富山マネジメント・アカデミー さん プロフィール

  •  
富山マネジメント・アカデミーさん: 富山マネジメント・アカデミー
ハンドル名富山マネジメント・アカデミー さん
ブログタイトル富山マネジメント・アカデミー
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/toyama0811
サイト紹介文富山新聞文化センターで2015年4月から開講します。教科書、参考書、講師陣の紹介、講座内容の紹介をいたし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供654回 / 365日(平均12.5回/週) - 参加 2015/03/09 06:17

富山マネジメント・アカデミー さんのブログ記事

  • Great long valley villageを紹介します。
  • We can be pleased with the publication of this book. Without an administrative request and fiscal support, this is because it is t
    he history description by the individual. The title of this book is Ohnagatani no Cyosen. Ohnagatani is a meaning called Great Lon
    g Valley in English. Cyosen means try to renew its local community not Challenge.  However, an intention of challenge to the adm
    inistrati [続きを読む]
  • 低い学識による大衆動員と大衆迎合する行政の歴史犯罪(2)
  • 大学、新聞社、行政、高校教員という地域の学識が下降水準にあると、お馬鹿企画に生涯賃金で3億円ランクの人材の頭脳を縛り付ける。富山湾岸社会主義運動が低い学識と大衆迎合を延命させ、国会議員の議席もないのに、県民の偏差値50プラス・マイナス10にはまる大多数の頭脳構造をしばりつけている。マラソンでも、黒部にも、魚津にも、県全体にもある。これは健康需要であるが、少なくとも東アジア唯一の企画ではない。今後、東ア [続きを読む]
  • 低い学識による大衆動員と大衆迎合する行政の歴史犯罪(1)
  • 今、私たち富山県の県民生活に極めて大きな影響を及ぼす北東アジアの情勢変化が起きている。それは、韓国の文政権が容共を心情とする左翼政権であることを起点として始まった朝鮮半島統一運動である。江戸時代から明治時代には、朝鮮半島の流通通貨は、北部、中部、南部において異なっていた。これが、日本の第一銀行券と電信為替で統合され、半島経済は初めて単一通貨をもつ経済圏に昇格した。しかし、日本は第一銀行券を回収し、 [続きを読む]
  • 4月25日(水)のつぶやき
  • もう終わっている「街中の賑わい論」(1) goo.gl/1HGaWL― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月25日 - 05:21もう終わっている「街中の賑わい論」(2) goo.gl/RG6CmL― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月25日 - 05:24「舟橋村」に代表される「新しい村」づくり goo.gl/ZJTgoZ― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月25日 - 05:25中国人が自ら創立した最初の特殊教育学校 goo.gl/uj28ze― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月25日 - 05: [続きを読む]
  • 朝鮮戦争終結は、確実に行われる前提条件
  • ここへきて、南北対話による朝鮮戦争の終結は、全ての今後の国際交渉の大前提条件となることが確実である。朝鮮戦争の企画者は、南朝鮮つまり韓国内での共産主義者が、アメリカの支配を嫌い、金日正に持ち掛け、スターリンに相談、毛沢東が同意すれば、北朝鮮軍の南下を認め、南朝鮮に左翼政権を創るという流れで起きた戦争である。そこへ、在日米軍を基地にして、アメリカの参戦が加わった。だから、筋としては、左翼政権化した韓 [続きを読む]
  • 基幹となる家、基底となる水田、<コアーTOYAMA>
  • 水橋村の強みは、インテリジェンスである。情報の知的処理の能力が高い。そこには、百年以上の歴史をもつ基幹となる家が存在する。そして、今も活用される農地がある。これが山間部に近いと、入会地という村の共同資産である里山がある。富山県が人口減を迎えることは誰でも知っているが、どこまで退却できるのか、という最低人口の想定である。その基底となる水田は、過去と違い、人力として核単位を計算し、基盤となる農業生産の [続きを読む]
  • 4月24日(火)のつぶやき
  • 駐車料金を無償にできる条件が、古い中心市街にはない。 goo.gl/1HGaWL― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月24日 - 06:01「舟橋村」に代表される「新しい村」づくり goo.gl/ZJTgoZ― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月24日 - 07:03比較して申し訳ないが、日本国は、こうした不遇な条件の子供たちには、より恵まれた教育環境を生み出している。 goo.gl/uj28ze― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月24日 - 09:19「雑民党」という現 [続きを読む]
  • 海南に「自由貿易港」を建設するいう方針
  • 中国の政治は、頂点で一元化され、情報が抽象的であるが機関紙に公表されるので、なれると掴みやすい。同時に、何が情報として秘匿されたかも分かる。大事なのは、中共中央政治局が招集する会議である。そのなかで、海南に「自由貿易港」を建設するいう方針が注目される。これは、船が接岸してコンテナを荷揚げし、積み込むには、香港がすでに狭く、湾内で船から船に積み替える方式にも限界があり、ここにきて香港の自由貿易の優位 [続きを読む]
  • 雑な議員たちには、「国民党」を名乗る資格はない!
  • 希望の党と民進党の執行部は23日、両党が結成する新党の名称を「国民党」とする検討に入った、という。漢字で「国民党」とえいば、孫文の「国民党」を意味する。時代の制約があったため、重心が国家主義に傾いたが、国家指令型経済原理をもとに「建国方略」を建てたのが、孫文の「国民党」である。後継者の蒋介石からのちの「国民党」には辛い歴史評価があるが、国連の常任理事国に中国という国を押し上げたのは、「国民党」の功 [続きを読む]
  • 中国人が自ら創立した最初の特殊教育学校
  • 中国の湖南省長沙市の特殊教育学校は、100年余りの歴史があり、前身は長沙市導盲学校である。中国人が自ら創立した最初の特殊教育学校と称賛され、発展し、今日までに至り、現在、視覚障害の学生が学んでいるという。添付の写真から読み取ると、点字による書籍で、紙質は決して良くないのと、指でなぞって読まれるので点字本の耐用年数は短く、2年から3年で凹凸が磨滅してしまうそうだ。社会主義国だからという突出した特色はない [続きを読む]
  • 「舟橋村」に代表される「新しい村」づくり
  • 富山市政をうまく利用しながら、郊外型の「新しい村」づくりに成功したのが、「舟橋村」である。田園風景を生かし、周囲に先端産業の工場群をもち、公共交通を生かしている。ここには、北陸最大の企業である北陸電力、富山最大の公共交通の富山地鉄など、森市政よりもワンランク高い情報アンテナがある。富山県政に対しても、独自の矜持をもっている。「舟橋村」が富山県を代表しているのであって、「富山市」「高岡市」が、富山県 [続きを読む]
  • もう終わっている「街中の賑わい論」(2)
  • 富山の中心市街地では、マンション建設が進んでいる。これは、区分所有法という法律をベースとした分譲の場合は、管理組合が形式的に組織され、国土交通省の認定資格である「マンション管理士」が、区分所有者の利益を代表するように制度設計されている。そして、区分所有法の主旨は、大規模再額で崩壊したとき、管理組合法人として登記されていれば、法人として国から公的資金を借りて再建できるためである。富山では、法人化して [続きを読む]
  • もう終わっている「街中の賑わい論」(1)
  • 都市は、中心の市街に多くの人が集まってくる。だから、中心地に魅力あるイベントを興し、盛り上げようという「理論?」があり、これをネタに営業しているガラクタ企業がある。そのルーツは、江戸時代にある。見世物を縁日に開き、「賑わい」を演出する。これは、世界史の法則からは、大きく外れている。自動車の普及、インターネットの発達により、中心市街地に行く必要がないからだ。需要がないのに、先行投資すると、そのリバウ [続きを読む]
  • 4月23日(月)のつぶやき
  • 富山の地元企業は、日本中核400社にはカウントされない。 goo.gl/3K1ims― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月23日 - 06:10アメリカは、世界貿易戦争には持ち込まない goo.gl/V7Sh4b― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月23日 - 06:56皆様、どうされますか?知らないままで、この世を去りますか? goo.gl/QS7uAK― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年4月23日 - 08:51土地柄から「富山弁」を教えたいという国際とは反対の土着化を期待 [続きを読む]
  • 大学の地域貢献:土着派か、国際化か。
  • いうまでもなく、私たちは、土着派ではない。地域が国際化しない限り、地域の衰退は加速する。今日、富山人はこの土地に住み続けたままで、SNSを媒介に国際化できる語学力とIT機器の使用は可能である。それができに人、それが土着派である。民主がいけないのは、愚民が多数を占めるからだ。賢人が少数でも、独裁的でも、愚民を導く強制力を持つ社会が、実は弱い人を救える社会なのだ。中国は、遂にアメリカに学び、賢人独裁の道を [続きを読む]
  • 北陸人、「知らぬ」が幸いか?
  • 自宅個人PCにウイルスが入り、メーカー修理に出しHDDを交換。最近、ウインドウズ10にアップ・グレード、さらに昔のように、英語、中国語、日本語の3言語対応という先端環境を復元した。それで、習近平の新時代の中国特色社会主義を真正面から論じる小論を完成させて、投稿を完了した。アメリカと中国とは、体制が違うのに、世界経済を担うという共同責任を共有しており、両国の外交スタイルは、日米関係とまるで違うことが分かった [続きを読む]
  • アメリカは、世界貿易戦争には持ち込まない
  • 中国の側から、アメリカの貿易赤字にからむトランプ政権の「口撃」は、実際には、財務長官のレベルで中和され、劇的な制度変更はなく、個別に交渉が可能な対応をしていると分析している。両国の経済圏を結ぶ対話は、IMFと世界銀行をメインの舞台で展開されている。このところ目立つのは、中国が外国資本への国内開放のテンポを速め、金融、保険業における外資の業務展開を容易にする措置をとっている。これは、米ドル経済に生じて [続きを読む]
  • 日本の中核400社が好んで採用する10大学の卒業生
  • 東京では、国立では、東京大学を除く、東京工業大学、一橋大学、東京外大、電気通信大学、私立では、慶応、早稲田、上智の3校。地方では、名古屋の豊田工業大学、大阪の大阪大学、そして、日本海側では、秋田の国際教養大学の10校である。名古屋はトヨタの企業内の大学とカウントしてよい。従って、東京大学、京都大学という旧制7帝大では、大阪大学が総合大学として、専門性と国際性の高い即戦力型の教育を行い、採用側の企業の経 [続きを読む]
  • 北朝鮮社会の変化の可能性:2つのルートと日本海
  • 北朝鮮社会は、中国の東北部、特に吉林省と境界を接している。このルートからの変化は、人と人の関係では大きいが、経済ルートとしては量的な拡大は直ちに期待できない。もう一つは、新義州と遼寧省の海岸とそれに近接した大連港につながるルートである。仮に、北朝鮮をめぐる環境が劇的に変化しても、この中国への2つのルートは、動かせない。韓国社会は、北朝鮮社会をどこまで変容できるのか?この問題は、逆に、韓国社会が北朝 [続きを読む]
  • 北朝鮮社会と世代交代による変化
  • 中国共産党では、「世代」の概念は、党の歴史を説明するうえで暗黙知を構成している。習近平の国家主席の任期の制限を取り除いたのは、中国では、少年・青年期に毛沢東の晩年の誤謬である無産階級文化大革命の被害を「体験」した世代の思いから、二度と、観念的な階級闘争論による党内闘争を起こさないという「世代の共同認識」があり、それが任期の制限で次世代へ機械的に権力移行する仕組みを中断した最大理由である。北朝鮮労働 [続きを読む]
  • 富山の浄土真宗の「伝統の負債」
  • 富山県の行政は、不幸な方への目配りは、実は第一流である。書けないが、犯罪者の更生など社会福祉の底流は、阿弥陀仏の慈愛が隠されている。実は、宇治伸さんという浄土真宗の講の研究では、今や、日本の第一人者、最近、論文をいただいた。富山の伝統構造を静態として把握し、そこに動態変化の要素を追いながら、さらに、全体として静態構造の存在を指摘されている。江戸時代、越中の浄土真宗は、禅宗に負けないように学問をする [続きを読む]
  • 若い女子には魅力が薄い富山県
  • 人口の社会移動のデータでは、富山県の場合、製造業が発達しているため、若い男性の流入人口が流出を補ってプラスになっている。若い女子には、富山県内にとどまる方が少なく、また、女子の流入人口も多くはない。女子の場合は、学力層別の詳しいデータ分析がなされていないが、英語の学力を基準に考えると、上位層には、その能力を生かせる雇用の受け皿に乏しい。下位層では、職業専門能力の形成の場が少なく、専門学校・私立大学 [続きを読む]