Le Ono さん プロフィール

  •  
Le Onoさん: HONESHIKI
ハンドル名Le Ono さん
ブログタイトルHONESHIKI
ブログURLhttp://le-ono.hatenablog.com/
サイト紹介文詩、写真のサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/03/05 11:11

Le Ono さんのブログ記事

  • 7月とビール
  • ビールはぼちぼち飲んでる。毎晩1本か2本で十分。もちろん飲まない夜もあるよ。だからぼちぼち。なんか前みたいにべろべろに泥酔するほど飲みたいとかはなくなったね。結局人間って脳味噌次第だよな。思考が変われば行動も変わるし、行動を変えれば思考が変わるんだよ。 飲まなくたって別にどうってことないけど、なんとなく軽く飲んだほうが生活にいい潤いが生まれる気がして飲んでる。いいじゃん、気持ちよくやろうぜ。絶対飲 [続きを読む]
  • おそらくペチャンコ
  • 26日に吹き荒れた強風は翌27日になってもまだ続いていた。左には私鉄の線路と川が見えた。山間の細くくねった県道を車で走っていると、突然目前に倒れた巨木が現れた。枝木も多く、その先はあまり見えなかった。あぁ通行止めだなと思っていると、すぐ近くの配送センターの事務員さんが走ってきた。助手席の窓を下げて話を聞く。ほんの15分程前に倒れてきたらしい。法面の隣の木も危ないだろうから、すぐUターンした方が良いと助 [続きを読む]
  • 小雨がそぼ降る灰色の海辺
  • 先月、三浦半島を訪れた時好きな風景を見付けたのだが、あまり時間もなく思うように写真が撮れなかったので、昨日またドライブがてら遊びに行ってきた。小雨が降ったり止んだりの天気だったが、前回も同じような条件だったので逆にイメージ通りで良かった。今回撮った僕の好きな風景。たとえば寂れた漁港周辺、営業してるのかしていないのか分からないレストラン、広大な畑の中の斜めに立った木の電柱、それに吊るされた弛んだ [続きを読む]
  • 月曜の朝の憂鬱には野村訓市のAntenna TRAVELLING WITHOUT MOVINGをどうぞ
  • 朝、海へ行ってこんな動画を撮ってブログに載せれば、僕の拙い日記や考え事なんてわざわざ書く必要もないよなぁ。なんてことを少しだけ思う。そんな月曜日。月曜日がつらいというのは、この世に生きている人なら誰しも感じることだろうけど、だからこそ、そんな憂鬱を少しでも上手くやり過ごす術をひとつ位は持っているんじゃないかな。もし何かないかなと探している人がいたらこれを試してみて欲しい。僕の場合は通勤時にラジオを [続きを読む]
  • 7ヶ月ぶりにビールを飲んだんだ
  • 7ヶ月ぶりにビールを口にした僕は徐々に酔いが回り始めるのを感じていた。酔うと言えば聞こえは良いが別の言い方をすれば脳と身体が麻痺している状態のことだ。常飲している頃は、それが麻痺だなんて考えずに、自分が開放的になっていく感覚が心地良かったのだが、飲まないことが当たり前の今となってはその痺れる感覚を怖く感じてしまう。身体の動きが鈍くなったり、呂律が回らなくなったり、笑いが止まらなかったり、泣き [続きを読む]
  • それでも僕らは今日も特大ブーメランを投げ続ける
  • 今の時代、誰でも平等に自分の主張したい物事をブログやSNSを通じて表現することが出来る。つまり普段の生活で感じる不平不満を手軽に、おまけに無料でブチまけることが出来るということ。大変結構なことなのではあるが、ひとつ理解しておかなければならないことがある。それは、不満を言う側も言われる側も同じ社会の中で似たような経験をしており、あなたが誰かに感じている不満と同じものを、ほかの誰かがあなたに感じていた [続きを読む]
  • 1か月経った今、アラーキーのパワハラ騒動を口にする者はいない
  • 荒木経惟さんのパワーハラスメント騒ぎが起きてから、およそ1か月が過ぎた。僕が知る限り、荒木さんの公式な発言、弁明、謝罪等は無い。僕は当初からこの件に関して、荒木さんは黙ってやり過ごすのが最善の対処だと思っていた。そもそもKaoRiさんの書いたnoteの記事を読んで僕が思ったのは、あれは告発などではなく、KaoRiさんの未練と恨みと反省がたっぷり混ざった、過去の自分との決別と未来の自分への激励だということ。だか [続きを読む]
  • 匿名なのをいいことに汚い言葉で他人を叩いたり罵ったりする可哀相な人達
  • ネットニュースのコメント欄やSNSなどで、匿名なのをいいことに汚い言葉で他人を叩いたり罵ったりする人達を見ると可哀相になる。僕には叩かれている人より叩いている人の方がずっと薄汚くそして気の毒に思える。よほど抑圧された生活若しくは荒んだ生活なのか。自分とは程遠いところで起こった出来事になぜそこまで感情移入出来るのかほんとうに不思議だ。いや、自分とは無縁のことだからこそ無責任な発言が出来るのか。い [続きを読む]
  • カメラは1台あれば十分だ、人生を楽しくする程度の話なら
  • カメラなんて金を出せば何台も好きなだけ買うことが出来る。手持ちが無けりゃ月賦で買うことだって出来る。旧いカメラ、最新のカメラ。どんな名機を持っていたってそんなの自慢にもなりゃしないよ。棚や防湿庫に並べて、ウイスキーなんて飲みながら悦に入る。自己満だから放っておけって?ふーん。誰だって最初は、写真が撮りたくてカメラを買ったはずなのに、いつの間にかカメラが欲しくてカメラを買っている。あれ、随分おかし [続きを読む]
  • 写真とは真を写すものですか?
  • 人間は見たいものだけを見る動物だと言われている。良くも悪くも興味のあることしか目に入らないというわけだ。写真の話として続けると、まず脳が自分の興味のあるものだけを無意識レベルで認識する。そしてその認識したものの中から、自分の写真の被写体として相応しいものだけを選別しレンズを向け、自分好みの構図を決めてシャッターを切る。つまり1枚の写真には意識・無意識の2重3重のバイアスがかかっていることになる。 [続きを読む]
  • げんべいのビーチサンダルを手に入れろ
  • 自由って言葉を目に見える物に例えるならば、あなたは一体何にしますか。100人いれば100通りの答えがあるだろう。それはバイクだと答える人もいれば、それはビールだという人もいるかもしれない。ぼくはといえば、考えた末にビーチサンダルだと答える。こんなに開放的で楽しい気分になれる履物などほかにない。正にぼくにとって自由の象徴だと言える。おまけに丈夫で、安いときてる。本当に申し分ない代物だ。しかし残念ながら一 [続きを読む]
  • 「頑張る」の反対語は「夢中になる」なんだぜ
  • もう随分と頑張るということをしていない。「頑張る」というのは、嫌なことをする時に自分を奮い立たせるために使う言葉で、好きなことをするときには頑張る必要はない訳で、その場合は「夢中になる」という言葉がぴったり来る。もっとも僕の場合はその頑張らなければならない時でさえ、なるべく頑張らない。例えば手を抜いたり、サボったりする。なぜなら嫌なことはしなくないからだ。頑張る時間があるなら、僕はもっと夢中にな [続きを読む]
  • この感覚、忘れていたかもしれない
  • ここ半年ほどずっと一眼レフで撮っていたが、久しぶりにコンパクトカメラを持ち出した。僕が使っているのは、オリンパスのXZ-1という中古で買ったカメラだ。プログラムオートに設定し撮ると、まずそのスピード感にやられる。全部カメラに任せてただシャッターを切る。ただそれだけ。この感覚、忘れていたかもしれない。一眼レフでファンダーを覗きながら撮るのはもちろん好きだが、どうもいろいろと考えてしまう。そのことが良い [続きを読む]
  • こんなに優しい気持ちになれる歌を僕はほかに知らない
  • 今までの人生の中で一番好きで、一番聴いたアルバム。初めて聴いたのは20代半ばだったかな。これより好きなアルバムはもう出て来ない気がする。中でも特別好きなのは、2曲目の San Diego Serenade。こんなに優しい気持ちになれる歌を僕はほかに知らない。自分だけが着る分には問題がないだろうと思い、このレコードジャケットをプリントしたTシャツを作った。少しプリントが大き過ぎた気もするし、若干右に寄っている気もするが [続きを読む]
  • LONOCHROME.comをよろしくお願いします
  • 拝啓、新緑がまぶしい季節になりました。いかがお過ごしでしょうか。この度、僕ル・オノのブログ「LONOCHROME」は、はてなブログPROに移行いたしました。これを機に新たに「LONOCHROME.com」として再出発します。人生はあてのないドライブです。これからは僕と一緒にのんびりドライブでもしませんか。読者登録もお待ちしております。一緒に楽しみましょう!www.lonochrome.com [続きを読む]
  • 今を変えるのは今しか出来ない
  • 現在は過去を含んでいる。未来は過去と現在を含んでいる。自分で自分の過去を否定することは、自ら未来の可能性を捨てることだ。過去を変えることは誰も出来ないし、未来を変えることもこれまた出来ない。なぜなら今を変えた結果が未来なのだ。今を変えるのは今しか出来ない。始めたり、お終いにしたり、ちょうど良い季節。イキテル・ソング~オールタイム・ベスト~アーティスト: 高田渡,高田渡&ヒルトップ・ストリングス・バ [続きを読む]
  • 生の声というのは本当に価値がある
  • 僕はひとつ気になりだすと、ずっとそのことばかり考えてしまう癖がある。妻からはあなたはものすごく分かりやすい人だと言われる。実に単純なんだ。最近は小さな家のことばかりが気になり、ネットで検索したり、本屋でそのような本を探したりしている。僕がいう小さな家とは、小さな平屋のことだ。ゴールデンウィークが始まったが、さして予定のない僕らは思い立って、世田谷にある住宅展示場に行ってみることにした。お目当ては [続きを読む]
  • 生の声というのは本当に価値がある
  • 僕はひとつ気になりだすと、ずっとそのことばかり考えてしまう癖がある。妻からはあなたはものすごく分かりやすい人だと言われる。実に単純なんだ。最近は小さな家のことばかりが気になり、ネットで検索したり、本屋でそのような本を探したりしている。僕がいう小さな家とは、小さな平屋のことだ。ゴールデンウィークが始まったが、さして予定のない僕らは思い立って、世田谷にある住宅展示場に行ってみることにした。お目当ては [続きを読む]
  • 自らをひねくれ者を称する人たち
  • 変わっている、ひねくれている、周りと違っている、などと自称する人達はどんな環境でも一定数いるもので、そうやって自分を卑下してみせることで逆に自らを実態以上に思わせようとする行為は、いかにも凡人が考えることだなぁと思し、そういった思考を持つ人が多いということは、もう十分多数派に属しているということになる。私は人とは違うと考える事自体、人と同じなのだ。 [続きを読む]
  • 自らをひねくれ者を称する人たち
  • 変わっている、ひねくれている、周りと違っている、などと自称する人達はどんな環境でも一定数いるもので、そうやって自分を卑下してみせることで逆に自らを実態以上に思わせようとする行為は、いかにも凡人が考えることだなぁと思し、そういった思考を持つ人が多いということは、もう十分多数派に属しているということになる。私は人とは違うと考える事自体、人と同じなのだ。 [続きを読む]