hiroshitree さん プロフィール

  •  
hiroshitreeさん: MBAのインデックス投資日記
ハンドル名hiroshitree さん
ブログタイトルMBAのインデックス投資日記
ブログURLhttp://hiroshitree.hatenablog.com/
サイト紹介文2014年8月からバリュー平均法でインデックス投資をはじめました。18年3月にリタイヤしました。
自由文1.2億円の資金を
収益3.61% リスク8.79%
での運用をめざしています。
まずはプロフィールをご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/03/01 03:25

hiroshitree さんのブログ記事

  • 1348が本日急落 原因は?
  • 1348 MAXISトピック上場投信がなぜか2%を超える下げになってます。権利付き最終売買日は7月と1月のはずで、なんでこの時期に下げるのかわからないのですが、電話してきいたみました。需給の関係で昨日大きな買いがはいって、上方乖離して、今日はその調整だと思うとのことです。調べてみたら確かに昨日は急騰しています。このファンドは流動性が低く需給に左右されやすいと感じました。↓↓↓こちらのブログも是非ごら [続きを読む]
  • 日本株から米国株への乗り換え
  • 日本株から米国株への乗り換えをしようと思っています。節税するなら、両者とも安い今、日本株を売って、同時に米国株を買えばよさそうです。しかし資金に余裕があって欲張るなら、今米国株を買って、もう少し日本株が騰がったころに日本株を売る方が得でしょう。私はこの作戦を現在実行中です。つまり、米国株が安い今、ちょっと買いすぎ?というぐらい米国株を買い、年度末ぐらいに日経平均が2万4千円ぐらいになったときに、日 [続きを読む]
  • 池田泉州銀行で退職金定期作成
  •  今日は池田泉州銀行で退職金定期を作成してきました。接客は三井住友信託銀行ほどよくないですが、2か月もので1.5%の高金利が魅力です。 接客が普通、というのは、三井住友信託銀行の接客が良すぎるのだと思います。 三井住友信託銀行では、担当者の人が付きます。来店するときに担当者の人に電話予約していけば、待たずに済みますし、要件も事前に電話で伝えているので窓口でのやりとりが簡単です。満期にが近づけは担当者か [続きを読む]
  • 三井住友信託銀行退職金定期満期
  •  3月に退職したので、銀行の退職金定期預金のはしごをしています。最初はみなと銀行。次は三井住友信託銀行で、その次は池田泉州銀行さんの予定です。 三井住友信託銀行はとにかく接客がよいです。こんなに接客がよければ、さぞ高コストなんだろうなと感じてしまいます。 解約するときに資金の運用先を尋ねられたので、他行の退職金定期と米国株のインデックスファンドで運用すると言ったら、当社でも米国株のインデックスファ [続きを読む]
  • 2018年10月暴落の出動おわり
  •  10月の暴落が始まってから、今日まで合計250万円の米国株インデックスファンドを買い出動しました。4回にわけて買い出動し、残念ながら底値では買えませんでしたが、「頭としっぽはくれてやれ」ってことで、あきらめています。 中間選挙が終わり、再び強気相場になったと判断したので、出動はこれで打ち止めにします。250万円はちょっと買いすぎかもしれませんが、退職金が入りましたので、バランスを取る意味で、多めに [続きを読む]
  • 年金を考慮したアセットアロケーションって?
  •  私は株式:債券=50:50のポートフォリオを目指しています。では、全資産の50で株を買って、残りで債券を買えばいいかといえば違うのです。なぜならば、年金があるからです。年金は債券に換算してアセットアロケーションに組みいれます。 私の全資産が1.3億だとすると6千500万株を買えばよいはずです。しかし年金が65歳から170万円もらえるので、これを債券に換算します。 170円を20年もらえるとする [続きを読む]
  • 個別株投資は怖い:NTTの暴落
  • NTTが今日の午前で12%を超える暴落になってます。NTTは今年の7月まで400株。200万円ぐらいもってました。しかし、個別株撤退作戦で8月に5,133円で売りました。現在の株価は4,168円で当時から-18.51%のマイナスです。ホールドしていたら37万円の損失になるところでした。本当に個別株撤退作戦を実行してよかったと思います。やっぱりインデックス投資が一番安全っで良いです。↓↓↓こちらのブログも是非ご [続きを読む]
  • 楽天証券がはんぱない
  • 楽天証券のサービスの充実度がはんぱない。保有投信に対して年間0.048%の楽天ポイント付与。スリム先進国などの超低コストファンドを保有するには、楽天証券がナンバーワン月5万までの投信の積み立てをクレジットカード決済にすることで1% の楽天ポイント付与フリーETFの導入でMAXISシリーズの取引手数料が無料にここまでやられたら、ほぼ楽天証券一択になってしまいまそうです。楽天証券より優れたサービスがあるとすればSBI証券 [続きを読む]
  • 堀古さん曰く、今からあと数週間は買い場だと
  • 今朝のモーサで堀古さんが言ってました。10%~20%の調整はあって当然だ金利が上がっているので株価が調整するのは健全で、どんどん株価が上がってバブルを形成するよりよっぽどよい11/1から数週間は絶好の株の買い時。VIX指数が高く市場が怖がっている時に買わないと買い時がない。ドルコスト平均法の信者にとっては、どうでもよいことですが、私みたいにバリュー平均法やってる人には、やっぱり今は買いなんだなと確認できるような [続きを読む]
  • 『インデクス投資は勝者のゲーム』ボーグル
  • インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法作者: ジョン・C・ボーグル出版社/メーカー: パンローリング株式会社発売日: 2018/05/13メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るこの本読んでいます。株式投資のリターンには、投資リターンと 投機リターンがあるそうです。投資リターンとは、配当やEPSの増減によるリターン。投機リターンとはPERの上下によるリターン積み立て投資というのは、 [続きを読む]
  • 2018年10月末 総資産公開
  • 総資産117,138,198円(前日比)+449,121円(+0.4%)増減今週-0.0%-12,969円今月-5.3%-6,397,405円今年-3.3%-3,959,762円※退職金定期の970万円は上記とは別管理 一月で640万の損です。 バリュー平均法のバリューパスからは-300万円の乖離がでています。なので、ここは買い出動します。買い方ですが11月8日から3か月かけてスリム米国株インデックスを毎日5万円づつ毎営業日積み立てでかいます。ちょうど、生命 [続きを読む]
  • iDeCo:スリム先進国→スリムSP500にスイッチ
  •  マネックス証券でiDeCoの口座を開設しています。今日からeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が加わったので、さっそく300万円ぐらい保有しているeMAXIS Slim 先進国株式からそちらにスイッチすることにしました。 こうなると、もう国際分散投資とは言えないですね。米国株集中投資にじわり傾いています。 関係ありませんが、さっき、三井住友信託銀行さんから退職金定期の満期が近いとの電話がありました。丁寧な対応痛み [続きを読む]
  • NYダウまたまた続落で絶好の買い場到来
  •  NYダウはだらだらと続落しており、200日移動平均線にワンタッチするような動きになっています。日経平均のPERも12.72とかなりの割安水準です。 というわけで絶好の買い場が来ていると感じています。 バリュー平均法やってる人は今買いシグナル出てる人多いと思います。 ここが底なのかはわかりません。まだ少しずつ下げるかもしれません。なので、2週間ぐらいに分散して投資すると良いと思います、 というわけで [続きを読む]
  • ここはチャンスと見て買い出動します。
  • なんとなくチャンスというわけではなく、バリュー平均法のバリューパスから-250万円ぐらい下方乖離しているので、それを埋めるために250万円、米国株インデックスファンドを買い増しします。 現金が手元になかったのですが、ここは一番、オリックス銀行の定期預金(0.25%)を中途解約して、資金を捻出しました。オリックス銀行の優れているのは中途解約ができるからで個人向け国債を買わなくてよかったと思える点ですね。 とい [続きを読む]
  • ふるさと納税ってとんでもない悪法だと思いませんか?
  • ふるさと納税というのは、2千円だけ負担したらそれより高額な返礼品がもらえて得、みたいに言われるようですが、私は利用したことはないです。お金の流れを考えると、返戻品の原資は寄付金で、その寄付金は本来居住地区に納めるはずの住民税を削って生じるものです。居住地の福祉(たとえば保育園や老人ホーム)を削って、返礼品もらって喜んでいるなんて、ゲーム理論でいうところの「共有地の悲劇」に他なりません。広島のとあ [続きを読む]
  • 2018年10月の株価急落の被害額
  • 9月末から、-480万円の被害額になります。総資産1.3億円で-480万円なので3.7%のマイナスです。ポートフォリオの期待リターンが3.75%なので、ほぼ1年分の利益が吹き飛んだ感じの下げ方です。ポートフォリオのリスクは9.6%程度ですし、10%も下げてないので、完全に想定内の下げですが、気分的にはがっくり来ました。絶好の買い場かもしれませんが、キャッシュがないので、11月まで様子をみて買い場が続く様なら定期買付のタイ [続きを読む]
  • 株価急落。シアーズショック
  • 米国および日本の株が急落しています。いろいろな要因があるのでしょうが、米国百貨店王手シアーズが破たんしたことが原因などと言われています。直近高値から6%程度の下げだと思っていて、少し買いシグナルが出ています。次の買付日は11月の頭なのでその時まで買いシグナルが出続けていたら、50万円〜100万円ぐらい買い出動しようと思います。今ですか? 今はすべての余力を三井住友信託銀行の退職金定期につぎ込んで [続きを読む]
  • ニッセイ外国株式インデックス -332円の大幅安
  •  こんな大幅安なかなか見たことがないですね。約2%の下落です。私のポートフォリオだと約83万円ぐらいのマイナスです。 今年は厳しい相場が続きます。年初からの投資損益は70万円ぐらいです。1憶3千万もってて70万円ですから、1%ももうけてないことになりますね。新興国株・債券をまったくもっていない私ですらこのありさまなので、全世界に投資されてる人はもっとひどいのではないかなと思います。世界経済インデック [続きを読む]
  • 政府「70歳定年」検討開始
  • www.tv-tokyo.co.jp「政府は、未来投資会議を開き現在、65歳までとなっている企業への継続雇用の義務付けについて、70歳まで引き上げる方向で検討を始めました。」そうです。65歳でリタイヤしてもアーリーリタイヤと言われる時代にいよい突入ですね。私は年金はもらえないことを前提に計画を立てているので、大丈夫ですが、年金の65歳支給をあてにしてアーリーリタイヤした人は大変ですね。↓↓↓こちらのブログも是非ごら [続きを読む]
  • SBI証券→楽天証券への投信の移管の進捗
  • 移管に思いのほか時間がかかっているので途中経過を報告します。hiroshitree.hatenablog.com 上記記事に書きましたが、ニッセイ外国株式インデックスファンドを保有するならSBI証券より楽天証券の方がお得です。なので現在移管手続き中です。先週の金曜日にSBI証券の残高から当該投信が消滅して、はや数日たちましたが、一向に楽天証券に反映される気配がありません。 そこで、楽天証券側の入庫手続き期間を調べてみました [続きを読む]
  • 2018年9月末 総資産公開
  • 総資産123,535,603円(前日比)+266,385円(+0.2%)増減今週+0.3%+424,105円今月+1.4%+1,695,839円今年+2.0%+2,437,643円※退職金定期の970万円は上記とは別管理 投資収益は+2.2%の2,684,338円でした。今月だけで170万も利益があがりホクホクです。また、年間消費は160万円ぐらいを目標にしているので、このペースでいけば黒字となります。すなわち、働かず、消費して、それでいて資産が増えるという永久機関の [続きを読む]
  • SBI証券→楽天証券への投信の移管
  • hiroshitree.hatenablog.com 上記記事に書きましたが、ニッセイ外国株式インデックスファンドを保有するならSBI証券より楽天証券の方がお得です。なので現在移管手続き中です。先ほど電話で、移管手続きが順調なのか確認したとろ、順調に手続きは進んでいるそうです。 また、投信の移管には10営業日の期間がかかるとのこと。約2週間ですね。 楽天証券の入庫キャンペーンが10月18日までなので、SBI証券から楽天 [続きを読む]
  • SBIポイント:SBISLとのID連携方法
  • www.sbi-sociallending.jpSBISLにアカウントがある人は上記からID連携できます。ID連携することで、SBIポイント1000ポイントを1200円に換金できる優遇レートが適応されるので、SBIユーザーは必ずやるべきです。ちなみに私はSBISLのアカウントは作りましたが、ソーシャルレンディングの取引はありません。それでもID連携はできています。ご参考まで↓↓↓こちらのブログも是非ごらんください。 [続きを読む]
  • プロ投資家を名乗るには?
  •  プロ投資家を名乗るには、やはり、投資だけで生活費すべてをまかなえてることが重要ですね。 今日の時点で年初からの投資収入が131万円、支出が111万円となりましたので、概ね株だけで食えている状態になりました。 いやー今年前半はー500万とかだったので、じわり買い増しして様子をみていたら、株価もどってきましたね。ほんまよかったです。 日本株はこの5日間の連騰ですが、PERから考えてまだ騰がる余地が [続きを読む]