くぅちゃこ さん プロフィール

  •  
くぅちゃこさん: 両手に「くぅ」と「ちゃこ」!
ハンドル名くぅちゃこ さん
ブログタイトル両手に「くぅ」と「ちゃこ」!
ブログURLhttps://ameblo.jp/coo-chaco/
サイト紹介文2匹のねこ「くぅ」と「ちゃこ」と、大切な人たちと過ごす、ありふれた日常をありふれた詩に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/03/11 22:09

くぅちゃこ さんのブログ記事

  • 充電します。
  • いつも私の拙い詩を読んでいただいてありがとうございます。 ところで、今まで週に2回のブログ更新を目標にがんばってきましたが、しばらく充電期間に入ろうと思います。理由はただ一つ。「ネタ切れ」。 ブログを始めた頃は、次から次へとおもしろいように詩が浮かんできましたが、最近は更新する直前まで頭の中が空っぽということも多く、パソコンの前で無理やり言葉をはじき出すことも多い状況。 それでも、週2回を持続するこ [続きを読む]
  • いつか見た夢
  • 遠い 遠い昔に いつかこんな夢を見た・・・・・ つまらない人間だから猫を飼ってみた 猫ならただ餌をあげればそれだけで喜ぶから つまらない人間だけど猫を飼ってみた 猫ならつまらない人間だなんて多分気にしないから つまらない人間だから猫を飼ってみた たとえ猫にでも喜ぶ顔をされるとうれしかったから つまらない人間だけど猫を飼ってみた たとえ猫にでも必要とされる自分になりたかったから そして ある日気がつ [続きを読む]
  • ほんの少し
  • あなたが今何かに悩んでいたとしても あなたのほんの少しのやさしさで あなたのほんの少しの心の余裕で 誰かの心を温めることができるなら ほんの少しほんの少しでいいから その温もりを分けてあげてほしいのです そうすればきっと あなたを包む世界は 今よりもずっと温かく感じることができるから わたしが今何かに苦しんでいたとしても わたしのほんの少しの勇気で わたしのほんの少しの気遣いで 誰かの心に灯りをと [続きを読む]
  • ねこ短歌 ・・・・・?
  •  うす闇で  まんまる黒目に  見つめられ  ハート射貫かれ ノックダウン 自動ドア下僕扱いお外への出たり入ったり「ニャー 開けるニャー」 少しだけ開いたドアから探る手(前足)のそのかわいさはズキューン級                       ねこって、かわいい・・・・・? [続きを読む]
  • コミュニケーション
  • 「大丈夫」っていう言葉が好き 「大丈夫?」って聞く時も 「大丈夫」って答える時も お互いへの思いやりを感じるから 「ごめんね」っていう言葉が好き 「ごめんね」って言う方も 「ごめんね」って言われる方も お互いの心の痛みを知っているから 「ありがとう」っていう言葉が好き 「ありがとう」って感謝する気持ちも 「ありがとう」って感謝される気持ちも お互いへの温かさにあふれているから そんな何気ないやさ [続きを読む]
  • 大人になるって (元々のバージョン)
  • 子どもの頃 両親の背中を見ながら思った・・・・・ 大人になるってやさしくなることだと 大人になるって強くなることだと 心の底からそう 思ってたんだ けれど 大人になってもやさしくなんてなれなかった 強くなんて ・・・ なれなかった ただ この腕の中で安心して眠る小さな君を 何よりも大切な愛おしい君を 自分がかつてそうしてもらったように どんな時でも 自分のすべてをかけて守り続けていきたい 心の中で [続きを読む]
  • 秋色
  • 河原を一面染めるようにセイタカアワダチソウの花が咲き揃ってゆく 風が吹くとまるで海原のように一斉に波うつ 夏より高くなった空と澄んだ大気は やがて 西の空に美しい夕焼けのグラデーションを描き出す 少しずつ南寄りに沈む夕陽 長くなっていく影 一層 人恋しい思い すべてを 秋色に染めてゆく・・・・・ [続きを読む]
  • 「大丈夫だよ」
  • 何の根拠もない けれど あなたの目をまっすぐに見て言ってみる 「大丈夫 大丈夫 大丈夫・・・・・」 本当にそうかなんてわからない それでも あなたをしっかりと抱きしめて言ってみる 「大丈夫 大丈夫 大丈夫だよ・・・・・」 そうすれば本当に大丈夫な気がするから ねえ少しだけ心が軽くなった気がしない? ねえきっときっと大丈夫だよ [続きを読む]
  • 守りたい・・・・・
  • 不安なのは自分のせいだけじゃない 大切なものがたくさんあって 失いたくないものがたくさんあって だから 守りたい守りたい 守りたい・・・・・ すべてを守れるほど強くなくて すべてを守るには弱すぎて だけど 守りたい守りたい 守りたい・・・・・ ただ寄り添うしかできなくて ただ温めるしかできなくて それでも 守りたい守りたい 守りたい・・・・・ 大切な思いが多すぎて 失いたくない思いが多すぎて 失うことが [続きを読む]
  • 心の灯り灯して
  • 君がどんなに暗く果て無い道を歩こうとも 君が何度もその道を見失おうとも 心の灯り灯して いつでもここで待っている いつまでもここで待っているよ 君が見つけることができるように 君を見つけることができるように いつまでも心の灯り 温めて・・・・・ [続きを読む]
  • 君からの贈り物
  • 君からの一番欲しい贈り物は 君のうれしそうな笑顔 君の幸せそうなほほえみ それ以上のものは何も無いんだ それだけで幸せになれるんだ 本当だよ だから今日は心から 「ありがとう」 [続きを読む]
  • ねこと腕枕
  • きみがベッドで寝ていたから そっと後ろに回り込んできみの隣のポジションをゲット 少しだけ頭を持ち上げて私の腕をきみの下ににスライディング きみは少し考えてそのまま 私の腕枕 距離が・・・ずいぶん近づいたね きっと生まれた時からノラ猫だったきみは 臆病で神経質でなかなか人間に懐かなかった きみとの距離はとてもとても遠かった そんなきみがきみが今 私の腕枕 これからも 少しずつ少しずつゆっくりとゆっく [続きを読む]
  • 許す
  • 長い 長い年つきの中で絡みに絡んだわだかまりが ほんの些細なことでほどけてゆくことがある ただ老いたというだけで弱くなったというだけで 許せてしまうことがある もういいよ もう これ以上誰も泣かなくていい これ以上誰も傷つかなくていい そう思った瞬間に涙があふれて頬をつたった 誰だってみんな 淋しさに震えながら生きている 誰だってみんな 弱さに怯えながら生きている だから・・・いいよ もう・・・・・ [続きを読む]
  • 心の洗濯
  • 明日は朝から確実に雨で 洗濯も出来ないし 休日だけど予定もないし 特に急いでやることもないし たまには あなたとふたりの〜んびり ゆっくり ねこたちもま〜ったり ゆったり 一日な〜んにもしないで 心の洗濯でもしましょうか 心に栄養をあげましょうか どお・・・・・? [続きを読む]
  • ずっと大切にするよ
  • 最初にきみを見た時きみはとても小さくて 動き回る姿がかわいくて かわいくて 見ているだけでしあわせだった きみと早く仲良くなりたいって心から思ったんだ 1年 2年 3年・・・月日が流れるほどに きみへの思いは深くなる きみにその瞳で見つめられると どうしたの?なあに なあに?どうしてほしいの? そんな言葉が次から次へとあふれ出る きみの気持ちが知りたくて知りたくてたまらない 家族なんだよね 思って [続きを読む]
  • 大人になるって
  • 子どもの頃 大人になるって賢くなることだと思ってた 大人になるってやさしくなることだと思ってた そして 大人になるって強くなることだと思っていたんだ けれど 大人になっても賢くなんてなれなかった やさしくなんてなれなかった 強くなんて ・・・ なれなかった ただ この腕の中で安心して眠る小さな君を 何よりも大切な愛おしい君を 自分がかつてそうしてもらったように どんな時でも 自分のすべてをかけて守り [続きを読む]
  • 孤独
  • 淋しい 淋しい 淋しい 淋しい  淋しいよ・・・・・ 静かに静かに 雪が降り積もるように 淋しさが音もなく降り積もってゆく 淋しい 淋しい 淋しい 淋しい  淋しいよ・・・・・ ゆっくりとゆっくりと 淋しさに埋め尽くされて もう何も見えない 何も・・・聞こえない        ※わあ、思いっきり淋しい詩になってしまいました。 [続きを読む]
  • グラスの氷が溶けていくように 二人の時間ももうすぐ終わる もう これだけでいい もう2杯めはいらないから・・・・・ 氷が溶けてなくなったら 思い出ごと全部飲み干して 「ありがとう」って一言残して 二人が出会う前の私にもどる 意地っ張りで強がりしか言えない 本当は弱虫な誰よりも弱虫な あなたの知らない私に もどる・・・・・ [続きを読む]
  • 風よ
  • 風に君の匂いを感じた 風に君の幻を見た 気まぐれに私の頬をなで 戯れに私の体にまとわりつく そして ただ一瞬で駆け抜けていってしまう・・・・・ もう 叶わぬとわかっていても ただ君に思いはせ 思いはせ・・・ すべもなくうずくまり 涙にうもれる・・・・・ 風よ 風よ 風よ たとえ一時でも私の心を揺さぶったなら この涙をせめて 愛おしい 君のもとへ運んでほしい・・・ この涙の一粒をせめて せめて・・・・ [続きを読む]
  • ぼくの夢
  • きみの叶えたい夢を教えて もしかしたら ぼくにも力になれることが一つくらいあるかも知れない きみの夢は そのままぼくの夢にはならないけれど きみがその夢を叶えることが きっと・・・ ぼくのみる夢の大切なひとつになっていくから [続きを読む]
  • 人生
  • 僕が持っていない君の知識や能力と 君が持っていない僕の知識や能力と 二人とも持っているそれぞれの知識や能力を 全部 合わせて・・・・・ 二人とも持っていないたくさんの知識や能力を 二人の思いやりと努力で ひとつひとつ乗り越えながら生きていけたら とても 素敵だと思うんだ・・・・・ [続きを読む]
  • 体調不良・・・・・
  • 13日日曜日の午後から体調が悪くなり、頭痛・だるさ・気持ちの悪さ・めまい・軽い発熱などがあり、今もあまり改善せず・・・・・。 きっと風邪だろうと思い、市販の風邪薬を飲んでひたすら休んではいるのですが・・・・・。とにかくだるく、起きて家事をしようとすると、ふらふら〜っとめまいがしてしまいます。 直接は風邪が原因なんでしょうが、普段の睡眠障害(睡眠不足)・エアコンと扇風機に当たりっぱなしの生活で、自律神 [続きを読む]
  • 違うよ・・・・・
  • 意地をはって 心にもないひどい言葉を言った あなたを心から傷つけてしまった 立ち去るあなたの後姿がつらく 淋しそうだった・・・・・ 違う・・・ 違うよ・・・・・ 言いたかったのはそんなことじゃない 本当は たくさんの「ありがとう」を言いたかった 本当は 「あなたといて楽しかった」そう 言いたかった 本当は 「あなたがいないと淋しいよ」そう 言いたかった 本当は・・・ 「あなたとずっと一緒にいたい」  [続きを読む]
  • こんな自分なのに
  • 「いいよ」って言われるより 「だめだよ」って怒ってほしかった さみしそうにやさしく微笑むより 思いっきり泣いてほしかった そのやさしさが いつもいつもね・・・ 本当はつらかったんだよ いつだって困らせてばかりいた こんなこんな自分なのに・・・・・ [続きを読む]
  • 人工衛星
  • 「あっ、流れ星」って あなたが言って 指さしたその先に小さな光が流れていった 両手を合わせて一生懸命願い事をする幼かったあなたは 「今日は最後まで言えた」って 喜んでいたね けれど・・・・・ 一定の速度で一定の軌道に乗って進むその光は あなたと私が生まれて初めて地上から見つけた人工衛星 「流れ星じゃないよ」なんて 無粋なことは言えなかったけど あなたのおかげで おかあさんの小さな願い事のひとつが その [続きを読む]