kobatama さん プロフィール

  •  
kobatamaさん: 静岡のどんぐり算数教室&通信どんぐり
ハンドル名kobatama さん
ブログタイトル静岡のどんぐり算数教室&通信どんぐり
ブログURLhttp://hamandeggs.eshizuoka.jp/
サイト紹介文じっくりゆっくりていねいに、学力の本当の基礎である、思考力を育てます。
自由文アエラ、クローズアップ現代などで紹介されたどんぐり倶楽部 静岡支部です。じっくりゆっくりていねいに、できる、ではなく、わかるを育てます。
絶対学力がつく算数教室です。通信でどんぐり指導もいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/03/09 07:56

kobatama さんのブログ記事

  • どんぐり問題の進め方
  • *どんぐり問題(良質の算数文章問題)の取り組み方*<容量用法は守ってくださいね>●自分で描いた絵図をよ〜く見る。何回も丁寧に見る。読むのは1回(にしたほうがいい)ですが、絵図は何回も見る。「こうしたらどうなるかな?どうみえるかな?」と目(視考力)で考える。●言葉を解答の中に書き込むことは、視覚イメージ操作時に邪魔になる(思考の流れを止める)ので、解答の中では、言葉での説明は極力少なくするの(理想は [続きを読む]
  • 高学年へのアドバイス
  • 糸山先生の記事よりhttp://bun2525.blog.fc2.com/blog-entry-1108.html高学年へのアドバイス(書き起こし内容)クロッキー帳は購入すること。絵が大きいと脳に入る。問題を切って貼ってページはめくらないでいいように見開き2ページでおさまるようにする。計算が多い場合、絵を描いて必要最低限の数字を書きこんで、途中でばーっと計算はしないで、「これがこういうしくみになっているから答えはこうやったら出るな」というところ [続きを読む]
  • 英語教室に何年も通うより。
  • どんぐり算数と共通点があるので留学ページと同じ内容のブログをのせました。余計な習い事をたくさんして忙しく毎日を送りながら、育っているお子さんもいれば、自由にのびのび、自分の時間がたっぷりあるお子さんもいる。なのでその子のポテンシャルにもよるが英語教室に幼児の頃から何年も通って、中1の3週間で学ぶ内容を大雑把にしか身につけられないお子さんもいる。英語教室批判ではありません。最近来てくれた何人かの留学 [続きを読む]
  • 口うるさい母親
  • それは私だ。長男が私たちに会いにくるので飛行機のチケットのこと、日本での移動手段(バス)が気に入らなくなんども口出しをしてしまった。主人は大人として扱えというが、、、飛行機に乗り遅れたらどうする、、、(いつもはそんなに口出しはしていない、つもりだ。)そのやりとりの後、感じた。ああ、子育てってつまんないな。大きくなったらもう親が必要なくなるんだな。。と思った。次男ももうすぐそうなるんだろうな。子供達 [続きを読む]
  • つまらない、は要注意
  • テレビ、ゲーム、遊園地、ゲームコーナー、遊んでもらう。イベント参加。受け身の遊びに慣れている子はなにもないときにつまんない、らしい。お家によってはテレビやゲームがなく、それでも工夫して遊べる子もいるが何にもないつまんない、帰りたい、、しか言えない 思考停止している子もいる、らしい。子どもが何にもやることがないときボーっとしているときに、そっとしておけない親が多い。何かをさせようと口を挟む、指示をす [続きを読む]
  • 録音する
  • 自分が話しているところを録音する。DONGURI PILOTだったか?お母さんへのアドバイスで自分が家で話しているところを録音して聞いてみてください。というのがあった。その後のこの島へ糸山先生に会いに行った時に同じアドバイスをいただいた。やっぱり口調がきつめだったかな?いやいやみなさんに言ってるんですけどね。って。で、やろうと思いながら先延ばしになっている。というのは昔、何かの時に英語の生徒さんに話しかけてい [続きを読む]
  • 漢字を一度も書かずに覚えるIF法
  • ご質問があったので。。漢字は何度も書かなくても簡単に覚えられます。次男は小学校時代の漢字の宿題をこの1日1文字大きく書く、のIF法に変更してもらいました。漢字はほとんど満点でした。どんぐりのクラスでもトレーニング?できます。IF法1 大きく書いた漢字をじっとみる 読み、意味など確認しておく2 目をつぶって思い出す(イメージする)3 目を開けて確認 あいまいなところ間違っていたところをクローズアップして [続きを読む]
  • 思考力が育つ 子育てと教育
  • どんぐり倶楽部を作られた糸山先生の埼玉での講演ですよー。「何が分からないのか?」「どうして分からないのか?」「なぜ、考えられないのか?」 解き方は知っていても、意味は分かっていない学年が上がるにつれて、学習意欲が低下していく子どもたちの現状 こんな現状から子どもたちを救いたいと思い、『お金をかけずに誰でもすぐに実践できる具体的な学習と子育ての方法』を糸山泰造先生にお話ししていただく機会を設けました。 [続きを読む]
  • 米教授研究 宿題は禁止に値する
  • 小学生の宿題新聞記事より宿題は先生との約束だから我慢も大切だから真面目な性質で宿題をやっていかないと気が済まない先生からの評価を気にしている数十分で終わるものなので楽ちゃっちゃとやってしまいなさい。宿題が子供にとってためになるかならないか、親子関係をよくしているものか悪くしているか宿題自体を疑問に思ったこともない人もいるだろう漢字をたくさん書かせる作業計算を繰り返しやらせるドリル意味を捉えずに声を [続きを読む]
  • こどもの自殺防止キャンペーン
  • 自殺防止キャンペーン8月末、9月の初めにこどもの自殺が多いらしい。このキャンペーンで少しはこどもを救えるのだろうか。皆同じでないと安心しない社会深く考えない学習法(暗記、テストでのハイスコアが目的)教室に30名以上の生徒、制服着用、受身の授業、こどもを尊重しない支配的な学校運営、行事学校が終わっても部活の半強制、休みにも部活頭を使わない、ただの作業としか言えない宿題、年間に何回やるのか1日かけての中 [続きを読む]
  • 夏休み。宿題もやらずに、ずっとテレビをみている。
  • あるお母さんから子育てについての悩み相談をうけました。それであれこれメールでやり取りをしながら自分の子育ても振り返ることができたのでメモ。お母さんの悩み事は夏休みはお母さんは仕事で小学生の子供たちは家におり、一日中テレビをみている(テレビが熱くなっている)宿題にも手をつけていないお母さんは子供を大切に思うのに、ついガミガミ、ネガティブなことを言ってしまう。そこで今まで私がうけた講座や本から(ご興味 [続きを読む]
  • 学校のわからん帳の作り方
  • 驚くべき効果を発揮するわからん帳。やり方はとてもシンプル。うちは長男が、中学から始めました。小学生でも可。中学でのわからん帳定期テスト小テストの間違いを切って科目別にノートに貼り、そのノートを暇な時に解き先生に提出。もう一回やっても、できなかったところ、わからなかったところは先生に質問する。わからん帳は切りはりが面倒かもしれない、先生に質問に行く、とかノートを見てもらうことに遠慮や躊躇が親子ともあ [続きを読む]
  • 小学高学年限定 学校のわからん帳指導
  • こんにちは高学年限定で学校のわからん帳指導をいたします。学校のテスト、(小テスト含む)、ワークなど、不正解のものを切っていただきわからん帳を作り(作り方等の詳細もお伝えします)それをゆっくり取り組んだノートを画像で送っていただければ目を通します。ゆっくりやってもわからない場合はポストイットをつけてください。これに関しての指導はスカイプ等を考えています。本来は小学校の先生にお願いすべきですが(親が教 [続きを読む]
  • 夏休みのわからん帳 進化中
  • 私は創造論を信じていますが子供達の夏休みのわからん帳での進化は信じています!<1MX81>アリンコのチビチビ君は一歩で3mm、チョビチョビ君は一歩で5mm進む事が出来ます。今日は、とても天気がいいので二人はお散歩に出かける事にしました。目標は家から90cm離れている小高い葉っぱの上です。二人は同時に出発して、2秒で1歩進みます。では、どちらが何秒遅く小高い葉っぱの上に辿り着くでしょう。 [続きを読む]
  • 今のテストの結果が気になりますか
  • 学校の算数のテストの点数や学校での先生の評価が気になってしまうお子さんにどう対処したらいいか、、お母さんから相談を受けました。下の記事参考になるかなと思います。1 金森先生のご長男、現在中1です。算数はゆっくり2 小1の時学習障害と思われたおまめくん、現在小5の小4の頃の記録。現在の記事もあわせてご覧ください。どんぐりでお勉強つづきます [続きを読む]
  • 7月の予定です。
  • お配りしたカレンダーのとおり添削は7月10日から7月20日までお休みになります。どんぐりの添削は年間40週、週1の方は40問、週2の方は80問となっています。お休みの間は通常通りどんぐりを進めていただいてその中の1問を添削しますのでお休み中に1問だけご提出ください。問題の追加等の返信も7月6日までになりますのでお気をつけください。返信は7月20日以降になります。日本の夏休みはお休みではなく通常通りになります [続きを読む]
  • 添削
  • 水曜日に作品の提出が一番多いです。水曜日に送っていただいた作品は大体木曜日に添削いたします。今週は特に多くて順番に添削していますので少しお待ちください。一部金曜日になってしまうか、月曜になるかもしれません。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 読書週間 ストレス。
  • Aくんのお母さんからご相談をうけました。Aくんのお母さん6年になり5月くらいから読書週間というのが始まりました。金曜日に先生から「Aくんはクラスでダントツビリです」というコメントがありました。本人も目にするところに、そういう書き方をするのも如何かと思い、コメントしたら「他の友達はみんな2000ページ以上なのに、Aくんは60ページだったので…」と返事がきました。本人に聞くと、漫画の歴史本でも1ページは1ページ。文 [続きを読む]
  • お母さんより
  • 糸山先生のおっしゃる環境設定がきびしすぎる、伝え方が気に入らない等色々言われる方もいますけど、、糸山先生も他の先生方も経験により実感しているからこその提案なんです。今日の作品、お母さんのコメントが嬉しい。https://instagram.com/p/BVlK46blqN5/ [続きを読む]
  • 変わっていく価値観
  • 最近は教育の多様化が叫ばれている、、と思っているのは私だけか?日本の教育の欠点が少し離れてみてみると明らかになってきてもちろんいい面もあるんだけど人の幸せにはなにが必要か、そこの根本を考えると東大を頂点とした学歴社会(まだまだ健在だと思う)を意識した幼稚園、それより前からの さまざまな教育方法に疑問を感じる。小学校での軍隊のような教育。基礎と称して頭を使わない計算、漢字トレーニング。中学での堅苦し [続きを読む]