Takekida's log さん プロフィール

  •  
Takekida's logさん: Takekida's log
ハンドル名Takekida's log さん
ブログタイトルTakekida's log
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/htakekida
サイト紹介文千里の道も一歩から
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/03/09 00:11

Takekida's log さんのブログ記事

  • モリコロスケート
  • フィギュアに即発されたというわけではありませんがモリコロパークにスケートに行きました。スケートの感覚はXCスキーと似通っていて乱暴に進もうとするとロスします。ただ乗るということのむずかしさに関しては板の長いXCスキーの方が一歩上なのかなとは思います。∵スケートはある程度傾けても氷に刺さるので何とかなりますがスキーはそのまま滑ってしまうので・・・ ということで久しぶりにXCスキーの方をやりたくなってしまい [続きを読む]
  • 長生きが地球を滅ぼす
  • 【文庫】 「長生き」が地球を滅ぼす 現代人の時間とエネルギー (文芸社文庫 も 3-1)クリエーター情報なし文芸社 挑戦的なタイトルですが筆者も1948年生まれとのことでほぼ高齢者。なのでけっして高齢者批判をした本ではなく生物学的な時間の見地から人間の生き方ってどうなのかという疑問を投げかける本です。人間を豊かさを手に入れるために大量のエネルギーを消費して社会のペースを早くしているわけなのですが本来人間が持って [続きを読む]
  • 男性を必要としない世界
  • Female mutant crayfish that can CLONE themselves are multiplying out of control and taking overクローンというものの問題性が指摘されることがありますがそもそも生物界にはクローンを作って主を増やしているものが存在しています。ザリガニの一種はメス単体でクローン繁殖(単為生殖)できるとのこと。イリノイ州立大学の神経科学者であるウォルフガング・スタインさんの研究チームがミステリークレイフィッシュのゲノム塩 [続きを読む]
  • 名城公園 梅便り
  • まだまだ全国的にも寒く雪が続いていますが名城公園では梅のイベント開かれていました。といっても室内で温室チックに強制的に咲かせた梅なのですが少し季節を先取りした気分です。外では蝋梅が咲いていましたので季節は着実に進んでいるとは言えそうです。梅も室内に入れれば数日で花を咲かすのだと言っていました。木が環境を勘違いして咲かせるというからくりなのですがそれを見て思い出したのは環境次第で何もかも変わるという [続きを読む]
  • 非認知スキルが格差の連鎖を防ぐ
  • 私たちは子どもに何ができるのか――非認知能力を育み、格差に挑むクリエーター情報なし英治出版以前にも非認知スキルをいかに伸ばすかという題材で本は読んでいたのですがそれと似た内容でより非認知スキルを延ばすということに対して重要な根本的なことを研究の結果から分析している本です。日本でも6人に1人の子どもが貧困状態にあるとも言われるように貧困の与える格差の連鎖が問題となっています。悪影響を抑えるためには単 [続きを読む]
  • 恐竜の卵戦略
  • 名古屋市科学館で開催されている「恐竜の卵」展へ。竜脚類の恐竜は卵で生まれてくるというのは今になってみれば常識ですが最初に発見された当初はワニの仲間と考えていたこともあり恐竜のものということにはならなかったようです。始めに恐竜の卵として認識され発見されたのは1923年とのことで意外に最近のこと。卵自体の研究も1970年以降に本格的に始まったということなので意外でした。 恐竜の卵の形態もウミガメのような掘って [続きを読む]
  • 反グローバリズムの潮流
  • グローバリズム その先の悲劇に備えよ (集英社新書)クリエーター情報なし集英社 自分の幼いころからの世界の流れはグローバル化、フラット化でより国境が無くなり、世界統一市場という風にとにかく国境が低くなる方向に進むものと思われていましたがここ数年で大きな揺り戻しが起きようとしています。EUの英国脱退、トランプ現象、ルペン氏の躍進などポピュラリズムが今までのグローバル化の流れから大きな変化を起こそうとしてい [続きを読む]
  • 木彫りどうぶつ美術館
  •  ヤマザキマザック美術館で開催されているはしもとみおさんの「木彫りどうぶつ美術館」展へ行って来ました。実はこの美術館自体が初めてでずっとヤマザキマザックの工作機械が置いてあるショールームと共に気になってはいたのですが子供も楽しめそうな展示とのことで足を延ばしてきました。個人的には美術品のなかでも木彫りの彫刻というのはとても好きで仏像を初めとして楽しみにしているものの一つです。ただどっちかというとき [続きを読む]
  • シェアリングエコノミーの未来
  • シェアリングエコノミークリエーター情報なし日経BP社 ウーバー、リフト、滴滴出行やエアビーアンドビーなどのシェアリングプラットフォーム企業が力を伸ばし始めています。産業革命以来の変化とも言われるシェアリングエコノミーの台頭ですが今のような大企業が消費活動の中心になっていた時代というのは歴史の中ではごく最近の一部の期間だったというのは言えそうです。もちろん自分が生きていた時代の中ではそこまでの変化あり [続きを読む]
  • 白バイ試乗
  • たまたま行ったモンキーパークでJAFのイベントがあり、白バイに乗ることが出来ました。と言ってもまたがっただけですが。同じ2輪とはいえ自転車とは隔世の感。この重量感のある車体を操るというのは相当難しそうに思います。犬山モンキーパークには2011年に改修された若い太陽の塔があります。大阪万博の太陽の塔の前年の犬山で行われたプレイベントに合わせて作られたものだそうです。個人的にはこっちの方が興味あり。観覧車から [続きを読む]
  • 名古屋の地形が創った歴史
  • 地図と地形で楽しむ名古屋歴史散歩 (歴史新書)クリエーター情報なし洋泉社 名古屋という都市を地形とそれに伴う歴史から読み解いた本です。まさに地形は歴史を創るという内容になっているのかと思います。ちょっと間違えば今の名古屋駅の発展は無かったかもしれない。そんな数奇な運命も教えてくれる本です。名古屋の地形は名古屋駅を起点に考えると西高東低ならぬ西低東高の地形をしています。なので海表面が今より高かったころ [続きを読む]
  • 宇宙の清掃車
  • Space Debris removal mission animation - RemoveDEBRIS宇宙にもたくさんのごみ=デブリが存在します。現在約7,500トンのごみが地球の周りを回っているとのことでおもに使用されなくなった人工衛星やロケットの部品やナット、ボルト、金属粒子、さらには塗装の細片などでこれらのごみは、衛星や宇宙船の業務にとって深刻な脅威になる場合があるそうです。極地でのごみ問題というのは富士山、南極、エベレストでも同じような問題が [続きを読む]
  • 名古屋消防出初式
  • 2年ぶりぐらい?に出初式に行って来ました。今日は寒いものの天気には恵まれとても良く見ることが出来ました。特にヘリコプターの編隊飛行というのはあまり見たことなかったので良いものを見ました。子どもとしても起震車や消防服の着用体験など楽しんでいたようです。名古屋市の火災件数で言うとここ10年ぐらいで半数ぐらいに減っている様で総出火件数は2,036件。火災による死者は57人で過去30年で最低になったとのこと。これはこ [続きを読む]
  • やめない、逃げない、ごまかさない 仕事の勝ち方
  • 日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方クリエーター情報なし日経BP社 世界一のモーターメーカーとなった日本電産の創業者、永守重信会長の名言録、100の言葉を「仕事と情熱」「人と組織」「教育と成長」「上司と部下」「経営者と志」「変化と創造」の6つのテーマに分けて日経の編集委員の方がまとめた内容です。日本を代表する体育会系の経営者であるイメージでしたがその内容もまた反映された内容であったように思い [続きを読む]
  • あいち航空ミュージアム
  •  愛知県は戦前から航空産業の拠点となっており、三菱航空機、川崎重工業、富士重工業と主翼材料を作る炭素繊維を作る東レなど日本におけるアメリカ:シアトル、フランス:ツールーズとも言うべき拠点になっています。そんな愛知県に新たに昨年12月にオープンした博物館に行って来ました。旧名古屋空港のターミナルを利用した商業施設のエアポートウオークの脇にあり、商業施設の2階からはいることが出来ます。今日は行きませんで [続きを読む]
  • 流布される名古屋論の検証
  • 真実の名古屋論 (ベスト新書)クリエーター情報なしベストセラーズ名古屋というのは文化的には特殊に思われているような節が多いように思われさまざまな「名古屋論」の本が出されています。その中には事実に反するものも…とのことでそれらに反論した本です。具体的には・中国人と日本人の結びつき、類似性・「ビルヂング」名称は名古屋の田舎臭さ・名古屋は三大ブス産地・名古屋市庁舎と愛知県庁は異質な建物・名古屋の代表的な祭 [続きを読む]
  • 歌う重力波
  • 重力波は歌う――アインシュタイン最後の宿題に挑んだ科学者たち (ハヤカワ文庫 NF)クリエーター情報なし早川書房 去年のノーベル賞の栄冠を勝ち取った重力波観測の成功。アインシュタイン最後の宿題と言われたその存在を観測によって明らかにしたことに対する成果ですがこの本はそのいきさつを一通りまとめたものです。重力波は一般相対性理論上あるはずと予測されたもので質量をもった物体が存在すると、それだけで時空にゆがみ [続きを読む]
  • 2018年元旦の計
  • 今年も帰省したのですが上の子供が水疱瘡にかかったり自分も風邪にやられてダウンしたりその後下の子供が熱を出すなど踏んだり蹴ったりの年末年始でした。何とか明日の仕事始めには間に合いましたが改めて健康の大事さを身に染みて感じた休日で2017年は健康崩して寝込んだことはなかっただけにこれが平日区間でなくて良かったと思いました。そして何より健康第一ということを正月から身に染みて感じることが出来ました。ということ [続きを読む]
  • 2017年を振り返って
  • 今年は30代も終盤へ38歳に。第2子も段々と成長し第1子の保育園も来年3月まで。来年は自分も大きく仕事の転換点がある見込みで色々大きな節目のある年ですがそれに対して少しは助走が出来たのかと思います。そして非組合員になりより責任が増してきました。競技面では去年は何とか1大会ハーフマラソン、1大会トライアスロンに出られました。子育てもまだまだ大変な時期が続くので暫く細々とただ体が忘れぬように続けようと思います [続きを読む]
  • 厚底革命
  • Nike Presents: 可能性から確信へ。大迫傑の速さとは? Vol.1 "固定概念に囚われない”いままでマラソンシューズはレベルに応じてソールは薄くなるというのが常識でした。ところが今年はその常識が覆されてきているようです。NIKEのナイキズームヴェイパーフライ4%ははっきり言って厚底ですが大迫傑選手は、2017年4月に開催されたボストンマラソンで3位という好成績。9月チェコで開催されたハーフマラソンに出場した設楽悠太選手 [続きを読む]
  • かいけつゾロリ 30周年
  •  かいけつゾロリ30周年を記念した原画展がタカシマヤで開催されており、行って来ました。ゾロリの存在自体は実は最近まで知りませんでした。まさに自分が小さいころにあったわけですがその時は大きなヒットになっておらず人気が特に出だしたのは200年代半ばとのことでした。就学前検診で行った小学校にも置いてあったので十分に市民権を得てきているようです。もう作品としては62作まで到達しておりサザエさん、ドラえもん級の長 [続きを読む]
  • UFOも訓練中?
  • 2017-12-19 New Interview with pilot David Fravor (the USS Nimitz UFO Incident)米海軍空母NimitzのF-18がUFOに訓練中に遭遇し追跡していたとのことで実際の赤外線カメラの映像が公開されていました。こういうのが出てくると子供のころ信じていたUFOもあり得なくはないのかとも思ってしまいまいます。 [続きを読む]
  • ブリックリスマス
  • 姉家族と合流し、名古屋に居ながらして今まで行ったことのなかったLEGOランドへ。高い高いと言われ続けてましたが前売りでは3名分で15000円程度まで圧縮。あらゆるものがブロックで表現されておりなかなか楽しめる内容でした。ただいかんせんディズニーやユニバーサルスタディオと比較すると客層が限られていることを考えると大丈夫かと心配にはなります。LEGO自体は自分も幼いころ散々にお世話になったので純粋に感謝しています。 [続きを読む]