takeyama さん プロフィール

  •  
takeyamaさん: 世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ
ハンドル名takeyama さん
ブログタイトル世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/takeyama-lawyer/
サイト紹介文弁護士である武山茂樹が、一般の方向けに法律をわかりやすく解説するブログです。
自由文新橋虎ノ門法律事務所の共同代表弁護士です。
http://www.st-law.info/index.html

また、別途司法試験受験生向けのブログも書いております。
http://shihoushikentoppa.blog.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/03/07 16:47

takeyama さんのブログ記事

  • NHK受信料判例その2
  • 前回の記事 NHK受信料は払わなければいけないのか?  の続きです。 どうやらインターネット上の投稿を見ると「それほどNHKに有利な判例ではない」との意見があるようです。 今日は、この点を深めてみたいと思います。 確かに、判例によると ・NHKが、契約をしていないTVの設置者に、「契約をしろ」と裁判外で請求しても、受信契約は成立にはなりません。 ・NHKが裁判を起こして、勝訴しないと、契約成立にはなりません。 ・その [続きを読む]
  • NHK受信料は払わなければいけないのか?
  • NHK受信料制度は、憲法に反しないという判決が、2017年12月6日に最高裁大法廷によって出されました。 判決の全文はこちらで読むことができます。http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/281/087281_hanrei.pdfただ、難しいですよ。 ここでは、なぜ、NHK受信料を払わなければならないのかということを、少しだけ解説させていただきます。 まず、放送法という法律に、次のような条文があります。 (受信契約及び [続きを読む]
  • 会社の法務と税務セミナー終了
  • 先日、平成29年11月7日(火) 会社の法務と税務というセミナーを実施しました。 お越しいただいた皆様方、ありがとうございました。 相続に引き続き川崎税理士とのコラボセミナーです。 私の方は、・契約したけどお金を払ってくれない場合はどうしたらいいの?といった問題や、・ブログの著作権の問題などをお話させていただきました。 川崎税理士は・節税のこと・消費税のことなどお話いただいたのですが、やはり「償却資 [続きを読む]
  • くまモンの弁当代は不当?
  • くまモンの弁当やドリンク代、会計検査院が「不当」指摘http://www.asahi.com/articles/ASKC85JFFKC8TLVB00M.html ご存じ熊本県のゆるきゃら、くまモンの弁当代やドリンク代が会計検査院から不当と指摘されたそうです。 もちろん、弁当を食べたりドリンクを飲んだのは、くまモンの中に入っていた人でしょうが(夢のない話ですね)。 県側の意見によると、中の人の健康維持目的で支出したそうです。 インターネット上では、中の人の [続きを読む]
  • いよいよ明日!「会社の法務と税務」!!
  • 税理士と弁護士が、起業直後に出会う、法律上や税務上のトラブルや疑問点を解説するセミナー 「会社の法務と税務」 いよいよ明日開催となりました。 まだ若干残席がございます。 もし、参加ご希望の方は、当事務所までご連絡ください。 内容は、といいますと・契約締結の際の落とし穴・人を雇う際の手続きとポイント・その他法律的なトラブルに陥らないためのポイント※今のところ、お金を取引先が払ってくれない事例などを想定し [続きを読む]
  • メモでも裁判の証拠になるの?
  • よく法律相談で聞かれるのが、メモでも証拠になるのかということ。 例えば、契約をして物品を引き渡したけど、相手がお金を払ってくれない。相手は契約がないといっている。そして、契約書は作っていない。 また、残業代を会社に請求したいけど、タイムカードのコピーを持っていない。 結論から言うと、メモでも、民事裁判では、証拠にはなります。ただ、その証拠から、契約があったとか、残業があったと裁判官が信用してくれるか [続きを読む]
  • 学校での黒髪強要は違法なのか
  • これ、昔からある話ですよね。http://www.sankei.com/west/news/171027/wst1710270044-n1.html地毛茶色なのに「黒髪強要」で不登校…修学旅行も「参加認めない」大阪府立高の女子生徒が提訴もともと茶髪などの黒髪ではない生徒に対し、黒髪に染めることを強制する。少なくとも、公立の学校で、もともと黒髪でない者に黒髪にすることを強制することは許されません。(私立は憲法が直接適用されないなど、難しい問題があるのでここで [続きを読む]
  • 株式会社の作り方総論
  • こんばんは、すっかり秋も深まり、冬の足音が聞こえてくる季節になりました。ブログのデザインも秋らしいものに変更してみました。 さて、前回は亀クッキーは亀の卵入り という話でしたが、 あまり遊んでばっかりと思われてもあれなので、今日は法律的な話を。 「株式会社のつくり方」という話です。 ビジネスとかマーケティングの話ではなく、あくまで法律的な手続きの話。 実はこの前、知り合いの方から聞かれたんですよ。「会 [続きを読む]
  • 亀クッキーは亀の卵入り
  • 亀クッキーって、亀の形をしたクッキーじゃないの? まあ、普通はそう思いますよね。 これは小笠原土産の「亀卵クッキー」 小さいけど原材料をご覧ください。 亀の卵が使われてるんですね。 亀を食べるなんて残酷だと思われた方。 亀(アオウミガメ)は小笠原諸島では貴重なたんぱく源だったそうで、亀料理は伝統料理だったそうです。 実際、父島や母島では亀の刺身や亀寿司、亀の煮込みなどが食されておりました。 これは亀の煮 [続きを読む]
  • 裁判官の国民審査ってなんでバツをつける方式なのか
  • 今日は選挙ですね。 台風の中、選挙に行かれた方、お疲れ様です。 さて、結果も気になるところですが、 今日は最高裁判官の国民審査について書かせていただこうと思います。 衆議院選挙の際に、最高裁判官の国民審査が行われます。 これは憲法に根拠があります。 憲法第79条 2 最高裁判所の裁判官の任命は、その任命後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際国民の審査に付し、その後10年を経過した後初めて行はれる衆議院議員総 [続きを読む]
  • 遺産の評価方法
  • 今日のブログは相続についてです。 親が亡くなった際、子どもや亡くなられた方の配偶者が財産を受け取ります。 例えば、A(父親)が亡くなり、家族が、B(母親)、C(長男)、D(長女)だとしましょう。Aさんが遺言を残していなければ、Bが財産の2分の1、CとDが4分の1ずつ相続することになります。 このように、相続する財産は、割合で決まってきます。とすれば、財産の価値、遺産の価値を評価する必要があるのです。 現金とか [続きを読む]
  • 会社の法務と税務【セミナーのご案内】
  • 税理士さんと組んだセミナー第2弾 今回は 「会社の法務と税務」 起業してからだいたい3年目以内の法人の経営者を対象に、会社経営の落とし穴となりがちな法務と税務の問題点を、弁護士と税理士が語ります。 弁護士と税理士の二人が語るセミナーは、お得だし役に立ちます。もちろん、3年過ぎていても、個人事業主でもOK 内容は、といいますと・契約締結の際の落とし穴・人を雇う際の手続きとポイント・その他法律的なトラブルに [続きを読む]
  • 車の割込みは犯罪になるの?
  • いま話題になっているニュースです。 「ライト点滅、止まれだと理解」 東名の夫婦死亡事故https
    ://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%8c%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e7%82%b9%e6%bb%85%e3%80%81%e6%ad%a2%e3%81%be%e3%82%8c%e3%8
    1%a0%e3%81%a8%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%80%8d-%e6%9d%b1%e5%90%8d%e3%81%ae%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e4%ba%8b%e6%95%85/ar-AAtk
    vTQ?ocid=spartanntp#page=2 高速道路で、ワゴン車の前 [続きを読む]
  • 作ったTシャツでやけどが発生!犯罪になるの?
  • どうやら、Tシャツを着て、皮膚にやけどを負った事件があったそうです。 配布Tシャツで皮膚
    やけど、100人超が重軽傷https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E9%85%8D%E5%B8%83%EF%BD%94%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%
    84%E3%81%A7%E7%9A%AE%E8%86%9A%E3%82%84%E3%81%91%E3%81%A9%E3%80%81%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%BA%BA%E8%B6%85%E3%81%8C%E9%87%8D%E
    8%BB%BD%E5%82%B7/ar-AAtjO7H?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp このニュー [続きを読む]
  • セミナーは講師が教わるもの 相談会も勉強の場
  • 相続セミナーが無事終了しました。 9月23日(祝)に川崎税理士とコラボして行ったセミナー。 今回は女性の受講者の方が多かったのですが、川崎税理士は女性目線から相続対策の落とし穴を、具体的に語ってくれました。 ちなみに川崎先生のブログはこちら税理士 川崎由紀子〜official blog〜 セミナーは、講師が受講生に教えるという形を一応取るんですが、実は講師の方も勉強になります。具体的な世の中のニーズがわかるからです [続きを読む]
  • 衆議院解散の憲法上の根拠
  • 安倍首相が、25日に記者会見を開き、28日に衆議院を解散する方針を表明したそうです。http://logmi.jp/237319 ここでは、衆議院の解散の憲法上の根拠について、改めて考えてみたいと思います。まず、憲法69条という条文を見てみましょう。 第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。 これは、衆議院が内閣 [続きを読む]
  • いよいよ明日!いよいよ明後日!!
  • いよいよ明日になりました!相続セミナー 「あなたに相続対策をすすめない理由」2017年9月23日(土祝) 13時30分〜15時10分@クロスコープ青山まだ若干残席があります。ご興味のある方はぜひお申込みください。 お申込み方法はリンク先を してくださいね。 また、いよいよ明後日になりました。所沢、すこやか整骨院さんの 無料相談会平成29年9月24日(日) 10時〜13時@榎町すこやか整骨院※最寄 [続きを読む]
  • 所沢で無料相談会やります
  • 今度の日曜日の午前中に、埼玉県所沢市のすこやか整骨院さんで無料相談会を実施します。 所沢って、私はカイワレ大根のイメージでしたが、航空公園があったりといいところです。 無料相談会は予約制で20分程度ですが、無料だから聞いてみたいこともあるでしょう。 親戚に貸したお金ってどうなったのだろう?あの相続って?前、携帯の契約したけど、料金が説明と違う気がする? などなど、身近な疑問をぜひ解決していただきたいと [続きを読む]
  • あなたに相続対策をすすめない理由
  • 今度の土曜日に相続セミナーをやります。 「あなたに相続対策をすすめない理由」 いま、巷には「相続対策」をすすめる情報があふれています。 不動産を買うと、時価より安い値段で評価されるから、相続税が安くなるよ いやいや、マンション経営だよ 生前贈与が相続税対策には有効だ 生命保険で相続税を安くしよう 様々な情報があふれています。 確かに、人によっては、相続税対策に有効なものも存在します。 しかし、無条件におい [続きを読む]
  • 法定相続情報証明制度とは?
  • 法定相続情報証明制度 聞きなれない方も多いでしょう。 平成29年5月29日から始まりました。始まったわりに、あまり周知されていないような気もします。 それもそのはず。この制度を使うと、相続の手続きが「少し楽」にはなります。でも、「大幅に楽」になるものではないのです。 相続の手続きには、まず、相続人がだれかを確定させるために、被相続人(なくなった方)の戸籍謄本等を取ります。それも、生まれてから死ぬまでの [続きを読む]
  • 成りすましで狂った人生
  • 徳島県警が21歳女性を誤認逮捕、19日間勾留 「公演チケット売る」と女性に成り済ました女子中生を書類送検 http://www.sankei.com/west/news/170911/wst1709110017-n1.html うーん、このニュースを聞いて、ちょと警察ひどいなあと思ったのが正直なところです。 もちろん、私は記録を全部見たわけではないので、ニュースを見た限りのコメントですが。 この事件は、21歳の女性が、公演チケットを売りますとTwitterに書き込ん [続きを読む]
  • 相続法改正〜住居を遺産分割から除外?
  • 現在、相続に関するルールである、相続法の改正作業がすすめられています。 「配偶者の相続分が増加へ 住居を遺産分割から除外案」http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017071902000048.html いくつか改正点はあるのですが、その中で「配偶者の相続分(取り分)を増やす」方向の改正作業が進められています。 今までは、例えば夫がなくなると、妻と子どもが相続人の場合は、配偶者である妻が2分の1、こどもたちが [続きを読む]
  • 母国に帰れない不法滞在外国人
  • こんな記事がありました 「国外退去の旅券、イランとトルコ大使館が発給拒否 日本に不法滞在、数百人」http://www.sankei.com/affairs/news/170713/afr1707130005-n1.html 不法滞在などが発覚して、国外退去処分になる外国人の方は、多数いらっしゃいます。しかし、母国が受け入れないと、当然帰国させることはできません。 イランとトルコは、どうやらこの記事によると、本人が望んでいないなら、旅券を発給できないとするようで [続きを読む]
  • 刑法から強姦罪が消えた日
  • 昨日、改正刑法が施行され、刑法から強姦罪が消えました。 http://www.sankei.com/affairs/news/170713/afr1707130001-n1.html「親告罪」規定を撤廃 性犯罪厳罰化の改正刑法が13日に施行 性犯罪厳罰化のための改正と、報道されることが多いようですが、改正点は多岐にわたります。 ・「強姦罪」を「強制性交等罪」に改め、肛門性交や口腔性交も処罰の対象に加えました。 また、今までは男性は被害者にならなかったのですが、今 [続きを読む]
  • あなたに相続対策を勧めない理由
  • ちょっと先ですが、セミナーのお知らせです。 弁護士・税理士がわかりやすく教える一本進んだ相続の基礎知識「あなたに相続対策を勧めない理由」 日時:平成29年9月23日(土) 13時30分〜15時10分@クロスコープ青山 会議室 東京メトロ銀座線、外苑前駅近くです。 今回は少し応用編で、生前贈与を活用した相続対策の落とし穴や、名義預金の問題等を扱わせていただこうと思っております(あくまで予定ですが)。 お [続きを読む]