あい さん プロフィール

  •  
あいさん: そうだ、着物着よう
ハンドル名あい さん
ブログタイトルそうだ、着物着よう
ブログURLhttp://fanblogs.jp/wanokoto/
サイト紹介文お稽古の1つとして着付教室に通い始め、思いのほか長続き。このままどこへ向かうのでしょう…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/03/01 03:56

あい さんのブログ記事

  • 一夜漬け(試験は明日)
  • 気付けば明日が試験である。電車止まらないかなぁ…とかなり本気で思う。色々と言い訳のネタはあるのだが、要は勉強不足である。中学1年生の時、人生初めての中間テストで、「今の実力で受けるべき」と思いこみ、全くテスト勉強をしないで受けてしまい、結果的になかなか悲惨な結果だったことを思い出した。小学校までのテストと同じくらいにしか思っておらず、テスト勉強をする意味がわからなかったのだ。中学校の授業、ただ授業 [続きを読む]
  • 王道(試験まであと20日)
  • あっという間に試験まで3週間を切っていた。マジか…(;・∀・)やみくもに3級の過去問を解き…3級ならなんとかなりそうなのに…と意味のないことを考える。※3級は数年前に合格済みで今回受けるのは2級である。「そろそろ本気出す…」と寝ぼけながら、2級の問題に手を出した。インプット作業をすっ飛ばして。ええ、それはそれはひどいアリサマでした。赤本から始める、というのはある意味受験勉強において、王道と言えましょう。し [続きを読む]
  • うそつき…は?
  • そろそろ(?)成人式が話題になるシーズンである。いや、とっくに、というべきか。書店に行けば振袖本が出ているし、着付教室でも話題は振袖の着付の話である。この度、練習用に振袖を購入することに。去年は自分の成人式の時の振袖で練習していたが、それでは背の高いお嬢さんを想定した練習ができない(だって私の身長に合わしてあるから)。この際、長襦袢も欲しいと思ったのだが、振袖を格安で入手できたため、それを上回る価格 [続きを読む]
  • 2016年の3級の問題を解いてみた(試験まであと40日)
  • 本当は、4・5級をがっつり固めてから3級、3級をがっつり固めてから2級へ…と思っていたのだが、いやいや、4・5級をがっつり固める目的は何よ?と。4・5級の正答率を上げることが目的はなかろう?と。かと言って、2級の問題を解いても答えが分からなくてつまらない、という事態は数年前に経験済みである。よって。3級の問題でリハビリしようと思うに至る。ということで、2016年の3級の問題を解いてみた。3級は76問/100問正解。なる [続きを読む]
  • 直近の過去問(4・5級+3級)を解いてみた(試験まであと41日)
  • ようやく(?)重い腰を上げ、解いてみた。2017年の過去問(4・5級と3級)を。結果。4・5級は83問/100問正解。3級は71問/100問正解。あ、ヤバい…(;・∀・)思わず、公式HPにいって合格基準を確認してしまったわ。3級は70%以上の正解で合格。ギリギリじゃございませんか…。公式テキストを一切読み返しもせず、せっかく買った参考図書も読んでないので、当然といえば当然か。インプット嫌いをどうにかしないとねぇ…。いや、大学受 [続きを読む]
  • 推薦図書到着(試験まであと52日)
  • 推薦図書…なんというか、懐かしい響きである。小学校時代の夏休みの感想文の宿題をイメージしてしまうわけで。そんな久方振りに目にした単語。きもの文化検定には、公式教本以外に推薦図書がある。過去問も推薦図書の一部だったのね…。公式↓http://www.kimono-kentei.com/list/index.htmlこのページの後半3冊を購入した。※公式からも購入できるようだが、私は某楽天にて購入しました…。で、届いたのがこちら。事前にサイズを [続きを読む]
  • 今年は受ける選択?(試験まであと53日)
  • 本日…厳密には昨日、か。今年のきもの文化検定の申込締め切り日であった。きもの文化検定公式HP↓http://www.kimono-kentei.com/index.htmlギリギリまで迷った部分もあるが、結果として、今年は受けることにした。いや、現時点では出願しただけで、当日ちゃんと試験会場に行くかどうかはまだ分からないが…。リハビリとか、勉強するやせんや、何回かここに書いたが、結局、継続できていない。試験は11月4日。2か月もないねぇ…間 [続きを読む]
  • 曾祖母の鯨尺
  • 和裁を習っているが、自分用の鯨尺を持っていない。和裁教室では教室のものを借りるし、家で宿題で必要な時は、母のものを借りるので、特に困ったこともなかった。さて、田舎の家の奥納戸には和裁台がある。その上に色々と物が乗せてあるので、恐らく長らく使われていない。和裁台には抽斗があり、以前、その中にコテや鯨尺など和裁道具を発見していた。鯨尺の裏面には持ち主の名前が書いてあり、曾祖母、祖母、伯母のものと明らか [続きを読む]
  • 2018年版の問題集を購入してみた。
  • ここ数年、2級を受けるんだか受けないんだかうだうだしている。結局、去年は問題集も買わずだったが、今年は購入。…受けるんかなぁ…。↑まだ言うか。出願締め切りまで時間はあるので、パラパラめくりながら、引き続きうだうだするのであろうなぁ…。真新しいこの子↓で心機一転!なるか?!宜しければ、ぽちっとお願いします♪にほんブログ村ファッション(着物・和装) ブログランキングへ5・4級〜1級対応 きもの文化検定問題集 [続きを読む]
  • 名古屋帯(通算2本目)の宿題やり直し完了♪
  • 去る2018年7月22日、ここで和裁教室の宿題のやり直しを決意して日記を締めた。一方、某ブログへのお引越しを企てた。宿題をやり直すべく、元通りに裏返してテ先の帯芯を分離し、シワシワになったのでスチームアイロンをかけ直し、テ先から帯芯を付け直す所存である旨を書いた。その後、浴衣を着る機会があったので、その話に絡めて1回投稿。…しかしその後、慣れないのである。書きたいことを思いついても重い腰が上がらない…。と [続きを読む]
  • 帯芯の切れ端
  • 本当は、半襦袢を習った後は単衣の着物を習う予定だったのだが、番狂わせ発生。「着物に取り掛かると完成するのがいつになるかわからない。それより先に短期でこちらを!」という家の中の要望により、名古屋帯を習うことに。実は、名古屋帯を習うのは1年ぶり二度目である(甲子園?)。前回は母方の祖父の羽織を名古屋帯に、というもの。今回は、母が知人から譲り受けた帯地を帯に、というもの。本来は袋帯用の生地なのだが、使い勝 [続きを読む]
  • 草履のすげ替え前提
  • 着物の集団が草履を並べている玄関を見ると、恐らく何人かが履いているであろうカレンブロッソ。つい先日知ったのだが、すげ替えできるタイプは後からできたのだそうな。※お値段もその分アップするらしい。着物を着る頻度が低い場合は気にならないだろうが、履いているうちに徐々に甘くなってくるし、鼻緒が痛んだらすげ替えたくもなる。それに対応できない前提だったらしいのだ。そうだったのか…。私は1足も持っていないのだが [続きを読む]
  • ゆるゆるリハビリ勉強
  • 今年もそろそろきもの文化検定の受験を悩む時期になってきた。※受験するかしないかを悩み、 2年連続(?)結局受けていないという状態である。で、取り敢えずゆるゆるリハビリ…。と思っていたのだが、気づけば大ブレーキ。更にゆるゆるペースにしようと、1日に問題集の見開き2ページ分だけを解き、答え合わせをする、ということで約1週間。このくらいのペースで当面いいのかも…。まだ4級・5級の問題付近なので、比較的サクサク。 [続きを読む]
  • 浴衣のハードル
  • 半襦袢が完成♪和裁教室の高性能ミシンのおかげで、私にしてはサクサクであった。(あくまで当社比の"サクサク")この度、半襦袢が欲しいと思ったのは、浴衣を着る機会がほぼない問題をどうにかしたいという思いからである。一般的には、浴衣は日頃着物を着ない人でも比較的着る機会がある部類の着物かと思う。当時は全く着物に興味のなかった私自身、若かりし頃は浴衣で花火大会を見に行ったりしたものである。が、今は浴衣の人を見 [続きを読む]
  • 単衣の季節が終わるけど
  • 和装は基本的には暦重視だと思っている。ということで、7月から薄物でござる。そんな最中、和裁教室で私が次に習うのは単衣の着物になりそうである。もうすぐ半襦袢が完成するのだが、その次はどうしましょ〜?という状態であり、母に何か材料がないか尋ねたところ、作りかけの着物の話になった。その昔、母が袖だけを仕立て、その後放置されたままの反物があるのだ。続きは…私サイズで縫わせていただこう。ということで、完成す [続きを読む]
  • WEB申込始まる
  • 第13回きもの文化検定の秋日程の申し込みが始まったらしい。↓きもの文化検定 公式サイトhttp://www.kimono-kentei.com/本日時点で試験会場が調整中のところもあるらしい。受けるのであれば9月11日(火)までに申し込まねば。受けるのであれば勉強せねば。…楽しみながら勉強せねば。宜しければ、ぽちっとお願いします♪にほんブログ村ファッション(着物・和装) ブログランキングへきもの文化検定公式教本1 『きものの基本』 六 [続きを読む]
  • 夏の準備
  • 6月になると絽の長襦袢になる。…ということで、絽の長襦袢に半衿をちくちく縫い付けた。しかし、着物はまだ単衣。着物の世界にもクールビズ来ませんかねぇ…。それはさておき、先ほど見ていたテレビ(BSジャパン ワタシが日本に住む理由)で、着物が大好きなドイツ人の話をやっていた。http://www.bs-j.co.jp/nipponsumu/100.htmlこんな風に積極的に着物を楽しめたら素敵だと思う(*^^*)宜しければ、ぽちっとお願いします♪にほん [続きを読む]
  • 張り板
  • 着付教室の授業で感動したテーマと言えば、洗い張りの話である。着物は分解して元の反物状態に縫い合わせ、洗って干して、改めて仕立て直せすことができる。どうにもシミが取れないところがあっても、場所や柄行によっては仕立て直しの際に場所を変えれば良いのだ。着た時に見えない場所に移動させられれば良いのである。直線で縫うからこそ、である。実際、祖母が昔着ていた着物などは洗い張りに出し、場合によっては色をかけても [続きを読む]
  • 第13回きもの文化検定試験日(リハビリその1(?))
  • きもの文化検定は試験が年に2回になったらしいが、春は4・5級のみ。一応3級までは受かっている私が次に受けるなら、受験するのは秋の試験である。試験日は11月4日(日)。きもの文化検定ホームページ↓http://www.kimono-kentei.com/3級に受かったのは遠い昔。今年受けるなら、まずはリハビリが必要となるわけで。ということで、2014年版の過去問の最初、「5・4級練習問題100問」を無勉強で解いてみた。※そもそもインプット嫌いなの [続きを読む]
  • 未だ完成せず
  • ここのところ、和裁教室ではずっと雨コートを作成中。なかなか進まぬ…orz今回の作品はミシン縫いメインなので、さくさく〜♪と思いきや、後半はわりと手縫いでくけまくりなのであった。袖とか衿とか紐とか。そしてやっとこさ、ゴールが見えてきた(ような気がする)!ので、昨夜はひたすら宿題をしていたら、気付いたら夜中の3時半くらいまで縫いものしてたよ…orzまぁ、宿題終わったんでいいけどね。すっきりGWに突入できるわ♪最 [続きを読む]
  • 目の細かい反物対策
  • 地味にスローペースで和裁教室に通っており、現在、祖母が大昔に買い込んでいた謎の生地で雨コートを作成中である。この生地、目が細かい。ミシン縫いがベースだが、くける部分も結構あり、なかなかツライ。で。先生から小ワザ(?)をお教えいただいた。針を石鹸に刺してから縫うと、進みやすいとのこと。教室にはそれ用の石鹸があり、使わせていただいた。旅館などにあるアメニティの石鹸が丁度良いらしい。袋から出さず、袋の上か [続きを読む]
  • 酒袋の草履♪
  • ずーっと気になっていたが、なんとなくまだいいか…と購入を見送っていた酒袋の草履。買うならこのお店で、と思っていたお店があったのだが、先日そのお店に行った母から「最近、酒袋の草履が値上がりしているらしいよ」との情報を得たのが今回購入のきっかけである。酒袋は貴重なのだそうである。草履屋さん曰く、もともとは廃棄同然のものだったらしいが、今は減る一方であるという。実際、某日本酒メーカー勤務の知人曰く、「今 [続きを読む]
  • 着物の収納問題 その後
  • 以前、ここで着物の収納問題について触れた。↓その時の話。http://fanblogs.jp/wanokoto/archive/225/0いつの間にか1年以上経過したが、結局、状況は変わらず。着物の収納問題は解決しないまま、地味に枚数が増えていた…。ぶっちゃけ、あふれておる。そこで。普通の洋服用の整理ダンスを整理し、活用することを検討。着物をしまうには横幅が短いが、帯をしまうにはちょうど良い。また、帯用とほぼ同じサイズのたとう紙に母の着物 [続きを読む]
  • 単衣の袖と同じらしい
  • 年末にやらかした反物は、その後、無事に形になりつつある。※裁ち間違いをやらかした話↓http://fanblogs.jp/wanokoto/archive/259/0雨コートになる予定なのだが、実は素材はよくわからない。でも、手触りとかは雨コートっぽい感じ。完成したら撥水スプレーかけたら良いんじゃないかと思っている。こういうの↓シルクガード(正絹着物用防汚防水スプレー)着物防水スプレー、きもの防汚スプレー、正絹着物用ガードスプレー 着物 [続きを読む]
  • かんざし
  • 髪が伸びてきた。着物を着ることを常に頭に入れておかねばならんので、美容院に行く際は衿にかからないくらい短く切るか、せめて後ろで結べるくらいは残しておく必要がある。たまにムショーに切りたくなるので、短期的にビミョーな長さで過ごすことになるのだが、そろそろいい感じ(?)に伸びてきた。テキトーにまとめているが、もうちょっと扱いを考えねばなるまい…。ということで、母方の祖母のかんざし達↓母曰く、多分安物だと [続きを読む]