あるく あかるく さん プロフィール

  •  
あるく あかるくさん: あるく あかるく
ハンドル名あるく あかるく さん
ブログタイトルあるく あかるく
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/akarukuaruku
サイト紹介文健康長寿 めざしましょう
自由文定年後何か始めなくちゃ、歩いて ブログ書いて 体と脳みそ鍛えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/03/04 13:22

あるく あかるく さんのブログ記事

  • 日曜日は川柳の日
  •  ゴルフのアメリカツアーで小平選手が優勝。ボストンマラソンで市民ランナー川内さんが優勝。日本人の快挙が続きました。 その川内さん、プロに転向するのだとか。方向を一本に絞って結果を目指す様です。 そこで今週の駄作です。 <見納めに 川内さんの 二刀流> 飽きもせずお読みいただきありがとうございます。毎日更新の「あるくあかるく」、来週の予告編です。23日健康長寿:   ウォーキングと血小板24日雑草の [続きを読む]
  • 日々の愚問:土星の六角形
  • 謎は解けた 夜空には数えきれない数の星。これらの恒星の周りを、幾つもの惑星が回っています。肉眼では見えないそれらも含めれば、無限とも言うべき数の星が宇宙には存在しています。 それなのに大抵の人は「異星人はいない」と言いきっちゃいます。世の中には人類が理解できない事が沢山あって当たり前。異星人はいるし、人類の科学を凌ぐ文明も当然ある、私はそう思っていますが変ですか? 毎週土曜日は日々の暮らしの中で生 [続きを読む]
  • 昭和のプロレス:まるでリングの解体屋
  • 直前の変身 昭和の時代、「まだ見ぬ強豪」の来日がファン最大の関心事でした。未来日の超王者を馬場や猪木が迎え撃つ一戦は、ファンの憧れでした。日本プロレスもそんな声を無視できず次々とまだ見ぬ強豪を招聘しましたが、縁が無かったのかとうとうこの男は姿を見せませんでした。 毎週金曜日は「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」です。現在のテーマは世界各国の王者の活躍です。今週登場するのは、オーストラリアでIWA世界 [続きを読む]
  • 信濃の国を学ぶ:信州改造計画
  • へーそんな問題が 自然豊かにして地域の繋がりも密、私達の住む長野県は非常に魅力に富んだ場所です。その魅力を県歌・信濃の国の歌詞に学ぶ毎週木曜日のこの欄ですが、今週も番外編を。魅力溢れる信州の、敢えて悪い点を探りました。 県外の方々には長野県や県人はどう映るのか、YAHOO!知恵袋に載っていたご意見を引用します。<冬の寒さが厳しい><電車バスの便が良くない><地元意識が強いので利害関係が発生する>< [続きを読む]
  • 身近な生き物:実は気持ち悪し
  • 気持ちの分からない相手 ヒレンジャクは愛鳥家に人気の高い鳥ですが、そうやすやすとお目にかかれる相手ではありません。 少し前の事になりますが3月の半ば頃、近くの森林公園で数羽の群れを見かけました。昨年はとうとう姿を見られなかったから、久しぶりの遭遇です。冬鳥として毎年日本に渡ってきている筈なのに、どういう訳か姿を見ない年もあります。 この鳥の人気の理由は独特の姿。ベージュのボディ、尾羽の先などに着い [続きを読む]
  • 雑草の日:はが落ちるその日
  • 不思議な木 朝飯を食べていたら奥歯に鋭い痛みが!詰め物の下で深く静かに虫歯が進行していました。さすがにこの痛みじゃ、医者嫌いな私も覚悟を決めなくてはいけません。ヤダな、歯医者行きたくないな。 毎週火曜日はウォーキングの途中で見かけた雑草を取り上げています。今週の主役は雑草とは全然違う範疇の「木」です。クスノキ科 クロモジ属 ヤマコウバシ これが凄く気になります。 冬の森でちょっと風変わりな光景を見 [続きを読む]
  • 健康長寿:血液検査を見る?兵衛
  • 固形物を呑み込めない 毎週月曜日は専門知識の欠片も無い私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に入れようと奮闘するお話です。 現在のテーマは、昨年受けた健康診断の結果とウォーキングの関連です。今週は「血色素やあれやこれやの検査とウォーキング」を。 耳慣れない「血色素」ですが、赤血球に含まれる主要な構成要素のヘモグロビンがその正体でした。ヘムと呼ばれる鉄とグロビンと呼ばれるたんぱく質で成り立っています [続きを読む]
  • 日曜日は川柳の日
  •  アレルギーを引き起こす物質が一定以上体内に溜まると、花粉症が始まると言います。どうも一線を越えてしまった様で、この春初めて症状が出ました。朝から鼻水が止まりません。 スギ花粉の後はヒノキの花粉、更にはイネ科や他の花の花粉も飛散してきます。花粉が飛んで、症状はどんどん悲惨になります。 そこで今週の駄作を。 <ひさんだね 鼻水垂らし 花見する> 2000回を目指して毎日更新する「あるくあかるく」、来 [続きを読む]
  • 日々の愚問:読み方違うよ
  • 「あたらな」読み方 相撲協会は負の連鎖にはまってしまいました。今度は土俵に女性が上がってひと悶着です。 これを報じるニュースやワイドショーを見ていたら、何かが引っかかる感じがしました。気になるので注意していたら、気が気付きました。この言葉の読み方が耳に障っていたのでした。 毎週土曜日は日々の暮らしの中で生じた、極々小さなどーでも良い愚問を取り上げています。今週は「これってどう読むの?」です。 「女 [続きを読む]
  • 昭和のプロレス:南海の獣人は難解でない住人
  • 間違いだらけの宣伝パンフ <正統派では大成しないと判断し凶暴なラフファイターに変身。いまや南海の獣人と呼ばれる程の悪党になっている。44年秋に次いで2度目の来日。>(新日本プロレスパンフレット縮小版 より) これはあるレスラーを紹介したパンフレットの記事からの抜粋ですが、かなりいい加減な内容です。 毎週金曜日は「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」をお届けしています。昭和の時代、プロレスは世界の国々で [続きを読む]
  • 信濃の国を学ぶ:住んでいるから都
  • 辛辣な意見 毎週木曜日は県歌・信濃の国を勉強する日です。毎度長野県のあれこれを学んでいるので敢えて考えます、長野県ってどんな場所なのだろうかと。そこで今週は番外編として、長野県の魅力やら幻滅する点やらを調べてみました。 先ずは県外の方々が県内の街に抱く印象です。<飯田市:名古屋まで2時間、しかも片道料金2千円。><松本市:県の中央部で年中からっとした気候、空港もある。><上田市:信州の鎌倉、新幹線 [続きを読む]
  • 身近な生き物:カエルが這い出す
  • 地中はパラダイス 庭で草取りをしていたら手元の地面が少し動いた感じ、驚いて良く見ると薄茶色の芝の中を何かがもそもそ動いています。同じ様な色をした4cm程のカエルが億劫そうに手を伸ばして芝をかき分け、どっこらしょと足を持ち上げて、何とかその場から逃げ出そうとあがいていました。 土の中で冬眠していたところをいきなり草の根と一緒に引っ張り出されたのでしょう、呆れる程に鈍い動きでした。 体全体の印象は灰色 [続きを読む]
  • 雑草の日:いじめる草
  • 家畜ばかりか人間にも 暖かな日差しを浴びて元気になるのは人間だけではありません。窮屈そうに縮こまって冬を耐えたロゼットももう遠慮するものは無し、好き放題に身を伸ばしています。 一際目立つのがこの草、細長い葉が幾本も伸び扁平な実を付けた穂がきりりと立ち上がっています。 毎週火曜日はウォーキングの途中で見かけた雑草を取り上げています。今週は、 イネ科 ドクムギ属 ホソムギ です。 明治の初期にヨーロッ [続きを読む]
  • 健康長寿:赤血球を増やして減らすウォーキング
  • 両者の関係は すっかり春になったと思っていたら昨日はいきなりの雪。もう大丈夫と油断して、タイヤを交換したばかりなのに。一昨日まではウォーキングしていると方々で草木の芽吹く音が聞こえたけれど、雪の中ではそんな音も消えました。  毎週月曜日は専門知識の欠片も無い私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に入れようと奮闘するお話です。現在のテーマは昨年受けた健康診断の結果、それとウォーキングの関連を調べてい [続きを読む]
  • 日曜日は川柳の日
  •  またも大相撲がらみのニュースです。旧態依然の対応をする協会にはうんざりですが、これだけ不祥事が続くと少しばかり理事長に同情も感じます。 暴力、セクハラ、交通違反、課題が山積みの上に女人禁制問題です。近い将来見た目が女性の男性が土俵に上がる事態が生じたら、協会はどう対応するのでしょう。 そこで今週の愚作です。 <堂々と マツコリラックスして 土俵入り> 飽きもせずに毎日更新する「あるくあかるく」の [続きを読む]
  • 日々の愚問:空が落ちて来る
  • そ、そんなバカな・・ 制御不能の中国の「天宮1号」はどうなったのやら。ネジの1本まで融けてすっかり消えたのか、人知れず燃え残った破片が大海原かジャングルに激突したのか、気になります。 毎週土曜日は日々の暮らしの中で生じた、極々小さなどーでも良い愚問を取り上げています。今週は「大気圏突入の摩擦熱って、どれ程のもんよ?」です。 月から帰還したアポロ宇宙船が大気圏に突入した途端に真っ赤に燃え上がる光景は [続きを読む]
  • 昭和のプロレス:必殺技、またも不発
  • 他団体では相手に不足 創立後間もない新日本プロレスは、ライバル団体の妨害などもあってアメリカマットの有名レスラーを招聘できません。その為日本ではなじみの薄いヨーロッパ系のレスラーをしばしば登場させていました。 しかしシリーズの主役が無名レスラーではファンは興味を示しません。そこでファンを煽る様々な苦肉の策がとられました。今日の主役も「幻の必殺技」の持ち主と喧伝されましたが、果たして本当にそんな技が [続きを読む]
  • 信濃の国を学ぶ:県人人名事典
  • 個人的な印象 長野県の人口は214万人、当然の事ながらおひとりずつに名前があります。遠い祖先からの縁で、地域には特別多い苗字が存在します。 個人的な印象ですが、県内の都市で思い浮かぶのは、「長野市は小林さん、松本市が上条さん、佐久市は甘利さんで、諏訪市が藤森さん、そして飯田市だったら木下さん。」当たっているかどうかを確かめました。 毎週木曜日には県歌・信濃の国を勉強しています。最終最後の6番に入る [続きを読む]
  • 身近な生き物:スズメは見ていた
  • ヒヨドリの行動 満開の桜の花をスズメが喰いちぎってしまう、とニュースで報じていました。これは蜜を採る行動。スズメのくちばしは短いので蜜まで届かず、苦肉の策で花をちぎって萼片の辺りにある蜜腺から直に吸い取ります。 サクラにしてみれば、花は落とされ蜜は盗まれ、トンデモナイ話です。この盗蜜行動は1980年代頃から観察され始めたと言います。(サントリー愛鳥基金 より) 満開の花には多くの鳥が集まります。シ [続きを読む]
  • 雑草の日:専門家だって迷ってる
  • 自分を信じる勇気 毎日の様に歩いている近所の森林公園にも山菜の季節がやって来ました。真っ先に姿を見せるのはフキノトウ、次に出て来るのがこの草です。 毎週火曜日はウォーキングの途中で見かけた雑草を取り上げています。今週は、 ユリ科 ワスレグサ属 ノカンゾウ です。 漢方薬で良く知られるカンゾウとは全くの別種、あちらの甘草はマメ科の植物です。こちらは細長い剣状の葉が地際から叢生し、やがて数十センチまで [続きを読む]
  • 健康長寿:逆効果のウォーキング
  • 免疫の主力部隊 毎日続けるって嫌じゃない?たまにそう尋ねられます。趣味でもあるし生活の一部でもあるので、ウォーキングしないと逆に落ち着きません。15年前から続けていますが、その成果かありがたいことに今のところ健康状態は良好です。 毎週月曜日は専門知識の欠片も持たない私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に入れようと奮闘するお話です。 3カ月前からテーマにしているのは、昨年受けた健康診断の結果です。 [続きを読む]
  • 日曜日は川柳の日
  •  平均寿命と健康寿命の間には、大雑把に言って10年の開きがあります。極論を言うならば、誰にでも70歳になった時にその先10年の介護生活の恐れがあるのです。 お迎えが来るその日まで、自分の足で歩いていたい。70歳になった時に、その先10年の健康寿命を手にしていたい。そんな願いを込めて私は「7010」を目標にしています。  そこで今週の駄作です。 <7010 健康長寿に 桜咲く> 来週も毎日更新します [続きを読む]
  • 日々の愚問:ノンアルビールに酔う その2
  • ノンアルでほんわか 日々の暮らしの中でふと抱いた極々小さなどーでも良いハテナが気になるので、毎週土曜日にそんな愚問を解決しています。 先週は「ノンアルビールはどうやって作られるか」を調べましたが、今週はその続きです。ノンアルコールの飲料を飲んだ筈なのに、何だか酔った気分になった経験って無いですか?今週はその謎の解明です。 正月明けの新年会に車で出かけました。酒を飲めない飲み会は呑兵衛オヤジには罰ゲ [続きを読む]
  • 昭和のプロレス:バケツで暴れるフランス人
  • 与えられた仕事は フランス人のジルベールと言えば、大抵の方は歌手のジルベール・ベコーを思い浮かべるのでは。もしもジルベール・ボワニーを思い出したとしたら、そんなあなたは余程の昭和のプロレスファンに違いありません。 ところでジルベールのどんな話を思い出されますか? 毎週金曜日は「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」をお届けしています。現在テーマにしているのは世界各国の王者の活躍。今週はおしゃれなパリから [続きを読む]
  • 信濃の国を学ぶ:ヘンテコな地名
  • ルール無視の読み方連発 昔住んでいた場所の近くに「返目」って地名がありました。地域の人は当たり前の様に「そりめ」って読みますが、知らない人は驚いていました。馴染みの薄い地名は難しいもので、私も南信の「泰阜村」を読めません。「やすおかむら」と教わりましたが、たまに忘れてしまって悩む事があります。 地名の読みは本当に難しい。 毎週木曜日は県歌・信濃の国を勉強しています。1番から歌詞の意味するところを学 [続きを読む]