群馬県社会保険指導協会 さん プロフィール

  •  
群馬県社会保険指導協会さん: 群馬県社会保険指導協会ブログ
ハンドル名群馬県社会保険指導協会 さん
ブログタイトル群馬県社会保険指導協会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/gunnmakyoukai/
サイト紹介文群馬県社会保険指導協会のブログです。
自由文群馬県社会保険指導協会のホームページもございます。こちらも宜しくお願いします。http://www.gunma-rouho.com/

事業所案内
・高崎事務所
住所:高崎市大八木920−21
TEL:027−381−8411
FAX:027−381−8412
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/03/12 14:11

群馬県社会保険指導協会 さんのブログ記事

  • 有期事業の一括について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「有期事業の一括」についてご説明致します。有期事業の一括は、それぞれの有期事業が次の全ての要件に該当したとき、それらの事業は法律上、一つの事業とみなされ、継続事業と同様に取り扱われます。有期事業の一括の要件①事業主が同一人であること。②それぞれの事業が建設の事業または立木の伐採の事業であること。③それぞれの事業の規模が、概算保険料を試算してみた場合、その額が160 [続きを読む]
  • 被保険者の種類について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「被保険者の種類」についてご説明致します。雇用保険制度には、被保険者は、全部で4種類あります。大きくは、雇用される期間を基準に被保険者の種類が区分されています。雇用保険制度では、所定の要件を満たした労働者について、雇用保険に加入する事となりますが、その際、いずれかの被保険者に該当する事となります。被保険者の種類① 一般被保険者→高年齢被保険者、短期雇用特例被保険 [続きを読む]
  • 離職証明書の交付について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「離職証明書の交付」についてご説明致します。被保険者が離職した後、基本手当を受けるためには、公共職業安定所に、雇用保険被保険者離職票を提出しなければなりません。そして、この離職票は、事業主が作成する雇用保険被保険者離職証明書に基づき、公共職業安定所長が作成し、当該離職者に交付します。このため、事業主は、被保険者が離職により被保険者の資格を喪失したときは、原則とし [続きを読む]
  • 継続事業の一括について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「継続事業の一括」についてご説明致します。労働保険(労災保険、雇用保険の総称)は事業所単位で成立させるのが、原則です。ただし、一定の条件下で複数の事業所の労働保険を1つにまとめることが出来ます。これを継続事業の一括といいます。事業主が継続一括を申請しようとするときは、それぞれの事業が次のすべての要件に該当しなければなりません。1継続事業であること。2指定事業と被一 [続きを読む]
  • 解雇予告と解雇予告手当について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「解雇予告と解雇予告手当」についてご説明いたします。会社側が労働者を解雇しようとする場合、少なくとも30日前に予告をしなければなりません。30日前の予告をしない場合、会社側は30日に不足する平均賃金を支払わなければなりません。予告日数については、平均賃金を支払った分の日数だけ短縮することができます。解雇予告期間を計算する場合は起算日は解雇予告を行った日の翌日となります [続きを読む]
  • 傷病補償年金について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「傷病補償年金」についてご説明いたします。傷病補償年金とは業務上、負傷あるいは疾病にかかった労働者が、療養を開始して1年6か月経過、または1年6か月を経過してからも治っていない場合で、傷病の程度が厚生労働省令で定める傷病等級のうち、第1級から第3級までに該当した場合に所轄労働基準監督署長の職権で支給決定・開始される給付です。(休業補償給付の支給から傷病補償年金へ [続きを読む]
  • 特別加入制度について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、労災保険における「特別加入制度」についてご説明いたします。労災保険は、日本国内で労働者として事業主に雇用され賃金を受けている方を対象としています。そのため、事業主・自営業主・家族従業者など労働者以外の方は労災保険の対象にならず、業務により負傷した場合などでも労災保険給付を受けることは出来ません。ですが、中小事業主等でその業務の実情からみて「労働者」に準じて保護す [続きを読む]
  • 概算保険料と確定保険料について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、労働保険の概算保険料と確定保険料についてご説明いたします。概算保険料というのは、本来の納付の前に保険料を支払うことを言います。いわゆる「前払い」です。詳しく説明しますと、事業が開始されたときや年度の初めに、保険年度中に支払われる賃金総額の見込額に、保険料率を乗じて算定する保険料です。保険年度中に支払われる賃金総額の見込額というのは、前年度中の賃金総額を用いて算出 [続きを読む]
  • 労働保険料の納付について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「労働保険料の納付」の仕組みについてご説明いたします。労働保険料の納付の仕組みをご存知でしょうか?労働保険料は毎年、保険年度分(4月1日〜3月31日迄)を概算保険料として6月1日〜7月10日迄の間に収めます。また、前年度分の賃金総額を計算して確定保険料を算出します。この仕組みを「年度更新」といいます。仕組みが複雑で分かりづらい年度更新の仕組みを、継続事業(一般の業種)の場 [続きを読む]
  • 有期労働契約について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「有期労働契約」についてご説明いたします。有期労働契約とは、たとえば1年契約や6か月契約など、期間の定めのある労働契約を指し、パート、アルバイト、契約社員、嘱託社員など、その呼び方にかかわらず、契約期間(終期)が決まっていれば、有期労働契約となります。◆有期労働契約の契約期間の上限契約期間に定めのある労働契約(有期労働契約)の期間は、原則として上限は3年です。なお [続きを読む]
  • 雇用保険法の特例一時金について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、雇用保険法の「特例一時金」についてご説明いたします。◆特例一時金は、季節的に雇用されている方等を短期雇用特例被保険者として、一般の被保険者と区別して支給される制度です。特例一時金の受給要件について①離職により被保険者資格がないことの確認を受けたこと特例一時金を受給するためには、最寄りの公共職業安定所(ハローワーク)で求職の申し込をした上で、特例受給資格の決定を受け [続きを読む]
  • 傷病手当金について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「傷病手当金」についてご説明いたします。傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けれない場合に支給されます。◆支給される条件①業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること②仕事に就くことができないこと③連続する3日間を含み4日間以上仕事に就けなか [続きを読む]
  • 業務災害について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、「業務災害」についてご説明いたします。業務災害とは、労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡をいいます。業務災害とは、業務が原因となった災害ということであり、業務と傷病等との間に一定の因果関係があることをいいます。この業務災害に対する保険給付は、労働者が労災保険が適用される事業場(法人・個人を問わず一般に労働者が使用される事業は、適用事業となります。)に雇われて [続きを読む]
  • 専門実践教育訓練給付について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、教育訓練給付制度の「専門実践教育訓練給付」についてご説明いたします。●専門実践教育訓練の要件受講開始日現在、在職者であって、雇用保険の被保険者期間が10年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、2年以上)あること、受講開始日時点で一般被保険者又は高年齢被保険者でない方は、その資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期間 [続きを読む]
  • 一般教育訓練給付について
  • 群馬県社会保険指導協会です今回は、教育訓練給付制度の「一般教育訓練給付」についてご説明いたします。教育訓練給付とは労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部支給する雇用保険の給付制度です。◆給付を受けることができる方受講開始日現在、在職者であって、雇用保険の被保険者が3年以上(初めて支給を受けようとする方に [続きを読む]
  • 再就職手当について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、再就職手当についてご説明いたします。雇用保険には、早く新たな職を見つけた人、職を見つけようと求職活動を広域で行う人に対して、「再就職手当」や「就業手当」などのような「就職促進給付」が用意されてます。今回はこのうち「再就職手当」をご紹介します。失業した人(雇用保険受給資格者)が早期に安定した職業に就いたり、事業を開始したりした場合一定の要件を満たせば支給されるとい [続きを読む]
  • 育児及び介護休業の取得要件について
  • 群馬県社会保険指導協会です今回は、育児及び介護休業の取得要件についてご説明いたします。平成29年1月1日から、育児介護休業法が改正施行されこの改正により「有期契約社員」の育児及び介護休業の取得要件が緩和されました。育児休業改正後の「有期契約社員」の育児休業取得要件① 引き続き雇用された期間が1年以上であること② 子が1歳6カ月に達するまでに、その労働契約(労働契約が更新される場合にあっては、更新後のもの) [続きを読む]
  • 葬祭料(葬祭給付)について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は葬祭料(葬祭給付)についてご説明します。支給要件として、労働者が業務上又は通勤により死亡した場合には、葬祭を行う者に対し、その請求に基づいて葬祭料(葬祭給付)を支給します。葬祭料(葬祭給付)の額は、通常葬祭に要する費用を考慮して厚生労働大臣が定める金額とされており、具体的には、315000円+給付基礎日額30日分(その額が給付基礎日額の60日分に満たないときは、給付基礎日額の60日 [続きを読む]
  • 労働基準法上の平均賃金
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、労働基準法で定められている平均賃金について、ご説明致します。平均賃金とは、休業手当や休業補償、解雇予告手当などの計算をするときに基礎として用いられる金額の事です。【平均賃金の求め方】平均賃金は、これを算定すべき事由が発生した日(解雇予告手当の場合は解雇通告日)前3ヶ月間の賃金総額をその期間の総歴日数(労働日数ではない)で割って求めます。給与締切日がある場合は、直 [続きを読む]
  • 雇用継続給付の申請手続き
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、雇用継続給付の申請手続についてご説明いたします。雇用継続給付の支給申請を行うのは原則として受給する本人とされています。しかし、社員はこのような手続には慣れていませんし、ハローワークでの受け付けは平日に限られています。仕事中や育児休業中にハローワークに行かねばならず、手続きが社員にとって大きな負担になることもあります。そこで、「雇用継続給付の手続きを事業主が行うこ [続きを読む]
  • 社会保険の喪失日
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、社会保険の資格喪失日についてご説明いたします。社会保険の被保険者資格の喪失理由と喪失日の関係はそれぞれ下記のとおりになります。・退職した場合・・・退職日の翌日・死亡した場合・・・死亡した日の翌日・70歳に達した場合(厚生年金保険のみ)・・・70歳の誕生日の前日・75歳に達した場合(健康保険のみ)・・・75歳の誕生日会社を退職する日、死亡した日と被保険者資格を喪失 [続きを読む]
  • 育児休業給付金の支給要件について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、雇用保険からの育児休業給付金の支給要件について、ご説明致します。育児休業給付金は、支給単位期間(育児休業を開始した日から1ヶ月ごとに区切った期間)について、次の要件をすべて満たしている場合に、支給対象となります。支給単位期間のうち、育児休業給付金の支給対象となった期間を「支給対象期間」といいます。1支給単位期間の初日から末日まで継続して被保険者資格を有しているこ [続きを読む]
  • 定時決定と算定基礎届
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、定時決定と算定基礎届についてご説明いたします。健康保険・厚生年金保険では、標準報酬月額に基づいて、保険料や給付を決めています。この標準報酬月額が、実際の報酬とかけ離れないように、毎年1回、標準報酬月額の見直しをします。これを定時決定といいます。具体的には、4月・5月・6月に受けた報酬の平均月額を標準報酬月額等級区分表にあてはめ、標準報酬月額を決定します。これを行うた [続きを読む]
  • 育児休業について
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、労働者が育児休業をする場合についてご説明いたします。原則として、1歳に満たない子を養育する間は育児休業ができます。1歳に満たない子を養育する労働者は、男女ともに「育児休業、介護休業等育児または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(以下「育児、介護休業法」といいます)により、育児休業を取得することができます。育児休業できるのは、原則として1人の子につき1回、連 [続きを読む]
  • 退職後の健康保険からの給付
  • 群馬県社会保険指導協会です。今回は、退職後の健康保険からの給付についてご説明いたします。【病気やケガで働けないとき】資格喪失日の前日(退職日)までに、継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格を喪失した際に傷病手当金を支給されていた場合、あるいは受けられる要件を満たしていた場合は、会社を退職した後も引き続き傷病手当金として退職時の標準報酬日額の3分の2が支給されます。傷病手当金を受けられる要件を [続きを読む]