Unibell(うにべる) さん プロフィール

  •  
Unibell(うにべる)さん: Unibellの生涯学習記
ハンドル名Unibell(うにべる) さん
ブログタイトルUnibellの生涯学習記
ブログURLhttp://unibell.blog.fc2.com/
サイト紹介文元法政通教ブログです。現在は、自身の生涯学習について綴っています。
自由文弊ブログは生涯学習のモチベーション維持を主目的としていますが、同じような境遇の方々が学習を進めていく上で、何らかの参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/03/01 15:23

Unibell(うにべる) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 更新終了のお知らせと謝辞
  • 先年9月に法政通教を卒業したあとも、細々と関連記事や秋田大学通教講座の学習記録などを投稿して参りましたが、2016年4月から福祉系の通信制大学院の院生となったことを機に、幣ブログの更新を終了することに決めました。ただ以前にも言及しましたが、ブログ自体を閉鎖することはせず、後進の方々を応援する意味合いから主だった記事は残しておくことにします(それに伴い、ブログ名を元の「UniBellの法政大学通教学習記」に戻し [続きを読む]
  • 法政通教時代の履修方法とGPAについて振り返る
  • 先日、9月卒業生向けに書かれた学位授与式及び卒業祝賀会への参加案内が届きました。平日の木曜日に行われるため、出席するとすれば休みを取る必要があり、加えて交通費と祝賀会の会費(5千円)を合せて3万円程度の出費となってしまいます。一応は出席欄に丸を付けて返送しましたが、大学院の学費振込やら私生活上の支出増やらで懐が厳しい状況ですので、出席するかどうか微妙なところです。もし卒論担当教員の参加がなければ [続きを読む]
  • 院試に合格
  • 無事に希望する大学院の入試に合格しました。午前中の論述試験(試験時間は2時間)はそれなりの手応えがあったのですが、午後からの面接試験は研究計画書に対する厳しい指摘を受けたので正直なところ難しいだろうと思っていました。しかし、相対評価ということもあってか予想外の合格通知を目にすることができました。これから諸々の準備に取りかかりたいと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『計量経済学の第一歩』を学ぶ 其之弐
  • 第?部の単回帰分析(6章)と重回帰分析の基本(7章)の部分を読了しました。先の投稿後、第?部で理解できなかった項目に関しては一応の理解に至りましたが、今回の第?部については簡素に記述されている箇所が少なからず存在していたこともあり、正直なところ理解半ばと言ったところです。しかし、これ以上脇道を歩いていく時間がないため、急ぎ本道に戻ることにします。院試終了後に本日購入した『Rによる計量経済学』と『 [続きを読む]
  • 『計量経済学の第一歩』を学ぶ 其之壱
  • 大学院の受験票が届き、いよいよ入試が近づいて来ました。本来であれば受験科目を勉強すべきなのでしょうが、提出した研究計画書との関係でどうしても統計学と計量経済学の基礎だけはおさえておきたいと思い、本書を読み進めているところです。三部構成となっており、そのうち統計学の基礎を解説している第1部を読了しました(計量経済学は第2部以降)。ただ仮説検定の記述で理解が不十分な箇所がありますので、統計学の詳しい [続きを読む]
  • マクロ経済学の独習完了
  • New Liberal Arts Selectionの『マクロ経済学』(有斐閣)を用いた独習を終えました。伝統的なマクロ経済学の基幹部分をが詳述されている第?・?部(第1章〜10章)を精読して代表的な経済理論モデルを学んだほか、経済政策について論じた第?部(第11章〜12章)、第?部「マクロ経済学のミクロ的基礎づけ」のうち概論に相当する第13章、そしてミクロ的に修正を加えて労働市場と経済成長を論じた第16章と18章を概観しました。これ [続きを読む]
  • ミクロ経済学とマクロ経済学の独習
  • 2016年初めての更新になります。年が明けてからも大学院の受験に備えて余暇時間の大半を準備に費やしていました。修士論文との関連性から、主に学習していたのはミクロ経済学とマクロ経済学です。私の志望する専攻は経済学そのものではありませんが、その基礎を押さえておくことは修士論文のテーマを追求する上でどうしても必要になると判断したからです。専攻外の科目ですから、経済学の諸科目を独習することは受験から脇道に逸 [続きを読む]
  • 履修科目の単位修得
  • 数学と物理の単位を修得することができました。2科目の履修を終えるのに3ヶ月近くかかったことになりますが、理数科目の良いリハビリになったと思います。数学の報告課題や在宅試験は簡単だったのですが、物理学では再提出を求められるなどストレートには進みませんでした。しかし、懇切丁寧な添削のおかげで誤って理解していた部分を矯正することができ、科目の性格にもよるのでしょうが、これまで経験したなかで最も通信学習( [続きを読む]
  • 続・科目履修生としての進捗状況
  • 少しでも早く院試の受験勉強に専念するべく、懸命に読み進めていた『地球惑星科学入門』(北海道大学出版会)。秋大通信講座では地球惑星科学という広大な学問領域のなかの固体地球科学を対象としているため、地球科学の総論的・基礎理論的部分(地質学・地球化学・地球物理学・地震学・火山学など)に相当する第?部について時間をかけてじっくり取り組みました。それから第?部(岩石学・鉱山学・鉱床学・エネルギー地質学など [続きを読む]
  • 修士の学位取得を目指して
  • ここ数ヶ月間は秋大通信講座と社労士の独習を並行して来ましたが、前者の方が遥かにやりがいあり、暗記中心の社労士試験の勉強から次第に遠ざかりつつありました。そんな時にある大学院のHPに偶然出会い、現在の職務に関連する学問について研究を深め、修士号を得る選択肢も魅力的だと思うようになりました。そして冷静に将来のシミュレーションをした結果、自分の立場では社労士より修士のほうが費用対効果に優れることを確信し [続きを読む]
  • 過去の記事 …