一針法師 さん プロフィール

  •  
一針法師さん: 春夏秋冬・・鍼灸師
ハンドル名一針法師 さん
ブログタイトル春夏秋冬・・鍼灸師
ブログURLhttp://harihoushi.blog.fc2.com/
サイト紹介文セミリタイアし鍼灸師を志したアラフィフおやじの日々を綴ります
自由文なるべくお金をかけず、やりたいときにやりたいことをやりたいように楽しむ日々。あるときは野球場へファームの試合を観戦に、あるときは裁判所へ傍聴に、あるときはフリー雀荘へ、あるときはネットで将棋三昧、またあるときは子どもと公園でドッジボール・・・


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/03/02 15:30

一針法師 さんのブログ記事

  • 最近読んだ本-28(幸福の資本論)
  • 人によって幸福の形は様々ですが、突き詰めると幸福を達成するための基礎的条件は以下の3つに集約される。①金融資産:金融資本を運用する形態(貯金、株、不動産など)②人的資本:体を使って得られる「富」、労働により得られる対価「自己実現」など③社会資本:共同体から得られる愛や友情などこの3つが充実している人はほとんどいないと思いますが、いちおう本書では「超充」と呼んでいます。その他、①②は無くても③が充実 [続きを読む]
  • 第65期王座戦五番勝負 第4局
  • 前局につづきカド番で後のない羽生王座にここで決めたい挑戦者の中村六段。勝負の第4局は異例のスピードで序中盤が進行。しかし終盤に入ってピタリと互いの手が止まる。決して本意ではない進行に見えた羽生さんですが、やはりまずい将棋にした認識はあった様子。受けのきかない羽生玉に対して一応中村玉はすぐによらない形で玉の固さが段違い。駒を渡せずゆっくりもできない羽生さんの勝ちにくい将棋になってしまいました。最後は [続きを読む]
  • 第65期王座戦五番勝負 第3局
  • 羽生王座カド番で迎えた第3局。羽生さんが王位戦に続きこのまま若い力に押し切られるようだと棋界にとっては大事件。こういう修羅場で力を見せるのが羽生さん、と思いつつも心配しながら観戦。中盤から積極的に動いていった羽生さんに対し、じっくり受けながら反撃を狙う中村六段。第2局では動いていった羽生さんが素人目に“勇み足”に映りましたが、やはりこの積極的な姿勢が羽生スタイルなんですね。将棋は中盤以降も評価が分か [続きを読む]
  • セミリタイアの適性
  • この間の日曜日、前にいた会社の同期C氏から飲みに誘わました。彼とは年に2-3回は飲みに行ってますが、大概はお盆や年末で他の同期と一緒。今回は2人飲みです。ちょっと相談したいことがあって、と切り出されたのが早期退職の話。私が辞めた後もちょくちょく早期退職の名のもとにリストラを繰り返してきた会社。今回は50前後の役付きが主なターゲットになっている模様。C氏は課長職ですが、前にいた会社は世界にもちょっと名のしれ [続きを読む]
  • セミリタイア3年経過
  • セミリタイアして3年が経過しました。なんでも3年やれば一人前。セミリタイア道ってあるかは知りませんが、将棋で言えば初段くらいにはなったかなという感じです。最初の2年はセミリタイアの選択が正しかったのかどうか考える機会が多かった気がしますが、最近はほとんどなくなりました。完全にセミリタイア生活が板についた感じです。振り返ってみるとこの3年は学校へ行っていることもあって時間の経過も早かった気がします。スト [続きを読む]
  • 第65期王座戦五番勝負 第2局
  • 中村六段先勝で始まった本シリーズ第二局。前局では再三決め手を逃し、さらに投了図でも粘れる手があったにも係わらず投げてしまった羽生王座。流れは最悪ですが、羽生さんの底力を見せたいところ。しかしながら本局でも羽生さんらしからぬ将棋となってしまいました。膠着状態の中盤で自分から動いて行ってスキを作り、中村六段に的確にとがめられたように見えます。中村六段は大局観が抜群で、自然な指し手を積み重ねて優勢になっ [続きを読む]
  • 嫁とラーメン(麺や 紡(つむぐ))
  • 今日は嫁さんと二人で前から気になっていた茨木市にある「麺や 紡(つむぐ)」に行ってきました。11:00開店で11:00すぎに到着しましたが、すでに店の前には20人ほどの行列。平日というのにこの混みよう、1時間待ちを覚悟してとりあえず並びます。好きなラーメンでもよほどのことがないと並ばないのですが、今日はまあいいか。私が言うのもなんですが、皆さんお暇なんですかね。ちょうど1時間待って店内へ入り、私は熟成 [続きを読む]
  • 尿路結石
  • 3日前の夜中、突然の腹痛に目を覚ましました。下痢などの腹痛と異なる、いままであまり経験のない痛み。トイレに行っても何も出ず、ソファでしばらくもたれていると痛みが軽減。あの激痛は何だったのだろうと思っていたのですが、今朝再び激痛発生。座ろうが横になろうが、痛みが治まりません。たまらず朝イチで近くの診療所へ直行。尿検査、X線、エコーの結果、ほぼほぼ『尿路結石』とのこと。X線にははっきりと映りませんでした [続きを読む]
  • 3年前期終了・・・国試まで残り6か月
  • 今日で前期の課程が終了しました。というわけで今週後半は追試week、追試のない人は1週間の小休止になります。前期に関しては認定実技試験が大きな山でしたが、灸実技で苦戦するもなんとかクリア。他の教科は復習や国試対策授業が中心で、それほど苦労することはありませんでした。前期をもって国家試験の範囲は98%くらいまで終了したので、後期は新しく覚えることは無く実習と国試対策授業の繰り返しになると思います。自分の中で [続きを読む]
  • 鳥谷の凄さに学ぶ
  • 9/9阪神2-1DeNA前日2000本安打を達成した鳥谷が延長12回サヨナラヒットを放って3位DeNAに連勝。2000本安打を達成し、歴代2位の連続試合出場継続中の鳥谷。記録の重圧など感じさせず、さらっと達成してしまうところにあらためて鳥谷の凄さを感じました。あまり感情を表に出さず、どんな時でも淡々とプレーするスタイルの鳥谷。ガッツが足りないと批評する解説者もいましたが、名球会入りした選手にそんなこと言う人は今後はいないで [続きを読む]
  • 第65期王座戦五番勝負 第1局
  • 永世王座で現在4期連続防衛中の羽生王座に挑むのは王座戦に縁のある中村太地六段。第61期にも羽生王座にタイトル初挑戦し敗れはしましたが、最終局まで持ち込みあと一歩まで迫った。あれから4年、力を蓄え久々王座戦に帰ってきました。羽生さんにとっては菅井さんに王位を奪われたダメージを癒す間もないうちに若武者を相手にしなければならない。円熟期の羽生さんには過酷な日程ですが、手負いの獅子の底力を見せてほしいところ。 [続きを読む]
  • 自分の幸せファースト
  • アメリカファーストや都民ファーストといった言葉で分かりやすく大衆に訴える政治家。私はというと『自分の幸せファースト』と答えます。なんかこのように書くと自分勝手で自分さえよければいい人のように聞こえるかもしれません。確かに自分の幸せを追求するのに、人に迷惑をかけない範囲でこだわりやわがままは必要。そういう意味では自分勝手と言えるかもしれません。ただ『自分の幸せを優先すること』イコール『家族や他の人を [続きを読む]
  • ただ物じゃない新人大山
  • 9/2 阪神9-2中日坂本の3ランに始まり大山、福留、中谷のソロで追加点し投打で圧倒!元気がない5位の中日相手とは言え強い内容で勝った阪神。坂本の3ランにはびっくりしましたが、合計4本のホームランは昨季ではあまり考えられなかったこと。7試合連続スタメンの坂本は試合ごとに攻守に安定感をみせていて2年目として十分な成長。それに加えて初ヒーローインタビューでの受け答えが抜群。冷静かつ謙虚な言葉選びはキャッチャーとし [続きを読む]
  • 第58期王位戦七番勝負 第5局
  • 1−3とカド番に追い込まれた羽生王位。底力の見せ所・・・でしたが、最終局はらしからぬ将棋で菅井七段の前にあっけなく敗戦。シリーズ通して羽生さんが力を発揮しにくい展開のように見えました。それ以上に力を出させなかった菅井さんの構想や指し回しが見事と言えるかもしれません。菅井さんにとっては研究範囲なんでしょうけど毎局力戦調の将棋に持ち込み、相手の得意な展開にさせない。本シリーズの羽生さんや予選リーグの渡 [続きを読む]
  • 京都水族館
  • 昨日京都水族館に行ってきました。オリックスの優待で大人2人分の年パスをゲットしたので、とりあえず夏休みに1回は行っとかないと。下の子は見たいと言っていたクラゲとチンアナゴが見れて大喜び。ペンギンやイルカショーも間近で見れて大興奮でした。その後、出口付近にある浅瀬のプールで子供たちは水遊び。親は照り付ける日差しにヘロヘロですが、子供の体力は底なし。帰り道も京都駅まで兄弟で駆け足。若くない親としては孫の [続きを読む]
  • 最近読んだ本-26(健康診断を受けてはいけない)
  • 『がん放置療法のすすめ』など現在の医療業界に疑問を投げ続ける近藤誠氏。慶應大学を卒業しながら、これだけ医療業界を敵に回す発言をして大丈夫なのか心配になりますが、本当に凄い信念・根性の持ち主だと思います。昔から健康診断が大嫌いでできれば一生受けたくないと思っている私。この本はそんな私をある意味勇気づけてくれる本でした。P.32以降に記載されているアメリカで行われた肺がんの比較試験*の結果は興味深いもので [続きを読む]
  • お盆の急病
  • 正月やお盆という病院が長期休みに入っている時期に限って病気を起こすのが子供。果たして今回は我が家から同時に2名急病人が発生しました。病院が盆休みに入った先週金曜日、まずは朝から嫁さんが足首の激痛を訴え歩けなくなりました。見ると左足の内踝付近が赤く若干腫れている。思い当たる原因はなく見た感じそこまでひどくなさそうですが、触れるだけでも痛いとのこと。山の日で空いている整形外科もなく、とりあえずシップを [続きを読む]
  • 定例麻雀2017/8/13
  • お盆真っただ中、ヒマなおっさん達はエアコンのきいた室内で朝から麻雀です。今年6回目はさすがにやりすぎと言われそうですが。。。麻雀の誘いは大体A氏からですが、負けが続くとそのサイクルが早まる。今年トータルで最も負け越しているA氏としては悔しい思いが渦巻いているからか、4月から連続5か月のお誘いです。私はヒマなら基本的に断らないのですが、皆さんお暇なんですかね。今年ここまでトータルトップできている私として [続きを読む]
  • 第58期王位戦七番勝負 第3局
  • 羽生王位−菅井七段の王位戦第3局。前2局は菅井さんのほぼ独壇場でいいところなく敗れた羽生王位。菅井さん対策が練れているのか見ものでしたが、第1局と似たような展開に。角交換後、角を手放し一歩を取りに行く羽生さん。端の香を狙いながら飛車を抑え込み振り飛車のさばきを封じるプロらしい高等技術。私なんかは角が負担になりそうでなかなか指し切れません。最後は羽生さんがわずかな差をを保ったまま寄せ切ったようですが、 [続きを読む]
  • 夏休み
  • 先週土曜から夏休みに入りました。ただ昨日は模試があったので実質今日からが夏休み。8/27までの3週間ですが、最終週には認定実技試験があるので実質2週間です。鍼灸師の国家試験はペーパーで実技試験はありません。よって実技レベルのチェックは各大学や専門学校に委ねられる。鍼灸師として適格な実技レベルにあるかチェックするのが認定実技試験になります。試験項目は次の4つ。1)はりの手技(直刺、斜刺、横刺)2)灸の手技 [続きを読む]
  • 第58期王位戦七番勝負 第2局
  • 菅井さんの先勝で始まった本シリーズ第2戦。何が飛び出すかわからない菅井さんの先手番ですが、三間飛車に振ってから角交換して向かい飛車に。最近の振り飛車は自分から進んで角交換をする。穴熊対策なんでしょうけど、コンピュータの影響か昔は否定されていたような発想が次々と出てきます。やはりどの世界でも「常識を破る」「発想の柔軟性」という姿勢は大切ですね。第2局は菅井さんの一方的な展開となりました。持ち時間も大差 [続きを読む]
  • 梅干しとらっきょう2017
  • 今年もいちおう、梅干しを作りました。おととしの梅干しがまだ手付かずの状態ですが、とりあえず少しだけでも漬けとこうかなと2kg少々。先週から梅雨が明けて天日干しには絶好の天気。3日ほど瓶ごとベランダで放置する適当天日干しです。完熟だったせいもあり少々潰れてしまいましたがまあ良し。ただこの梅を食べるのは何年後になることやら。。。今年はついでにらっきょうも。らっきょうは2〜3年ぶりですが安かった(1kg:350円) [続きを読む]
  • 第58期王位戦七番勝負 第1局
  • 藤井フィーバーで将棋界が世間をにぎわしている間にもタイトル戦は進行。今期王位戦は菅井七段が羽生王位に挑む形になりました。挑戦者決定リーグでは佐藤名人、渡辺竜王など強豪のいる組に入りながら見事に優勝。初タイトル戦で羽生さんにどこまで通じるのか楽しみな一戦です。菅井さんはこれまで各棋戦で活躍されているので実力はあることは間違いないのですが、独特の棋風で強さが分かりにくい。どちらかというと序盤で趣向する [続きを読む]
  • 藤井聡太四段 29連勝新記録!!
  • 持っている人は考えられないことをやってのけるものです。それにしても恐るべし14歳。デビューから数か月であっさりと将棋界の歴史に名を刻みました。序盤〜中盤にかけて増田四段がやや有利かと思いましたが、いつの間にやら藤井さんの駒が敵の急所に集まりだし優勢に。あとは持ち前の終盤力で包囲網を築き増田さんを寄せ付けず圧倒しました。詰みを読み切る力だけでなく、勝ちを読み切る力が凄い。まだA級など上位の棋士との対戦 [続きを読む]