八百万の神 さん プロフィール

  •  
八百万の神さん: 八百万の神
ハンドル名八百万の神 さん
ブログタイトル八百万の神
ブログURLhttp://xn--u9jx40gnkcyy7ch9c.com/
サイト紹介文八百万の神様に出会う御朱印旅はじめました、、、
自由文近畿の神社を中心に実際に訪ね歩いた記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/03/04 08:19

八百万の神 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 和宗総本山 四天王寺と聖徳太子
  • 日本仏法最初のお寺の建立四天王寺は推古天皇元年(593)に建立されました。飛鳥時代の有力な豪族であった、排仏派の物部守屋と崇仏派の蘇我馬子の間での仏教を巡る争いが四天王寺の始まりです。合戦の際に、蘇我氏についた聖徳太子は、形勢の不利を打開するために、自ら四天王像を彫り、この戦に勝利したら、四天王を安置する寺院を建立して、この世の全ての人々を救済すると祈願し、戦いが終わった後に四天王寺は日本初の官寺と [続きを読む]
  • 骨佛とお施餓鬼のお寺 天王寺の一心寺
  • 一心寺についてお骨佛のお寺として知られる、法然上人が開基した浄土宗のお寺が一心寺です。豊臣と徳川の戦いで知られる、大阪の陣では、徳川家康が陣を置き、家康は境内の坂にあった松の姿を讃えて、「坂松山」という寺額を贈ったことで知られています。昔から大阪は、各地から沢山の人が大阪に移り住み、商人の街として栄えたことはご存知の通りかと思います。一心寺では、それらの故郷を出て菩提寺をもたない人、誰もが宗派を問 [続きを読む]
  • 滋賀県大津 天孫神社の桜
  • 天孫神社と四宮神社奈良時代に創建され、長きに渡って大津の街を見守ってきた歴史と由緒ある神社が天孫神社です。御祭神は彦火々出見命大名牟遅命国常立命帯中津日子命の四柱が祀られています。天孫神社は、地元では四ノ宮神社とも呼ばれており、これは御祭神を四柱祀っている為であるとか、近江の国では一宮が建部大社、二宮が日吉大社、三宮が多賀大社そして四宮が天孫神社であるためだとも言われています。「日吉山王祭」「長浜 [続きを読む]
  • 通過儀礼と人生儀礼
  • 通過儀礼とは通過儀礼というのは、出生や出生、成人に結婚や死、私たちはその節目節目で神様に手を合わせてお祈りを捧げます、人生儀礼ともいいます。たとえば、誰もが知っている七五三や成人式なども通過儀礼の一つ、日本人の暮らしの中にこれらはしっかりと溶け込んでいるのです。とは言え、七五三や成人式などの通過儀礼も、現代の日本においては、昔に比べると過去ほど明確には意識されることなく、その存在があるだけ、の様な [続きを読む]
  • 大阪天満宮 天神祭とすべらないうどん
  • 大阪天満宮の歴史大阪に住む私にとっての大阪天満宮は、天神祭の天満宮だったり、合格祈願の天満宮だったり、七五三だったり、何時の頃からか、何かにつけて手を合わせる事が多く、天満の天神さんとして、意識しなくても、いつも当たり前にある神さまです。無知を公言する恥ずかしい話、私などはいい年になるまで、大阪天満宮は日本の天満宮の総本宮だと思ってたほどです。ご存知な方は多いと思いますが、日本の天満宮の総本宮は、 [続きを読む]
  • 天神信仰の総本宮 太宰府天満宮
  • 太宰府天満宮と菅原道真公ご存知、菅原道真公をお祀りする、太宰府天満宮です。1100年以上もの歴史があり、全国に天満宮は一万二千もあるそうで、太宰府天満宮は天神信仰の総本宮になります。「学問・至誠しせい・厄除けの神様」として、参拝者は年間に800万人にもなるそうです。道真公の御墓所の上に社殿を造営したという話ですから、道真公そのものが太宰府天満宮だとは、参拝して初めて知りました。大宰府は、かって「遠の朝廷 [続きを読む]
  • 国産みの伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)
  • 伊弉諾神宮淡路島の伊弉諾神宮へと参拝しました。『古事記』『日本書紀』の「国生み神話」に登場する、国生みの大業を果たされた伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二柱がお祀りされています。神々しい広い境内が気持ちよいのはもちろん、伊弉諾神宮がある街自体が伊弉諾神宮と共にある事が伺えるのです。道路脇には無数の石塔が立ち並び地元の方々は親しみを込めて「いっくさん」と呼んでいます。「陽の道しるべ」というモ [続きを読む]
  • 過去の記事 …