヴィコワの腕が美しくそればかり見ていた。けっこう好き [続きを読む]
  • 小平効果?
  • PIW2018東京公演。コバヒロさんのキレッキレの動きが印象的。あれ?こんなにキレキレの人だったかな?パワフルなイメージが強かったコバヒロさん。東京公演ではパワーに加えてキレにキレてる。 もしかして…これは…小平効果なんじゃないだろうか?( ̄□ ̄;)!!あっという間にプリンスメンバーで1、2を誇る人気者になった小平君。人気はうなぎのぼりで公演ごとにファンが増えている様子。 これまでの知名度を考えたら魅せ [続きを読む]
  • 発光体
  • 東京ボレロ千秋楽。町田樹の生きる姿がただひたすら眩しかった。眩しかったことしか覚えていない。 ピカピカというのではない、ギラギラでもない、しかし燃える命の輝き。魂がむき出しになった眩しさなんだろうか。 気迫がそうさせたのか、もの凄い集中力だった。彼からは生きる歓び、滑る歓びが溢れ出ていた。今までの、どのプログラムとも違う、どの公演とも違う。スケーティングがとかスケートの軌跡がとか、バレエ?コンテンポ [続きを読む]
  • 東京ボレロ 生と死のはざま【追記】
  • 【追記】この記事は7月19日、デニス・テン選手の訃報を聞く前にあげたものです。テン君の早すぎる死を前にして、当日にこの記事をあげ続けることに迷いが生じて一旦記事を下げました。22日に大使館に献花に行ってきました。安らかに…とはまだ言いたくなくてありがとうとだけ言うつもりでした。でも沢山の花が積まれた(机が足りずにちょうど何個目かの机を追加していた)献花台で皆の思いのつまった花に囲まれてテン君の写真 [続きを読む]
  • ラヴェンダーの咲く庭でDVD鑑賞
  • 「ラヴェンダーの咲く庭で」DVD鑑賞。以下ネタバレあります↓↓↓またロクな感想ではないので…。この映画に対してほの甘い思いを感じている人は踵を返してくださいm(_ _ )m ------------------嵐の夜、島に流れ着いた青年。穏やかに暮らしていた老姉妹がケガをした彼を看病する。 …。すぐに、妹のアーシュラは彼に惚れる。もっと心にブレーキをかけたり逡巡するのかと思っていたけど、落ち着いた大人の目線から彼を眺めるのか [続きを読む]
  • 7年経過
  • せわしない日常のまにまに樹引退ショックをひきずりながらPBC7年経過記事。 8週間に1度血液検査。ZTTが20前後の小高値をウロウロ(発症時は50位あった)。ときどき総ビリルビン高値(2.4の時もある!)。他はだいたい正常値。 1年に1度、胃カメラと肝臓超音波検査。2年ほどまえから胆のうに白い影5、6個。多分、胆石だろうと経過観察中。 MRIは3、4年に1度ほど検査。これは多分あまり必要ない?大学病院だか [続きを読む]
  • これから
  • 【追記】地震で大変な中、能天気な記事ですみませんm(_ _ )m大阪は余震で大変だったんですね…アイスショーなどを楽しめるのは日常の平和あってこそ。普段の日常に感謝しますm(_ _ )m 日常生活にハリが出ない。依存しているつもりはなかったけど、生きがいだったんだと改めて気付く。テンションは乱高下。ショックでハイになったり、ふと涙ぐんだり。 乙女心を傷つけやがって!ヽ(`Д´)ノ乱暴な口調でうそぶいてみる。 乙女?ああ [続きを読む]
  • とうとう
  • とうとう…とうとうこの日がきてしまった。 町田樹のプロスケーター引退。10月の公演が最後。もう?まだ?十分?まだまだ?混乱中。 今までだったらもっと泣いた。でもあのドキュメンタリーを見てから常に頭の隅にあった引退の文字。 本当に死んでしまうかもしれない。もう無理はしないでほしい。研究に専念してほしい。 それは氷上の町田樹を永遠に見られなくなることを意味する。ドキュメンタリーは、アイデアはたくさんあると [続きを読む]
  • ボレロという身体
  • ボレロ:起源と魔力,BS放送 現地で見たときは存在や「気」に圧倒されていた。ショーが終わった後あれこれ考えていた。あれは一体なんだったのだろう。 存在や気を発している源の「身体」、ショーの場では刺激が強くて知らず知らずに腰がひけていたその正体を、TV放送という膜ができたおかげではじめてまともに見ることができた。 彼がポーズをとって滑っていく。瞬間、「生(なま)」の感覚が目の前に迫ってくる。町田樹の身体 [続きを読む]
  • ドキュメント
  • 町田樹ドキュメンタリー。あまりにも濃い内容で胸がいっぱいになってしまった。繰り返して既に何度見ただろう。 放送を見ただけで胸がいっぱいになったけれど、いや彼の日常はもっと壮絶なのだ。 大学院の授業、勉強、研究、発表、大学非常勤講師、連載の執筆、解説の仕事。バレエレッスン・体幹トレーニングをはじめとした基礎体力作りも毎日続けているだろうし、もちろんスケートの練習もある。加えて新しいことへのチャレンジや [続きを読む]
  • PIW2018横浜公演雑感
  • PIW2018横浜公演雑感。 熱い演技が印象的だったPIW。ゲストの演技も非常に良かった。 ・小塚崇彦今まででいちばん好きなプログラム。彼は演ずるのが苦手なタイプだと思っていて、だからこういう技で魅せるプロがよく似合う。深いエッジで伸びやかに滑る。衣装のスーツもバシッと決まっていて格好良かった。 PIW男性メンバーとの出だしも洒落ているし、女性が途中で出てくるのも良い。こういうの、まっちーがやるのでは?なんて思っ [続きを読む]
  • その男、凄まじきなり
  • ボレロ千秋楽、気迫、彼の信念、情念がにじみ出た素晴らしい演技!所作が美しいというより、彼の発する「気」が場を支配。初見ではコンテンポラリーを強く感じたけれど、楽では彼のダイナミズムに身をゆだねた。何も知らなくても感じればいい。彼の動作のひとつひとつに心奪われた。 もちろん彼の創り上げた寓話のような世界もたっぷりと堪能した。月明りでひとり凍る湖畔を滑る男。今までの彼の演技は、流れるような一連のムーブ [続きを読む]
  • スパーク!小平渓介
  • 小平人気すごい!(ノ゚ο゚)ノ絶対にすぐに人気が出るだろうと思っていたけれど想像以上にすごい! あれだけの表現力、あのスケートが世に出ないなんてせつなすぎる。絶対に、絶対に滑り続けてほしかった。 しかしあんなにも熱いスケーターだったのか! センターパート、いくつももらってる!(ノ゚ο゚)ノめっちゃキレッキレ!(ノ゚ο゚)ノ美しい背中健在!(ノ゚ο゚)ノ指先キレイ!(ノ゚ο゚)ノタメも情感たっぷり!(ノ゚ο゚)ノ客アオリまでやってる!! [続きを読む]
  • 樹2018 クセが強い
  • 町田樹2018初演、良かった!ネタバレあります↓↓↓ 初見から好きなプログラム。なぜなら町田樹味が最初から最後まで濃密に詰まっているから。指でギュッと押したら何か出てきそう。いいじゃん!自分の中でイメージを固めたいから公式は読まずにガマン。 今までのプログラムって綺麗な表現のはずなのに、あれ?という箇所が必ずあった。アヴェマリアのお尻とか。アヴェマリアって祈りのプロでしょ?ナゼここでこのお尻??? 聖子 [続きを読む]
  • まさかスラローム
  • バレエでだいぶ立ち姿のことがわかってきた。これをいかにスケートに落とし込めるか。しかし教室でいつものように注意される。頭が前に出てますよ、と。さすがに悔しい!いい加減、基本のハの字くらいは前のめらないで滑りたい。(注:スケートもうすぐ4年目(・・。)ゞ)バレエのプリエでは腰、骨盤を意識。タンデュで足を斜めに差し出しても骨盤は前を向いたまま。バーに水平に立つ。腰の向きはスケートと違う。 フィギュアは足 [続きを読む]
  • ジークフリートの死
  • 今更ながら「ジークフリートの死---あるいは永遠の誓い」について。 今より「死」が身近にあった頃の童話。(中世ドイツの民話?)欧米の話だからキリスト教の思想が根底に脈々と流れているはず。 白鳥の湖でまず疑問なのは、何故オデットが簡単(?)に身投げするのか?そしてなぜ王子ジークフリートが悲観して後を追ってこれまた簡単(?)に身投げするのか??? ただでさえ人が死ぬ話は好きじゃないから、童話と言えどもすごく [続きを読む]
  • ピラティスも体験!
  • ピラティスって何だろ?ヨガみたいなもの?インドって関係ある??ダンス?エクササイズ???習い始めたバレエ教室で、ピラティス入門60分500円、そのすぐ後にバレエ初心者90分2200円のコマを作ってくれるという。フィギュアスケート教室の後、ゆっくりお昼を食べて4駅離れた教室に向かうとちょうどいい。月に不定期で1回程度というのも時間にもお財布にも優しい。せっかくだからやってみよう!しかもピラティスめっ [続きを読む]