margot2005 さん プロフィール

  •  
margot2005さん: ヨーロッパ映画を観よう!
ハンドル名margot2005 さん
ブログタイトルヨーロッパ映画を観よう!
ブログURLhttps://margot2005.exblog.jp/
サイト紹介文ヨーロッパ映画を中心にミニシアター映画もたくさん!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/03/04 19:06

margot2005 さんのブログ記事

  • 「ダンケルク 4Kレストア版」
  • 「Week-end à Zuydcoote」1964 フランス/イタリア1940年6月、北フランス、ダンケルクにほど近いズイドコートの海岸。そこには40万近い英仏連合軍の兵士がひしめき、彼らは絶望と不安に苦しめられていた。そしてジュリアン・マーヤ曹長はテントを張りアレクサンドル、デリイ、ピエルソンら3人の戦友と野営をしていた…ドラマがどのような展開になるのか全く知らなかった。戦争映画にロマンスを絡める辺りはアムールの国フランスら [続きを読む]
  • 「THE PROMISE/君への誓い」
  • 「The Promise」2016 スペイン/USA”1914年、オスマン帝国。アルメニア人の青年ミカエルは、医師を目指して首都コンスタンチノープルの医科大学に入学する。彼はそこで下宿先の娘の家庭教師で同じアルメニア人の女性アナと出会い心惹かれる…”ミカエルがコンスタンチノープルで出会ったアナはフランスで教育を受けたアルメニア人。ミカエルには故郷にフィアンセ、マラルが、そしてアナにはアメリカ人記者の恋人クリス・マイヤー [続きを読む]
  • 「ベロニカとの記憶」
  • 「The Sense of an Ending」2017 UKロンドンに暮らすトニーは妻のマーガレットと離婚して一人暮らし。年金生活を送りながら趣味で集めた中古カメラの店を経営している。娘のスージーは臨月でシングル・マザーになる予定。そんなある日、法律事務所から一通の手紙が届く。それには初恋の女性ベロニカの母親セーラが亡くなり、一冊の日記が彼に遺贈されたと記されていた…ドラマは過去と現在を行ったり来たりして進んで行く。ベロニ [続きを読む]
  • 「スリー・ビルボード」
  • 「Three Billboards Outside Ebbing, Missouri」2017 UK/USAアメリカ、ミズーリ州の田舎町エビングに住むミルドレッド・ヘイズの娘アンジェラは、7か月前に何者かにレイプされた上殺害されていた。しかし犯人は未だ見つかっていない。進展しない警察の捜査にイラつくミルドレッドは抗議の広告を掲げることを思いつく…アメリカの田舎(ロケ地はノースカロライナ州)って半端じゃないほど何もない?ミルドレッドが息子のロビーと住 [続きを読む]
  • 「はじめてのおもてなし」
  • 「Willkommen bei den Hartmanns」…aka「Welcome to Germany」2016 ドイツミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすリヒャルトとアンゲリカ夫婦。夫は外科医で妻は元教師。生き甲斐を失い暇を持て余すアンゲリカは、ある日突然難民を受け入れると宣言する…リヒャルトは老いを受け入れることができずシワとり治療に夢中。アンゲリカは暇を持て余し、日々ワインが手放せなせないアル中。フィリップは妻と離婚しシングル・ファーザーとなっ [続きを読む]
  • 「ルイの9番目の人生」
  • 「 The 9th Life of Louis Drax」2016 UK/カナダ/USAサンフランシスコの海辺に暮らす少年ルイは、9歳の誕生日に両親とピクニックに出かけた際崖から転落して大怪我を負ってしまう。病院へ運ばれるが生体反応がなく死亡が確認される。しかし奇跡的に蘇生し昏睡状態に…ドラマは昏睡に陥る前のルイの姿を挟みながら進んで行く。ナタリーは難産の末ルイを生んだ。彼女の夫ピーターはルイの実父ではない。ルイは養父ピーターを軽視 [続きを読む]
  • 「5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜」
  • 「Mein Blind Date mit dem Leben」…aka「My Blind Date with Life」2017 ドイツサリヤはスリランカ人の父とドイツ人の母の間に生まれた真面目な青年。高校生活を送るある時突然、先天性の病気で視力の95%を失ってしまうが、一流ホテルで働きたい夢を諦めることができない。そんなサリヤを励まし支える母と姉。やがて彼はミュンヘンにある最高級5つ星ホテルに見習いとして働くチャンスをつかむ…サリヤにまつわる人々が全て良い [続きを読む]
  • 「パディントン2」
  • 「Paddington2」2017 UK/フランス/USAペルーの山奥からロンドンにやって来たクマのパディントン。今ではブラウン家の一員で、都会暮らしにも慣れ幸せな日々を送っている。そんなある日、世界に1冊しかない飛び出す絵本を見つけたことから騒動に巻き込まれてしまう…クマのパディントン大好きなので公開を楽しみにしていた。パディントンと、ベン・ウィショーの声がなんとなくミスマッチで好き。英国紳士ばりに話すパディントン [続きを読む]
  • 「女の一生」
  • 「Une vie」…aka「A Woman's Life」2016 フランス/ベルギー17歳になった男爵家の一人娘のジャンヌは修道院で教育を受け、希望を胸に親の元へと戻る。ある時、ジャンヌは美青年ジュリアンを紹介され恋に落ちてしまう。やがて二人は結婚。”愛する人は君だけだ!”と約束したジュリアンが乳姉妹のロザリと浮気をしていることが発覚する…結婚後ジュリアンは豹変する。金に執着し暖炉の薪を燃やし過ぎだとジャンヌを非難する。やが [続きを読む]
  • 「ヒトラーに屈しなかった国王」
  • 「Kongens nei」…aka「The King's Choice」2016 ノルウェー1940年4月9日のノルウェー、オスロ。宮殿の庭で孫と雪遊びに興じるホーコン7世はナチスドイツが侵攻してきたことを皇太子のオラフ5世から知らされる。やがてノルウェー軍が参戦するが軍事力に乏しいノルウェーの主要都市は次々と陥落して行く。一方で駐ノルウェー・ドイツ公使ブロイアーはヒトラーの命を受けホーコン7世に降伏を求める。ホーコン7世の兄でデンマーク [続きを読む]
  • 「ジャコメッティ 最後の肖像」
  • 「Final Portrait」2017 UK1964年のパリ。アメリカ人作家ジェイムズ・ロードは美術評論家でもある。ある日、友人のアルベルト・ジャコメッティから”肖像画(下写真)のモデルになってくれないか?”と頼まれる。やがてロードはジャコメッティの”1日で終わるから〜”という言葉を信じてアトリエに…しかしながらロードのモデルは1日で終わらなかった。帰国する予定だった彼はそれを延期して肖像画のモデルを務めたのだ。アトリエ [続きを読む]
  • 「キングスマン ゴールデン・サークル」
  • 「Kingsman: The Golden Circle」2017 UK/USAスパイ機関“キングスマン”の本部はロンドンの高級テーラーの地下にある。ある日、一流スパイとなったエグジーはかつてのキングスマン候補生チャーリーの襲撃を受けるが危機一髪で撃退。やがてチャーリーは女ボス、ポピー率いる世界的麻薬組織“ゴールデン・サークル”に、身を置いていることが判明する…前作のコリンはもちろん、ジェフ、ハル、ジュリアンとオスカー俳優が新たに参 [続きを読む]
  • 「ルージュの手紙」
  • 「Sage femme」…aka「The Midwife」2017 フランスクレールは大学生の息子を持つシングルマザー。助産師の彼女は生真面目な性格で日々禁欲的な生活を送っている。そんなクレールの元に30年前に別れた義母ベアトリスから電話が入る…生真面目な性格の女性と自由奔放に生きる女性。全く対照的な性格の二人が30年ぶりに再会する。ベアトリスはクレールの父親の元妻。血は繋がらないが二人は一時期、母と娘の関係にあった。しかしベア [続きを読む]
  • 「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」
  • 「The Zookeeper's Wife」2017 チェコ/UK/USA1939年、ポーランド。ヤンとアントニーナ夫妻はワルシャワでヨーロッパ最大級の動物園を営んでいる。そんな中、ドイツがポーランドに侵攻し第二次世界対戦が勃発。そして次第に動物園の運営も危うくなってくるのだった…ナチスの占領下となったポーランド。やがて夫妻が運営するワルシャワの動物園にはナチスがやってきて施設を占領してしまう。動物たちがいなくなった獣舎にユダヤ人 [続きを読む]
  • 「否定と肯定」
  • 「Denial」UK/USA1994年、アメリカ、ジョージア州アトランタ。ユダヤ人のデボラ・E・リップシュタットはエモリー大学で教鞭を執る歴史学教授で、ある時、ホロコースト否定論者デイヴィッド・アーヴィングを非難した著書を発表する講演が行われていた。しかしその最中、会場に突然現れたアーヴィングから名誉毀損で訴えると脅されてしまう…訴えたデイヴィッド・アーヴィングは英国人。英国の司法制度では訴えられた側に立証責任 [続きを読む]
  • HAPPY NEW YEAR
  • 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。そして例年のことですがいつも見にきてくださる皆さんに感謝したいと思います。昨年は諸事情で夏以来シアターへ行く回数が大幅に減少し、鑑賞した映画は92作品(レビューを書いていないものが2本と、これから書こうと思っているものが2本)。イタリア映画祭では6本鑑賞して、一般公開された映画の中からMY BESTを選んだ。下から見た順番に…「女神の見えざる手/ [続きを読む]
  • 「オリエント急行殺人事件」
  • 「Murder on the Orient Express」2017 USA/UK/マルタ/カナダ名探偵 エルキュール・ポアロはイスタンブールでの休暇を切り上げ急遽ロンドンへ向かう国際列車オリエント急行に乗車する。列車には多種多様な乗客がいたが、ある時、アメリカ人富豪ラチェットから、脅迫を受けているので身辺警護を頼めないかと持ちかけられる。しかしポアロはこれを拒否。やがて深夜、殺害されたラチェットが発見される…エジプトのナイルで殺人が [続きを読む]
  • 「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」
  • 「Interlude in Prague」 2017 チェコ/UK1978年、プラハではモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」が大ヒットしていた。一方で三男を病気で亡くし深い悲しみに沈むモーツァルト。やがて彼は重苦しいウイーンから逃れるように地元名士の誘いを受けプラハへと赴く。友人ヨゼファの邸宅に滞在しながら「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲に励む日々。そんな折、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オ [続きを読む]
  • 「gifted/ギフテッド」
  • 「gifted」2017 USA7歳の少女メアリーは叔父のフランクと暮らしている。メアリーの母親は数学者で娘も母親の血を引き数学に天才的な才能を持っていた。フランクがメアリーの面倒を見ているのは自殺した姉に頼まれていたから。やがて学校へ通いだしたメアリーは周りに馴染めず孤立し始める。それは彼女が天才で普通ではないということ。フランクは学校から天才児の英才教育で名高い私学への転校を勧められるがこれを拒否。彼はメア [続きを読む]
  • 「人生はシネマティック!」
  • 「Their Finest」2016 UK/スウェーデン1940年、第二次世界大戦下のロンドンの街はドイツ軍の空襲が続いている。政府は国民の闘争心を奮起させるためプロパガンダ映画を製作していた。しかし映画界は徴兵により人手が足りない。そんな折、コピーライターの秘書をしていたカトリンが新作映画の脚本家に大抜擢される...カトリン・コールに「ボヴァリー夫人とパン屋/2014」のジェマ・アータートン。トム・バックリーに「世界一キライ [続きを読む]
  • 「ノクターナル・アニマルズ」
  • 「Nocturnal Animals」2016 USA“アート・ディーラーとして成功を収めながらも夫との結婚生活は冷え切り、満たされない日々を送るスーザン。ある日そんな彼女のもとに、20年前に離婚した元夫エドワードから彼の著作『夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)』が送られてくる。”スーザン・モローに「メッセージ/2016」のエイミー・アダムス。トニー・ヘイスティングス/エドワード・シェフィールドに「雨の日は会えない、晴れた [続きを読む]
  • 「女神の見えざる手」
  • 「Miss Sloane」2016 フランス/USAアメリカ合衆国、ワシントン。エリザベス・スローンは大手ロビー会社“コール=クラヴィッツ&W”で働く超やり手の剛腕ロビイストで、目的のためなら手段も厭わない強者。ある日、銃擁護派団体から“君の力で女性を銃賛成派に変えろ”と頼まれるが、それを一笑に付してしまう。やがてエリザベスの態度に怒りを爆発させた上司は彼女に即刻首を言い渡す。一方で小さな新興ロビー会社のCEO、シ [続きを読む]
  • 「はじまりの街」
  • 「La vita possibile」2016 イタリア/フランスアンナに「私と彼女/2015」のマルゲリータ・ブイ。カルラに「あなたたちのために/2015」のヴァレリア・ゴリノ。ヴァレリオにアンドレア・ピットリーノ。ラリッサにカテリーナ・シュルハ。マチューに「情痴アヴァンチュール/2005」「スウィッチ/2011」のブリュノ・トデスキーニ。監督、脚本は「われらの子供たち/2014」のイヴァーノ・デ・マッテオ。ローマで一人息子ヴァレリオと [続きを読む]
  • 「婚約者の友人」
  • 「Frantz」2016 フランス/ドイツ第一次世界大戦(1914年〜1918年)が終結したドイツのとある街。ある日、戦争で婚約者フランツを亡くしたアンナは墓の前で花を手向け泣いている男性を目の当たりにする。その後アドリアンと名のる男性がフランツの家族を訪ねて来る。アンナは墓地にいた人だと認め驚きを隠せない。最初フランツの父親ハンスはフランス人のアドリアンを拒否するが、彼の妻のマグダはフランツと友人だったと話すアド [続きを読む]