kokko さん プロフィール

  •  
kokkoさん: コッコ竹ちゃん、ちんたらやる
ハンドル名kokko さん
ブログタイトルコッコ竹ちゃん、ちんたらやる
ブログURLhttp://kokkotake.blog.jp/
サイト紹介文小豆島へ移住!島探索、ってんで写真をおもに。 中身は(パンチ)ドランカー気味グビリ。 基本追記系で
自由文小豆島へ移住しました。小さいけれど深い、歴史・文化のある島です。島のことを学びつつやっていければいいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/03/08 03:35

kokko さんのブログ記事

  • 10.讃岐府中の讃岐国府
  • JRでいうと高松と丸亀の真ん中あたりの坂出市・讃岐府中駅今はそこにある埋文センターでの発掘土器の接合の期間バイトに行っている。讃岐府中には昔、讃岐国府という古代の国庁があり、そこで発掘された出土品、奈良ー鎌倉時代の陶器や瓦の接合の仕事。瓦の多様な縄目文様、たくさんのパターンの陶器のかけら、人口釉、自然釉、むにゃりとにかく永遠のパズルの中に放り込まれたような感じで、作業間はずっと頭を使っている感じで [続きを読む]
  • 9.丸亀徒然 1
  • 丸亀へ移住し、もう2カ月。徐々に慣れて落ち着いてきたくらいか、かつて僕にとって丸亀は、猪熊弦一郎現代美術館に行くために駅前に下りるくらい、大体の場合においてはJRか高速で通り過ぎる町だった。駅周辺がぼんやりと丸亀のイメージを作っていた。あるいは可愛らしい讃岐富士のような。が、それは違っていた。面白いのは光、かつて経験したどの場所とも違っていて、なんというか、空より地面のほうが明るい土地。スキー場で [続きを読む]
  • 8.夜釣りのうしろ
  • 小豆島、夜、目の前の海、海に突き出た防波堤でガシラとメバル釣り。海を向いてぽかんと夜空を見上げつつ釣りをしていると、時折後ろからカガク臭のする煙が漂ってくる。頭の中が光る感じの嫌な匂い。背中の向こうで近所の人がビニールかプラ系のものかを燃やす。干潮時に海際の石畳の上でゴミを燃やし、満潮時にそれをさらわせる仕組み。また12時を越えたころからか、低い水産系の工場のようなところから排水がジャバジャバ流れ出 [続きを読む]
  • 7.そうめんの季節は
  • 冷たいそうめんほど気持ちの良い食感をもつ食い物は他にあるのか?咬み切るときのコリコリとした気持ちよさ。スルスルと柔らかく気持ちよく喉を下る。これほど美味く、取り回しがよい、コストパフォーマンスが高い食べ物は他にあるか?しかも調理開始から10分後に完食の超ファスト。この気持ちよさは季節を軽く越える。もしかして、そうめんほど不遇な扱いを受けている食材は無いのではないかと。僕の場合は小さなころの夏の思い [続きを読む]
  • 7.オリーブオイル徒然
  • 徒然いったいオリーブオイル選びは何を指針にすべきなのか、と未だに。オリーブオイルの何がどういいかなんて判断難しくない?偽装、価格、好み、緑果と完熟、オーガニック、産地、種類、とかあらゆる要素がそれぞればらばらで咬んできて、知るほど本当に良くわからない。いいオイルは?なんて答えは出せないけど、ひとまず感想くらいあってもいいかなと。例えば、昨今騒がれているエクストラバージン偽装。日本で売られている殆ど [続きを読む]
  • 6.小豆島の景色、夜、世界の蓋
  • 夜、世界の蓋星の王子様が星の上に立っている有名な挿絵、例えば、あの王子になったつもりで夜の星空を見るとする。足元の小さな星、小さな地面とどこまでも広がる星空、宇宙。島の夜、夜が来るのがいつも嬉しい。昼の島は閉じ込められた小さな世界、夜にはその世界を閉じ込めている蓋が開くよう星、月、流れ星、衛星、飛行機、夜に飛ぶ鳥、島影、対岸から届く光、数々の船、ボラの跳ねる音、それらは同じ景色の中に存在する。2km [続きを読む]
  • 5. じゃがいもとあおさのペペロンチーノ
  • オリーブオイルのことをもう少しくらい理解したいなと思って最近ずっと作り続けてきたペペロンチーノ。最初はアーリオオーリオから入ったけれど、美味しく作るのは本当に難しい。(アーリオオーリオ・エ・ペペロンチーノ:パスタ、塩、唐辛子、オリーブオイルの最小限で構成される基本のパスタ)それだけに面白く、少しづつ材料を変化させたり、挑戦しながら、とりま、ひとつの区切り。これはにんにくがホクッと芋っぽく感じられる状 [続きを読む]
  • 4. オリーブ徒然、散歩
  • オリーブ園とオリーブ公園は近所の散歩コース冬の収穫を終え、来期のための剪定作業が進んでいる。今は二月の終わり。オリーブは歳を重ねるごとに綺麗になる木だと思う。どっしりとしたフォルム、木肌はガザッと。その上に剪定された枝葉、なんと気持ちの良い。高松空港から航路がつながっているからか、今日も島にはアジアからの観光客が多い。よく中国人観光客のマナーが悪いなんて言われたりするけれど、それは違う。少なくとも [続きを読む]
  • 3.小豆島の景色、春の嵐
  • 小豆島は冬、天候は荒れ気味が良い。冬は景色に掛かる白い膜が剥がされてクリアになり、天候が荒れ気味の日は、小さな島は島である良さを開放するような感じ。自分を中心に世界が回ってくれるような得難い景色に会える時がある。例えば瀬戸内の島では、少し海際に出るだけで、ほんの少し高いとこに足を運ぶだけで、他の島々を見渡せたり、見おろすような、まるで世界を見渡しているかのような景色が展開される。簡易の絶景。この感 [続きを読む]
  • 2. メバルの潮汁
  • 瀬戸内といえばメバルだろう!という声は多い(と思う)。煮つけが抜群に美味い−、と。美味いって何だ?などと、高尚なことを考えたりもするのだ。時々、ね。考えたり。本当に美味いものは何か?って。世の中にいろんな美味いものあるけど、食った瞬間から体に染み、力になるのが感じられるものが本当に美味いと思うかもと。「染み」「渡る」、本当にまれに経験する至福島で頻繁に釣りに行くようになって、それはそれだけ釣って殺し [続きを読む]
  • 1. ガシラ(カサゴ)のアクアパッツァ
  • 過去レストランでアクアパッツァは何回くらい食べたろ?その記憶にはブッチで勝っているウチのアクアパッツァ。まったく難しくない調理。あくあぱっつぁ?なんと斜に構えたネーミングなどと、アクアパッツァ=不思議な水って意味だと。ガシラとアサリとオリーブって凄いね。チョイ端折ったレシピ1.下処理(えらうろこわた除き、塩を振っておく)したガシラを弱火で焼く。2.ガシラを裏返し、水とアサリ、オリーブの実、ケイパー [続きを読む]
  • 1. メテオ
  • 1. メテオ隕石衝突ゥウウウウ「もうだめだ!」「あきらめちゃだめ!」「えー面倒くさくね?それより飲みにいこうよう」(コッコ)ふふふふるい記事などゴミ!われわれは進化するのだーァ ゲブイ(クリボウヤ)オセオセ賛成!つかヤメロポチッとな。(ジョージ)アッ!!!!何しやがる!!!!!!(アケミ)ワタシお酒があれば良いワ(コッコ)創造と破壊!ココは多数の頭を持つヒュドラだ!大体おれっちはこの消去の瞬間のために生きているようなものだぜ [続きを読む]
  • ちんたらやる 小豆島でポケモンGO? / Take it easy Take! Pokemon Island? Shodoshima
  • Take it easy Take! Pokemon Island? Shodoshimaアケミ 「さて今回のちんたらやるは、ホントくっだらない!素人のグダグダポケモン話。過去最低の記事かもしれないわねwポケモンゲット?いいからお金持ちのパパを捕まえてきてッ!でもロコンのお人形ならもらってあげても良いわ☆アハッ!~だいたいこんな感じのポケモン小豆島なにもない?なにもないなにもないよぅーおいジョージ・・ちがうんだ。あるんだ。俺東京にいるときにポ [続きを読む]
  • 小豆島 ミノリジェラート (ジェラート) / Shodoshima MINORI GELATO (Gelato)
  • 小豆島 ミノリジェラート (ジェラート) Shodoshima MINORI GELATO (Gelato)  草壁港そばに新しくできたジェラート屋さん。瀬戸芸絡み、島のイタリアン・フリュウさんと大阪のgrafさんがともにつくったそう。島の旬の食材をたくさん取り入れたジェラート。倉庫物件のリノベーションのレベルも高いなー。さすが。いつもお客さんはいっぱい、ひっきりなし。草壁港の傍っていうロケーションも良いねェ。さて。島 [続きを読む]
  • 小豆島 umi cafe ECHO (カフェ) /Shodoshima umi cafe ECHO (Cafe)
  • 小豆島 umi cafe ECHO (カフェ) Shodoshima umi cafe ECHO (Cafe)  オリーブ園、オリーブ公園がある地区に待望のカフェ。眼前はオリーブビーチ。最高のロケーション。小豆島はもともと景色がいいとこ多い、けど。それを楽しめる食べ物屋は少ない。ここは観光客にも地元民にもいいとこだと思うな。まずハンバーガー、島バーガー。100パーセントパテ、トマト、カイワレ、紫蘇、モロミ、全粒粉バンズ、全部 [続きを読む]
  • 小豆島 浪花堂 御塩 (塩) / Shodoshima Namihanado Goen (Salt)
  • 小豆島 浪花堂 御塩 (塩) Shodoshima Namihanado Goen (Salt)小豆島はもともとの特産−塩から、醤油やそうめんに繋がったという。とはいえ、一度70年代に、専売法により島の塩田は死に絶えたという。だが人類は滅びていなかった!最近、きちんと塩を作る人が出てきたと−ヒャッハー!!いまさ、料理本とか、おしゃれ保存食の本とかさ、平気で自然塩を使うのがいい、なんて書いてたりするけどさ、自然塩ってああた、どのレベルで [続きを読む]
  • 小豆島 寒霞渓 新緑 / Shoudoshima Kankakei - Fresh green
  • 小豆島 寒霞渓 新緑の季節Shoudoshima Kankakei - Fresh green小豆島には日本三大峡谷美、国立公園寒霞渓がある。寒霞渓はたぶん、小学校の修学旅行以来?たぶん?島で一番高い山・星ヶ城そばの峡谷。峡谷はロープウェーで上るのが実際一番なのだろうけど、今回は車。なので、頂上付近の写真ばかりなんだけど、まあ軽めに。新緑の季節ということで。緑がきれいだな、とか思いながら車を走らせていたら、サルの群れに出会う。みんな [続きを読む]
  • 高知 宿毛のきびなご (特産) / Kochi Sukumo - Silver Striped Round Herring (Speciality)
  • 高知 宿毛のきびなご (特産) Kochi Sukumo - Silver Striped Round Herring (Speciality)母から宿毛のきびなごが送られてきた。郵便局で頼んで送ったとかなんとか。とにかく届くらしい。頼んでのち、魚が採れてから届けるシステムになっているみたい。「そのうち届くからー」と聞いて、2週間は軽くたっていて、もう忘れていたころに届いた。たぶんきびなごがたくさん取れる時期になったのかな。新鮮でいいものが届いた。きびなごの [続きを読む]
  • 小豆島 お肉の山下屋の弁当 / Shodoshima Yamashitaya (Lunch box)
  • 小豆島 お肉の山下屋の弁当Shodoshima Yamashitaya (Lunch box)  http://www.yamashitaya.net/たまたま入ったぶっきらぼうなスーパーで買ったお弁当、お惣菜や、オリーブ燻製ハムなんかで有名なお肉の山下屋さんの弁当でした。まず写真がド下手な上に、もともとフォトジェニックな弁当ではない。けどね、すごいいいお弁当だから。個人的にド・ストライク。池田にあるマサゴというスーパーで発見。ほかにも置いてあるとこない [続きを読む]
  • コッコのド素人園芸メモ オリーブ ミッション / Gardening Kokko? Olive Mission
  • Gardening Kokko? Olive Missionオリーブ:モクセイ科の常緑樹。地中海生まれで、樹齢は極めて長い。温暖な気候を好み、乾燥に強いようなイメージだが、降水量も必要。鉢植えでの栽培は土が乾いたら、鉢からあふれるほどの水を与えてよいという記述が多い。基本、自家不結実性が強い、つまり、実をつけたければ二品種を同時に植えるのが良いとされる。種ではなく、果実そのものから良質のオイルが採れ、古くから栽培が盛ん。品種は [続きを読む]