ソプラノ和泉聰子の『おんがくのいずみ』〜うたの心を さん プロフィール

  •  
ソプラノ和泉聰子の『おんがくのいずみ』〜うたの心をさん: ソプラノ和泉聰子の『おんがくのいずみ』〜うたの心を
ハンドル名ソプラノ和泉聰子の『おんがくのいずみ』〜うたの心を さん
ブログタイトルソプラノ和泉聰子の『おんがくのいずみ』〜うたの心を
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/vivisisterpiyo
サイト紹介文ソプラノ歌手・ボイストレーナーの和泉聰子のブログ。日々の音楽生活の事などかいてます。放課後子ども教室
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/03/08 07:21

ソプラノ和泉聰子の『おんがくのいずみ』〜うたの心を さんのブログ記事

  • 日本歌曲レッスンに行ってまいりました
  • 今日は護国寺で身体作りのレッスンの後、日本歌曲のレッスンを受けてまいりました。文体が敬語になるほど、緊張しました。前の方のレッスンも拝見して、私のレッスンも見学されましたが、いや、緊張しました??久しぶりにものすごく緊張してレッスンを受けましたが、とても勉強になりました。特に、山田耕筰のテクスチャーの厚い歌曲の発語の仕方や、子音の強さなど、思った以上で、これはやはり専門家につかないとわからないわ、 [続きを読む]
  • 朗読ワークショップに行ってきました
  • 今日は朗読ワークショップへ行ってまいりました。先生は2月に個人レッスンに伺った斉藤ゆき子先生。とても素敵な、人気の先生で2月、3月のワークショップは予約がいっぱい。ようやく四月の今日を楽しみに待って伺ったのでした。今日は先生の挨拶と参加者16名の自己紹介から始まり朗読と音読の違い、朗読とは何か、の座学を経てドラマの台本を2人組で読みあって間を捉える練習、4人組で段落ごとに順番に読みあう六人組、全員で群 [続きを読む]
  • カトル・セゾン (高坂) コンサート
  • 今日は東武東上線高坂駅西口から3分程にあるカトル・セゾン というレストランでコンサートでした。お店の前はこんな感じ。3時半からリハーサルをして、皆さんがお食事する間は隣のカフェでまったりと準備。今日は完売御礼、満席で私が歌わない間、座る場所もないくらいでした??お客様のほとんどは高坂の方のようで出演者を知っていてきてくださった方は僅か。でも、とても暖かい雰囲気で聴いてくださいました。今日のプログラム [続きを読む]
  • 今日は高坂でコンサートです
  • 18:30から高坂のカトル・セゾン というレストランでギタートリオとコンサートです。リハーサルも終わり、本番まで隣の夜明ケという素敵なカフェで休憩中。私が頼んだのはベリーミルクというかき氷。長瀞の自然氷を切り出しておりフワッフワで耳がキーンとしない。氷なのに冷たくなくてベリーのソースも埼玉の有機栽培のブルーベリーでとても美味しかったです。では、本番頑張ります! [続きを読む]
  • コンサート合わせとコンサート練習と
  • 今日は京王堀之内の川俣音楽院で今週末のディナーコンサートの合わせがありました。お陰様でお席は完売したとか??はりきって歌いますね。前回の合わせでうまくいかなかった事も修正して、良いコンサートになりそうです??そして午後にお一人レッスンをして夜はいろいろ練習を。練習しなければいけない曲が多いので気がついたらあっという間に3時間。本番前に疲れないようにも気をつけないと。それにしても、曲の練習をしたらち [続きを読む]
  • インプットとアウトプット
  • 昨日の聖路加病院のお昼のコンサートは3/16に歌ったわたしが一番きれいだったときを歌ったのですが、手ごたえのある歌が歌えました。あまり自分で自分を褒めることはない私ですが、この歌に関しては、今までの日本歌曲のような、上手く歌うという概念があまりありません。それより、詩をどう伝えるか、どのように歌の響きに乗せて語るか、朗読の先生についたことも大きいですがいい声というよりおさまりのいい声、表現しきれたか、 [続きを読む]
  • 第4回ドイツ語歌唱発音講座
  • 昨日は西新宿の芸能花伝社にてバリトン歌手の小森輝彦さんが講師のドイツ語歌唱発音講座に参加しました。私は第2回に続いて2回目の参加。今回もとてもためになる、いい講座でした。何がいいかって? 具体的なのです。発音の仕方が歌唱を良くする、歌唱を良くするための発音の仕方を研究する、という事で昨日は昨日も声と母音の違いから始まって(この概念、実はとても大事な事です)有声子音に音程をつけて歌う、有声子音を強くで [続きを読む]
  • ダンスの世界へようこそ!
  • 昨日はダンスの発表会に出演!してきました。蕨の演劇講座でご一緒したダンスの先生に『ダンスの中のちょっとしたお芝居に出てくれない?』と誘われて、私とやはり演劇講座に参加していた男性の方と二人で参加。練習は昨年秋から始まりましたが、最初は芝居だったものがだんだんダンスの要素も加わり、、??ダンスなんてやったこともなかったので皆さんの足を引っ張るのではと恐ろしくなりましたがオペラなどの舞台経験からはった [続きを読む]
  • スマートフォンの普及で歌のレッスンが変わった
  • エリザベス先生のマスタークラス、昨日も聴講しに行きました。二日間ですが、受けている人の声がどんどん変わっていくのがわかります。受ける人の問題がそれぞれ違うので先生がいろんな角度から指導していて自分の中の共通の課題は食い入るように見つめたり、どう筋肉や肩甲骨を動かすのかを覚えて真似したり。同じ人のレッスンでもその先を積み重ねていくために新しいアプローチの仕方が聴けたりとにかくものすごく貴重なレッスン [続きを読む]
  • エリザベス先生 声楽マスタークラス聴講
  • 今日は午前中の合唱指導の後、昨年も聴講した Le Muse の2018年声楽マスタークラスArte della Lirica Italianaを聴講しに行きました。昨年の記事はこちらイタリア語ディクションマスタークラス思い立ったが吉日にて。昨年は午前中のボスキ先生の講座も聴講できて、大変身になったのですが今年は全日程午前中は??昨日の初日は行けなかったので今日、明日と午後のエリザベス先生のレッスンを聴講することになりました。やっぱりも [続きを読む]
  • 新曲日本歌曲『心のふるさと』合わせ
  • 今日は午後から5月のコンサートの伴奏合わせで作曲家 古曽志洋子先生のお宅へ。『心のふるさと』全6曲のうち仕上がって楽譜を頂いた三曲の伴奏合わせをしました。テンポ、詩の解釈、音色、生きている作曲家と相談しながら作品を作り上げていく事ができる贅沢な時間。有難い事です。三曲は性格の全く違う曲。難しいなぁ〜〜!でも古曽志先生の選ぶ詩には全てに花々、大地、動物、自然や命を感じます。残り三曲はいつ出来るんだろう [続きを読む]
  • アクシスメソッド for 声楽
  • 世の中にアクシスメソッドというものがあって主にスポーツのトレーナー、アスリートや身体の治療院、整体師の方が勉強してスポーツ系で身体能力を高めるもの、らしいのですがこの度、私の歌仲間さんがアクシスメソッドの講座を受けて施術ができる資格をとったのでモニターとしてその施術を受けてきました。アクシスメソッドの説明はこちらホームページ実際、私にはアクシスメソッドの何たるかはよくわかりませんが、身体の感覚が施 [続きを読む]
  • 人生、先が見えないのが楽しい一日
  • 私は計画立てることが好きです。スケジュール帳はいっぱい、効率よく詰め込みます。空いているところは家でコレをやろうとか明日の予定を確認して毎日を過ごすタイプです。でも今日は、まず教えに行っている音楽教室の生徒さんがお休みに。早く帰ってきました。その後、川口リリアでやっていた癒しマーケットにへ。演劇講座でお世話になった今日は縷々さんの占いにいこう!と思っていたのです。受付で、『好きなものを一つプレゼン [続きを読む]
  • 4回のレッスンで行けるところまでいく!
  • 今月は部活内オーディションを受ける中学生のために4回ボイストーニングと課題曲二曲(三曲)のレッスンをしました。英語で歌うミュージカル曲。ノートルダムの鐘からout thereと穴と雪の女王からLove is an open doorアナ/ハンスデュエット曲は両パート歌い、音が違うので一曲でも二曲分です。しかも男役は実音で歌うため女性にとっては1オクターブ下。かなり低いです。男役希望ということで、今回は男役で、歌い上げる曲のノート [続きを読む]
  • 4オクターブおめでとう!
  • 今日は1年半ほどボイストレーニングに通ってくる女性のレッスンでした。普段は仕事をもち、土日はにオペラやミサ曲、オラトリオなどクラシックの合唱を多く歌っています。最初に私の尊敬する歌手さんから紹介されて私のところに来た時にはメゾということで暖かい音色でしたが中低音を息混じりで歌っていました。この時発声練習の音域は二オクターブ半。月に一回のペースで無理なく通ってもらいながら息混じりにならないように支え [続きを読む]
  • 5/13 音楽の雑記帳 チマローザ『秘密の結婚』喧嘩の三重唱稽古
  • 今日も日中は暖かく、街のソメイヨシノが満開に近づいてきましたね??今日は午後から合唱団の指導をした後、玉川学園前に稽古へ。玉川学園駅前の桜もきれいでした。さて、稽古というのは[5/13の音楽の雑記帳(その9)ー私の好きな歌ー]の中の冒頭のチマローザのオペラ『秘密の結婚』から喧嘩の三重唱の合わせ。カロリーナ 麻生千穂エリゼッタ 和泉聰子フィダルマ 水越美和の3人で歌います。今回のコンサートで歌のアンサンブ [続きを読む]
  • さくら と美しく歌うために
  • 今日は健康ボイストレーニング。月二回金曜日の午前中10:00〜11:30蕨市民会館多目的室を中心に行なっているボイトレのクラブです?前身の蕨学び合いカレッジから独立したクラブ・サークルで、40名前後の中高年の方々が健康増進、歌声を磨く場としていらしています。毎回前半は呼吸の体操、発声練習をして後半は童謡や日本歌曲、歌謡曲など歌集から二曲ほど選んで練習。今日は 桜も咲いたのでさくらさくら と5/13のコンサートで歌 [続きを読む]
  • 椿姫を10倍面白く!オペラの楽しみ方教室その1
  • オペラ演出家の平尾力哉先生が超有名なイタリアオペラ 椿姫 について語り尽くします!オペラ初心者も歌い手も聴いて楽しい2時間半です。私も2回とも参加します?椿姫をよく知っている人も全く知らず、予習したい人も演出家の視点でオペラを見ることは貴重な体験となることでしょう。本を読んでも眠くなるしこういう事は人から教えてもらうのが一番です?【オペラの楽しみ方教室 その1】オペラ演出家の平尾力哉先生によるオペラの [続きを読む]
  • カトル・セゾン ディナーコンサート稽古
  • 今日は雪の中、京王堀之内駅の川俣音楽院に4/21の東武東上線高坂駅のレストラン カトル・セゾンでのコンサート【ソプラノとギターが紡ぐハーモニー】の稽古へ。コンサートは休憩を挟み1時間半ほど。私はそのうち六曲を歌う予定です。プログラム順に通して流れを確認しました。暗譜が完全でないもの 三曲あと1ヶ月あるので埋めていきましょう!暗譜って、歌っていくうちにおぼえてしまうものですが、先日の日本歌曲のように、徹底 [続きを読む]
  • 美しい日本語で歌うために気をつけていること
  • 先日の日本歌曲振興波の会スプリングコンサートが終わり、いろんな方に言葉がよく聴き取れる、日本語がきれいだったと褒めていただきました??ホールは300席ほど、そして良く響きました。良く響くと声はきれいに聞こえますが日本語が聞き取りづらくなります。ですから子音ははっきりと発語しました。でも、私の日本語がきれいに聞こえたのはそれだけではないと思います。昨年亡くなった大賀寛先生は日本歌曲研究会の第一回は必ず [続きを読む]
  • 日本歌曲を極める
  • 昨日は日本歌曲振興波の会のスプリングコンサート本番でした!トップバッター、プログラム1番で歌ったのははる 團伊玖磨 谷川俊太郎わたしが一番きれいだったとき 朝岡真木子 茨木のり子珍しく髪を下ろして歌いました。あげると品がある感じで、茨木のり子さんの詩の激しさが弱くなる気がして。どうでしょう?あまり関係ないでしょうか?ただ自分の中ではこちらの方が意思の強さが出る気がしました。着物ドレスははるの空と花 [続きを読む]
  • 日本歌曲を身体におとしていく作業
  • 日本歌曲振興波の会 スプリングコンサートまであと3日になりました。本番前になるとこの歌い方でいいのか?この表現でいいのか?もっといい声でないといけないのではないか?などなどいろんな迷いが出てきて不調になりやすいです。なんてチキンハートなんだろう。。??とはいえ、そのまま変なことにはならないよう調整しています。絶対条件としては体調を崩さないこと。よく寝なければね!と言いつつ夜更かししている。。昨日は [続きを読む]
  • 音楽の雑記帳 その9 −私の好きな歌ー
  • 5月のコンサートのご案内です♪音楽の雑記帳(その九)−私の好きな歌ー2018.5.13(日)15時開演(14時30分開場)和光大学ポプリホール(小田急線鶴川駅北口より徒歩3分)全席自由 3000円  ペア券5500円(前売りのみ) 学生2500円出演:ソプラノ 麻生千穂  和泉聰子   メゾソプラノ  水越美和   フルート 森永祥子   ピアノ  稲葉和歌子   中谷路子   企画構成・お話  古曽 [続きを読む]
  • 詩と音楽と絵が紡ぐとき
  • 金曜日になりますが聖路加病院お昼のコンサートでお世話になったピアノの山本緑さんとソプラノの麻野恵子さんのジョイントリサイタルを聴きに行きました。プログラムはリストのドイツリートやピアノ曲、平井康三郎さん、朝岡真木子さんの歌曲など。山本緑さんには聖路加病院お昼のコンサートで伴奏をしていただき、歌の表現、言葉を伝えることを厳しく鍛えて頂きました。プログラムには私も歌ったことがあるうめぼし や おにぎり [続きを読む]