kobatama さん プロフィール

  •  
kobatamaさん: 静岡のどんぐり算数教室&通信どんぐり
ハンドル名kobatama さん
ブログタイトル静岡のどんぐり算数教室&通信どんぐり
ブログURLhttp://hamandeggs.eshizuoka.jp/
サイト紹介文じっくりゆっくりていねいに、学力の本当の基礎である、思考力を育てます。
自由文アエラ、クローズアップ現代などで紹介されたどんぐり倶楽部 静岡支部です。じっくりゆっくりていねいに、できる、ではなく、わかるを育てます。
絶対学力がつく算数教室です。通信でどんぐり指導もいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/03/09 07:56

kobatama さんのブログ記事

  • 親子で学習してうまくいかない場合
  • どんぐり倶楽部の算数問題を親子で家でとりくんでいてうまくいかないので相談をうけることがある。だいたいほとんどメールをくださる方はその相談だ。原因は様々。環境だったり習い事等で忙しすぎるとか親が指示しすぎている取り組む時の親子の距離感だったり作品をみた親のアドバイスだったり、、アドバイスはとりあえずしない方がよい(ヒント、口出しは厳禁とお伝えしている)でも他の添削や糸山先生の動画では子供にヒントを与 [続きを読む]
  • 英検準備コース 毎日サポートプラン
  • 期間限定で英検準備コースを開催します。10月の英検準備のサポートにいかがでしょうか対象年齢 小6〜大人5級〜2級まで 合格率100%です。構成は毎週1回のレッスンプラス 毎日学習のサポート、習慣づけになります。週1回だけレッスンを受けていても他の日に英語学習習慣がついていなければ力はつきません。参加者の感想です。1 長文が前より読みやすくなった2 音読するので会話の時の口がまわりやすくなった3 単語を覚える手 [続きを読む]
  • 通信添削のお返事と回数について
  • 通信の添削の生徒さんに今年で何問めかを件名に書いていただいています。これを今月からその月に何問目と書いてもらうように変更します。週1の方、週2の方の添削問題消化の目安になるようにです。問題の添削はその月か次の月には消化するようにお願いします。(ただ、問題を消化するために親子でストレスにならないように気をつけてください)また、作品はいつ送ってくださってかまいません。週末でも時間も夜中でもかまいません。 [続きを読む]
  • 9月5日より どんぐり算数静岡教室を再開いたします。
  • こんにちは9月5日よりどんぐり算数静岡教室を再開いたします。今月は週に1回の開催になります。毎週 水曜日 15時半〜18時週2コースの方は家で1問解いて、教室で1問解きます。無制限の方は家で解いたものを教室に持ってきてください。価格は通信添削と同じです。週1問コース 年間 44問 6000円x12週2問コース 年間 88問 7000円x12無制限コース (1日1問まで) 8000円x12年間無制限コース 80000円 先にお支払いくださ [続きを読む]
  • どんぐり算数教室 9月より
  • こんにちは9月より週に1度だけ教室をオープンします。教室に通いたい生徒さんはご希望の曜日をそえてご連絡ください。何曜日か決定しましたらまたこちらでご連絡いたします。家庭の事情により現在は週1回のみの教室になります。時間は15時半〜18時を考えております。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 楽しくおうちでどんぐり算数をすすめるために
  • 親子でどんぐり算数を勧めている場合。楽しいどんぐり算数の時間にならないというご相談をうけます。日本の学習でよくあるのが先生が答えを持っており、それを生徒がテストされ、評価される。このスタイルはもう古いのではないかと思います。こどもにとってもプレッシャーがかかるものだと思います。私が親子で取り組んであれこれ試行錯誤して編み出した対応の仕方です。1 親が先生にならない(こどもと同じレベルで学ぼう)お子さ [続きを読む]
  • 親子は似ているが似ていない場合もある
  • 親子に関わる仕事をしてきて20年になった。(ボランティア含む)親子って似ているなぁと思う。(我が家も外からはそう思われるんだろう)見た目もそうだけど、性質も。せっかちな方きっちりした方のんびりさん大雑把さん心配性おおらかな方色々だが、似ているところを発見しては微笑ましく感じる。ちょっと要注意だなって思うのは親子で似ていない場合で親がせっかち、きっちり、心配性、不安定要素が強くお子さんがのんびり、大雑 [続きを読む]
  • どんぐり算数問題の添削方法についてのご質問
  • 先日生徒さんのおかあさんより、私の添削の絵に関してご質問をうけました。*私の添削ですが、糸山先生の添削と同じくヒントになるような事をあれこれ描きません。お子さんはシンプルな添削でわかるのですがお母さんはどこがどうできているのかを詳しく知りたかった様子です。それで私なりに答えることもできたのですが、忙しい糸山先生にメールでご相談させていただきました。(こんなこと質問しないでよレベル、、と言われてしま [続きを読む]
  • どこが苦手なのかわからない中学生
  • 中学生、高校生で中間テストまでの範囲が提示されている。範囲がわかっているのだからその部分を学習したらよいのだけども自分がどこが苦手でどの部分をやったらよいのかわからない生徒が多いようだ。お子さんはどうでしょうか?塾で受け身の学習をし続けていると先生が支持したことをやって満足してしまうのではないか。そして塾の学習は無駄が多い、すでにできることも、繰り返しテキストでおさらいする。本当に覚える量は少なく [続きを読む]
  • 夏休みのわからん帳の進め方
  • わからん帳に問題がたまっていますか?お子さんにヒントを与えたりして親が正解を導いてしまうとわからん帳問題は少ないかもしれません。間違えているなと思ったらサクッとわからん帳にいれましょう。大丈夫です。3ヶ月、半年後の長い休みにじっくり取り組んでください。そのために最初に解いた日時がわかるように問題をはりかえてくださいね。夏休みは子供のペースで思いきり遊んでもらって、満足した上でならわからん帳問題は毎 [続きを読む]
  • ホリエモンが高校を作った
  • ゼロ高。前、ホリエモンにどなたかが、学校作りましょうよ〜。興味ねぇな〜。って言っているのはどこかでみたんだけど、、企画から立ち上げまでなんと半年。早い。でも、今の教育が、、、変わらないと、ってあれこれ言っている間に子供は大きくなっちゃうのは事実。https://finders.me/articles.php?id=302HIUに参加できるのも面白そうなのでは。 [続きを読む]
  • 静岡教室で楽しんでいます!
  • 一番楽しんでいるの私かも。久しぶりに会うお母さんや子供達みんな大きくなって、作品も成長して。今回は東京からHちゃんがスカイプでも参加してくれました。榛原から、浜松から、島田からも生徒さん、遠いところをありがとうございます。熱心なお父さんもたくさん質問してくださいました。お父さんが協力的なのもいいですね。今週も火水木開いています。(要予約です) [続きを読む]
  • ランドセル、重すぎませんか?
  • ランドセルが巨大化している、教科書のサイズが大きくなり、教材が増え、そして毎日持ち帰る。置き勉の提案もある。https://news.yahoo.co.jp/pickup/6288296置き勉がまず教科書を発行している会社と文科省の関係をきちんとしてもらいたいいらない教材、使っていない教材を強制的に与えている。算数セット、笛、メロディオン、書道セット、裁縫セット、絵の具セット。地図帳、etc...その予算で先生を増やしてブラック企業化してい [続きを読む]
  • サッカーワールドカップ
  • 日本代表以外の試合も観戦せねばならないらしく昨夜は夜中の2時に目覚ましをあわせ、それから2試合みて、PK戦をみて、最後の寸前に学校で途中からみる、といって慌てて学校へ走っていった。パパはしょうがないね。この時期は。と言う。はいはい。最初の試合が終わって解説の声がきこえてきて、しんぺーというサッカーキングのライターさんでもと子どものサッカーのコーチのいうことが心に刺さる感じで、うとうとしながら聞き入って [続きを読む]
  • 我が子がキレる本当の訳
  • 反抗期について先日ブログで書きましたらこんな番組を友人に教えてもらいました。彼女は私の心の師匠で、どんぐりで子育てもされている方です。https://www.dailymotion.com/video/x5qs5e2我が子がキレる本当の訳なかなか面白かったです。ホルモンのせいで脳がネガティブなことに敏感になっているんですね。悩んでいる方の参考になると嬉しいです。 [続きを読む]
  • 教育相談について
  • 教育相談について現在まで、どんぐり算数の通信添削をされていた生徒さんの親に対して取り組みについてのご相談は無料で対応しておりました。ただ相談される内容が多くなり取り組み以外の生活のことにまで広がっているため(どんぐり倶楽部は環境設定もあるため当然のことと思います)ご相談者も多くなり無料で対応するのが大変な状態です。下記のように設定いたします。1 体験レッスンプラス教育相談 2000円通信の場合は添削1回 [続きを読む]
  • アドバイスが厳しすぎると感じる場合
  • あるお母さんから、どんぐり算数の問題を親子で進めていく上での教育相談をどなたかにしてその返事が厳しいと感じたり、自分が責められていると感じたという相談を受けました。その指導された方は糸山先生の指導法をしっかり学んでいて、それを忠実に再現されただけなのではと思います。それでも自分のメールに対してそれが書いてあることに対してきつく感じたのかもしれません。お母さんの気持ちが弱っていたのかもしれません。も [続きを読む]
  • コンピュータ教育必須化にむけて
  • 小学校で2020年よりコンピュータ教育が必須化される。だけど準備がまったく進んでいないそうだ。当たり前だと思う。何年か前に英語が小5から導入され、教科書ができてはじまったが、当時の息子の担任の教師はまったく準備ができていなかった。教科書にもおかしな表現があり、担任の先生に助言したが、ネイティブに確認したがこれでいいというので口出しをするなと言われた。(食事の注文のシーンでWhat do you want?とチャンツして [続きを読む]
  • 虎の威を借る狐
  • 虎の威を借る狐 権力者の力を頼みにして威張る小者を意味する故事成語。「 威」とは威厳、「借る」とは「利用する」という意味。昔々あるところに立派な業を成し遂げた虎がいました。虎は恐れ多くて周りの動物たちはなかなか近寄れませんでした。それを見ていた狐たちは虎の了承を得て虎の毛皮をかぶるようになりました。ある狐は毛皮をそのまま使いました。少し古くなってもそのまま忠実に使用しました。ある狐は毛皮をより強くみ [続きを読む]