富山マネジメント・アカデミー さん プロフィール

  •  
富山マネジメント・アカデミーさん: 富山マネジメント・アカデミー
ハンドル名富山マネジメント・アカデミー さん
ブログタイトル富山マネジメント・アカデミー
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/toyama0811
サイト紹介文富山新聞文化センターで2015年4月から開講します。教科書、参考書、講師陣の紹介、講座内容の紹介をいたし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供973回 / 365日(平均18.7回/週) - 参加 2015/03/09 06:17

富山マネジメント・アカデミー さんのブログ記事

  • 9月21日(金)のつぶやき
  • 薬業の経営管理士を育成するための社会人専門大学院を設立する必要 goo.gl/WCXBhW― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月21日 - 06:24富山薬業に生産額を1兆円に高めるため blog.goo.ne.jp/toyama0811/e/2…― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月21日 - 06:24どうしたら、富山人として気持ちを一つにできるのか。悩ましい問題だ。 goo.gl/WbJu86― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月21日 - 06:54自民党内乱、中共内紛、朝鮮混乱 g [続きを読む]
  • 自民党内乱、中共内紛、朝鮮混乱
  • 安倍さんは2021年9月までの任期を全うできるのか、党内野党を抱え、党内与党が分裂へと進むなかで、来年の参議院選挙で消費税10%を先送りするか否か、改憲などにも大きな不確定要因を抱えている。中国共産党では、日本との関係を改善する方向を期待するのは、李克強たち国務院の文官官僚である。習近平総書記を支える軍部、とくに福建幇の海軍グループは、太平洋海戦を想定している。習近平にとり、総書記の任期は、規定で [続きを読む]
  • 石破票の多い富山、民党の歴史に源流
  • 石破さんを支持する票が、富山では、政権与党主流の支持票を凌駕している現状は、大正時代とまったく進化していない。富山では、富山中学の同窓会が、政権与党の政友会を支持し、鉄道の拡充に尽力してきた。「富・富・富」の真ん中の「富」が、政権与党・知事与党である。これに対し、東の「富」は、社会主義系の民党である。尾崎、犬養の支持を隠れ蓑にしていた富山湾岸社会主義者たちである。漁村主婦の哀願運動を天下の「米騒動 [続きを読む]
  • 富山薬業、生産額を1兆円に高めるため【校正済】
  • 報道によると、富山県の製薬業界は2年連続の第1位を達成したようだ。意外にも、東京都、大阪府が伸び、埼玉、静岡が後退した。安定したと思われた埼玉、静岡が富山に抜かれた形だ。また、東京都、大阪府の潜在力は侮れない。富山県の薬業が、第1位といっても、売り上げ総額6218億円であるから、まだユニクロ1社の1兆円には及ばない。上位のなかで、自治体をあげて薬業の振興にとり組んでいるのは、富山県だけであるから、 [続きを読む]
  • 9月20日(木)のつぶやき
  • マイナーな競技種目では、青春の不完全な燃焼におわる。 goo.gl/2Wdt93― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月20日 - 05:20ハンドボールには世界市場がない blog.goo.ne.jp/toyama0811/e/c…― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月20日 - 05:21北東アジアの救命センターとして名乗りをあげる勇気がいる。 goo.gl/cmjv8z― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月20日 - 06:00富山空港の経営は、富山人のマネジメント能力の試練 blog.goo. [続きを読む]
  • 安倍総理が勝利の瞬間に背負った十字架(追補)
  • 今しがた安倍総裁の3選が決まった。TVで拝見すると、今までの延長という流れの自信に満ちている。しかし、3選まで引き受けて、そのうえで歴史に残る偉業を達成するのは、大変な困難がある。万々歳で任期満了となるのか、その前途の多難さは、中国の習近平総書記と同様に厳しい。アメリカ政治の動揺が、過去の延長とはいかない変調のモードになっているからだ。今の官僚のトップ世代は、一番にダメ世代である。これは、日、米、中 [続きを読む]
  • 「人民日報」は、日本関係の記事を増やしている
  • ネットで「人民日報」を読むのは、仕事のようにやっている。このところ、日本関係の記事が増えている。紋切り型の日本紹介の時代はおわった。面白い日本人を紹介し、一面的で、硬直した日本人観を打破している。ここには、国境の壁がない。中国人にとり、単調な紋切り型の人物像の紹介には飽きが来ている。下駄ばきで、砂漠もマラソンをした人、元ネタは朝日新聞だが、・・・。こうした点を考えるなら、県庁さんがすでに重視されて [続きを読む]
  • コーリアン民族の分断を克服する自主権はある
  • にわかに民族の南北の融和を高める動きが、朝鮮半島で加速してきた。朝鮮半島こそ、二国一民族という関係が可能な歴史をもっている。内紛と和解、これが歴史の原動力である。ただし、核兵器は民族の存立そのものを否定する自爆の装置となる。38度線が無くなったとき、日本は自衛権の基礎である国防軍の存在と戦争放棄宣言との表裏一体のネーション化を想定する安倍総理の判断は正しい。日本が朝鮮半島を排他し、適正な経済関係を [続きを読む]
  • 富山空港の経営は、富山人のマネジメント能力の試練
  • 大きなミスは、中沖県政よりも前に存在している。富山空港は、神通川の河川敷に立地する。これは、最適ではない。戦前には、陸軍の軍用の飛行場があり、また民間航空も飛んでいた。戦後、食糧の増産のために、農地に戻された。やむなく河川敷に敷設された。ところが、北陸自動車道が、進入、離陸のコースを横切り、滑走路の拡張の可能性を放棄した。ここが大失政のは始まりである。超大型のジェット機の登場や、航空貨物が物流に占 [続きを読む]
  • ハンドボールには世界市場がない
  •  サッカーも、ハンドボールも小中学生の時代にやらされたことがある。特に、ハンドボールは別の種目の部活だったのに、にわかに招集されて、隣の中学と試合をさせられたことがある。サッカーは、発展途上の国に普及しているのは、プロの市場が大きく、広い。そのため、少年の夢が掻き立てられる。世界の歴史を創生し、人種差別の廃止に大きく寄与している。ハンドボールとサッカーの練習は、同じ中学のグランドでは同時並行できな [続きを読む]
  • 9月19日(水)のつぶやき
  • アメリカは、すでに貿易経済において負の連鎖に追い込まれている。 goo.gl/1Xwe1H― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月19日 - 06:55米中の貿易戦争、どちらが勝利できるか? blog.goo.ne.jp/toyama0811/e/4…― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月19日 - 06:55「色」を美人だと翻訳してはならないのである。仏教でいう「色即是空」の意味の「色」である。 goo.gl/aSFoP8― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月19日 - 10:53「人、遠 [続きを読む]
  • 「人、遠きに慮無ければ、必ず近きに憂有り」
  • 論語の衛霊公篇第十二章の言葉である。孔子の言葉でも、簡単にそうだね、という一言で終わる類に属する。遠慮とは、遠い先の心配の意味である。それがないと、身近な心配ごとがある、という。これに似た言葉は、管子・戒第25に、「近きに色あれば、遠きに徳あり。・・・近きに徳あれば、遠きに色あり。」とある。そこで、孔子は続く、第十三章で「吾未だ徳を好むこと色を好むがごときものを見ざるなり。」という。後学の孔子は、 [続きを読む]
  • 米中の貿易戦争、どちらが勝利できるか?
  • この答えは、簡単である。中国は、国民が低所得の時代が長かった。全体的に贅沢を慎み、「貧困耐性」が強い。我慢できる余地がある。それと、中国はこの機会に対米輸出に依存する輸出構造を改革し、ドルに対し劇的に下降した人民元を武器にして、他国に輸出攻勢をかけることができる。要は打たれ強い軟構造の余地がある。しかも、議会制の国家ではないから、選挙を最優先する政策の必要はない。さらに、全世界の華僑・華人を2億5 [続きを読む]
  • 9月18日(火)のつぶやき
  • 昭和20,30,40年代の歪んだ憲法教育の弊害が現れていると自覚しておきたい。 goo.gl/SyEU7w― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月18日 - 06:40運転手さんに、バス停の位置が悪いと怒鳴る老人 blog.goo.ne.jp/toyama0811/e/0…― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月18日 - 06:41日本サッカー協会が、北朝鮮と上手く付き合っている精神を学ぶべきだ。 goo.gl/v9sNjk― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月18日 - 07:53 [続きを読む]
  • 北朝鮮の党との戦い方を間違えるな!
  • 北朝鮮を訪問した神戸朝鮮高級学校の生徒62人が修学旅行での訪朝を終え、北京経由で関空に到着した6月28日、税関職員が生徒のかばんを開け、民芸品などを没収した。それを最近、税関から異例の返却を行ったという。こうした民族学校を北朝鮮に対してのみ、法的に禁止することは不可能である。国連の安保理の制裁決議に忖度した処置であろうが、財務省の管轄下の税関とあろうものが、没収の対象にならない物品の持ち込みに対し、「 [続きを読む]
  • 運転手さんに、バス停の位置が悪いと怒鳴る老人
  • 月に2度、婦中のファボーレにある富山新聞文化センターで、広徳館の論語を教授するため、地鉄バスで通勤することになった。これでバスでファボーレへ行ける楽しみもできた。9/17、富山駅から速星駅行きに乗った。バスが婦中に入ってから、そこから乗車する方は少ない。退職老人が乗り込まれた。バスだと、ファボーレという名のバス・ストップからは、実は、歩くと遠い。宮ケ島というバス停を通過する路線のほうが、安全で近い。僕 [続きを読む]
  • 9月16日(日)のつぶやき
  • 個人の靴は、他人と簡単に交換できない。中古市場が成立しにくい。 goo.gl/5yFehV― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月16日 - 07:05どこで靴を買うのか? blog.goo.ne.jp/toyama0811/e/7…― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月16日 - 07:05 [続きを読む]
  • どこで靴を買うのか?
  •  めったにないことだが、デパートや大型ショッピングセンターに連れていってもらうことがある。まず気になるのは、祖母―母ー娘の3代の密着型である。この母のところが、他家から来た嫁の場合と、実の娘という形である。祖母の特徴ある顔が、3代にわたり継承されている例は、たまに見かけるが、これは極少数である。祖母といっても、愚妻もそうであるが高齢者の運転免許書き換えレースに参加しているが、勤労経験、社会経験が豊 [続きを読む]
  • 9月15日(土)のつぶやき
  • 補助金が切れたら枯れる中心市街地の商店街 goo.gl/ZSnaq8― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月15日 - 07:12補助金が切れたら枯れる「地域起こし」 blog.goo.ne.jp/toyama0811/e/6…― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月15日 - 07:12中部圏の日本海側、名古屋の裏口として、中京圏内の人流、物流の戦略研究 goo.gl/s5H3kM― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月15日 - 10:38リニア新幹線と富山県 blog.goo.ne.jp/toyama0811/e/7… [続きを読む]
  • リニア新幹線と富山県
  • リニア新幹線の、品川・名古屋間の開業は2027年と予定されている。うっかり何十年も先だと思いがちであるが、あと9年である。このブログでは、北陸新幹線を旧幹線と定義し、むしろ、名古屋に到達するリニア新幹線と北陸を繋ぐ条件を早くから検討してきた。福井、石川、富山のうち名古屋との公共交通では、富山が北陸サイドの玄関口になる地勢優位があることを説いてきた。当初は、高速バスでつなぐのが最善なので、その点では、南 [続きを読む]
  • 補助金が切れたら枯れる「地域起こし」
  • まず、地産地消は、経済学の学理に反する。市場という需要の場が備える磁気に反応できる供給基地としての地域である。その場合、個人の私経済の起業を軸に、同業が多く集まれば「産地」となる。同業が連携し、また、互いにすみ分けることで、「産地」と呼ばれるようになる。富山では、ある方が四国の山間の起業をモデルに「地域起こし」の議論を富山に持ち込んだが、これは偏差値30の世界に偏差値60の富山県の未来を語らせるも [続きを読む]
  • 9月14日(金)のつぶやき
  • 基本企業の生産拠点として、中国大陸はまだ有効である。 goo.gl/gqndux― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月14日 - 06:31富山には国連が指定する北東アジアの自然災害国際支援センターとして手をあげる道がある goo.gl/d5GFHS― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月14日 - 19:14 [続きを読む]
  • 富山に全天候型イベントホールが経営可能か?
  • このブログで提案した骨子につき、9/14の定例県議会で武田議員の質問への回答として、石井県知事の答弁において、首都圏の実績ある調査機関に厳密な調査研究を委託する構想を示されたことで、この問題につき具体的に専門調査に委ねられることに向かい非常にうれしく思います。県内でいかに意見を聞いても、それは意識の現状にすぎません。100年先を考えるなら、冬場の海外観光客収入の落ち込みを考えるならば、富山の人文のラン [続きを読む]
  • 基本企業の生産拠点として、中国大陸はまだ有効である。
  • 産業別にみて、労働集約性の高い製造業は、賃金の安いアセアン諸国へ生産拠点をすでに移しきった。中国の賃金が仮に日本並みに上昇しても、中国工場を稼働する優位性は十分にある。それは、資源性の資材調達コストの節約、電力料金の安さである。さらに、工場労働の高度化に対し、日本人の能力限界と絶対人口減がきている。情報能力では、中国人がすでに上位になっている。そういう意味で、1トン当たりの価格の安い製品の世界では [続きを読む]
  • 9月13日(木)のつぶやき
  • AIで整理されたデータを波動関数で読み切る力 goo.gl/EZaRuP― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月13日 - 09:14「学習能力」が歴史を進化させるカギ blog.goo.ne.jp/toyama0811/e/9…― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月13日 - 09:14国民の「親台湾」感情が高まると、「親中国カード」は希少化し、強気の条件交渉に臨める。 goo.gl/XNCQyW― 中村哲夫 (@shinjyugaku) 2018年9月13日 - 09:41中国が、対日関係の改善を重視する理由 [続きを読む]