まーじ さん プロフィール

  •  
まーじさん: 詩人まーじの生活と意見
ハンドル名まーじ さん
ブログタイトル詩人まーじの生活と意見
ブログURLhttp://merginalman.blog.fc2.com/
サイト紹介文詩・ポエム・ショートショートなどを孤高の詩人が書き散らすサイト。哲学・文学・サブカル好きは大歓迎!
自由文ネットで初めて詩・ポエムを書いたのは2001年くらいです。学生時代は一応、早稲田詩人会に所属していました。今は10年以上かけて構築中の小説を完成させるために奮闘中♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/03/13 00:15

まーじ さんのブログ記事

  • その短歌、誰のモノ
  • 言語には積極的辞項のない差異しかない、とソシュールは言った。では、短歌という三十一文字も差異の戯れ、すなわち永遠に動的な痕跡だとしたら、その短歌の生産者、産みの親を規定することはできないのかもしれない。短歌とは誰のものでもないもの、すなわち同時に誰のものでもある言語かもしれないのだ。所有権無き短歌、所有権無きポエジーということも人間的レベルの知性においては成り立つかもしれないのである。 [続きを読む]
  • なぜ何もないのではなく、何かがあるのか
  • なぜ何もないのではなく、何かがあるのかアンサイクロペディアにおいては、半ば冗談でこのよ
    うに解いている、いや解こうとしている。http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%81%AA%E3%81%9C%E4%BD%95%E3%82%82%E3%8
    1%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B
    文言の中に「完全な無」ということばが出てくるが、わたくしの説く「完全無」 [続きを読む]
  • 神とは
  • なぜ何もないのではなく、何かがあるのかアンサイクロペディアにおいては、半ば冗談でこのよ
    うに解いている、いや解こうとしている。http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%81%AA%E3%81%9C%E4%BD%95%E3%82%82%E3%8
    1%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B
    文言の中に「完全な無」ということばが出てくるが、わたくしの説く「完全無」 [続きを読む]
  • 第8回中城ふみ子賞
  •  第8回中城ふみ子賞において佳作を頂きました。短歌の新人賞において昨年、一昨年と箸にも棒にも引っ掛からなかった安西大樹が、一歩前進しました。足掛かりを得たのではないでしょうか。  そして受賞者、次席の方々の連作を早く読みたいです。『短歌研究』2018年8月号にわたくしの連作の抄録が掲載されます。適当によろしくお願いいたします。  中城ふみ子の歌集は持ってるが、全歌集買おうかな、なんて考えてます。授 [続きを読む]
  • タナトフォビア
  • サン・クエンティンの刑務所ガス部屋で死刑執行される夢救急通用口と職員通用口が隣り合わせの病院第二の誕生日から第三の誕生日迄の残飯凸角と凹角とが織りなすコント永代相続権と限嗣相続権との戦いベイズ織の袋に入ったピストルタナトフォビアおまえはおまえを反射できるのか [続きを読む]
  • 「意味について」
  • 宗教的営為など意味はない。神話など意味はない。哲学など意味はない。愛など意味はない。科学など意味はない。数学など意味はない。宇宙論など意味はない。意味自体も意味はない。「べき」など意味はない。倫理など意味はない。人類が滅びることなど意味はない。地球が滅びることなど意味はない。宇宙が何であろうと意味はない。名誉名声など意味はない。砂利道など意味はない。意味のないことに情熱的にならないことそれこそもっ [続きを読む]
  • 森田童子
  •     、    :;   、 :;ゝ  。   ム         `   . ~'      ・    `  ・  。  ・ ,,  ` ,,   ・ "      °     ・   ,ヘ  ‘  ,._   ゞ °  `   " ・  。     。    ・  ,_、     o    `"  ,、  fr'  o ,、    .        。     o  /i;  ` = ,、 '' ゞ'   ~     。;ュ   。            。  [続きを読む]
  • リフレイン
  • 目をそらすなら逆光の中  偽者の優しさは剥がれ落ちる  立っているのがあたかも楽園なら   いびつにゆがんだゴーグル外して     飛び立つならティアラのような羽で      目指すなら砂時計のような地獄の果て 目をそらすなら逆光の中   偽者の優しさは剥がれ落ちる   立っているのがあたかも楽園なら   [続きを読む]
  • なんかようかい
  • なまはげ、よ、包丁とげよ、おとろしが落っこちる前に、啼き婆が謝礼をほしがる前に、塗り仏が塗り壁を産み、ぬえが、濡れ女をおかす前になまはげよ、よ、寝太り妖怪の飼っている猫の神通力をおそれるな、野火も狐火もおまえのバディ、野伏間が広がる前に、包丁といで、ばたばたさんを化け灯籠の中に閉じ込めよ、橋姫の怨念のごとく、化け鯨の威厳のごとく、 [続きを読む]
  • 哲学の究極の問い
  • 2014年わたくしは体験として、哲学の究極の問いを乗り越えた。その体験を言語化するのに、何年もかかっている。論理の力でその体験・体感にどこまで迫れるか、いのちをかけて創作している。だが、まだ完成しないのだ。 [続きを読む]
  • 被搾取者
  • 付けては離し付けては離し腰巾着はオフセット刷り転写そして転写腰巾着はオフセット刷りを繰り返す腰巾着の糞としてのわれその糞がわれをわれわれにする糞を食べねば糧は得られぬわれらワープア平綴じ中綴じのように穴をあけられ糸、針金を魂に通される上製本であるがゆえにパワハラで穿たれ続けるわれらワープアせめて無線綴じのように糊付けされたいと願うかわれらワープアスリット孔をあけられるために別の道を探すかわれら被搾 [続きを読む]
  • こころポエム
  • 楽しめる涙をこぼせる孤独になれる友ができる無視できる殴り合える信用できる守れる比べられない強がれる調子に乗れる血を流せる死に巡りあえる喜び合える裏切られても裏切り返さない木洩れ日の声に寄り添えるこころがあれば [続きを読む]
  • 死を刺繍せよ
  • 『死を刺繍する』というタイトルで、とある連作の賞に出したのだが箸にも棒にもうまい棒にもかからなかった。死を刺繍して人は死んでいく、という意味内容と、人は人生において多くの他者の死を刺繍して生きていく、という裏の設定を込めた。死というものの連なりを縫い継ぐことによって、無限の布に無限の死に様を無限の紋様として描けるのではないか、という意味でネガティブではなくポジティブな死の肯定を伝えたかった。ちなみ [続きを読む]
  • 潔く
  • 【To be innocent】 臨海公園 無償のぬくもり春の海の乱反射 奇妙なものねまぶたのうらであなたをさがしてひまわりがひまわりらしさをなくしたらひまわりらしさをさがしにいこう臨海公園豪奢なかがやき春の風の満艦飾奇妙なものねこころのそとへあなたをさがして [続きを読む]
  • 交尾
  • 開裂したソレはもはや怖いものしらずだった しまいには彼自体を包含するに至り上下左右進退窮まれりという塩梅であった(門を潜り抜けるときのあの威圧感)乾燥すると二列に開裂する空豆の豆果のような唇しゃわ〜と泡をふいて星ふたつしゃわ〜と泡をふいて星ふたつ木々は官僚的に彼を見つめ風は格子状に張り付けられ魂の鼻面が雲のエレベーターに削り取られるこの広野にて交尾すべからずしゃわ〜と泡をふいて星ふたつしゃわ〜と泡 [続きを読む]
  • 焼かれるために
  • 人類は宝箱を此処彼処に隠してはほんの一瞬間、反省するのみで、愚かさをリロードすることに忙しないおよそ約束の地と呼ばれ得るすべての可能性は滅亡への血道である 血の雨を湛えた器物の表面に人類の罪が蠢いている人類の高潔な趣味は繁殖・増殖・増長、ゆえに神のバーナーが今まさに [続きを読む]
  • /…/…/…/
  • …/…/…/…/…/…/ /…/…/…/…/……/…/…/…/…/…/ /…/…/…/…/…/… …/……/……/…/…/…/…/…/ /…/…/…/…/…/… …/…/…/…/…/…/ /…/…/…/…/…/… …/…/…/…/…/…/ /…/…/…/…/…/… /…/…/…/ /…/…/…/…/…/… /… …/…/…/…/…/…/ /…/…/…/…/…/… …/…/…/…/…/…/ …/…/…/…/…/… [続きを読む]
  • シュルダダイスム
  • サン・クエンティンの刑務所ガス海辺に浮かぶ巨大な母親こけら板工場がよろず屋に買い取られた虚実ないまぜの夢を書ける作家宇宙の先には何がある純情色のセレナーデ陰茎の幅混声四部合唱偽預言者のような狂気メディア・コングロマリットアヌスがアスタリスクバールのようなもの海上で漫才ビッグバンの猿真似エアコンから空気ユークリッド幾何学から遠い人生シンギングボウル王権真珠説第二の誕生から第三の誕生少年の香り天空はチ [続きを読む]
  • 筋肉や皮下の血管がダダヲサケブ筋肉や皮下の血管と血管や皮下の神経とが破壊するよりはやく創造するよりはやく収縮と膨張をくりかえす                                              ――世界は定分でも不定分でもない――思い込みによる論点先取を唾棄せよそれこそが孤高であり弧高の鬼才たる詩人の態度だ論点摩り替えによる詭弁を捨てろそれこそが超人から人間へと還る毒だ毒親 [続きを読む]