トレイルランガイド さん プロフィール

  •  
トレイルランガイドさん: はじめてのトレイルラン講座
ハンドル名トレイルランガイド さん
ブログタイトルはじめてのトレイルラン講座
ブログURLhttp://www.trailrunrun.com/blog
サイト紹介文ブログではトレイルランシューズの選び方やトレイルランの走り方などを情報配信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/03/12 12:16

トレイルランガイド さんのブログ記事

  • 『サブスリー漫画家 激走山へ!』みやすのんき・著 Vol.150
  • 【55歳の漫画家が富士登山競争、ハセツネCUPに挑戦!】『サブスリー漫画家 激走山へ!』みやすのんき・著 Vol.150本日ご紹介する一冊は、累計発行部数は公表されていませんが、『大転子ランニング』シリーズ著者の待望の第5弾。Amazon.co.jpで”みやすのんき”で検索すると…ランニング本と並んで、ちょっとアダルトな漫画がずらり、不思議な一覧表になります。※参考:2015年『走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー 運動オ [続きを読む]
  • トレイルランナーズ大阪の沿革・歴史をご紹介
  • 事業者名 トレイルランナーズ大阪/TRAIL RUNNERS OSAKA代表 安藤大(あんどうひろし)設立 2012年3月取引銀行 三菱東京UFJ銀行加盟団体 日本山岳協会正規代理店 スミスジャパン株式会社、株式会社アイワップ工房事業内容・ランニングコーチ指導【法人・個人】・トレイルランニングの普及とマナーのよいトレイルランナーの育成・トレイルラン競技レベルの向上(コーチング)・コース調査・整備、イベントサポート業務・アウ [続きを読む]
  • 『ピーキングのためのテーパリング』河森直紀・著 Vol.143
  • 【知らないと損をする!テーパリングとピーキングの違いとは?】『ピーキングのためのテーパリング』河森直紀・著 Vol.143大事なレースの前に疲労を溜めこんだり、故障をしたり、あるいは練習不足により体力を低下させてしまったり、「本当はもっと走れたはずなのに」と調整不足に泣く選手をこれまで多く見てきました。目標マラソンレースにおいて自分の力を最大限発揮するためには、ランニング練習だけでは不十分、コンディ [続きを読む]
  • 『一流の睡眠―医師が教える快眠戦略』裴英洙・著 Vol.140
  • 【忙しい現代人の生活に合わせた睡眠術】『一流の睡眠―医師が教える快眠戦略』裴英洙・著 Vol.140こんにちは。トレイルランナーズ大阪の安藤大です。本日ご紹介するのは、マラソンで安定したパフォーマンスを発揮するための睡眠管理の本。著者は、現役の医師・医学博士で医療機関の経営支援を行いながら、本まで出版する異色の肩書きを持つ、裴英洙(Hai Eishu)さん。出版は2016年と少し古い本ですが、役立つエッセ [続きを読む]
  • 『「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』葛西紀明・著 Vol.139
  • 【40歳を過ぎて、記録を更新し続けるコツ】『「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』葛西紀明・著 Vol.139こんにちは。トレイルランナーズ大阪の安藤大です。本日の一冊は、スキーヤーならご存じ、2014年のソチ冬季オリンピック個人銀メダリストで、45歳で 現役のスキージャンプ選手である”レジェンド”葛西紀明さんによる一冊。本書は、その葛西さんが35年間にわたる競技生活を振り返って、「40歳を超えて体力を維持し [続きを読む]
  • 『超「姿勢」力』ZEROGYM・著 重森健太・監 Vol.137
  • 【4週間で猫背を治す!】『超「姿勢」力』ZEROGYM・著 重森健太・監修 Vol.137皆さんは、寝転んだ状態から楽にブリッジできますか?会社ではデスクワークに移動中はスマホ、最近は大人だけでなく中学、高校生まで猫背の人が多い。僕の練習会ではまず「姿勢チェック」から始まりますが、姿勢の悪さで腰痛に悩まされる人もいれば、姿勢が改善されたことで大きくパフォーマンスを上げた人も見てきました。本日ご紹介するのは、 [続きを読む]
  • 『マラソンセンスとランニングIQ』細野史晃・著 Vol.136
  • 【マラソンで記録を伸ばす人と記録が伸びない人の考え方】『マラソンセンスとランニングIQ』細野史晃・著 Vol.136本日ご紹介する一冊は、『マラソンは上半身が9割』が2014年に一躍話題を集めた、ランニングコーチ細野 史晃さんによる新刊。※参考:『マラソンは上半身が9割』本書では、著者自身の15年以上の競技経験に、吉澤永一さん(2003年世界陸上パリ大会20キロ競歩代表)、大森英一郎さん(第84回箱根駅伝出 [続きを読む]
  • 『医者が教える食事術』牧田善二・著Vol.134
  • 【100歳まで元気で走り続けるためには?】『医者が教える食事術』牧田善二・著Vol.134本日ご紹介する一冊は、銀座で糖尿をはじめとする生活習慣病・肥満治療のためのクリニックを経営する著者がこれまでのべ20万人以上の患者を診てきた経験から、自身の食事に対する考え方をまとめた話題のベストセラー。食事術の本は溢れており、最初は「またか」と人気は知りつつもずっとスルーしていたのですが、自分の頭の中を整理する [続きを読む]
  • 2018年開催予定トレイルランニング講習会日程一覧
  • 関西近郊でトレイルランニングツアーを365日ほぼ毎週末に通年開催しています。ちょっとトレイルランニング体験してみたい方、健康増進目的の方、マラソンの記録向上を目指す方など、お一人でもお気軽にご参加下さい。分岐待ちや休憩も入れながらグループで走りますので、道迷いの心配はなく、はじめてでも安心ください。ご夫婦やラン仲間でご参加も増えていますが、多くはお一人様です。安心してご参加ください。※主催イベントは [続きを読む]
  • 『プリズナー・トレーニング』ポール・ウェイド・著 Vol.132
  • 【見せかけの筋肉にさよなら!自重力トレーニングのバイブル】 『プリズナー・トレーニング』ポール・ウェイド・著 Vol.132こんにちは。トレイルランナーズ大阪の安藤大です。本日ご紹介するのは、『プリズナー・トレーニング』。“元囚人”という著者の異質な経歴にインパクト大な本のタイトルで、自重筋力トレーニングの教本として一躍全米ベストセラーとなった一冊。自重筋力トレーニング(キャリステクニクス )とは、文字通り [続きを読む]
  • 『SHOE DOG(シュードッグ)靴にすべてを。』フィル・ナイト・著 Vol.131
  • 【面白すぎる!2017年最高のビジネス書】 『SHOE DOG(シュードッグ)靴にすべてを。』フィル・ナイト・著 Vol.131「これぞ起業家だ!」「起業家も「生涯走り続ける」という意味でランナーなのだ!」今年一番の興奮の一冊に巡り会えました。本日ご紹介する一冊は、『SHOE DOG(シュードッグ)靴にすべてを。』ナイキ創業者、フィル・ナイト/PHIL KNIGHTの自伝です。全国の書店でも一押し!本屋に入ってすぐに目に付く平台に置いてあり [続きを読む]
  • 『ゾーンの入り方』室伏広治・著 Vol.130
  • 【練習量が少なくても質を高めて結果を出す方法】 『ゾーンの入り方』室伏広治・著 Vol.130本日の一冊は、元男子ハンマー投げアテネ・オリンピック金メダリストの室伏広治さんによる、注目の一冊。現役引退後は、研究者や指導者として活躍。 本書は、3冊目の著書となります。※参考:『ベストパフォーマンスを引き出す方法』https://ameblo.jp/powersports/entry-11620125457.html人間は普段の生活では、脳と筋力に関して言えば、 [続きを読む]