廣田信子 さん プロフィール

  •  
廣田信子さん: 廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー
ハンドル名廣田信子 さん
ブログタイトル廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー
ブログURLhttps://ameblo.jp/nobuko-hirota/
サイト紹介文コミュニティ研究会代表、廣田信子がマンション生活や管理組合運営に役立つコラムお届けしています。
自由文一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供239回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/03/13 14:28

廣田信子 さんのブログ記事

  • 「正直」「公正」「謙虚」「丁寧」は管理組合運営の基本?
  • こんにちは! 廣田信子です。 自民党の総裁選に石破茂元幹事長が立候補し、「正直」「公正」「謙虚」「丁寧」という公約が発表されました。 総裁選というには、余りにも当たり前の言葉が並び、何だか、中学の生徒会の立候補公約みたい…と感じながら、 今、日本の社会で、その当たり前のことが、いかにないがしろにされているのか…を痛感しました。 森友・加計学園問題、日大アメフト部問題…が遠のくぐらい、次々に新たな問題 [続きを読む]
  • 最悪を想定して楽観主義で生きる
  • こんにちは! 廣田信子です。 自分の最後をどう迎えたいかは、自分がどう生きたいかと同じだと言います。 自分のお葬式の場面を思い描いてみなさい。その時に、あなたは親しかった人にどんな人だったと言われたいか… それを思い描き、そういう人になれるように生きなさい。 と言われることがあります。 自分のお葬式で、どう言われたいか…思い描こうと思っても浮かびにません。 私は、他人の自分に対する評価に興味がないのだ [続きを読む]
  • 訃報が続くのは、最後の迎え方を考えろのサイン?
  • こんにちは! 廣田信子です。 昨日は、半年の間に2人の理事長を現職のまま亡くした管理組合の話をしましたが、 今日は、津川雅彦さん、沖縄の翁長知事の訃報が・・・。 どちらも、早すぎる・・・つい最近まで、ご病気はあっても、しっかり話をされていたのに・・・とびっくりしました。 翁長知事の最後の記者会見の映像を見て、10日前にはしっかり話をされていて様子に、 最近は、生活の質を落とさない治療ができるようになり、直前ま [続きを読む]
  • カリスマ理事長が突然亡くなったら…
  • こんにちは! 廣田信子です。 猛暑と台風が交互にやってくるすごい夏になりました。体調管理はいかがですか。 昨夜、ちょっとショックな話を聞きました。 お付き合いがある大団地のことです。 ここは、カリスマ的な理事長が先頭に立って、自主管理で30数年がんばってきたのですが、 そのカリスマ理事長が半年前に亡くなりました。まだ60歳代で、突然のことでした。 最後の1年ほどは、持病の関係で車イスでしたが、頭はしっかり [続きを読む]
  • 年代によって大きく違う「時間」と「議論」の感覚
  • こんにちは! 廣田信子です。 先日、日本の街づくりの先端を担ってきた方々の会合にお声かけ頂き、行ってきました。 都市計画や建築の専門家の集まりで、25年の続いている勉強会兼議論を楽しむ会です。 だいぶ高齢化は進んでいますが、皆さん、その道の第一人者で、それぞれの考え方を持っている議論好きの方々です。 その議論の手法については、また改めて書きたいと思いますが、 私がびっくりしたのは、最初、これまでの活動の [続きを読む]
  • 住宅宿泊事業法登録の民泊体験しました
  • こんにちは! 廣田信子です。 先週は夏休みを頂いていたいので、お久しぶりです。 休み前の最後のブログを読んで、何だかずいぶん時間がたった気がします。 水をこぼしてしまって動かなったパソコンは、アドバイスにしたがって1週間乾かしてみましたが、やはり復旧せず、データーだけ取り出せるか…という状況で、深い反省とともにあきらめがつきました。 おかげさまで、新しいパソコンもだいぶ馴染んできました。 パソコンが変 [続きを読む]
  • アクシデント続きは止まれのサイン?
  • こんにちは! 廣田信子です。 集中豪雨、猛暑、台風と、日本列島の夏に暮らすのもたいへんになってきましたね。 来週、夏休みなので、今週、猛暑で、夏風邪が治らない中、予定をたくさん入れていたら何だかアクシデント続きで…、 極めつけは、一昨日の夜、パソコンに水をこぼしてしまい、使えなくしてしまいました。 熱中症対策でこまめに水を飲むようにとテレビで言っていたので、書類がいっぱいのデスクに水の入ったグラスを [続きを読む]
  • 面倒な中に価値があるのかも?
  • こんにちは! 廣田信子です。 今、UR都市機構の賃貸住宅が人気で空室がないという話を多方面から聞きます。 いよいよ、分譲マンションから賃貸マンションへのシフトが始まった?かというと、 そんな単純な話じゃないのです。 よくテレビで、高齢者が部屋を借りられずに苦労するという話を取りあげています。 不動産会社が、いくつもの物件に問い合わせても、年齢がネックで断られる…そんな場面を見ることがよくあります。 まだ6 [続きを読む]
  • 総会は議論の場ではない?
  • こんにちは! 廣田信子です。 総会の実出席者が少ない、総会で意見が出ない…ということを 組合員が無関心で不活発な管理組合という評価につなげがちだが、ほんとうにそうだろうか…と昨日の研究会で議論になり、おもしろかったです。 きっかけは、西京極大門ハイツの佐藤理事長がお話されていたことです。 ある時、マンション関係の研究者から総会の開催時間や質疑の状況についての質問があり、 毎回、議案書を丁寧につくり事前 [続きを読む]
  • 管理組合の自立度と管理会社との関係
  • こんにちは! 廣田信子です。 先日、1日のちに2回も、 「うちのマンション、管理会社から管理委託契約を更新しないといわれてたいへんだったんですよ〜」 という話を聞きました。 管理会社も管理組合を選ぶ時代になったことを実感しました。 1つは40戸、1つはタワーマンションとまったくタイプが違います。 どちらも理事会はしっかりしていますし、お金も持っています。 きちんと管理されているマンションと言っていいと思い [続きを読む]
  • 無関心でいられないほどの問題を抱えると…
  • こんにちは! 廣田信子です。 私が、大学入学のため上京したのは今から40年ちょっと前、東京には、すでにたくさん分譲マンションが建っていました。 電車の窓から眺めつつ、狭い敷地にびっしり建っている戸建住宅よりマンションは都市に似合うと思いました。 昔からの地縁的なつながりではなく、コモンセンスをもった都市住民が、それぞれを尊重しながら集まって暮らすという居住形態は、 私にとって、とても魅力的に思えました [続きを読む]
  • 団地内不審者の正体は・・・
  • こんにちは! 廣田信子です。 コミュニティがしっかりしている(はず)の団地の役員さんの嘆きを聞きました。 最近引っ越してきたばかりの若いファミリーの母親から、管理組合に相談がありました。 団地の敷地内で、小学校の低学年の女の子が、男性(おじさん)に声をかけられ、いろいろ個人的なことを聞かれた。 心配なので何か対策を考えてほしいというというものです。 役員さんは言います。 その母親は、子供の話を聞いて、 [続きを読む]
  • 集会室の地域開放は収益事業?
  • こんにちは! 廣田信子です。 先日、ちょっと気になる話を聞きました。 ある団地で、駐車場の空が増えたので、来客用駐車場の区画を増やして申し込みをしなくても利用しやすいように、コインパーキング形式にしました。 それによって、高齢の親の元に通ってくる子供世代からも、楽になったと評判でした。 管理組合としては、住民サービスの一環の来客用駐車場のつもりで、収益事業としては申告していませんでしたが、 やはり、税 [続きを読む]
  • 大規模修繕工事1回目〜4回目のリアルな金額
  • こんにちは! 廣田信子です。 7月5日の記事第3回目以降の大規模修繕工事費が低くなっている理由↓https://ameblo.jp/nobuko-hirota/entry-12388608211.htmlを読んで、 以前に4回目の大規模修繕工事までの工事履歴をマンションコミュニティ研究会の勉強会で発表して下さった片岡さんからメールを頂きました。 ………………………………当マンションの大規模改修工事についての回数ごとの戸当たり費用を参考の為にお伝えします [続きを読む]
  • もし東京で大水害が起きたら…
  • こんにちは! 廣田信子です。 暑い3連休でしたね。いかがお過ごしでしたか。 この猛暑の中、西日本豪雨で被害に遭われた皆さん、現場で救助・支援に当たられている皆さんのことを思うと、冷房の効いた部屋にいるのが申し訳ないようで、 せめて、気になっている首都圏の水害予想と対策について書こうと思っていたら マグマグのニュースで送られてきたものの中に、「もし東京で大水害が起きたら 〜地下鉄から始まる「水没」の恐 [続きを読む]
  • 「管理運営積立金」という発想が必要なわけ
  • こんにちは! 廣田信子です。 皆さんのマンションでは、毎年度、管理費会計の余剰金はどうしていますか? 1年間の通常の管理に必要なお金を、管理費という形で区分所有者が支払うのですが、 ほぼ使い切るというよりは、余剰金が出ることが多いと思います。 金額が多くないケースでは、次年度に繰り越されるのですが、 かなりの余剰金が出る場合は、毎年度、余剰金の大分部分を総会決議をもって修繕積立金会計に振り替えている… [続きを読む]
  • 人口減は過去最高でも世帯数は増えているわけ
  • こんにちは! 廣田信子です。 昨日、総務省が、平成30年1月1日現在の「住民基本台帳に基づく人口動態及び世帯数」を発表しました。 日本人の総人口は、前年同期比0.30%(37万4,055人)減の1億2,520万9,603人で、9年連続の減少となっています。 この減少幅は、現行調査開始(昭和43年)以降、最大となっています。 これは、ある程度予想された範囲内ですが、改めて数字を見ると、本格的人口減少社会に入っていることをひしと [続きを読む]
  • 専門家ファーストの施策に住民はついてこない
  • こんにちは! 廣田信子です。 覚悟と愛を持ってマンションの「守り人」になっている管理組合の理事長さんたちにお会いすると、醸し出される「徳」のオーラに包まれ、心が喜ぶのがわかります。 そこには、組織や手続きどう整えるかという理屈を越えたものがあります。 マンションや住民を守る…という思いは、必ず住民に伝わるものだと、改めて思います。 だから、揉めずに合意形成ができるのです。 表面上は同じような提案でも、 [続きを読む]
  • 小規模マンションの長所を活かす
  • こんにちは! 廣田信子です。 昨日紹介した小規模マンションでは、きめ細かい居住者情報をしっかり持っています。 居住者名簿は、管理会社のものか、管理組合のものか…というようなことが争いになることがありますが、 このマンションでは、管理会社名で名簿の収集業務を行うのですが、その用紙には、管理会社による個人情報の利用規定はもちろん、この情報を管理組合役員が規約に則って利用することも明記されています。 管理 [続きを読む]
  • 理事会年1回でも開かれ管理組合運営が可能?
  • こんにちは! 廣田信子です。 今回の記録的豪雨で被害を受けた皆様に心からお見舞い申し上げます。 安全であるはずの住宅の中で、思いもかけずに命を落とされた方のことを思うと心が締め付けられるようです。 また、この暑い中救助活動に当たられている皆様には本当に感謝いたします。今朝も朝早くから救助活動を始められている様子にただただ頭が下がります。 被害が大きかった地域に暮らす友人から、 あまりの雨の凄さにさすが [続きを読む]
  • 管理士は管理組合ファーストの施策の実行者に
  • こんにちは! 廣田信子です。 国も、都市部の自治体も管理不全マンション(管理組合がない又は機能していなくて自力では建物の維持管理が難しい高経年マンション:この定義はまだあいまいですが…) を放置できないという認識が高まっています。 最近では、東京都文京区が、23区で初めて、管理組合設立支援事業を始めました。 管理組合ないと、総会の開催もできずに、必要な合意を得ることができないので、修繕もままなりません [続きを読む]
  • 第3回目以降の大規模修繕工事費が低くなっている理由
  • こんにちは! 廣田信子です。 5月14日の記事 大規模修繕工事「戸当たり75万円~100万円」?↓https://ameblo.jp/nobuko-hirota/entry-12375853182.html の続報です。 私自身も、詳細に国交省の報告書を読み込み、いろいろな方面から意見を聞き、いくつか気づいたことを追記したいと思います。 まず、新聞報道からもれ、5月14日時点で、私自身も見落としていた重要なことがあります。 全体的に、金額が安すぎる…と思ったのは、 [続きを読む]
  • 西京極大門ハイツが管理不全予備軍???
  • こんにちは! 廣田信子です。 昨日の続きです。 西京極大門ハイツの佐藤理事長が、求められたらやるしかないという気持ちで、理事長をやっている…というと、 佐藤理事長が、長く理事長を続けているように感じますが、 実は、42年のマンションの歴史のなかで、切れ入れに合計7年間しか理事長をしていないと言います。 理事長は2年も続ければたくさんで、そんなに長く続けられるものじゃない…と佐藤理事長は笑いながら言います [続きを読む]
  • 天は、ひと肌脱ごうという覚悟に味方する
  • こんにちは! 廣田信子です。 西京極大門ハイツは、特徴的な管理組合運営のしくみを持っています。 理事は3〜5名という少人数の可変定数です。そして、輪番制でも立候補制でもありません。 毎年、理事候補は推薦で決まります。 で、任期は1年ですが、継続年数は、数年続けている人もいれば、3年、2年、1年と様々です。 現在の理事は5人ですが、平均年齢が59歳、最年少が42歳で、決して、リタイアー後の仕事ではないのです [続きを読む]