あい さん プロフィール

  •  
あいさん: そうだ、着物着よう
ハンドル名あい さん
ブログタイトルそうだ、着物着よう
ブログURLhttp://fanblogs.jp/wanokoto/
サイト紹介文お稽古の1つとして着付教室に通い始め、思いのほか長続き。このままどこへ向かうのでしょう…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/03/01 03:56

あい さんのブログ記事

  • WEB申込始まる
  • 第13回きもの文化検定の秋日程の申し込みが始まったらしい。↓きもの文化検定 公式サイトhttp://www.kimono-kentei.com/本日時点で試験会場が調整中のところもあるらしい。受けるのであれば9月11日(火)までに申し込まねば。受けるのであれば勉強せねば。…楽しみながら勉強せねば。宜しければ、ぽちっとお願いします♪にほんブログ村ファッション(着物・和装) ブログランキングへきもの文化検定公式教本1 『きものの基本』 六 [続きを読む]
  • 夏の準備
  • 6月になると絽の長襦袢になる。…ということで、絽の長襦袢に半衿をちくちく縫い付けた。しかし、着物はまだ単衣。着物の世界にもクールビズ来ませんかねぇ…。それはさておき、先ほど見ていたテレビ(BSジャパン ワタシが日本に住む理由)で、着物が大好きなドイツ人の話をやっていた。http://www.bs-j.co.jp/nipponsumu/100.htmlこんな風に積極的に着物を楽しめたら素敵だと思う(*^^*)宜しければ、ぽちっとお願いします♪にほん [続きを読む]
  • 張り板
  • 着付教室の授業で感動したテーマと言えば、洗い張りの話である。着物は分解して元の反物状態に縫い合わせ、洗って干して、改めて仕立て直せすことができる。どうにもシミが取れないところがあっても、場所や柄行によっては仕立て直しの際に場所を変えれば良いのだ。着た時に見えない場所に移動させられれば良いのである。直線で縫うからこそ、である。実際、祖母が昔着ていた着物などは洗い張りに出し、場合によっては色をかけても [続きを読む]
  • 第13回きもの文化検定試験日(リハビリその1(?))
  • きもの文化検定は試験が年に2回になったらしいが、春は4・5級のみ。一応3級までは受かっている私が次に受けるなら、受験するのは秋の試験である。試験日は11月4日(日)。きもの文化検定ホームページ↓http://www.kimono-kentei.com/3級に受かったのは遠い昔。今年受けるなら、まずはリハビリが必要となるわけで。ということで、2014年版の過去問の最初、「5・4級練習問題100問」を無勉強で解いてみた。※そもそもインプット嫌いなの [続きを読む]
  • 未だ完成せず
  • ここのところ、和裁教室ではずっと雨コートを作成中。なかなか進まぬ…orz今回の作品はミシン縫いメインなので、さくさく〜♪と思いきや、後半はわりと手縫いでくけまくりなのであった。袖とか衿とか紐とか。そしてやっとこさ、ゴールが見えてきた(ような気がする)!ので、昨夜はひたすら宿題をしていたら、気付いたら夜中の3時半くらいまで縫いものしてたよ…orzまぁ、宿題終わったんでいいけどね。すっきりGWに突入できるわ♪最 [続きを読む]
  • 目の細かい反物対策
  • 地味にスローペースで和裁教室に通っており、現在、祖母が大昔に買い込んでいた謎の生地で雨コートを作成中である。この生地、目が細かい。ミシン縫いがベースだが、くける部分も結構あり、なかなかツライ。で。先生から小ワザ(?)をお教えいただいた。針を石鹸に刺してから縫うと、進みやすいとのこと。教室にはそれ用の石鹸があり、使わせていただいた。旅館などにあるアメニティの石鹸が丁度良いらしい。袋から出さず、袋の上か [続きを読む]
  • 酒袋の草履♪
  • ずーっと気になっていたが、なんとなくまだいいか…と購入を見送っていた酒袋の草履。買うならこのお店で、と思っていたお店があったのだが、先日そのお店に行った母から「最近、酒袋の草履が値上がりしているらしいよ」との情報を得たのが今回購入のきっかけである。酒袋は貴重なのだそうである。草履屋さん曰く、もともとは廃棄同然のものだったらしいが、今は減る一方であるという。実際、某日本酒メーカー勤務の知人曰く、「今 [続きを読む]
  • 着物の収納問題 その後
  • 以前、ここで着物の収納問題について触れた。↓その時の話。http://fanblogs.jp/wanokoto/archive/225/0いつの間にか1年以上経過したが、結局、状況は変わらず。着物の収納問題は解決しないまま、地味に枚数が増えていた…。ぶっちゃけ、あふれておる。そこで。普通の洋服用の整理ダンスを整理し、活用することを検討。着物をしまうには横幅が短いが、帯をしまうにはちょうど良い。また、帯用とほぼ同じサイズのたとう紙に母の着物 [続きを読む]
  • 単衣の袖と同じらしい
  • 年末にやらかした反物は、その後、無事に形になりつつある。※裁ち間違いをやらかした話↓http://fanblogs.jp/wanokoto/archive/259/0雨コートになる予定なのだが、実は素材はよくわからない。でも、手触りとかは雨コートっぽい感じ。完成したら撥水スプレーかけたら良いんじゃないかと思っている。こういうの↓シルクガード(正絹着物用防汚防水スプレー)着物防水スプレー、きもの防汚スプレー、正絹着物用ガードスプレー 着物 [続きを読む]
  • かんざし
  • 髪が伸びてきた。着物を着ることを常に頭に入れておかねばならんので、美容院に行く際は衿にかからないくらい短く切るか、せめて後ろで結べるくらいは残しておく必要がある。たまにムショーに切りたくなるので、短期的にビミョーな長さで過ごすことになるのだが、そろそろいい感じ(?)に伸びてきた。テキトーにまとめているが、もうちょっと扱いを考えねばなるまい…。ということで、母方の祖母のかんざし達↓母曰く、多分安物だと [続きを読む]
  • 納戸から名古屋帯
  • お正月に田舎に帰省した際、納戸から着物と帯を発掘。祖母から「派手な着物はあげるから着て」と言われ、ありがたく着させてもらうことにしたのだ。納戸には抽斗付きの裁ち台もあり、抽斗を開けてみると、鯨尺(←曾祖母の名前入り)やコテ(←電気ゴテではなく、火鉢用のコテ)が入っていた。因みに、そばには未使用と思われるの電気ゴテもあったのだが、「東京芝浦電気」の文字が。(←時代的にこれは祖母か伯母のか?)電気コー [続きを読む]
  • 伊達締めにハリを
  • 最近(?)、己の肌のハリのなさが顕著である。それはさておき、伊達締めのへたり具合が半端ない。アイロンをかけたことはあったが、弱弱しいままであった。そこで、母にこれはそろそろ寿命なのか?と問うたところ、「何言ってんの?」という表情をされた。そして、「ノリかければ?」と。「キーピングで?」と私。うなずく母。母曰く、伊達締めじゃない普通の博多帯もノリをかけて復活させたことがあると。【本日の材料】・へたった [続きを読む]
  • 三分紐デビュー
  • 先日、初めて(←多分)三分紐を締めた。というのも、どうにもお正月仕様の母の帯留めを使いたい場面があったのだ。となると、帯締めは三分紐だよね…と。※三分紐も母の借りものである。今まで、基本的に帯留めは使っていなかったのだが、帯留めもなかなか良いものであるね♪と新発見。で。後日、母と某呉服店に帯の丸洗いやら着物の洗い張りやらをお願いしに行った際、帰り際にお店の方にオススメされたのがこの三分紐↓日本製で正 [続きを読む]
  • 成人式
  • 成人式のお着付に参加させていただいた。仮眠して夜中に移動…というスケジュール。某美容院の一室にゴザが敷かれ、ヘアメイクが終了したお嬢様達がこちらへ移動。随時着付開始という流れである。基本的には先に荷物が手元に届くため、準備をしてお待ちするのだが、ピーク時はそれどころでなくなっており、お嬢様と荷物が同時ということもしばしば。足袋を履いていただきながらこっちはわっさわっさ準備を進めていき…という感じ。 [続きを読む]
  • リメイク名古屋帯完成♪
  • もはや去年の話となるが、元は祖父の羽織だったリメイク名古屋帯が無事に完成。問題は縫いどまり部分における久々の「虫留め」であった。すっかり「虫留め」マスターになったつもりだったのが、久しぶり過ぎてすっかり忘れていた。当時のメモを見ても解読できず…orz結局、先生にヘルプを求めることに。残念過ぎる己の記憶力よ。しかも、更に残念なことがこの後起こる。名古屋帯完成後、次の作品に取り掛かることになったのだが、 [続きを読む]
  • 続・名古屋帯の作成
  • 和裁教室の宿題。途中まで進んだ状態で数か月停滞していたが、ようやく再始動。今回の宿題は「タレ側を帯芯に縫い付ける。」で、裏返してみた。なかなか帯っぽくなってきた。ゴールが見えてきたが、この続きは次のお授業にて。最近、名古屋帯が減っているというのはちょいちょい耳にする話である。某着付教室さんでは普通の外出でも袋帯推奨だとか。単価が違うし、商業的には業界的にもそっちになるのかねぇ…。生徒さん向けに展示 [続きを読む]
  • 残り20cmのくけ(半幅帯やっと完成)
  • いやー、長かった。久しぶりに日程調整ができたので和裁教室へ。完成間近で大ブレーキになっていた半幅帯があり、いよいよ仕上げ。何か月越しであろうか。残りの作業は…①裏返すために閉じずにいた20cmくらいの隙間をくける。②アイロンだけであった。やっと完成。気がつけば季節も変わっていたわけで…。で。もう1つの仕掛品(?)である名古屋帯。こちらはまだ完成には至らず。何故か帯芯の長さが余るという不思議な事態に陥り、 [続きを読む]
  • 着物で割引♪
  • 先日の話。美術館と博物館をはしごしたのだが、人が多くて足袋は汚れまくった…。あれだけ混雑していたら、そりゃあそうよねってな話である。その帰りに視界に入ったお店で鳥獣戯画柄のハンドタオルを発見♪これは買わねばなりません(*^^*)レジに向かうと、お店の方が「お着物の方は5%引かせていただきます」と。わーお♪知らなかったから余計嬉しい(笑)ところで、書店で振袖の本が平積みになっていたのでぱらっとめくってみたの [続きを読む]
  • 肩から4尺2寸5分
  • すっかり袷のシーズンである。今月上旬、着物を着る予定があり、前日の夜、慌てて袷の長襦袢に半衿を縫い付けたのは内緒である。さて、先日、母宛に某着物屋さんよりバーゲンの案内が来た。というか、ちょいちょい母宛にいくつかの着物屋さんからDMが届く。ということで、母とお出かけの帰りにその某着物屋さんのバーゲン会場に行った。必要なものがあったわけではなく、欲しい色の帯締めを探しつつ、「何かあれば買っても良い」く [続きを読む]
  • 「陸王」視聴なう。
  • 子供の頃はお琴の発表会の時は着物を着ていたので七五三以外でも足袋はそこそこ身近であった。高校時代、大学時代は弓道部だったので、更に足袋は身近であった。というか、当時はほぼ毎日足袋を履いていた。大人になって、着付教室に通うようになって、現在に至って、月に何度か足袋を履く。日曜劇場「陸王」視聴なう。ドラマの中の話だけど、足袋業界が縮小なのは本当だろうし、きっと似たような会社もあるのだろうな…とは思う。 [続きを読む]
  • 足袋を洗う
  • この土日は2日連続着物で外出であった。そして、今日は完全オフ。そもそも外出予定を入れていない。お天気は良い。ということで、足袋を洗う。ウタマロ石鹸的なスティック状の固形石鹸と、足袋専用ブラシで足袋の裏を洗う。※"足袋専用"と書いているが、機能的に足袋専用ということではなく、 普通の100均で売っているようなブラシに「足袋」とマーカーで記載(by 母)されており、 我が家に於いて足袋専用に使っているといういう [続きを読む]
  • 半幅帯
  • 用事があり、母と着物で外出。そのついでに着物関係のお店にも足を運ぶ。主たる目的は八掛の購入。1つは母が母用に仕立てる予定の着物にあう八掛。あと2つは母が20代の頃に仕立ててもらった着物で、現在私が着ている袷が複数あるのだが、さすがに八掛の鮮やかすぎる色に限界を感じ、そろそろ落ち着いた色に代えないと着るのが厳しくなった着物に対する交代要員の八掛。結局、欲しい色が見つからず、2枚までしか買えなかったが、ま [続きを読む]
  • 衣替え
  • 衣替えとは、そもそも平安時代の宮中行事が始まりだそうな。昨日、着物で出かける用事あり。私は単衣で出陣。着付教室のテキストでは、10月上旬は単衣OKとなっていたので、まだ暑いし宜しかろう…と思っていたのだが、その場に行くと、きっちり袷で登場する人もいらした。まじっすか…偉いわ…。尚、着付教室のテキストも、昔の版ではもっと袷の時期が長かったそうである。やはり温暖化か…。因みに、その前日に着物で出かける用事 [続きを読む]
  • じわじわ衣替え
  • 週末は絽の長襦袢の着納めであった。まだ暑い日もあるのであろうが、着付教室のテキストにできるだけ従おうと思う。ということで、絽の着物(ポリエステル)も2着ほど、長襦袢と一緒に洗濯機へ。あぁ、ポリエステルってなんて洗うの簡単で便利なのでしょう。暑いけど。いや、ポリエステルでも奮発すれば涼しいのもあるんだけどね。噂には聞くんだけどね。さて、着付教室のテキストでも、版を重ねるごとに地球温暖化に対応してきて [続きを読む]
  • 今年も受けない選択
  • 本日…厳密には昨日、か。今年のきもの文化検定の申込締め切り日であった。きもの文化検定公式HP↓http://www.kimono-kentei.com/index.htmlギリギリまで迷った部分もあるが、結果として、今年も受けないことにした。今なら3級を受けても危うい気がするし…付け焼刃感半端ないし…。一昨年受けて以降、まともに着物の試験勉強してないし…。もっと趣味として楽しみながら勉強しよう!と思った去年の気持ちを思い出すとねぇ…。って [続きを読む]