ざっきぃ さん プロフィール

  •  
ざっきぃさん: ガンと闘うと決めた日記
ハンドル名ざっきぃ さん
ブログタイトルガンと闘うと決めた日記
ブログURLhttp://www.nadiacollot.com/
サイト紹介文舌下線原発の唾液腺導管癌のステージ4&頸部リンパ節転移。さらに1年たって肺への遠隔転移。
自由文顎下腺、および舌下線癌のステージ4&頸部リンパ節転移癌、これからどうなるのか、日記に残しながら闘っていきます。同様の症例に悩む人の少しでも参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/03/01 18:30

ざっきぃ さんのブログ記事

  • 頸椎症性脊髄症かも
  • 最近ブログの更新が滞ってます。これは体調がわるいのではなく右手が動かないのです。始め、抗がん剤による末しょう神経障害だと思っていたのですが痺れというよりもどちらかというと麻痺に近く、右手で文字を書けなくなり当然キーボードもまともに打てなくなっています。 明日、関西医科大の方でMRI撮影を行い、状況によっては手術を行うことになると思います。。。まったく、がんだけでも気が重いってのに、なんでこういらん病気 [続きを読む]
  • 抗がん剤パクリタキセルとアービタックスの副作用
  • ▲パクリタキセルの原料のセイヨウイチイとってもつらい話ですが1年前後で薬剤耐性がついて効かなくなるといわれてる分子標的薬のアービタックス。なんとかいまのところパクリタキセルとの相乗効果で肺に転移したがんも休息してくれているみたいです。それでも階段上ったり、速いペースで歩いたリすると息切れするほど疲れます。。 で、恒例の副作用発表ですが、今現在一番顕著にでてるのはやはり脱毛でしょうね。シスプラチンか [続きを読む]
  • パクリタキセルとアビタックスが少し効いているみたい。
  • 先日会社に出勤したとたん、呼吸が苦しくなり、指先がしびれ、救急車でまたまた搬送されました。搬送前にしびれる指で関西医科大付属病院に電話して、受け入れ態勢を整えてもらっていましたが結局、救急車内で検討され一番近い日本生命病院に搬送されました。私としてはまた胸水は心嚢水が溜まり、失神してしまうのを恐れていたのですが、今回は過呼吸が原因とのことでした。過呼吸なんて中学生のころ同級生の女子がなって倒れたの [続きを読む]
  • 心嚢水、胸水除去、パニック障害まで・・!?
  • ここ最近で2回も救急車で搬送されました。心嚢水と胸水が溜まってとんでもない息苦しさとダルさで病院で心臓エコーとレントゲンで、即水を抜きましょうということになりました。心臓は前回同様左胸の中央下にドレーンを刺して抜き、今回初となる胸水は、病室で背中からドレーンのついた注射器で抜きました。背中から抜く胸水はともかく、心臓の水(ほとんど血液)を胸から抜くときは痛いですわ。。今度水が溜まったら、心臓をつつ [続きを読む]
  • 胸の痛みと胸膜転移
  • 咳が出るのは、肺に転移していて肺の周りのリンパ節が腫れているからというのはわかっていましたが、ここ最近咳をすると右わきの下にさすように痛みがはしります。どうにもこうにも耐えがたいので病院にいって予定より早いCTをとってもらいました。すると、肺に転移してる親玉のサイズが2月に撮ったCTの時には40mmだったのがひとまわりおおきく46mmになっていました。シスプラチンの抗がん剤療法を行った時が31mmでし [続きを読む]
  • 非常に高い効果がみこめる「光免疫療法」治験開始
  • 数年前から次世代のがん治療法として話題になっていた、近赤外光と新たに開発した薬剤を使ってがんを治療する「光免疫療法」の治験が、日本の国立がん研究センター東病院で3月からスタートすることになりました。アメリカで日本人が開発し、先行して2015年から治験が始まったこの治療法は、がんの表面にある成長因子のたんぱく質「EGFR」と新薬に含まれる抗体を結び付け、テレビのリモコンに使われている近赤外線をあてること [続きを読む]
  • 肺に水、心臓に水、そして失神
  • シスプラチンと5−FUの抗がん剤セットを4クールやったあと今年に入ってしばらくしてから胸が苦しくなり何度かCTを受けました。もともと肺に転移しているのでがん性リンパ管症ということで肺がだんだんにごてきており、胸水も多少たまっているということでしたが、状況が急変したのが今月中旬以降になってからのこと。家で胸が苦しくてせき込んでいたのですが、気が付くと目を見開いてベッドにあおむけになっていました。そのとき [続きを読む]
  • 抗がん剤治療後のCT撮影結果
  • 4クール、4か月の抗がん剤治療を終え、先日撮影したCTの結果を聞きに診察を受けに行ってきました。原発の頸部唾液腺付近の転移は無し。第4クール時に右原発巣上の耳下腺が腫れていたので気になっていましたが、確かに少し腫れているものの、転移は見られないのでおそらくは抗がん剤による副作用の炎症であろうということでした。問題は転移している肺の様子。詳しく言うと、肺と胸腺の一部に転移がみとめられているわけですが、 [続きを読む]
  • 抗がん剤点滴治療第4クール終了
  • 先週からシスプラチンと5FUの抗がん剤治療第4クール目がスタートしてました。状況をレポートしたかったのですが、今回は吐き気が強くずっとふせっていたのでなかなかレポートできませんでした。左腕の血管もなかなか頑張ってくれましたが、前回同様血管痛が出て赤く腫れ、あと少しで点滴が終わるという時点で右手に点滴ルートをとりなおし、結局今回の入院では採血を含め10回腕に針を刺されました。なかなか辛かった。。。針が [続きを読む]
  • フルオロウラシル(5−FU)の副作用
  • 退院してからの副作用として、、まず口内炎、それから軽い耳鳴り、たまにふらつきが出てまして、まぁ、こんなものかなって感じでしたが、最近ふともう一つの副作用に気づきました。それは色素沈着。TS-1を飲んでいた時から手のひらや指に直径3mmほどのそばかすのようなシミが出てましたけど、今回気付いたのは顔。釣り好きな私はもともと色が浅黒く、夏になると全身焦げ茶色な人なのですが、だいたい今の季節、冬場になると色が [続きを読む]
  • 抗がん剤点滴治療第3クールが終わって。。
  • 抗がん剤点滴治療第3クールが終わって退院。。今回は序盤に血液検査で骨髄抑制による白血球の減少が見られたことによる経過観察が入ってしまったので丸々2週間の入院生活でした。回を重ねるごとに入院期間がジワジワと伸びていくのはなんともいやなものですね。そんな中でも今回の朗報はなんといっても口内炎がごく軽微ですんでいること。1回目、2回目ととにかく退院後に悩まされたのがこの口内炎。退院して数日は冷たいうどんと [続きを読む]
  • 無神経・・・
  • 点滴の針を刺すのに失敗したのが4回、成功が1回、採血が1回なんとこの入院で6回もブスブスと腕に針をさされてしまいました。。けどまぁ、耐えた甲斐あって昨日の夜に点滴終了。身軽になってシャワーも浴びて気持ちもスッキリです。これでぐっすりと眠ることができれば言うことなしなのですが、今回の大部屋はなかなかのイビキでほとんど眠れません。しかたないのでデイルームって呼ばれる休憩場に夜中ごそごそと向かって、そこ [続きを読む]
  • 抗がん剤点滴治療第3クール開始
  • 今週火曜日から抗がん剤点滴治療第2クール開始。のはずだったんだけど血液検査の結果骨髄よくせいがきてて、白血球の数値やらがドンと下がってしまったので延期延期で木曜日から点滴スタート。まぁ、それはいいんだけど、これ見てくださいな。点滴用のルートとるのに3回失敗、4回目でやっと成功だけど、入れた場所は右手外側の手首の骨の上で、結構むりな角度。。しかもこれ全部新人の看護師さんなんかじゃなく、担当の先生の仕事 [続きを読む]
  • え、肺転移って右だけじゃなかったの?
  • 先日、入院の時の担当医さんの検診があったときに、CTを撮影し、昨日の手術をしてくれた担当医さんの検診の時に所見を説明してもらいました。「うん、大きくなってないし影が薄くなっているのもあるし、抗がん剤がいい形で効いてますね」といううれしい言葉。はいいんだけど、今まで写真で説明されていた右肺にある3cm大の腫瘍ではなくなにやら左にある影で説明を始められた。え、いままで、その部分については何の説明もなかっ [続きを読む]
  • ちゃやまちキャンサーフォーラムに参加してきました。
  • 思えば、がんになってから、同様に苦しんでいる人たちのフォーラムとかグループとかに一回も参加したことがありませんでした。興味がなかったというよりも、自分のことで精いっぱいで、ほかの人の話を聞こうとか、そういう集まりに参加しようとかいう「余裕」がまったくなかったんですよね。入院中に、ボーッとネットサーフィンしていて、ちょうど退院の時期に、大阪の梅田にあるMBSの一階で「ちゃやまちキャンサーフォーラム」 [続きを読む]
  • 抗がん剤点滴治療第2クール終了
  • 先週の火曜日から入院し、今週の月曜日に血液検査、その結果が良ければ水曜日に退院・・・のはずでしたが「単球」の値が低かったため、木曜日に再検査、そして金曜日に無事退院となりました。この「単球」、血液検査で時々見かけるんですが、これ一体何かというと、白血球の一種で免疫が開始される際に重要な役割を持っているそうで、これが低すぎると一気に体の免疫力が下がったりして退院後に感染症にかかる可能性とかがあるそう [続きを読む]
  • 抗がん剤点滴治療第2クール5日目気付いた副作用と看護師さん
  • 入院したら、ベットの上でいくらでも時間があるからブログ更新よりも長文なメルマガをバンバン出そうと思ってましたが、副作用のしゃっくりで夜中1時間ごとに目が覚めることもあって、なかなか文章を打とうという気になれなかったりします。そんな中、ふと気づいた体の変化があったのでご報告。変化というより、これも抗がん剤の副作用ですね。まずは・爪が全く伸びません根元の白い半月も消えていますね。細胞分裂の激しい場所に [続きを読む]
  • 抗がん剤点滴治療第2クール4日目
  • 抗がん剤点滴治療第2クール4日目、点滴を始めてからは3日目。1日目に「シスプラチン」を投入し、翌日の夕方から前回と同じ副作用がやってきました。それは「吐き気を抑えることによる胸焼け」と「しゃっくり」胸焼けは、うーん、食欲無いなぁ程度でどうってことないんですが、やはり今回も悩まされるのがしゃっくりです。出始めると昼夜を問わずなかなか止まりません、4人病室なんで夜中に出だすと、ほかの人の迷惑にならないよ [続きを読む]
  • 抗がん剤点滴治療第2クール開始
  • 健診の血液検査結果も良好で、昨日から入院、晩の9時に点滴の常注ロックを行い、本日8時からいよいよ点滴が開始されました。まずは腎臓保護のためマグネシウム入り生理食塩水。前回体の血管を熱めのお湯が駆け巡るような感覚だったので、心構えをして挑んだのですが、なんか今回は全然そんなことなく普通の点滴でした。そのあと、吐き気止めと利尿剤を入れ、14時現在、シスプラチンがやっと終わりそうな感じです。ただいま利尿 [続きを読む]
  • 抗がん剤治療患者がかぶる帽子の必要性
  • 本日、定期健診と血液検査にいってきました。驚いたのが肝臓の数値。半年以上3桁だったALTの数値がなんと正常値に戻ってました。先生が言うには「食生活が良かったんでしょうかね・・」とのこと。ホンマかな・・まぁ、あんだけ味気がなくてまずい食事を10日も食べてたら確かに通常に戻るかもしれませんね。でも普段和食中心だしそんなに体に悪そうなモノ食べてないんですけどね・・・その他n数値もほぼ正常値。ただ白血球の数 [続きを読む]
  • 副作用追加。
  • 休薬期間も2週間目となり、あれだけひどかった口内炎の痛みもマシになりはぁ、やっと落ち着いてきたなぁと思っていたら、もう一発副作用がスタートしました。それは・・「脱毛」あー、、、やっぱりきてしまったかという感じですね。おそらくフルオウラシルではなくてシスプラチンの方の副作用でしょうね。とすると、点滴したのが12日、脱毛が始まったのが27日、なんと15日もたってからということになります。シスプラチンで [続きを読む]
  • 抗がん剤投与後の副作用
  • シスプラチンとフルオロウラシルの投与第一クールが終了し、病院を退院してからやっと1週間が経過しようとしています。現在はっきりわかる副作用としては、唇と口の中、主に右側に発生している口内炎ですが、今朝になって急に痛みが少なくなってきました。唇とか見ると潰瘍の度合いはさほど改善はしていませんが、明らかに痛みは少なくなっています。考えられるのは、3日前くらいからなめはじめた蜂蜜。ちょうど会社用にサンプルで [続きを読む]
  • 抗がん剤点滴治療第1クール終了
  • 10日ほど入院して、シスプラチン&フルオロウラシルの点滴治療第1クールが終了しました。ずーっと左腕の静脈にロックされていた点滴のルートも抜針されました。ほとんど自分の分身のような感じで持ち歩いていた点滴棒も回収され、超身軽。。なのはいいのですが、まめにブログを更新するのさえ億劫になってしまう副作用が出てしまっています。それは「口内炎」これはフルオロウラシルを投与された40%ほどの人に出る副作用。「 [続きを読む]
  • 抗がん剤治療入院2日目
  • さて、今日から点滴治療開始です。午前8時半に主治医の先生が来られ、利き腕と反対側に点滴のラインを取ってロックします。これでいちいち針を刺すことなくジョイント外すだけでシャワーを浴びることも可能です。そしていよいよ11時過ぎから抗がん剤の点滴開始。とにかく点滴棒がにぎやかです。まずは腎臓保護のためにマグネシウムの入った生理食塩水溶液をがーっと注入。これがなかなかすごい。以前造影剤入りのCTを撮ったときに [続きを読む]
  • 抗がん剤治療入院1日目
  • 本日から入院。といっても入院1日目は簡単な検査やら同意書のサインやら事務的な手続きが多く、今日から即抗がん剤治療開始ということは無いみたいです。11時に入院手続きを済ませ、やはりまずい昼食をとり、くつろいでいるといきなり呼び出されました。「教授の総回診をおこないますので処置室までお越しください。」あー、そうだったそうだった。月曜日は教授の総回診の日でした。総回診っていうと、テレビとかでよくあるのは、 [続きを読む]