弁護士パパの子育てノート さん プロフィール

  •  
弁護士パパの子育てノートさん: 弁護士パパの子育てノート
ハンドル名弁護士パパの子育てノート さん
ブログタイトル弁護士パパの子育てノート
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/itigayahon
サイト紹介文3人の子供の子育てにかかわる日常の中で、「これってどうなんだろう?」と考えたことをいろいろと記してみ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 63日(平均1.7回/週) - 参加 2015/03/14 07:59

弁護士パパの子育てノート さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 重松清 作、「ステップ」
  • 昨日から、妻と子供たちが泊りがけで出掛けています。珍しく仕事の〆切にも追われていない。のんびりと静かな家の中で、映画を見たあと、重松清さんの小説「ステップ」を読みました。この小説、私の妻が、長女の妊娠中に切迫早産で入院した際、病室で読んで、涙が止まらなかったというものです。作品は、妻を亡くした父親(「僕」)とその娘(「美紀ちゃん」)の保育園初登園から小学校卒業までを描いたもので、全9編の物語で成り [続きを読む]
  • 子供のユーモア
  • 昔、「あっぱれさんま大先生」というテレビ番組があった。司法試験に受からず、孤独で苦しかったころ、この「あっぱれさんま大先生」(とヤクルトスワローズ)が私の心の慰めになっていた時代がありました。子供のユーモアには人の気持ちを和ませてくれるものがあります。ところで、長男の昔からの友だちに●●君という少年がいます。先日、長男の所要における時間つぶしのため、多湖輝先生の「頭の体操」という本を持参した。その [続きを読む]
  • 通学路であるグリーンベルト(路側帯)上の駐車について
  • 学校までの通学路には、道路の路側帯が緑色に塗られたいわゆるグリーンベルトが多く設けられています。子供達も親も、当然、安全な通学路としてグリーンベルトを通ります。ところが、このグリーンベルトの上に、しばしば、歩行者の通行を妨げるようにして車両が駐車していることがあります。そのような場合、通学途上の子供達は、駐車車両を迂回する形で車道の部分を歩かなければならなくなりますが、目線の低い子供達には駐車車両 [続きを読む]
  • 森林公園(埼玉県滑川町)
  • 天気のよかった日曜日、埼玉の森林公園に行きました。我が家がもっともよく行く場所です。広大な樹林の中にありますが、木や植物などとても手入れされていて綺麗な公園です。公園の中には、子どもにとって魅力いっぱいのわんぱく広場(遊具、アスレチック、プールなど)やぽんぽこマウンテン(巨大なエアートランポリン)等があり、サイクリングコースも設けられていますが、うちの子たちにはその存在を気付かせることなく、ひたす [続きを読む]
  • すごいな、いばらきっ子!
  • 先日、筑波山に登りましたが、妻が言うには「つくばに住んでいた時、小学校3年生は遠足で筑波山に登っていた。」とのこと。「本当かいな?」と思って、ネットでいろいろ見てみると、たしかに、周辺小学校の3・4学年が遠足で筑波山に登ってきましたと報告しているものが多数見受けられます。今は、標高差が比較的少ない女体山を登り、ケーブルカーで下山するコースが主流のようですが(妻が言うには、昔は男体山に登っていたとの [続きを読む]
  • 子連れ山登り4 ー筑波山
  • 昨日はお出掛け日和になりました。運動会前、最後の山登りをしよう。辛くなってきた体重14?の3歳長女を背負っての山登りも最後にしよう。ということで、ちょっと特別感のある山に登りたく、妻が子どもの頃近くに住んでいて毎月のように登っていた(させられていた?)という筑波山(標高約870メートル、登山口との標高差約660メートル)に行きました。往路は筑波山神社入口から男山方面を登り、復路は女体山からつつじヶ [続きを読む]
  • 自転車の訓練―山手通り(運動会に備えて)
  • 5月下旬の運動会。生まれつき(?)走るのは得意な次男がリレーの選手に選ばれたそうです。そして、生まれつき(?)運動が得意でない長男も、リレーの補欠選手に選ばれたそうです。たいへん意外な報告に、親も驚きでした。好きでもないのにサッカーや野球などをやらせても仕方ないし、妻も子ども達の練習に付き合う気などさらさらなく、ただ、人生を通じて歩くことが好きになって欲しいと、休日、家族みんなで散歩やサイクリング [続きを読む]
  • 予科練平和記念館(茨城県阿見町)
  • 成田の航空科学博物館で周りにいた人が「よかった。」と言っていたのを思い出し、先日、茨城県阿見町にある予科練平和記念館に行ってきました。常磐線で土浦駅まで行き、バスで15分位のところにあります。広々とした場所に建っている平成22年開館の新しい記念館でした。予科練というのは、海軍飛行予科練習生の略だそうで、戦前、海軍が数多くの航空機パイロットらを育成した場所です。太平洋戦争は基本的に航空戦であり、ここ [続きを読む]
  • 自転車の訓練ー交通公園(板橋区立)
  • ゴールデンウィーク後半、私の姉が長男と次男をジャカルタに連れて行ってくれ、家には3歳の末っ子長女だけが残っています。いざこういう状況になると、私も妻もこの女子をどこに連れて行けばいいのか分からなくなります。そうだ。最近、長女はよく「私も自転車に乗りたい!」と言っている。そこで、自転車の練習のため、久しぶりに交通公園(板橋区) に行くことにしました。この交通公園、子ども達の交通安全教育のため昭和43 [続きを読む]
  • ジョン・マーテル「断罪弁護」(リーガルサスペンス②)
  • 区立図書館に塩野七海作、「ギリシア人の物語」3巻を予約してから、2か月が経つのにまったく連絡が来ない。近くの図書館で確認してみると、区内で全13冊あるのだが、現在、51人待ちの状況だということでした。そこで、図書館にD・W・バッファの「審判」などと共にリサイクル本として置いてあったジョン・マーテル作、「断罪弁護」というリーガルサスペンスものを読みました。上下2冊の長編ですが、一言でいうと、どっと疲 [続きを読む]
  • 教育科学館2(理科がどうしても好きになれない・・)
  • 相変わらず、毎朝、子ども達と勉強をしています。私は子どもの頃から、算数や物理系は好きでしたが、化学系や生物系などはどうしても好きになれません。覚えることが出来ません。苦手です。5年生になった長男と先日『星の動き』を勉強していても、「アルクトゥルス、スピカ、デネボラが春の大三角形を形作っている。」(絶対、覚えられない・・)、「デネブ、アルタイル、ベガが夏の大三角形を作っています。」(どうでもいいでは [続きを読む]
  • ウイリアム・コフリン「逆転敗訴」(リーガルサスペンス①)
  • 事務所の近くにある小さな図書館には、何故かリーガルサスペンス(法廷小説)ものが多く揃っています。その中で最近面白かったものの一つが、ウイリアム・コフリン作の「逆転敗訴」という小説です。物語の主人公は、ある巨大法律事務所で遺言検認を専門とする若手弁護士ですが、事務所の思惑によって遺言書の有効性をめぐる重要な訴訟事件(裁判)を独りで担当することになってしまいます。この主人公が人生でこれまで一度も法廷に [続きを読む]
  • 子連れ山登り3 −丸山(秩父)
  • 長男と次男の通っている小学校では、例年10月に行われていた運動会が今年から5月に行われることになりました。子供達にサッカーや野球などやらせているわけでもない我が家では、運動会が近づいてくると、山に登る頻度が多くなります。先週は、秩父にある丸山に登ってきました(標高960m、標高差約650m)。⇒西武鉄道のパンフレット西武線「芦ヶ久保駅」から出発し、秩父の象徴である武甲山を横に見ながら、のどかな里山 [続きを読む]
  • 自転車―TSマーク付帯保険②
  • 先日、家族全員で西武線「芦ヶ久保駅」から丸山という山に登ってきました。半行程(しかも、きついところ・・)、体重13キロの3人目(娘)を背負っての登山に、最後は足がガクガクになりながら道を歩いていると、『埼玉県では平成30年4月1日から自転車保険への加入が義務になります。』といった内容の立て看板が目に入りました。そういえば、関東で初めて、埼玉県が自転車保険の加入を努力義務から義務にするという話があり [続きを読む]
  • 「PUMA」(プーマ)の靴下
  • 事務所の移転(市ヶ谷→南阿佐ヶ谷)や弁護士会の会派の仕事などがバタバタと続き、約2年ぶりのブログ再開となります。昨年、事務所を移した南阿佐ヶ谷は杉並区役所や警察署の本庁、郵便局本局があってとても便利。街樹が多く、商店街も活気があって、本当に素晴らしい街です。毎日、昼休みにブラ〜と外出するのが楽しみです。先日、次男が「スポーツ系の格好いい靴下が欲しい。」と言っていたのを思い出し、JR阿佐ヶ谷駅近くの西 [続きを読む]
  • 過去の記事 …