平 成敏 さん プロフィール

  •  
平 成敏さん: プロレスリング・ソーシャリティ
ハンドル名平 成敏 さん
ブログタイトルプロレスリング・ソーシャリティ
ブログURLhttp://tairanaritoshi.blog.fc2.com/
サイト紹介文プロレス、社会、歴史、思想…感じたこと思ったことを、基本は真面目に考察します。
自由文不可思議で疑問だらけ。
 シリアスさとバカバカしさが交錯し、虚構と現実の狭間にあるプロレスの世界を中心に、自分の考えを述べていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/03/03 01:40

平 成敏 さんのブログ記事

  • メイウェザーvs天心! 「超大富豪ボクサー」招聘とRIZINの賭け
  •  11月5日、RIZINは驚天動地(だと思う)の発表をした。 あのボクシングのフロイド・メイウェザー(41歳)が、あの那須川天心(20歳)と大晦日のRIZINで対決するというのである。(⇒ THE ANSWER 2018年11月5日記事:メイウェザー、衝撃のRIZIN参戦に海外ファンの反応は? 「楽しみ」「いくら払う?」)(⇒ ロケットニュース21 2018年11月5日記事:【奇跡】「メイウェザーのRIZIN参戦」がどれだけスゴイことなのか? わかりやす [続きを読む]
  • 森嶋猛、逮捕−「プロレス界最大の問題児」の今後
  •  プロレスラー、森嶋猛(40歳)が逮捕された。 11月4日の午後11時半頃、歌舞伎町でタクシーを降りる際18000円の支払いを拒否し、運転手の50代男性を殴り頬骨を折る重傷を負わせたという。(⇒ ライブドアニュース 2018年11月5日記事:プロレスラーに殴られ…タクシー運転手の男性が重傷) かつてNOSAWA論外が逮捕されたのは、酔ってタクシーを乗り逃げした窃盗容疑であった。 重傷を負わせる暴行事件は、それよりは悪い。 そ [続きを読む]
  • プロレスの敵、「スポーツ狂信者」のインチキ民間療法論
  •  新たに「プロレスの敵」に名乗りを上げた作家・ジャーナリスト(それにしてもこの2つ、どちらも「自称」と付けていいような肩書きだ。私も「プロレスライター」を名乗っていいのだろうか)の林信吾 氏の記事、「プロレスの味方は、いたしかねます」の後半がネットにアップされた。(⇒ Japan In-depth 2018年11月1日記事:プロレスの味方は、いたしかねます(下) スポーツの秋雑感 その4) 何かもう、(上)に輪をかけて面白 [続きを読む]
  • 元横綱プロレスラー輪島死去−UWF、RIZIN、幻の「北尾vs輪島」戦
  •  元54代横綱にしてプロレスラーもやった輪島大士が10月8日、自宅で亡くなった。享年70歳。 輪島と言えば、馬場全日本プロレスであのタイガー・ジェット・シンとの対戦でゴールデンタイム生中継デビューし、にも関わらず2年くらいでいつの間にか密やかに引退した。 しかし、同じ元横綱プロレスラーとして後に続く北尾光司がプロレスファンからはネタ的嘲笑と最低の評価を受けているのに比べれば、「プロレス下手ではあるがとにか [続きを読む]
  • 入江茂弘DDT退団、フリーへ−作り事と真実の狭間で
  •  9月25日、DDTは、入江茂弘が9月30日で退団することを発表した。(⇒ DDT公式サイト 2018年9月25日記事:【記者会見】入江茂弘、9月いっぱいで退団!) 会見での入江の言葉を読むと、やはり海外に出てそこを主戦場にしたい気持ちを、とても強く感じさせる。 入江と言えばつい先日のDDT両国国技館大会(2018.9.23)のKO-D無差別級選手権試合3WAYマッチで、3人のうち真っ先に敗退している。 そして今まで彼の団体批判の集約点み [続きを読む]
  • DDT9.23後楽園ホール短感−ストロングハーツ大活躍とDDTの「予定調和」問題
  •  9月23日・DDT後楽園ホール大会をサムライTVの生中継で見た。 何と言っても印象に残ったのは、今はWRESTLE-1に参戦しているはずのCIMA率いるストロングハーツの面々が、突如DDTのマットに登場したことだろう。 さっそくCIMAと竹下幸之介が、10月21日のDDT両国国技館大会「秋のプロレス文化祭」で一騎打ちすることになった。 そのシングルマッチは「ドラマチック・ドリームマッチ」と冠されることになったのだが―― これは少 [続きを読む]
  • 山本“KID”徳郁死去−日本格闘技絶頂期の代表者を悼む
  •  9月18日、山本“KID”徳郁(のりふみ)が死去した。享年41歳。 8月26日に自身のインスタグラムで癌であることを公表してから、わずか1ヶ月未満での死である。残念でならない。(⇒ 2018年8月27日記事:亜利弥、山本“KID”徳郁、さくらももこ…吹き荒れる癌の猛威) 山本KIDは、日本の総合格闘技の絶頂期の立役者の一人である。 むろんその最高位には桜庭和志がおり、世間的知名度で言えば魔裟斗がトップだろうが―― しかし [続きを読む]