willson さん プロフィール

  •  
willsonさん: 音のある毎日
ハンドル名willson さん
ブログタイトル音のある毎日
ブログURLhttp://willson.blog.jp/
サイト紹介文ユーフォニアム吹いてます。関東中心に東京藝大卒業生中心の講師陣によるレッスンの斡旋も行っております。
自由文クラシックのコンサートや金管楽器の奏法を中心に日々更新しております。
管楽器アンサンブルグループEnsemble Levent企画代表。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/03/05 21:33

willson さんのブログ記事

  • ステマネという仕事の3つの魅力
  • 以前、ステマネの仕事内容についてこちらの記事で書かせて頂きました。 →ステマネの仕事内容|ソロや室内楽の演奏会 上の記事にも書いたように、私...投稿 ステマネという仕事の3つの魅力 は 音のある毎日 に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • ステマネの仕事内容|ソロや室内楽の場合
  • 色々なご縁から、多くの演奏会でのステージマネージャー(通称:ステマネ)をさせて頂く機会が多くなりました。 ステマネというと、オーケストラなど...投稿 ステマネの仕事内容|ソロや室内楽の場合 は 音のある毎日 に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • トワイライト・トロンボーンカルテットの4つの魅力
  • 本日はこちら。豊洲文化センター内にある豊洲シビックセンターホールで行われたトワイライト・トロンボーンカルテット レギュラーコンサート vol.1Twiright Trombone Qurtet Regular Concert vol.1大学時代の先輩方によって結成されたトロンボーン4重奏の演奏会です。今までの音楽劇などを取り入れた比較的アットホームなコンサートとはまた少し異なる、演奏一本勝負、初開催となるレギュラーコンサートでした。カルテット自体は20 [続きを読む]
  • 能とは何か。能の楽しみ方とクラシック音楽との比較
  • 今日は、雨の中初訪問の国立能楽堂へ。総武線の千駄ヶ谷駅から歩くこと5分。趣のある門をくぐると東京の都心とは思えないような荘厳な建物がありました。さすがに「国立」というだけあって素敵な風貌。ふと思ったが、「国立」のクラシックホールってあるんだろうか…検索しても「クニタチ」のホールが出てきてしまったので、今回は割愛。さて、本日の訪問の理由はこちら。第25回浅見真州の会こちらの会の前半で、大学時代の同級生 [続きを読む]
  • 公立中学校での芸術鑑賞会のススメ|葛飾区立青葉中学校
  • 2017年10月10日。この日はなんでも「ドラムの日」なんだとか。あと、焼肉の日、目の日、魚の日…etcさて、そんな「〇〇の日」が盛りだくさんのこの日、アンサンブル・ルヴァンは葛飾区立青葉中学校さんへ芸術鑑賞会(芸術鑑賞教室)でお伺いしました。こちらの青葉中学校さんは今春葛飾区の修徳高校さんで行った“初心者講習会”の参加校のひとつでした。その時に講師をつとめていたアンサンブル・ルヴァンのことを顧問の先生が覚え [続きを読む]
  • アンサンブル・ルヴァン 4th Concert
  • アンサンブル・ルヴァン4th Concert無事に終演いたしました。2013年からはじまったこのコンサートも今年で4回目。今までは「春の管祭り」という名前で演奏会を開催してきましたが、4年目となる今年は、アンサンブル・ルヴァンEnsemble Levent 4th Concertと名前も改めての開催となりました。プログラムはこんな感じ。今年はフランスとイギリスに因んだ曲を並べてみました。(前半)・水上の音楽/ヘンデル(金5)・クープランの墓/ラヴ [続きを読む]
  • 【動画】管楽器演奏中の口の中の変化
  • 演奏中の口の中は果たしてどうなっているのだろう?どうなっていればいいのだろう?という疑問を管楽器を演奏している人なら一度は考えたことがあると思う。私自身も大学時代にこの疑問が頭に浮かんで、“演奏中の口の中を見ることができたら良いのに”と思っていた。そしてついにそれを実現した動画が公開された。被験者はベルリン・フィルホルン奏者のサラ・ウィリス。動画では全部で25パターンの口内及び胸部の映像が公開されて [続きを読む]
  • 吹奏楽部が知っておきたい定期演奏会「演出」のコツ
  • 年度最後の月。3月。この時期に「定期演奏会」を行っている吹奏楽部(団)もたくさんあるのではないだろうか。演奏と同時に多くの学校が取り組むもの。それは、「演出」多くの学校が一度は経験したことのある演出について、今回はその時に気を付けたい「演出のコツ」について書いてみたいと思う。そもそも演出がいるのか?といった論議もありますが、今回はそこについては触れておりません。■目次 1.誰のための演出かを考える  [続きを読む]
  • 小学校の時に芸術鑑賞会を行った方が良い5つのワケ
  • (前回の記事→芸術鑑賞会を小学校で行う時の3つの問題点)今回は、題名にもある通り小学校の時に芸術鑑賞会を行った方が良いワケについて書いてみたいと思う。私が、小学生の時には芸術鑑賞会と呼ばれるようなものはなかった。しかし、大人になってから自分が芸術鑑賞会を行う側として多くの学校にお邪魔させてもらうようになると、「自分も小学校の時にこういう経験ができたら良かったな。」と思うことがしばしばある。今回は、 [続きを読む]
  • 芸術鑑賞会を小学校で行う時の3つの問題点
  • 芸術鑑賞会というと中学校・高校の学校行事というイメージが強い。しかし、実際には小学生でも積極的に芸術鑑賞会やアウトリーチを取り入れている学校は多く、私自身も多くの小学校に芸術鑑賞会・アウトリーチでお邪魔した。今回は、そういった経験も踏まえて小学校での芸術鑑賞会について記事にしたいと思う。芸術鑑賞会を小学校で行う時の3つの問題点芸術鑑賞会を小学校で行うにあたって生じる問題が3つある。それは、 問題①: [続きを読む]