汽車遺産 さん プロフィール

  •  
汽車遺産さん: 汽車遺産
ハンドル名汽車遺産 さん
ブログタイトル汽車遺産
ブログURLhttp://kishaisan.blog.fc2.com/
サイト紹介文SLが大好きな60歳半ばに近い者です。小学校時代から線路端で写真を撮っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/03/02 21:56

汽車遺産 さんのブログ記事

  • 明日は我が身
  • 西日本の「平成30年7月豪雨」 今回の西日本で発生した豪雨による被害にあわれました皆様にお見舞い申しあげますとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申しあげると共に一日でも早く穏やかな日々が戻ってきますようにお祈りしております。 また、現場にて活動を行う関係各機関の皆様にはご苦労さまと申し上げる他ともかく安全を心よりお祈り申しあげます。 今回の死者が13府県で死者は184人、 [続きを読む]
  • やっぱり現役時代(その7)
  • "旅客324レ・和寒〜塩狩"C5787牽引 1974年(昭和49年1月3日)撮影ゼンザ ブロニカ S2 NIKKOR-P 75mm F2.8予約返送葉書が残っておりました(笑) 思い出しましたがYHでは宿泊日まで余裕がある場合は往復ハガキで申し込むと、返信での予約回答と併せてYHからの情報も得られ、安心・確実でした。"葉書表面"友人が言っておりましたが塩狩のYHの名前は「YH 塩狩温泉」でした。余談ですが「男湯・女湯と暖簾」が2つ有るのですが、  [続きを読む]
  • 鉄道郵便局?!
  •   かって鉄道華やかし頃、 鉄道郵便を取り扱う鉄道郵便局が郵政省に存在した郵便局の一種として有ったそうです。引受けをした郵便物を列車に連結した郵便車で運送、区分しておりましたが1970年代以降自動車、航空機による輸送に押され1984年2月に取扱便 (その言葉通り、郵政職員が乗りこみ、車内で郵袋をあけて、 区分け作業や消印を押す作業を行う)が廃止され、1986年9月には護送便(護送便とは、車内での区分けは行われ [続きを読む]
  • 明日で締め切り!
  • 「宗谷本線塩狩駅存続を求める要望」署名活動を明日で締め切りとされております。"塩狩駅が賑わいでいた頃" ※塩狩ヒュッテさんから了承を得て 少しの間リンク貼らせていただいてます  ご賛同していただける方いらっしゃいましたら、 よろしくお願いいたします。 一部 「MintJam 徒然草」様の文章も了解のもと引用させて頂いております。   塩狩ヒュッテ ユースホステルの署名についての記事は→ "こちら"   または以下 [続きを読む]
  • 鉄道員は何処へ?
  • 路線を守り、駅をも守る! 当然のことながら民営化になったJRとしてはギリギリまで地元と協議した上で惜しくも廃駅、廃線の道を辿っていると信じたいのですが、余りにも経営が厳しすぎるJR北海道にとっては早く切り捨てるだけ切り捨てたいのだろうか? ということは北海道には鉄路が一切必要ないということでしょうか??。民間になる前に函館本線の目名駅の交換設備を廃止した筈が有珠山の噴火も有ることから函館本線を見直し、 [続きを読む]
  • やっぱり現役時代(その6)
  •              罐 の 人 生 本州の主要幹線の電化などにより、 最後を北海道の大地を走るしかなくなったこのマンモス機関車は名門鷹取工場により取り付けられていた集煙装置を外され,渡道前に旋回窓も取り付けられ最後の仕事場目指して津軽海峡を渡ってきました。 まだ貨物輸送が内地に向かって沢山あった時代、北海道の幹線である函館本線、室蘭本線の大動脈を長大編成の貨物を牽引して疾走っておりました。 翌年 [続きを読む]
  • やっぱり現役時代(その5)
  • 今どきは逮捕?!。   現在いくら北海道新幹線が出来て函館駅構内も閑散としているとしても、下の4枚の同時連続写真を見る限り 「線路内を縦横無尽に歩いてでは無く、小走りに走りまくり, パチリパチリ撮っていました!。  今では鉄道営業法違反に問われ、書類送検をされることとなる筈(^^;)。「実に危険極まりなし」といった感じです。  今と違ってのんびりとした良き時代でした♪。   "急行ニセコ3号103レ"1971年( [続きを読む]
  • やっぱり現役時代(その4)
  • 順番を間違えちゃいました^^;。  決して私の若かりし頃の写真を載せ忘れた訳では有りませんが、現役時代の入出庫線には必ず 「給炭給水設備」 が設置されていました。 ここ五稜郭操車場には大きな機関区には負けないようなこのように大きなガントリークレーンが見られました。 ガントリークレーンで給炭槽(ホッパー)に石炭を入れ、給炭槽からC62 3のストーカー付きのテンダーへ給炭し、この日C62 3号機は函館迄回送し、 [続きを読む]
  • 一大事!!
  • JR北海道管内宗谷本線 「塩狩」 駅の存続が危ぶまれています!。"昭和時代の塩狩駅にて"     蒸気機関車が現役だった頃「C55、D51をもとめて」この地で降りたり  塩狩YHに宿泊されたりした方は多かったと思います。   また小説 『塩狩峠』 は塩狩峠で発生した鉄道事故の実話をもとに、  三浦綾子がクリスチャンだった関係もあり、 日本基督教団出版局の月刊  雑誌にも掲載されてました。 (旭川の三浦綾子記念館を [続きを読む]
  • やっぱり現役時代(その3)
  • どうしてもC62 3に添乗させてもらいたくて! 急行ていねが同じくニセコに変わってもこの馬鹿デカイC62のキャブに乗せて貰いたくて何年間か?五稜郭に通ったようです。それは多分五稜郭操車場が一番のんびりしていたからだと思います。 東京の大森からどうしても乗せて貰いたく来ましたというと、では函館駅迄だぞ!確か3回目の訪問だったと思いますがお許しが出ました♪。"C62添乗・急行ニセコ3号103レ"1971年(昭和46年7 [続きを読む]
  • やっぱり現役時代(その2)
  • のんびりした待ち時間♪ 入れ替え専用機の49674が一生懸命構内を、走り回っていてもこのC62 3号機はまだひと休み中!。 札幌行「急行ていね・105レ」として14:25に函館を出発するにあたって、 函館に単機回送される迄は人もC62 3ものんびり♪。"C62 3・五稜郭機関区にて" 1966年(昭和41年7月撮影) この日はC62 3は本務機。通票も制動も前補機が扱うので協調運転として技術と経験をいかに発揮するかというのが今 [続きを読む]
  • やっぱり現役時代(その1)
  • 「C62と9600」 1966年(昭和41年)夏、 私は五稜郭操車場を訪問していました。当時小樽築港機関区の罐の一部は三灯ライト、いわゆる「三つ目」でした。 小樽築港機関区所属のC62達はそれまでのC6227号機のように、普通に一灯の前照灯を装備していましたが、 この年から小樽〜手稲間で電化試運転が始まると、 本州の交流電化区間と同じように主灯横に予備の副灯が取り付けられることになったと築港のY検査長が後に言ってお [続きを読む]
  • 萌え出した木々の芽
  • 紅葉時期より「新緑時期が良いよ」と!。  友人と前回訪問した時の言葉を思い出し一人で上越線に行って来ました。 この場所には地主さんと仲良くなるのには3回程、手土産(日本酒含め) を持参してご理解を得てやっと撮影をさせて頂きました(^^;)。 12系の青とライムグリーンがとても似合う場所でした。因みにライムグリーンは比視感度が最もよい波長の光にほぼ対応している為に最も見易い色だそうです♪。    "C6120+12 [続きを読む]
  • 杉の手入れをしたよ♪
  • 電話を戴いたのは一週間前でした♪ 写真が撮れるように枝払をしたよ!とのご連絡。前日は夕方若干遠方が霞んでいたので帰宅前の日曜日夕方祈る気持ちで訪問しました。 一瞬だし木間狙いでどの様になるか?不安でしたが、誰も撮らない変態写真(釜飯さんの特許言葉!)。ましてや地元の方とのおしゃべりが自分にとっては一番の収穫で〜す。お礼に千葉名産を持って早々にまた来訪しなくては(笑)。"夕暮れ時"  2018.04.22撮影許 [続きを読む]
  • 試運転日は季節と同じく長閑でした♪
  • 復路をどこで撮ろうかと?!  風の強い一日でしたが水上駅の外れの転車台にはお二人様と私達だけでした。HMも無しで長閑なムードに友人もご満悦??。水上の発車何ぞ撮影した画何ぞ見せたら笑われるのを覚悟して今日はHMが無いからと自分に言い聞かせ下手くそな出発時の流し撮りにチャレンジ!。" target="_blank">"この樹以外は全て散ってしまっておりました"2018.04.20撮影 "誰もいない転車台付近♪" " border="乗務員さん達も [続きを読む]
  • うららかな春の訪れを感じました♪
  • 上越線出撃した中で一番霞んだ日。 有難くもC61 20による試運転情報を頂いておりましたので今年は仕事で中々出撃が出来ないO氏と1月以来の2人での出撃となりました♪。実に温かいを越えて暑いぐらいななかにいつもは 「スカのC6120」 ですがこの日は黒煙を出してこの長閑な風景の中を通過してくれました。"春真っ盛りのなかを" 2018.04.20撮影"位置を変えて撮影" ワイヤレスコントローラーにて撮影 相も変わらずこのワ [続きを読む]
  • 「えっ!嘘でしょう?!」
  • 初めて撮れた麒麟山からの俯瞰!。 本当にそうなんです(^_^;)。前回は俯瞰の巨匠に散歩(巨匠においては)がてら、この地に雪中行軍でお連れして頂いたのですが、生憎のホワイトアウトで見事に出発時から鹿瀬に向かう罐のドラフト音しか聞けず(汗)。この日の返しの撮影時身体はヘトヘト、ふくらはぎはパンパンなれど偶然私の誕生日に素晴らしい景色が見れたのは今回出会いが会った皆様のお陰ですm(__)m。"麒麟山にて" 2018.03.3 [続きを読む]
  • 雪山遠望
  • 返しの撮影地へはヘトヘトで!。 須刈岳で往路を皆さんのお陰で撮れたのですが昼食は 「Kさん、Fさん」 を無理に誘って、日出谷の好意の蕎麦屋さんで食事後、 さぁ 「返しは何処で撮ろうか?」との話にはなりましたが、最終的には麒麟山へ登ろうとの話になりましたが、何と午前中大変お世話になった O さんと知人の方々とご一緒しかも3人がやっとの場所に後から来た私共3人の6人で仲良く撮らさせて戴きました。俯瞰をメインに撮 [続きを読む]
  • 雪まだ多い須刈岳にて
  • 440mからの景色!  釜飯さんと釜飯さんのご縁のある方々のお陰でこの地を尋ねる事が出来ました。この場を借りまして皆さんに感謝いたします。 まだ国道から林道へ通じる道も雪に覆われていて、とても自分一人では絶対に登ってみようなんて思うこともない道なき道程(雪の為)。 頂上に着き山頂を示す標識を見ると 「山ではなく岳の文字」が^^;。"須刈岳頂上にて(スマホにて撮影)"  この日は気温もグングン上がって銚子の口 [続きを読む]
  • 国産「白黒写真用フィルム・印画紙製造販売」終了!
  •    国産フイルムメーカーの富士フイルムが本日(6日)白黒写真用のフィルムと印画紙の製造・販売を終了すると発表したそうです!      "C62とD52の横並び"には(白黒→シロクニ?^^;)。   大沼駅にて  近頃ご無沙汰しております。今年2月の渡道した際の俯瞰登攀依頼爺の先週の磐西二日間の俯瞰はきつかったのと仕事の絡みで拙いブログ更新が出来ませんでした(^^;)。 しかし今日の富士フイルムの衝撃的なるニュ [続きを読む]
  • 上越線「SL運行初日」
  • C61 20が珍しく爆煙で来ました♪今年に入って1月以降お初の運行からか?日頃は煙もろくに出さないのに珍しくバクバク出して来ました。架線が無ければなお、かっこいい「C61」ですが。"光る屋根の瓦が印象的でした" 2018.03.24撮影 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 長閑な試運転(昨年版)
  • 今年の重単試運転は去年と同じ牽引コンビ 私は鉄道音痴なのでDLが現在何が残っているかも知りません(^^;)。昨年はヘッドマークが無かったので接近戦で撮ったのが唯一この画です。 今回は新関の五泉寄りと雲海の星さんにご案内して頂いた三川の俯瞰しか無いので今回はこの画を掲出しちゃいます。因みに去年は曇っていたので煙もマーブルでした(ヽ(^。^)ノ)。"C57180+DE101700" 2017.03.14撮影  相も変わらずこのワンパター [続きを読む]
  • 長閑な試運転
  • 今年の試運転は重連単機だけなのでしょうか?今年の「SLばんえつ物語号の運行日」が近づいて来ましたねヽ(^。^)ノ。そこで皆さんにお願いして貴重なばん物の試運転情報を入手できた訳です。ご無理を言ってご情報を下さった皆様に感謝いたしますm(__)m。当日は雲海の星さんにご無理を言って同行をさせて頂き、スタートはここで撮影としましたが遠目で見たら大きめのポリの袋がなんで沢山有るのだろうと思っておりまして車で静かに近 [続きを読む]
  • 乗客は無し!
  • JR北海道の経費節減はどうなっているの?毎年400億円を超える営業損益を計上する?ことと聞いておりますが、何故経常損益でも▲170億円を下回る収支の会社が駅舎を綺麗に出来るのか?素人には分かりませんが?。高架にした旭川駅に到着するDCは一両編成なのに何故高架にしたのか?帯広も同じでした!。しかも不足分は5年間の計画で国から受ける総額1200億円の支援で補いますが、その支援が終われば、 また資金不足皆税金!早くJ [続きを読む]
  • 厚岸から牡蠣が無くなった?!
  •  「厚岸の牡蠣」!。  一年中食せることで有名な「厚岸の牡蠣」。折角来たんだからと厚岸で牡蠣が食べたいと思い次の日に糸魚沢辺りで早朝のDCも撮れると思い厚岸で宿泊しましたが夕食に楽しみにしていた「食卓には牡蠣が無い!」。"牡蠣が出てこない(;_;)" …聞くところによると2016年8月北海道を3つの台風が次々に上陸し、4つ目の台風が急接近したことが思い出されます。これにより、道内各地で河川の氾濫や橋の流失な [続きを読む]