umami-berlin さん プロフィール

  •  
umami-berlinさん: Walterの「おいしい生活 in Berlin」
ハンドル名umami-berlin さん
ブログタイトルWalterの「おいしい生活 in Berlin」
ブログURLhttps://ameblo.jp/umami-berlin/
サイト紹介文ベルリンに住む、日本に17年間住んでいた、食べるの大好きドイツ人のおいしいブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/03/04 21:20

umami-berlin さんのブログ記事

  • 薔薇戦争
  • まだまだ暑いドイツですが、やっと26度ぐらいになりました。雨も少なくて、町の木や草花の元気がないし野菜も育たなくて値段が高くなりそうです。本来は、ヨーロッパは、春から夏にかけて花が咲き乱れます。特にドイツの薔薇は種類がたくさんありますね。6月が一番花の季節なので、写真は、ちょっと前のマーケットでとりました。 ドイツ語で、『Der Rosenkrieg』とは、そのままだと薔薇の戦争ですが、結婚した夫婦が離婚するほ [続きを読む]
  • 若鰊とレッドビーツ 今が旬!
  • 6月から7月にかけてNeuerMatjesの漁が上がってきます。もともとMatjesは 若い鰊(にしん)を塩水に漬けた保存食でMatjesは一年中手に入りますが今の旬のNeuerMatjesが塩分低い上に脂がのっていて、癖があまりないですので生魚のように使ってもいいですよ。僕はなめろうを作ったりします。ドイツの伝統的な作り方とは、クリームドレッシングに和えた鰊をレッドビーツにそえた冷菜です。最初から鰊とレッドビーツを混ぜる作り方もあ [続きを読む]
  • 『オバツダ』 ドイツの夏定番料理
  • 何となくおかしい響きを持っていますね、この料理の名前....オバツダ....バイエルン州名物の(Obazda)はカマンベールチーズにみじん切りの玉ねぎやパプリカパウダーキャラウェイシードを混ぜたディップの様なもので、プレッツェルにつけて食べます。本来は熟成が少し進みすぎたカマンベールチーズを食べやすくするためのアイディア料理でしたので癖があるチーズをバターでマイルドに仕上げて、スパイスを加えた節約料理でした。ビ [続きを読む]
  • ドイツ人の大好物!!Wurstsalat ソーセージサラダ 
  • ブログの夏定番ドイツシリーズの次はこのWurstsalatです。ボロニアソーセージのようなハム系で作られていますが、各家庭のレシピがあって、フレンチドレッシング系やマヨネーズ系、好みはそれぞれですね。一年中、食卓に上がりますが、特に夏料理として大好評の一品!本当に美味しい、癖がないソーセージが手に入ったら矢張りさっぱり系のビネガーとオイルのドレッシングがお勧めですよ!玉ねぎ、パセリ、ラベージ、ピクルスでさら [続きを読む]
  • ベルリンにタイ公園?!
  • 毎週末、このベルリンの公園で、青空タイストリートフード市場が開催されている。タイ人のおばさんたちが芝生に座って、色んな料理を作ってくれる。本当に驚くほど小さな売店がならんでいるため、通常Thaiparkを呼ぶようになったが、本来の名前PreußenParkを知らない人がいる位!!!パパイヤサラダが今年の暑さにピッタリ!美味かったぞ! 5ユーロ!https://thaipark.de/ [続きを読む]
  • トウモロコシ供給チキンって?
  • トウモロコシで育てられた、太った、皮の色が黄色で美味しそうなチキンは日本には余りないかもしれないですがフランスとドイツでは人気の鶏肉の一つですよ。少し前に友人のガーデンパーティー呼ばれたときに5人前にこのデか鳥が何と!二羽も出てきました。それと夏野菜の煮物とポテトグラタン。暑かったのに、緑に囲まれてついつい食べ過ぎてしまった!二階から見下ろした庭。ちょっとジャングルチックですね。でも、花は本当にき [続きを読む]
  • 鯉の一杯というビール
  • Karpfentrunkという季節地ビールを初めて飲んでみました。南ドイツの鯉養殖が盛んな区域で、鯉祭の際、特別に酒造されているほんのりと甘いビールです。琥珀色で、フィルターされてない、濁りビール。全く苦みが感じられませんので、本来ビールの苦手な方にもお勧めですよ。http://erlebnis-fisch.de/karpfen-und-bier/ラベルにも鯉! [続きを読む]
  • 薬草ディップー暑すぎる夏にピッタリ料理その②
  • まだまだ、ベルリンも30度超えの異常な暑さが続いています普通だったら、どんなに暑くても、木陰に入れば涼しいのにエアコンがある家や場所は、本当に少なくて、辛いです。。。 暑い夏に食べる一品。このハープ入りクワルクは実はドイツの伝統料理の一つです。クワルクとはドイツ語圏で作られるフレッシュチーズのような乳製品です。パンに塗ると言った食べ方もよくしますが、この暑い夏の食べかたとして茹でジャガイモやジャー [続きを読む]
  • 薬草卵サンドー暑すぎる夏にピッタリ料理その①
  • ベランダ菜園のハーブたちが今年の暑さのなか頑張って成長している。ところが食べたいな〜と思いながら、暑すぎるから料理を作る気にはならない....今日も34度で勿論ドイツにはエアコンなし!火を付けたくないな〜(;´・ω・)??そんな時の好物の料理がこの薬草卵サンド!ベランダから何種類かの薬草をとって(今日は7種類)細かく刻んで、ゆで卵とマヨネーズと和えるだけ!味に決めは大量のマスタード。 マカロニサラダや素麺に [続きを読む]
  • 『ルーラーデンとシュペッツレ』ドイツ人のソウルフード
  • 料理上手な友人にこの間、このルーラーデンという牛肉料理を作ってもらいました。ベーコン、タマネギ、マスタード、ピクルスでを薄くスライスした牛肉または子牛肉で巻いて、長時間に煮込んだ、ソース(ソースばっかりを楽しむドイツ人も少なくないほど)がとても美味しいドイツとオーストリアの名物料理です。付け合せは手作りのシュペッツレで、日本のすいとんにも似ているパスタなんです。南ドイツでよく食べられますので、勿論 [続きを読む]
  • きっと気に入るよ〜@デュッセルドルフ
  • またまたデュッセルドルフの話ですが出張でくるときは、いつもここにとまっています。そのレセプションに書かれた文字。You will love it.の上に、日本語で『きっと気に入るよ』の文字が。。。デュッセルドルフは日本人の人口が多いからでしょうかね? ここは、必要なものが効率的にコンパクトにおさまっていて、清潔で便利なビジネスホテルチェーンの一つです。ホテルの人たちも、とても感じがいいです。(ドイツは、日本とちがっ [続きを読む]
  • ドイツで一番有名な大きなねずみと小さな象
  • 日本では、子供の頃に見るアニメというのがたくさんあると思いますがドイツにもあります。お腹から、いろんな道具をとりだす黄色のねずみとそれより小さな象。そしてアヒルのエンテの物語。"die Maus"が、子供の頃大好きでした。 デュッセルドルフのマーケットで、この↓カッティングボードを見つけて、ついつい買ってしまいました1970年以降に子供だったドイツ人なら、誰もが知ってる三人組です [続きを読む]
  • 暑い!暑い!!暑い!!!@ベルリン
  • 日本も災害級の酷暑だと、こちらのニュースでも流れていますがここベルリンも31度!本当に暑い。。。日本ほど湿度は高くないですが、それでもエアコンがほとんど設置されている場所がないので、まじ暑い。。。 以前にも紹介した人気のビオカフェLulaドイツ人は天気がよければ外で食べるのが好きですが、最近は本当に日差しが強すぎ!それでも、レモネードそいて、フムスと自家製ピタパンは、本当にうまい! 平成30年7月豪雨の [続きを読む]
  • 色の意味
  • ワールドカップの最中は、いろんなところにドイツの国旗を見る事ができます。みんな、よく車とかにつけてますねー。デュッセルドルフ出張で、トラムからみたこのアパートは参加チームの国旗がすべてかざられていました。アパート中の人が協力したんでしょうかね。あるいは寮かなにかかな? ドイツの国旗は、写真一番右下にぎりぎりありますね。 黒、赤、金の三色は、19世紀初頭、ナポレオン軍との戦いに参戦した学生義勇軍の軍服 [続きを読む]
  • 食物浪費対策のスーパー@ベルリン
  • 日本でも最近、食品廃棄問題があると思いますが・・・最近、近所の繁華街でこのフードリサイクルショップが開店しましたので、すかさずチェック!色々な商品が棚に並んでいて、野菜と果物を初め、ビールやインスタント食品まで。意外とビオスーパーのものも多いですね。賞味期限が切れたものとそうでないものもとても良心的なお値段で手に入ります。商品が全部大手スーパーやビオスーパーから流れてきた物。印刷ミスのパッケージや [続きを読む]
  • 西洋弟切をとりに行きましょう!
  • これからセイヨウオトギリの花が咲いているから、自然に出てこの余り目立たない、しかし力強い黄色の小花を採りましょう! ドイツでは抗うつ薬として昔から注目されていますが、オイルにつけて暫くおいてみたら立派な火傷に効くオイルが簡単に作れるのです。 [続きを読む]
  • ドイツ老舗のマスタードとは?@デュッセルドルフ出張
  • デュッセルドルフのお土産というと、矢張りAltbierですね。まあ、でも、持って帰るのも中々面倒ですので、別の名産品を探そうと思い立ちました。 偶々散歩したときにこの可愛い?器に入っているデュッセルドルフ名物マスタードが目を引きました。これだ!と購入!創業1726年、ドイツ最古の老舗A.B.Bマスタードと名付けられている、見た目も自然な色合いで、無添加の自然食品と言った感じです。試食してみたら、先ずからし種の本来 [続きを読む]
  • ベルリン夏の風物詩 第二弾!
  • 先日は、初夏になると絶対食べたい、甘い甘い黒チェリーをご紹介しましたが、今日は、こちらも今の時期に食べたい、いちごです。今、町のあちこちに、いちごスタンドがたっています。この箱にいっぱいはいって、6.5ユーロ。実は、あまりにおいしくて、写真を撮る前に、たくさん食べてしまいました・・・ いちごスタンドをみかけたら、ぜひぜひ食べてみてください。 [続きを読む]
  • ヒルデガルトの音楽
  • セラピスト8月号では、ヒルデガルトの音楽についてご紹介しました。そこにも登場したガビー先生の自宅にインタビューに行った時の写真です。中世音楽の演奏会で使われる楽器↓ガビー先生のCDを聞いてみたい方は、こちらのショップでお買い求めいただけます。 ↓このCDで、心安らかな音楽をぜひ聞いてみてください。 [続きを読む]
  • 一つ星和(?)食『Nagaya』@デュッセルドルフ出張
  • ドイツで一つ星を取得している日本人シェフと言えばやはり唯一、この『ながや』さんですね。 有名な神田川シェフの下で勉強して、ドイツのトップ日本レストランで勤めた経歴をもっている彼が自分のレストランをオープンして、ミシュランの一つ星をゲット。 無理を感じるフュージョン的な和洋折衷料理ではなく洋に溶け込んだ和食と言った感じでしょうか? 一品、一品の盛り付けも素晴らしし、繊細で上品な味付けに心が惹かれます。 [続きを読む]