相撲古美術 さん プロフィール

  •  
相撲古美術さん: 相撲古美術
ハンドル名相撲古美術 さん
ブログタイトル相撲古美術
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sumokobi
サイト紹介文相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/03/02 15:02

相撲古美術 さんのブログ記事

  • 事件は長引きそう
  • 日馬富士殴打事件はどうも長引きそうである。日馬富士が貴ノ岩を殴ったのは事実なので、これを警察がどう扱うかである。それを待って相撲協会が決断するのであるが、はたして朝青龍の時と同様にはいかないかもしれない。あの時は一般人に対してであったが、今度は身内であるからである。 [続きを読む]
  • 巡業の稽古をしっかり
  • 今度の騒動で誰も取り上げないが、ここで記してみる。深夜の二次会で事件があった訳であるが、その日は巡業が休みではなく興行があったのである。はたして飲み会に参加した三横綱以下は、朝稽古にちゃんと参加したのであろうか。巡業の稽古に参加する力士が多くないという話も聞く。白鵬は以前、巡業の稽古を一日おきにしてほしいと言ったという。昔の一門別の巡業では、特に看板力士のいない組は、稽古でしか時間をもたせるしかな [続きを読む]
  • 日馬富士
  • テレビは一日中、横綱日馬富士の暴行事件でかまびすしい。伝えられていることが本当ならば、人生、何が不幸になるかわからない。というのは、先場所で一人横綱として、奇跡の優勝したことで強気になり、あの行為に出たのではないのか。もし、豪栄道が優勝していれば、今度のことは起きたであろうか。 [続きを読む]
  • 豪栄道に横綱の期待
  • 今度の日馬富士の事件、来場所の鶴竜の成績いかんでは、豪栄道の横綱の期待が出てきた。今場所優勝または準優勝、来場所の優勝または優勝で、横綱が減ると可能性がある。日馬富士がいなくなると可能性も上がる。もっとも先場所のような、思わぬ落とし穴もあるので、そっとしておこう。 [続きを読む]
  • 日馬富士連敗
  • 横綱日馬富士が連敗した。先場所の繰り返しか。昨日の突っ込みすぎての叩き込みが、頭のすみにあったか相手を見すぎた。大関豪栄道の充実ぶりが目につく。先場所の失敗から期するものがあるか。 [続きを読む]
  • 初日の土俵から
  • 御嶽海対栃煌山の取組で、栃煌山の足が土俵から出たのに物言いがついた。なぜ、すぐ前の審判員がすぐに手を挙げなかったのか。物言いがつくような相撲ではなかった。ただ解説の北の富士も、見逃したといっていた。稀勢の里対玉鷲の一番、稀勢の里は勝機があったが、相手を見すぎた。やはり、休場続きで勘がもどっていない。これから大いに心配である。それと立ち合いの張り差しは、やめたほうがよい。 [続きを読む]
  • 宇良九州場所休場
  • 幕内の宇良が今場所も休場で、来場所は十両に陥落となった。以前にも書いた通り、体格の小さい力士の制限をゆるめたが、どうしても目一杯の相撲を取るので、怪我をしやすい。もう少し基準をあげるべきである。同じく休場の十両の千代鳳の、幕下陥落も濃厚となった。 [続きを読む]
  • 鶴竜九州場所休場
  • 横綱鶴竜が九州場所を休場となった。鶴竜のこの一年間の成績は5勝6負4休、10勝5負、1勝4負10休、2勝2負11休、全休、全休ということになる。横綱北の湖も最期がきれいな引退とはいえなかったが、鶴竜も休んだ後で横綱貴乃花のように成績を残せる自信があるならともかく、惨めななやめかただけはみたくない。 [続きを読む]
  • 産地不明の相撲人形
  • これまでの産地不明の相撲人形について、「相撲身辺雑事帳」のブログ主さんから以下の通りアドバイスがありました。どうもありがとうございました。(その1)双葉山のものはやはり古博多人形(その2)こども土俵入りは秋田の八幡人形(その3)俵人形は山形の相良人形(その4)前回の横綱のものは岐阜の姫人形これからも続いていきます。 [続きを読む]
  • 産地不明の相撲人形(その1)
  • これから当方で産地が不明の相撲人形を紹介していきます。ご存知の方がおられましたら、当ブログからメールをお願いします。お返事がありましたらそのつど紹介いたします。第1回は双葉山と思われる人形です。高さは23.5センチです。 [続きを読む]