OH江戸ライフ♪ さん プロフィール

  •  
OH江戸ライフ♪さん: OH江戸ライフ♪
ハンドル名OH江戸ライフ♪ さん
ブログタイトルOH江戸ライフ♪
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/91950917takahiro
サイト紹介文パクス・トクガワーナ♪ とりあえず江戸時代っぽいものが好きなのです♡
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/03/05 22:45

OH江戸ライフ♪ さんのブログ記事

  • コレ、江戸となにか関係が…!?
  • 先日、都内某所を歩いていたら、『大学 箱根予選会 位通過 おめでとう』的張り紙を見かけました。(それは「安政遠足」 じゃなくて、こっち )ふんふん、そーいえば先月やってたよね、立川で〜 いつも博物館でお世話になっている明治大学さまは残念ながら13位で本選出場のがしたんだよね〜 個人的に(ゆるキャラの國ピョンが)好きな國學院は出場権取ったんだよね〜 と、しみじみ感慨にひたっていた時、脳裏にあの曲が流 [続きを読む]
  • うわーっ、なぞが解けないもん(門)
  • てなことで、一昨日狂喜乱舞した江戸始図および吹上御庭図ですが、例の『植木御門』『獅子口御門』という聞きなれない門名に、丸一日懊悩するハメになったのでございます っっきしょー! 始図なんか見に行くんじゃなかったー! ――と後悔してもあとの祭り。気になってほかのものが手につきましぇん ま、とりあえず、いつものようにネットでちゃちゃっと検索。ほうほう、こんな地図が出てきたぞ〜 (小平市立図書館HPさまよ [続きを読む]
  • もうすぐ終わっちゃうよ、江戸始図展!
  • てなことで、行ってきました、江戸始図展 やっぱ、行ってよかったよ〜 いや、だってね、江戸城についてはそこそこ把握してると思ってたけど、昨日見てみたら、知らないことばっかだったよー まずは、大手門前の大下馬付近に注目。あそこは、大名行列のお供が殿さまが返ってくるまでの待機場所で、トイレが敷設された簡易休憩所くらいしかない広場だと思ってたら、幕初ころは門の前までビッチリ大名屋敷が建ってたんやね それど [続きを読む]
  • やった〜 ♪
  • 先日、某所でやっている活動で、1日のアクセス数最高記録を更新しました今までの最高記録は数年前の21000/日でしたが、23000/日が出たと思ったら、次の日は29000/日にっ まあ、あとはどんどん落ちていくでしょうが、なんかちょっとうれし〜 (あっちでこんなこと書くと、アンチな方々からメンタル削られるコメントが来そうだから、ここでこっそりよろこびを噛みしめますぅ…………しょーがないじゃん、チキンな [続きを読む]
  • やっぱ、福沢はキライじゃ〜!
  • いえね、「福沢、むかつく!」と思ったのは昨日今日のことじゃないんですが、先日、オグさまが遣米使節団のオミソ団員に、「ねぇ、福沢くん、アメリカのこの『新聞』って、なかなか良いよね? 君、ちょっとコレやってみない?」的なお言葉をかけられたと知り、(うーん、オグさまがお声をかけたというなら、福沢某とやらにもイイところがあるのかもしれない……もう一度、見直すべきではないか?)と、反省して、偏見なく虚心に調 [続きを読む]
  • 【オグさま祭り継続中】 小栗上野介さまをぜひぜひ大河に!
  • 主演は高橋一生さまで。ぎゃー、イメージぴったりー 資料がほとんどない直虎が大河になるなら、オグちゃまなんて全然余裕!むしろ、ネタがありすぎて困るくらい BGMとして、19世紀っぽいこちらの曲なんかどうっすかね?そして、容保さまは当然こちらで家茂くんはぜひこの方に(もちろん左の千葉雄大くんの方だよ)瀬兵衛さまは誰がいいやろ〜?なにしろ、昌平黌出の秀才で、蝦夷に左遷されている間に、きっちりフランス語習 [続きを読む]
  • 行ってきたよ 佐幕派聖地・小栗忠順公終焉の地っ!
  • 救国の英雄にして日本史上最高の能吏・小栗忠順公 ご真影いやいや、どうもみなさん、お久しぶりですぅじつはですね、8月にパソコン買い換えたら、編集画面に入るパスワードが消えちゃって(ずっと自動ログインしてたからね)、長らく「わっはっは、まいったね、こりゃ〜」状態だったのですが、昨日、堆積した地層の中から昔のスケジュール帳が出てきて、そこに書いてあったんすよ、パスワードがそのほかにも、畑で負傷して独眼竜 [続きを読む]
  • トマトのピクルス
  • 《ゴマが育てている桃太郎トマト(ミニトマトのアイコも作ってるよ〜) 》連日の猛暑の中、ゴマは去年に引きつづき、今年も市民農園を借りて野菜作りにはげんでいます。とはいえ、メキメキ向上するはずの体力はあまり変わらず、一動作ごとに立ちくらむ現象が頻発しているのです(……なぜだ )そんなこんななので、今が旬のトマトを収穫するときも、フラ〜っとして青い実つきの隣の枝までバッサリいってしまうという失態つづき  [続きを読む]
  • 江川の堅パン(←『八重の桜』なイメージでお読みください)
  • 《江川英龍:江戸時代後期の幕臣。伊豆韮山代官。通称・太郎左衛門。号は坦庵》《パン祖パン:江川太郎左衛門によって作られたパンを再現したもの。by「蔵屋鳴沢」》はりゃりゃ〜 ここはどこ〜 ワタシは誰〜(よしよし、これで半年間サボってたのもごまかせたはずだ…… )あー、さてさて、先日、江戸検界先達のTさまから、上記「パン祖のパン」を送っていただきました (あっざーす!)Tさまは歯医者さんなのですが、「歯 [続きを読む]
  • まだまだ続く庄内藩祭り
  • あ、みなさん、あけましておめでとうございます気づいたら、年があけてましたきのうは久しぶりに銀座的なところに行って、真昼間から新年会ランチして、いい気分でフラフラしてきました〜で、いつものように山形アンテナショップに行ってきたりしたわけですが……あったんですよ、アレが「きつねめん」 by 菓子の梅安さん(鶴岡市大西町:トチの実菓子がお得意の店らしい)味はひと言でいうと落雁ですな。原材料は、アズキ粉、 [続きを読む]
  • 庄内の釣りは深いっ!
  • (庄内藩校・致道館 表御門)先日サラリと、「日本最古の現存する魚拓は、忠発公の釣ったフナ〜」なんて書いてしまいましたが、ちょいとググってみましたら、庄内の釣りは『釣道』と呼ばれる武芸の一環だった!というおどろくべき史実にぶち当たって、いまホコリまみれの居間から、鶴岡方面にむかってお詫びの平伏をしたところでございますちゅーことはですよ、天保10年2月のあの40cmの巨大フナを釣り上げた世子(当時)忠 [続きを読む]
  • ごぶさたでーす
  • ひゃっほーい、お久しぶりでーすぼけーっとしてたら、あーっというまに一ヶ月すぎちゃいました〜いや〜、それにしても、今年も残すところあと半月ほどになっちまいましたねてなことで、キリシタンでないゴマはクリスマス関係ないので、テンプレをさくさく正月用に替えてみました〜で、この間、またまた山形アンテナショップに行って、ミルクケーキとか前回よりちょいと小ぶりになった庄内柿なんぞを買って帰ろうとしたら……なんか [続きを読む]
  • 第13回京都検定受験申込は11月7日(月)をもって終了いたしました
  • てなことで、申し込む前に受付終了しちゃいましたよ〜、わっはっはっは、まいったね〜……だってさ、なんか入っていけないんだもん、京都って……(ブツブツ)……なんか「一見さんお断り」オーラ満載っていうか、肌が合わないっていうかこんなヤル気ないのに5000円近くドブに捨てるのは、ビンボーなアザラシにはけっこう痛いし……(ブツブツ)……(それなら、地道に3級から受ければというご意見もありますが、面倒くさいし [続きを読む]
  • 『庄内藩祭Ⅰ』後夜祭
  • 過去記事にも書いたのですが、(2015.2.12「奥羽越列藩同盟」)ゴマの母アザラシは山形県新庄市出身です。(好物は『くじら餅』と、『あじさい煎餅』と、『えご』(えご草という海藻を煮溶かして固めたもの)どれもアンテナショップで売ってます〜)じゃなくて!あれからちょっと気になって山形弁の載っているサイトを見ていたら……衝撃の発見がー「かます」は、標準語じゃなかったのかーっ!?「かます」=「かき混ぜる」という [続きを読む]
  • 『庄内藩祭♪』(あ、個人的にね)
  • 最近、某所での活動に関連して、庄内藩についてちーとばかり調べております。てなことで、昨日は取材をかねて、都心をうろうろ。まずはJR有楽町駅で降り、こちらで庄内柿を購入。山形県アンテナショップ『おいしい山形プラザ』(東京都中央区銀座1-5-10)【庄内柿】  70(なんで最初に柿購入かといいますと、前回、夕方に行ったら売り切れだったんで)庄内柿とは、平べったい角型の種なし柿で、鶴岡の代表的フルーツらしゅう [続きを読む]
  • いよいよ本番っ!
  • 早いもので、第10回江戸文化歴史検定試験日から、あさって3日で丸1年。さて、11/3、いよいよ本番、第11回江戸検ですぞ〜てなことで、「みんな、ガンバっ」の応援画像(秋の会津鶴ヶ城)(雪の鶴ヶ城)(鶴ヶ城 with)思えばこの1年、いざ合格したものの、とくにそれを活かして何かするわけでもなく、毎日ダラダラしてたな〜よし……ゴマもがんばろ、会津関係っ(スイマセン、わけのわからん決意表明で) [続きを読む]
  • 本当に申しわけありませんでした
  • 江戸時代好きが高じすぎて、以前も「古民家に住みた〜い」などという妄言を垂れ流したことがありましたが、(2016年2月23日「あこがれの古民家」)、ムダに計画的なアザラシ=ゴマはこの春から菜園をはじめたのですだって、古民家  ビンボーだから、中心街の不動産なんて買えましぇん  不便なところで探すしか……  買い物どーすんだよ  コメ・肉・魚はとりあえず週一で買いにいって冷凍すればよくね?  でも野菜 [続きを読む]
  • 海援隊カステラ
  • きのう坂本龍馬の名が出たので、つい思いだしちゃいましたよ、『海援隊カステラ』なんでも、2010年の大河ドラマ『龍馬伝』のころから発売されているらしいんですが、龍馬伝は興味なかったから、長崎旅行行くまで全然知らなかったま、佐幕派のワタクシにとって、海援隊なんてどーでもいいっちゃ、いいんですが、聞き捨てならないのは、「幕末のレシピを忠実に再現・復刻したカステラ」ちゅーキャッチコピーっ!なんでも『雄魂姓 [続きを読む]
  • 明治天皇すり替え説 ③
  • まずは、こちらの写真をご覧くださいこちらは「明治天皇すり替え説①」にも登場した、すり替えの根拠として有名な「華奢な睦仁親王」写真です。でも、これを見たとき、「ずいぶんぼやけてるなー それに、これが睦仁親王だって証拠はあるの?」とひねくれたことを考え、「もっと鮮明な版はないかいな〜」と探したら……あったんですよ、これがまた!その写真がコチラほれ、全員の配置から衣裳の感じまで、すべていっしょでしょ?で [続きを読む]
  • 明治天皇すり替え説 ②
  • こっちのオサムライさんにも似てるけど、エグザイルの人にも似てないか?前回は興奮のあまり、疑惑ポイントがとっ散らかったまま終わってしまったので、あらためて整理してみます。すり替え説の根拠:① 睦仁親王の身体的特徴・性質が、即位前後(14〜5歳頃)でまったくちがう(後で検証)② 聖徳太子が十七条の憲法で「篤く三宝を敬え、三宝とは仏・法・僧なり」とまで言及し、その後歴代天皇が篤く保護してきた仏教を維新後 [続きを読む]
  • 明治天皇すり替え説 ①
  • エドアルド・キヨッソーネが描いた絵を写真撮影したもの:明治21年(1888年)明治5年(1872)4月、内田九一撮影の束帯姿の明治天皇明治5年(1872)洋装の明治天天皇では、本題に入る前にいつものようにおさらいから。明治天皇:日本の第122代天皇孝明天皇第二皇子生母は、権大納言・中山忠能の娘・中山慶子嘉永5年9月22日(1852年11月3日) 京都石薬師 中山邸にて生誕同  年9月29日 父・孝明天皇 [続きを読む]
  • イケメンは正義っ!
  • (この美形が、なぜ歳をふるとこんな怪しいコスプレさんになるんだ???)というのはさておき。佐幕派を自任するワタクシは、当然、敵方のシングルイシュー=尊王攘夷思想なぞも探っていたりします(エライぞ、ゴマ)その結果、平田篤胤の「復古神道」が、尊王攘夷思想やその後の日本の悲惨な進路に少なからず影響したのではないかと、気づいたのです(遅っ)では、平田なんちゃらはどんな人かといいますと、(キライだから画像は [続きを読む]
  • おそるべし、天海っ!
  • (慈眼大師天海像)では、いきなりですが、ここで天海さんについてのおさらいをしましょう天海:天文5年(1536年)? 〜 寛永20年10月2日(1643年11月13日)安土桃山時代から江戸時代初期にかけての天台宗の僧。南光坊天海、智楽院とも。大僧正。諡号は慈眼大師。徳川家康の側近として、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策に深く関与(以上、ウィキからの引用)……ま、ここまではいいとして、問題なのは天海=明智光秀疑惑でしょう [続きを読む]
  • 行ってきたよ〜、「幕末へのいざない」展
  • なんか最近すっかりシリーズ化してしまった「行ってきたよ〜、○○」展(ほかにあんまりネタがないからね〜)ってことで、今回はこちら外務省外交史料館 特別展示 「幕末へのいざない」なんたって、第1部(7月7日から9月30日)は、「黒船・開国・激動の幕末」ですぞーゴマの大好物でございますよ〜教えてくれたTさん、ありがとねー。ギリギリで行ってこれたよーそして、お昼ごちそうしてくれたCちゃん、めっさありがとーゴマは [続きを読む]
  • 「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」展 行ったよ〜
  • ということで、江戸東京博物館の「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」展、見てきましたシーボルトといえば、なんとなくこっちの肖像画を思いだしますが、今回は、あえて晩年の肖像画を使ってるんですね。そして、こちらが、日本人妻の「お滝」さんで、これは、その名をとって名づけられたといわれる学名:ハイドランゲア・オタクサこと、アジサイに、ちなんだ長崎のお菓子「おたくさ」(アジサイの花びらをかたどったパイ生地 [続きを読む]