弁護士パパの子育てノート さん プロフィール

  •  
弁護士パパの子育てノートさん: 弁護士パパの子育てノート
ハンドル名弁護士パパの子育てノート さん
ブログタイトル弁護士パパの子育てノート
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/itigayahon
サイト紹介文3人の子供の子育てにかかわる日常の中で、「これってどうなんだろう?」と考えたことをいろいろと記してみ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 188日(平均1.2回/週) - 参加 2015/03/14 07:59

弁護士パパの子育てノート さんのブログ記事

  • 手書きの遺言書(自筆証書遺言書)② −遺言者の死亡後、必ず行わなければならない手続 (検認)
  • 前回、手書きで遺言書(自筆証書遺言書)を作成する際に絶対これだけは守っておかなければならない決まり事(ルール)について書きましたが、今回は、手書きの遺言書(自筆証書遺言書)を保管している方や見付けた方が遺言者の死亡後、必ず行わなければならない手続きについて書きます。それは遺言書の検認の手続きです。民法1004条1項は、遺言書の保管者や発見者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して [続きを読む]
  • 風邪と抗生物質
  • うちだけかもしれませんが、幼い子供ってどういうわけか病院が閉まっている休日に風邪をひくことが多いような気がします。親の勝手ながら保育園通いなので早く治ってくれないと困るわけですが、ドラッグストアに行って販売されている風邪薬を見ても、何だかあまり効かなそうな感じがしてしまいます。おそらく、風邪といえば抗生物質、という思い込みがあり、市販の風邪薬に抗生物質が見当たらないからだと思います。どうしてドラッ [続きを読む]
  • 恵比寿様と大黒様 ―キャラがかぶっていないか?
  • うちがよく参拝するお寺には七福神の像が展示されています。そもそも、お寺なのに何故、七福神?それは置いたとして、仕事が業として順調であるようお祈りすべきは恵比寿様?それとも大黒様?そんな疑問を感じていました。先日、図書館にあった「七福神信仰辞典」(宮田登編)という本などを読んでみたところ、七福神は室町時代の末期に京の町衆文化の中で成立したもので、恵比寿様は古神道の神、大黒様(大黒天)・毘沙門天・弁才 [続きを読む]
  • ラッキーヱビスは見つかるもの?
  • 昔、Sビールに入社した大学時代の友人から「ヱビスビールには僅かだが両手に鯛を持った恵比寿様のラベルがある。」と聞かされ、以来、20年以上にわたってヱビスビールのラベルに注目してきましたが、未だに両手に鯛のヱビスビールには出会ったことがありません。同じように探している人も大勢いるだろうからスーパーや酒屋で見つかるわけないか、とも思っていました。ところが、今年の夏、有難く頂戴したギフトビールがほぼ全て [続きを読む]
  • 漫画本を探して −北九州市漫画ミュージアム
  • 子ども達が、私の本棚にあった松本零士さんの漫画を読むようになり、私も知らないシリーズ続巻があるらしいということで、古本屋やブックオフなどを見つけては探し回っています。最近はインターネットの普及により本なども簡単に見つけることが出来るようになってきましたが、やはり足を使ってものを探す楽しみ、見つけた時の喜びなどは捨てがたいものがあります。先日、私の地元(山口宇部)に帰った際も、松本零士さんの漫画本を [続きを読む]
  • 夏の散歩ー常盤公園湖畔周回コース(山口宇部)
  • 先日、色々と仕事に追われている中、少しだけ夏休みを取って地元(山口県宇部市)に帰省しました。緑がある場所を歩きたくて、ネットで調べてみると、これまで何度も行ったことのある地元の公園に散歩コースがあるらしいということで行ってみることにしました。この公園は常盤湖という湖のほとりにある市のシンボルともいえる公園で、公園の中には遊園地や動物園なども備えています。この湖の周り約5.7kmを歩きます9時30分頃スタ [続きを読む]
  • 映画「トロイ ザ・ウォーズ」(パリスの供述?)
  • 先日、三国志(赤壁の戦い)を題材とした大作「レッドクリフ」が子ども達に好評だったことから、今度はブラットピット主演で「トロイの木馬」を題材とした大作「トロイ」を観てみようということになり、DVDを借りてきました。ところが、作品を見始めてからいくら経ってもアキレス役のブラットピットは登場せず、出てくるのはトロイ滅亡の原因を作り出したパリスとヘレネの二人ばかり。これはおかしい・・ということでDVDの円 [続きを読む]
  • 阿佐ヶ谷七夕祭り(平成30年8月7日まで開催期間中)
  • 昨晩、子ども達と一緒に『阿佐ヶ谷七夕祭り』を楽しんできました。阿佐ヶ谷にはJR阿佐ヶ谷駅付近とうちの事務所もある東京メトロ南阿佐ヶ谷駅付近との間に約800メートル(うち約700メートルがアーケード街)というとても長い商店街があります。一週間くらい前から、この商店街では七夕祭りに向けて吹き流しやハリボテ等の飾り付けが段階的に行われていました。昼休みに商店街を歩くと我々の心も自然とウキウキしてきていました。そ [続きを読む]
  • ヘッドリフレッシャーなるもの
  • つらい猛暑が続いています。我が家では、朝、子ども達に勉強をさせていますが、早朝、窓を開け放し扇風機を回しても、モワモワとした不快な熱気を感じます。なかなか「さあ勉強!」という気持ちにはなれません。そんな中、我が家で今、ちょっとした人気を博しているのが、何本かの細い鉄線の先に小さな玉が付いているヘッドリフレッシャーなる代物です。こちら、もともとは、子ども達が大好きな「フライングタイガー コペンハーゲ [続きを読む]
  • 二段ベッド、転落しないか?
  • これまでひとつ部屋の中で親子5人、「川」の字ならぬ「Ⅲ」の字状態で寝ていましたが、さすがに限界かということになり、母親が若い頃着ていた衣服や父親が青春を共に過ごしてきた書籍などを(泣く泣く)処分してひと部屋を綺麗にし、子ども達のために二段ベッドを置くことにしました。家具をほとんど置かないようにしている我が家にとって二段ベッドの購入は一大イベントであり、皆でニトリやIKEAなどワクワクしながら見て回 [続きを読む]
  • Wカップ(ヒューガルデンvsギネス)
  • 昨日、子ども達がサッカーワールドカップ3位決定戦ベルギー対イングランドを夜見たいと言い出しました。その魂胆が、翌朝の勉強を夜のうちにやっておくことにして、少しでも勉強時間を短くしたいことにあるのはミエミエでしたが、日本代表の試合でもないのにこれに乗った私の魂胆も、応援を口実に、日頃は買ってもらえない高級ビールを買ってもらうことにありました。ベルギー対イングランドということで、町内のスーパーを廻って [続きを読む]
  • すごかった、サッカー日本代表
  • 日頃、サッカーの試合を見ることなどない私ですが、先般の日本代表チームの一連の戦いには感動しました。私に輪をかけてサッカーには興味のない長男もベルギー戦の日は3時に起きてきて観戦し、試合終了の時は目を赤くしていました。素人である私の目にも、体格で圧倒的に劣る日本代表チームが、抜群の軽快さと連携で、左から右からゴールに突き進んでいく姿は美しく、そこに練達した戦術を感じることも出来ました。このたびは、日 [続きを読む]
  • 学習塾、家庭教師の解約 (関連商品の販売契約がある場合)
  • 今回は、学習塾や家庭教師の契約において、合わせて「関連商品」の販売契約がある時の解約について、整理してみたいと思います。「関連商品」とは、サービス提供を受けるに際し消費者が購入する必要がある商品として政令で定める商品をいい、学習塾や家庭教師のサービスでは以下のような商品がこれに該当します。・書籍(教材を含む)・カセットテープ、CD、CD−ROM、 DVD等・FAX、テレビ電話装置商品が、消費者に対 [続きを読む]
  • 学習塾、家庭教師の解約 (クーリングオフと中途解約)
  • 文部科学省が公表している平成28年度「子供の学習費調査」によると、小学生のいる家庭における学習塾および家庭教師の利用率(支払率)は、公立小学校で学習塾:37.8%、家庭教師:21.8%、私立小学校で学習塾:69.1%、家庭教師:29.1%となっています。都内等における平均利用率はより一層、高いと思われ、学習塾や家庭教師のサービスは現在、大きな市場を形成していると考えられます。当然、学習塾や家庭教師などに絡む金銭的な [続きを読む]
  • 重松清 作、「ステップ」
  • 昨日から、妻と子供たちが泊りがけで出掛けています。珍しく仕事の〆切にも追われていない。のんびりと静かな家の中で、映画を見たあと、重松清さんの小説「ステップ」を読みました。この小説、私の妻が、長女の妊娠中に切迫早産で入院した際、病室で読んで、涙が止まらなかったというものです。作品は、妻を亡くした父親(「僕」)とその娘(「美紀ちゃん」)の保育園初登園から小学校卒業までを描いたもので、全9編の物語で成り [続きを読む]
  • 子供のユーモア
  • 昔、「あっぱれさんま大先生」というテレビ番組があった。司法試験に受からず、孤独で苦しかったころ、この「あっぱれさんま大先生」(とヤクルトスワローズ)が私の心の慰めになっていた時代がありました。子供のユーモアには人の気持ちを和ませてくれるものがあります。ところで、長男の昔からの友だちに●●君という少年がいます。先日、長男の所要における時間つぶしのため、多湖輝先生の「頭の体操」という本を持参した。その [続きを読む]
  • 通学路であるグリーンベルト(路側帯)上の駐車について
  • 学校までの通学路には、道路の路側帯が緑色に塗られたいわゆるグリーンベルトが多く設けられています。子供達も親も、当然、安全な通学路としてグリーンベルトを通ります。ところが、このグリーンベルトの上に、しばしば、歩行者の通行を妨げるようにして車両が駐車していることがあります。そのような場合、通学途上の子供達は、駐車車両を迂回する形で車道の部分を歩かなければならなくなりますが、目線の低い子供達には駐車車両 [続きを読む]
  • 森林公園(埼玉県滑川町)
  • 天気のよかった日曜日、埼玉の森林公園に行きました。我が家がもっともよく行く場所です。広大な樹林の中にありますが、木や植物などとても手入れされていて綺麗な公園です。公園の中には、子どもにとって魅力いっぱいのわんぱく広場(遊具、アスレチック、プールなど)やぽんぽこマウンテン(巨大なエアートランポリン)等があり、サイクリングコースも設けられていますが、うちの子たちにはその存在を気付かせることなく、ひたす [続きを読む]
  • すごいな、いばらきっ子!
  • 先日、筑波山に登りましたが、妻が言うには「つくばに住んでいた時、小学校3年生は遠足で筑波山に登っていた。」とのこと。「本当かいな?」と思って、ネットでいろいろ見てみると、たしかに、周辺小学校の3・4学年が遠足で筑波山に登ってきましたと報告しているものが多数見受けられます。今は、標高差が比較的少ない女体山を登り、ケーブルカーで下山するコースが主流のようですが(妻が言うには、昔は男体山に登っていたとの [続きを読む]
  • 子連れ山登り4 ー筑波山
  • 昨日はお出掛け日和になりました。運動会前、最後の山登りをしよう。辛くなってきた体重14?の3歳長女を背負っての山登りも最後にしよう。ということで、ちょっと特別感のある山に登りたく、妻が子どもの頃近くに住んでいて毎月のように登っていた(させられていた?)という筑波山(標高約870メートル、登山口との標高差約660メートル)に行きました。往路は筑波山神社入口から男山方面を登り、復路は女体山からつつじヶ [続きを読む]
  • 自転車の訓練―山手通り(運動会に備えて)
  • 5月下旬の運動会。生まれつき(?)走るのは得意な次男がリレーの選手に選ばれたそうです。そして、生まれつき(?)運動が得意でない長男も、リレーの補欠選手に選ばれたそうです。たいへん意外な報告に、親も驚きでした。好きでもないのにサッカーや野球などをやらせても仕方ないし、妻も子ども達の練習に付き合う気などさらさらなく、ただ、人生を通じて歩くことが好きになって欲しいと、休日、家族みんなで散歩やサイクリング [続きを読む]
  • 予科練平和記念館(茨城県阿見町)
  • 成田の航空科学博物館で周りにいた人が「よかった。」と言っていたのを思い出し、先日、茨城県阿見町にある予科練平和記念館に行ってきました。常磐線で土浦駅まで行き、バスで15分位のところにあります。広々とした場所に建っている平成22年開館の新しい記念館でした。予科練というのは、海軍飛行予科練習生の略だそうで、戦前、海軍が数多くの航空機パイロットらを育成した場所です。太平洋戦争は基本的に航空戦であり、ここ [続きを読む]
  • 自転車の訓練ー交通公園(板橋区立)
  • ゴールデンウィーク後半、私の姉が長男と次男をジャカルタに連れて行ってくれ、家には3歳の末っ子長女だけが残っています。いざこういう状況になると、私も妻もこの女子をどこに連れて行けばいいのか分からなくなります。そうだ。最近、長女はよく「私も自転車に乗りたい!」と言っている。そこで、自転車の練習のため、久しぶりに交通公園(板橋区) に行くことにしました。この交通公園、子ども達の交通安全教育のため昭和43 [続きを読む]