hiroshitree さん プロフィール

  •  
hiroshitreeさん: MBAのインデックス投資日記
ハンドル名hiroshitree さん
ブログタイトルMBAのインデックス投資日記
ブログURLhttp://hiroshitree.hatenablog.com/
サイト紹介文2014年8月からバリュー平均法でインデックス投資をはじめました。18年3月にリタイヤしました。
自由文1.2億円の資金を
収益3.61% リスク8.79%
での運用をめざしています。
まずはプロフィールをご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/03/01 03:25

hiroshitree さんのブログ記事

  • 良い投資家になるにはピロリ菌の検査を受けよう
  •  行動経済学の知見によると、人間には損失回避性という非合理行動があるそうです。目先の損失を嫌って、決断を先送りにして、未来により大きな損失を被ってしまうのです。これは人間の自然な感情に基づいて行動すると起こります。でも、この損失回避性を理解して、強い意思の力を発揮できるよう心を訓練することで、自然な感情に逆らって、合理的な行動をとることができます。 これは健康管理でも同様なことが言えます。胃がんの [続きを読む]
  • 高配当株に持つ安心感は錯覚じゃね?
  •  父は高配当株が好きで、キャノンやJTなんかを持っています。でもキャノンなんかキャピタルロスで大損してても、高い配当があれば、なぜか安心してしまうんですよね。でも、その安心感は錯覚だと思います。 みるべきは配当利回りではなくトータルリターンであることは言うまでもありません。高配当株の信者がなぜトータルリターンではなく配当利回りを視るのかは、人間の心理の歪みだと思っています。 行動経済学という学問 [続きを読む]
  • タイミング手法とプライシング手法
  •  ウォーレン・バフェットの師でるグレアムによると、株価の変動から利益を得る方法は2つあるというタイミング手法市場の動きを予想して、今後株価が上向きそうな時に買い、下げる見通しの時は売る。プライシング手法本来の実質価値以下の値が付いている時に買い、実質価値以上に値が騰がったら売る。 そして、賢明な投資家らならプライシング手法で満足のいく結果を生み出せるとバフェットは考えたそうです。(『ウォーレン・バ [続きを読む]
  • 先進国債券インデックスファンドって駄目だね。
  •  ニッセイ外国債券インデックスの基準価額を2年前からウォッチしているんですが、ぜんぜんダメですね。2年前から-1.09%です。為替が円高になるととたんに損失になってしまいます。株がこんなに下がっているのに債券は騰がってくれないと買う価値ないですね。定期預金で持ってた方がましな気がします。 外国債券を買うなら、生の債券が良いと思います。米国のものだと2.5%程度の利率だし、満期まで持てば発行体が破たんしな [続きを読む]
  • 退職金定期。三井住友信託銀行がいい
  •  退職金定期を三井住友信託銀行で作りました。利率は1%です。ベース0.9%に、年金定期便を持参すると+0.1%になるということです。年金定期便による割増は1回しか使えませんが、退職金定期は新規資金であれば、退職金受取から1年間なんどでも作ることができて、金額も上限がありません。 三井住友信託銀行は接客がいいです。また来店を電話予約できるので待ち時間がありません。 出金の際は住信SBIネット銀行に振 [続きを読む]
  • NVDAで-20%ぐらいで損切りした人
  •  昨年のNVDAの急落はすごかったですね。米国株のブログを読んでいると-20%ぐらいで損切りされたという方もいらっしゃいました。 しかし、よく考えると-20%で損切りというのは、逆先指値注文を入れてない、ってことですよね。米国の個別株を買うなら、マネックス証券で逆指値注文を使うのが良いと思います。私は個別株はやらないので、逆指値をすることもないのではありますが。↓↓↓こちらのブログも是非ごらんください。 [続きを読む]
  • ダサイ投資家とは?
  •  相場の後追いをするような投資家はダサイかもしれません。 たとえば、仮想通貨が200万円を超えていてみんなが熱狂しているときに、仮想通貨を買う人。株価が暴落したら、怖くなって、債券比率を高くしたりする人。やってることが逆なのです。 仮想通貨に皆が熱狂しているときは売りはあっても買いはダメです。株価が暴落しているときは株式の比率を増やすのは良いですが、減らしちゃだめです。債券比率を上げるのは、株価が [続きを読む]
  • 儲け話をブログに書くのは自分が買い切ってから
  •   ブログで生計を立てている場合を除き、儲け話をブログに書くのは自分が買い切ってからが良いと思います。 たとえば、今年は武田薬品工業が伸びると考えているとします。ブログに「武田薬品工業が良い、理由はこれこれしかじか」と書いたとします。そうすると、その記事をみて買う人が現れます。買う人が増えたら株価が騰がります。株価が騰がるとそのあとで安く仕込むのが難しくなります。 そういうわけで、もし武田薬品工業 [続きを読む]
  • 心理的ダメージが最も少ない投資方法
  •  心理的ダメージが最も少ない投資方法というものあるような気がしています。行動経済学的には人間には非合理な後悔回避性を持っていて、特別な行動をしてリスクを取るよりも、何も行動しないかオーソドックスな方法をとることを好みます。たとえそれが経済的に不合理であっても、心理的ダメージを少なくするために、そういう行動を好んでしまう傾向があるのです。 心理的なダメージを最小化したければ、国際分散投資をドルコスト [続きを読む]
  • 暴落は底打ちなのか、それともまだ下げるのか
  •  暴落は底打ちなのか、それともまだ下げるのか正直わかりません。ただブラックマンデーやバーナンキショックの時のことを考えると、半年ぐらいで株価が戻るかもしれません。リーマンショックの時と同様と考えると半年で底打ちすると思われます。1年も下げ続けるということは過去を振り返ってもなかなかないのです。 なので、あと半年ぐらいの間に買い仕込みをして、年後半に果実を得るというストーリ―でゆっくり買付を行うのが [続きを読む]
  • 暴落後。普通の考え方と逆の行動
  •  この12月の暴落はきつかったですね。今回の暴落で株式100%のポートフォリオは危険で、債券も含まないといけないと考えた人も多いかもしれません。それが普通の考え方です。 でも儲けようと思ったら普通の考え方と逆の行動をとるのがよいです。すなわち、今こそ株式の比率を上げたポートフォリオが良いと思います。個人向け国債や定期預金や債券を解約して株を買うのに適している時期です。ただし、まだ下がるかもしれない [続きを読む]
  • 2019年相場大展望 日経平均は24,000円に
  •  野村証券の2019年相場大展望の動画があがっています。www.youtube.com これによると、2019年央には日経平均は24,000円をつけるそうです。今だいたい2万円ぐらいなので20%上昇するという大胆な予測です。もしこれが本当なら、日本株に資金を突っ込んだら大儲けできますね。 野村証券の予想の方がマネックス証券の期末3万円の予想よりおだやかで、信頼がおけるような気がします。↓↓↓こちらのブログも是非ごらんく [続きを読む]
  • 2018年12月末 総資産公開
  • 総資産112,442,258円(前日比)+228,185円(+0.2%)増減今週+0.1%+68,158円今月-5.6%-6,752,832円今年-7.1%-8,655,702円※退職金定期の970万円は上記とは別管理 いやー12月だけで675万の損失です。これは痛かった。 投資収入は年間でー841万円になります。 酷い結果です。ただ。-7.1%というのはeMAXIS Slim バランスの騰落率-7.83%よりましだった点はよかったと思います。 ここで、前年、前前年はいくら不 [続きを読む]
  • 2018年の投資成績概算 -890万円
  •  各種インデックスファンドの基準価格や株価の推移から、2018年の投資成績の概算を算出し分析してみたいと思います。以下の表に各種資産クラスと騰落率を計算しました。年間騰落率資産(万)損益先進国株-11.24%4859-546.152TOPIX-16.10%1205.95-194.158武田-42%320-134.8SP500-7.69%150-11.5374合計  -886.647 ます最初に、武田薬品工業の42%の暴落が134万円と効いていて大きなダメージだとわかります。やはり [続きを読む]
  • eMAXIS Slim 先進国株式の年間騰落率
  •   年末なので再びeMAXIS Slim 先進国株式の年間騰落率を計算してみました。年初から日付基準価額騰落率1月4日11,702 12月25日9,889-15.49%12月28日10,346-11.59%-11.59%となりました。私は株式資産クラスを6千500万円持っているので、ざっくり計算すると、753万円の損になっているはずです。現在の市況から考えて、インデクス投資をやっている以上、その程度の成績であることは受け入れざるを得ません。逆にそれ以上 [続きを読む]
  • 買付資金の調達方法
  •  この暴落が半年続くとして、来年5月まで毎月100万円かいつけるには500万円の資金が必要です。私の場合には以下の順で捻出しようと思っています。①楽天銀行の普通預金(0.1%) 200万円弱②オリックス銀行の1年定期中途解約(0.25%)300万円③三井住友信託銀行の退職金定期3か月満期(0.9%) 970万円④オリックス銀行の2年定期満期(0.3%)200万円⑤国内債券シティーグループ円ユーロ債の売却(0.69%) 1,116 [続きを読む]
  • 相場急落時の買い方
  •  前記事と重複しますが、リタイヤして入金がなくなった人は積み立てを辞めて「暴落時にだけ買う」「高騰時に売る」という戦術をとるのがよいと思います。高騰の判断はバリュー平均法を基本とします。リスク資産が年率8%上昇すると想定してバリューパスを描き、四半期ごとにバリューパスとリスク資産の差額をチェックし、過剰に儲かっている分を売却します。 暴落の判断はNYダウが200日移動平均線を割り込みかつ、直近高値 [続きを読む]
  • 結果論だが2018年はつみたてNISAにしてよかった
  •  今年リタイヤして入金がなくなったので、積立をやめて、基本的にはNISA分だけ毎年投資すると決めました。給与の入金がないため投資額は少な目がよいと思いNISAではなくつみたてNISAを選択しました。 今年の暴落を考えたら、結果論ですが、つみたてNISAにしてよかったです。 リタイヤして入金がなくなった人は積み立てを辞めて、「暴落時にだけ買う」「高騰時に売る」という戦術をとるのがよいと思います。高騰 [続きを読む]
  • 先進国株式のリスクは1σ=18.4
  •  マイインデックスで調べた先進国株式のリスクは18.5でした。現在の直近高値からの下げがちょうどその程度なので、1σの下げがきていると考えられます。なのでまだまだこの程度の下げは想定範囲内と考えざるを得ないですね。冷静になりましょう。 それにしても、私は6千500万円株式インデックスファンドを保有しているので、18.5%下がったら1千200万円の損になるんですね。感覚的には結構なダメージと感じま [続きを読む]