あるく あかるく さん プロフィール

  •  
あるく あかるくさん: あるく あかるく
ハンドル名あるく あかるく さん
ブログタイトルあるく あかるく
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/akarukuaruku
サイト紹介文健康長寿 めざしましょう
自由文定年後何か始めなくちゃ、歩いて ブログ書いて 体と脳みそ鍛えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/03/04 13:22

あるく あかるく さんのブログ記事

  • 日々の愚問:電気ショックな愚問
  • 次々に愚問が  毎週土曜日は日々の暮らしの中で生じた、極々小さなどーでも良い愚問を取り上げています。今週は私が最も苦手とする分野、科学に関するハテナです。 先月の北海道胆振東部地震による被害は甚大でした。そこに大規模停電が追い打ちを掛け、冷蔵庫に食料があるのに腐って食べられない状況に迄追い込まれたと報じられていました。 そのニュースを聞いてどうにも不思議に思いました。「電気は蓄えられないと言うけれ [続きを読む]
  • 昭和のプロレス:もの思う鉄人
  • 伝説の連勝記録 金曜日のあるくあかるくは「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」です。あの時代に世界最高の権威と位置づけられていたのはアメリカのNWA。歴代チャンピオンは世界最強と謳われていました。 その中から私的ベスト5を選んでいますが、ブリスコ、レイス、キニスキーに次ぐ第2位は「鉄人ルー・テーズ」です。 テーズはNWAチャンピオンの中でも別格な存在でした。何度も王座に返り咲き、通算で長い期間王座に留 [続きを読む]
  • ことわざ勉強会:「の」ではじまるのは
  • 嫌な思い出 毎週木曜日はことわざを勉強する日。50音の一文字が書かれたカードが入った袋から、中身を見ずに1枚引き抜きます。その文字ではじまることわざを思い浮かべて、それにまつわる雑学を学びます。今日引いたカードには「の」と書かれていました。 色々なことわざがありますが、浮かんで来たのは「残り物には福がある」です。<人が取り残した物の中には思いがけず良い物がある、の意味。人と競って先を争うのを戒める [続きを読む]
  • 身近な生き物:未確認飛行トンボ
  • 数が減る虫 歳をとっても知らない事って沢山あります。と言うよりも、歳をとると知っている事が如何に少ないかに気付きます。 子供の頃から昆虫採集に夢中だったので、大抵の虫は知っていると思い込んでいました。ところがそんな自負は簡単に崩れました。世間の人が当たり前に知っている虫を、私、全く知らなかったのです。 そりゃ小さな虫なら名前も分からないものがゴロゴロいます。しかし今回の対象は決して小さくはありませ [続きを読む]
  • 雑草の日:道を変える草
  • 雑草の代表格 私は雑草に興味を持つただのオヤジです。植物学を学んだ事は無いので専門知識はありません。それどころか基礎的な常識も余り持っていないから、その辺に生えている草を見分けるのにも一苦労しています。 キク科は花が同じに見えるし、イネ科は葉っぱの形がどれも一緒、だからに苦手です。 そんな中、最近あるイネ科の草の見分け方を知りました。うれしくて、草藪があると目当ての草を探しています。 毎週火曜日は [続きを読む]
  • 健康長寿:猫背が気になるお年寄り
  • 腕とおへそ 毎週月曜日は専門知識の欠片も持たない私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に入れようと奮闘するお話です。 人間誰しも嫌でも歳をとりますが、できれば体の中も外も若さを保っていたいもの。そこで「歳より若く見られたい年寄り」をテーマに、ウォーキングで若さを保つ方法を探っています。今週は「猫背を正すウォーキング」です。 人目を意識する私は、自分の歩く姿が他人様にどう見えるか気になります。歳を感 [続きを読む]
  • 日曜日は川柳の日
  •  勝負にこだわる相撲取りはゲンをかつぎます。土俵に手を着きたくないから牛や豚よりも鶏肉を好む。勝ちが続けば髭は剃らない。部屋の玄関を出る時に、左右の脚のどちらから踏み出すかを決めている。などなどと、勝ったらこうする、負けたらこうやる、と決まり事を作る力士が多いと言います。勝ちの多さが報酬に直結するお相撲さんならではです。 そこへ行くと私ら、お気楽な者。贔屓力士を一生懸命応援しますが、負けたからと言 [続きを読む]
  • 日々の愚問:男の帽子
  • 都道府県別アンケート ウォーキングをしていたら、やたらと目立つ方が向こうから歩いて来ました。なんでそんなに目立つのかと良く見ると、そのお方テンガロンハットを被っていました。 普段ほとんど見かけないこの帽子に、やたらと目が引かれたのでした。まるでカウボーイの様なそのお姿を見ていたら、何時もの愚問の虫が湧いてきました。 毎週土曜日は日々の暮らしの中で生じた、極々小さなどーでも良い愚問を取り上げています [続きを読む]
  • 昭和のプロレス:秘密兵器を出すタイミング
  • 5人の王者 毎週金曜日は「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」です。当時のプロレス界で最高の権威と言われていたのはNWA世界チャンピオン、歴代王者は錚々たる顔ぶれでした。 その中からベスト5を選んでいますが、第5位ブリスコ、4位レイス、そして第3位は「荒法師ジン・キニスキー」です。 キニスキーは1964年に日本プロレスに来日し、ワールドリーグ戦で初暴れを披露しました。 66年には鉄人と言われたルー・テ [続きを読む]
  • ことわざ勉強会:「な」ではじまるのは
  • 女房に感謝 毎週木曜日はことわざを学ぶ日です。袋の中からカードを引き抜いて、そこに書かれた文字ではじまることわざを思い浮かべます。今週の文字は「な」でした。 「長い物には巻かれろ」「無い袖は振れぬ」「情けは人の為ならず」「無くて七癖」色々出て来ますが、今日取り上げるのはこれ、「内助の功」です。 このことわざに関しては、いざ出立の旦那様の為に準備万端の備えをしていた奥方の話が有名です。それと比較する [続きを読む]
  • 身近な生き物:ベンチに爆弾
  • 奇妙なシルエット ウォーキングの途中公園のあずまやで休憩をしていたら、向かい側のベンチの下に何やら動くものが。コンクリートの床を這う虫がいました。 細身の体はお腹の辺りがキュッとくびれていて、黒褐色の胴体には二本の黄色い筋がクッキリと浮かんでいます。ドロバチの仲間のオオフタオビドロバチです、たぶん。 特に珍しい生き物では無いのですが、そいつがちょっと変わっています。体の下側が緑色に見えますが、それ [続きを読む]
  • 雑草の日:キノコとダイコン
  • いきなりの大漁 キノコはずぶの素人、ほとんど知識がありません。そこで名人のIさんにご一緒して頂いて近くの里山に入りました。そこで驚きの「キノコのある光景」を目にしました。 毎週火曜日はウォーキングの途中で見かけた雑草を取り上げています。今週はちょっと脱線版で キシメジ科 ナラタケ属 ナラタケモドキ です。 切株に大小様々な茶褐色のキノコがまとまって生えているのを見つけました。ちょっとナメコに似てい [続きを読む]
  • 健康長寿:和のウォーキング
  • 日本の伝統 大相撲秋場所が始まりました。上位力士が勢揃いするので優勝の行方が楽しみです。 ところでお相撲さんと言えば、独特な足の運び方が得意技。腰を安定させて足の裏を見せない様にジックリ歩くので、体の外側よりも内側にある筋肉が鍛えられると言います。相撲とりだけでなく柔道や能や日本舞踊でも使われる「すり足」です。 毎週月曜日は専門知識の欠片も持たない私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に入れようと [続きを読む]
  • 日曜日は川柳の日
  •  列島各地を自然災害が襲います。西日本の風水害に北海道の大地震。被害に遭われた方に心の中で応援を送ります。 しかしそんなものでは何の役にも立てません。せめて教訓として学ぼうと思いますが、危機意識もすぐに薄れてしまいます。災害は忘れた頃にやって来る、では無くて、災害は必ずやって来る、の覚悟を持たなければいけない時代です。 のど元過ぎるとすぐに忘れる己ををいさめる為の今週の駄作です。 <災害で 備え確 [続きを読む]
  • 日々の愚問:ボディは見せない
  • ヘンテコな模様 答を知っても別段得は無いし、知らなくても何も困らない、そんな疑問ってたくさんありますよね。でも何となく気になっている疑問を解決したら、意外なお得な情報を得るなんて事もたまにはありますよ。 毎週土曜日は日々の暮らしの中で生じた極々小さな、どーでも良い愚問を取り上げています。今週答えを探るのは「車のサイケな模様ってなになのさ」です。 ネットのニュースに時々出て来る、車の写真が気になって [続きを読む]
  • 昭和のプロレス:そんな技、忘れたね
  • 何度でも返り咲き 毎週金曜日は「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」です。現在のテーマは世界最高峰と謳われたNWAチャンピオンのベスト5選び。先週の第5位はジャック・ブリスコ、今週登場する第4位は「美獣ハーリー・レイス」です。 レイスは7回(8回とも言われていますが)もNWAの王座を奪っています。冷静に考えればそれだけ王座に就いたと言う事は、それだけ何度も奪われた守りに弱いチャンピオンです。 でもレイ [続きを読む]
  • ことわざ勉強会:「り」ではじまるのは
  • 苦い理由 毎週木曜日はことわざを勉強する日。先ずは50音が書かれたカードを袋の中から引き抜きます。次にそこに書かれた文字ではじまることわざを思い浮かべ、それにまつわる雑学を学びます。 今日引いたカードは「り」でした。 「良薬は口に苦し」を思い浮かべました。<孔子の言葉に「良薬は苦いが飲めば病気を治してくれる。忠言は聞きづらいが行動の為になる。」とある。そこから自分の為になるような忠言は、素直には聞 [続きを読む]
  • 身近な生き物:馬に引かれて
  • どんな掛け声か 公園の芝生を歩いていたら、突然足元から何かが飛び立ちました。遠いご先祖様の狩猟の本能が残っているのか、この歳になっても昆虫を見つけるとどうしても追いかけたくなります。 着地した瞬間を狙って捕らえると、透き通った黄緑色の翅が美しい虫。秋の夜長に「スィーッチョン」と鳴くキリギリスの仲間のウマオイでした。 ウマオイは澄んだ声や可憐な姿に似合わず、激しい気性をしています。前脚にある鋭いトゲ [続きを読む]
  • 雑草の日:頭が重くて
  • タバコ屋の主人 奥の深い雑草の世界に足を踏み入れて既に数年が経ちましたが、まだまだ名前の知らない草だらけ。現状は近所の森林公園に生えている草の内、漸く2割が判別できる程度です。 目立つ姿をした物から徐々に覚えているので、今日見つけた草の様に形状に大きな特徴がある草は大歓迎です。 毎週火曜日はウォーキングの途中で見かけた雑草を取り上げています。今週は、 キク科 ガンクビソウ属 ガンクビソウ です。  [続きを読む]
  • 健康長寿:痛い秋
  • 必要なのは知識 毎週月曜日は専門知識の欠片も持たない私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に入れようと奮闘するお話です。 先月から続いているテーマは、猛暑の中で如何に安全にウォーキングをするかです。水分や塩分の補給、紫外線対策などを調べて来ましたが、気が付けば9月。焼ける様な日差しも随分と和らいできました。多少の残暑はあるとしても、このテーマはそろそろお役御免です。最後に「スポーツの秋、ウォーキン [続きを読む]
  • 日曜日は川柳の日
  •  あれ程待ち望んでいた雨ですが、降るとなると続くもの。いささかうんざりしてきました。湿り気が欲しかっただけなのに、気温まで低下させてくれるとは。秋の気配が急に濃くなりました。 秋と言えば秋祭り、楽しい思い出と苦い思い出が交錯します。若き日に祭ではしゃぎすぎて、ひどい二日酔いに苦しみました。そこで今週の駄作です。 <あきまつり 羽目外し過ぎ あとのまつり> 毎日更新の「あるくあかるく」来週はこんな予 [続きを読む]
  • 日々の愚問:サルは滑らない
  • 何故真似ないのか 強烈な陽ざしの猛暑の日にも、秋の気配漂う終日の雨降りにも、変わらずに咲いている花。住宅街を歩けば薄紅色の花があちらこちらの庭で咲いています。それを見ていて思いました。どうしてこの花はこんなに長い間咲き続けていられるのだろう。 毎週土曜日は日々の暮らしの中で生じた、極々小さなどーでも良い愚問を取り上げています。今週は、何時までも鮮やかに咲いているあの花の秘密です。 それは百日紅と呼 [続きを読む]
  • 昭和のプロレス:忘れられた名勝負
  • 究極の王者 毎週金曜日は「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」です。これまで世界各地の王者の足跡を辿って来ましたが、今週からはシリーズの最後としてNWA王者の登場です。 当時世界最高峰と言われていたのがNWA、その歴代王者の中から5人を選んで活躍を振り返ります。題して「NWA王者ベスト5」、第5位は48代王者のジャック・ブリスクです。 NWA王者は世界一過酷なチャンピオンと呼ばれていました。<年間35 [続きを読む]
  • ことわざ勉強会:「む」ではじまるのは
  • 字余りのことわざ 木曜日のテーマはことわざの勉強です。先ずは袋の中から1枚のカードを引き抜きます。カードには50音のひとつが書かれているので、その文字ではじまることわざを思い浮かべます。ついでにそれにまつわる雑学を学んで勉強会の終りです。 今週のカードには「む」と書かれていました。 閃いたのは「昔とった杵柄」です。意味するところは<若い頃に身に付けた技量や腕前のこと。またそれが衰えていないこと。> [続きを読む]
  • 身近な生き物:カブトムシの丙午
  • 原因は猛暑 この夏ちょっとした異変に直面しています。カブトムシと言えば子供達に大人気の森の王者、それが異常に少ないのです。ウォーキングコースの近所の森林公園はカブトの宝庫、20年前から子供達と採集に来ていますがどんな年でも最低10匹は捕まえました。数の変動はありますが、空振りした記憶はありません。 子供達が興味を無くしてからも毎年観察は続けていますが、今年目にしたのはたったの2匹。樹液がタップリ漏 [続きを読む]