ken.shintani さん プロフィール

  •  
ken.shintaniさん: ♪大きな声が出せないボイトレ馬鹿のブログ♪
ハンドル名ken.shintani さん
ブログタイトル♪大きな声が出せないボイトレ馬鹿のブログ♪
ブログURLhttp://freecircle.blog.fc2.com/
サイト紹介文ボイストレ-ナ-からの視線!ボイストレーニングや生活感をご覧くださいね!!
自由文大きな声が出せないボイストレーナーのボイトレ・歌・音楽・雑記などのブログにお付き合いください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供438回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2015/03/14 14:25

ken.shintani さんのブログ記事

  • いい声が出せる『口の開け方』・・・?
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。自然に、上あごも開き、奥も広い!!いい声が出せる「口の開け方」とは、いかに?でしょうか?ボイトレ発声において、「口の開け方」はとても重要です。口の開け方が小さいと、「こもった」声になってしまい・・・結果的に・声量が小さくなる。・言葉が不明瞭。・「自信がない」印象を与えてしまう。・・・など、いいことがありません。また、口 [続きを読む]
  • 子供の頃って・・・夏が、こんなに暑かったかな??
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。このように川に、飛び込んでいたなあ?めっちゃ^^^冷たかったよ^^^昔の夏ってこんなに暑かったですか? 子供の頃って・・・夏が、こんなに暑かったかな??と毎年夏がくると思いますね。例外なく、今年もそう思ったのですよ。昔の夏ってこんなに暑かったですか? 40年ほど前でしょうか、子供の頃って8月でも平気で一日中、外で遊んでま [続きを読む]
  • 歌は芸術でしょ・・・スポーツのように「得点」では 決まらない!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。この道には、何がありますか・・・?歌は芸術であるから、スポーツのように「タイムや得点」では勝ち負けが決まるわけではない。ホントは、評価するだけのたくさんの、価値観の数はあるのか?と感じる。わたしの考えは、ホントはコンテストや審査は好きではないのです。エントリーの歌を審査員が聴き、それで順位を決めること。「あれ?この人は [続きを読む]
  • ボイス・トレーナーによって違う指導法!!あなたに、なにが合うの?
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。1)喉頭を中心としたコントロールする喉頭筋群のボイトレ 2)呼吸を中心としたブレスコントロールする呼吸筋群のボイトレトレーナーによって1と2の重点の違いでレッスンの内容の差が生じますね。 1)の喉頭派は、とても呼吸の事が曖昧です。  たとえば、腹式呼吸の説明も 「腹式呼吸は、寝ている時に行っている一番自然な呼吸法です」 [続きを読む]
  • 今日、なぜか、ノリが悪いと感じられるような時には・・・!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。テンションが低いと感じるときがありますよね。今日は、なぜか、ノリが悪いと感じるようなときがありますね。それは、どこからくるのでしょうか?・体が疲れているようなとき・・・。・いきなり、歌おうとするとき・・・。・気持ちが沈んでいるとき・・・。・不安がいっぱいで自信のないとき・・・。・練習不足で出来ていないとき・・・。・音 [続きを読む]
  • 発声練習を正しくすると期待できる効果とは!?
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。発声とは文字通り「声を発する」ことですが、正しい方法で行っていくだけで以下のような効果が期待できます。・音域を広げる ・声量を上げる ・持続力アップ ・声を自在にコントロールすることができる ・滑舌を良くする ・声が通るようになる ・喉を痛めにくくする ・リラックス効果・ダイエット効果・・・など、嬉しく良いことことばかりです [続きを読む]
  • 首がガチガチになる人の・・・対策は^^^!?
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。首がガチガチになる人の・・・対策は^^^!?・・・について教えるようにしています。『喉を開け』ということ。。。『舌を下げろ』ということ。。。正しくは、喉仏の位置が変わり自然な響きが失われることがある。たしかに、『喉を開け』とほとんどの指導者は教えているが、舌の位置、喉仏の関連は曖昧なものになっているのが事実。先日も、前 [続きを読む]
  • 声をどこで感じますか?声の通り道が見えますか?
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。”道は一本じゃない、真っすぐでもないよ!!”口の中?、どこで、どのように感じますか?に対してほとんどが・・・『え〜っ、そんな、考えてもないから・・・』これは、非常に大切なことだとわかります。『あ』の口を開けて、そのまま大きく口で素早く息を吸う。そのときの息が当たる位置を感じましたか?もう一度、やりますね。『あ』と口を開 [続きを読む]
  • 南の空には、すじ雲やウロコ雲が見えます。秋の雲かも?
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。高さのある雲ですね。上空10000Mらしい!!秋になって、日本の上空を流れる偏西風が次第に強まるようになると天気が西から東へ変わり、現れる雲の種類や特徴が変わります。 秋の空の主役と言われる雲は、うろこ雲・ひつじ雲や天気が悪くなる前の低気圧が接近する時に高い所で現れるうろこ雲・ひつじ雲と呼ばれる横に広がる雲が特徴です。 [続きを読む]
  • 『共鳴が多ければ大ほど』声は豊かに響き、声量も自然と上がる!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。響きのいい音色は?どこから?鼻腔とは響きとして中音域に位置し、低音域でも高音域でも響きを感じることができる。共鳴が多ければ大ほど声は豊かに響き声量も自然と上がり、声に厚みを加えることができる。声量を上げようとして息の量を増やしたりしても共鳴が増えない限り声量は上がらない。 声量の「量」は発声では、息の量ではなく響き、共 [続きを読む]
  • ペットボトルで『お茶』を飲んでいたら食中毒になった話?
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。どこのお茶でも同じ、口飲みと残し飲みが原因となる。夏真っ盛り。熱中症などで水分補給をこまめに取らなければいけないが、その時に不可欠になるのがペットボトル飲料だ。「ペットボトルで麦茶を飲んでいたら食中毒になった」「口はつけずに飲む方が良い」が話題を呼んでいる。ペットボトル飲料に、口をつけるのは本当に危険なのか?. 夏場のペ [続きを読む]
  • ペルセウス座流星群が今夜見られるそうです。
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。きょう12日(日)夜、ペルセウス座流星群が極大 西日本など観測しやすくなります。今夜、3大流星群の一つである、ペルセウス座流星群が見頃を迎えます。 今年は月明かりがなく絶好の観測条件となるため、ピーク時には1時間に40個以上の流れ星を期待できるそうです。 気になる天気ですが高気圧に覆われて、西日本の広い範囲で流れ星が見られそうで [続きを読む]
  • これでバッチリ!!○○呼吸法!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。【例えば】水泳では・・・^^^^。泳ぐための顔つけと呼吸をまずは、やりますね。まず、歌を歌うときにも必要な呼吸法を学びますね。咳が止まらない時は、スゴ〜ク腹筋の存在を感じますよね。吉本新喜劇を観ると、お腹を抱えて笑いませんか?これらは、『自然に腹筋』を使っているのです。時間も場所も不要。いつ。どこでも。誰にも気にせず。 [続きを読む]
  • 9月4周年2000本に向かいブログ量産体勢です!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。来月でブログ開設して丸四年となります。現在、1950本まで来ていますが、2000本にやや遅れ気味のために。。。今日よりブログ量産いたします!!ご覧くださいねポチ!!ご覧いただく皆さまには、『最近あれ?増えてる?』となりますが、ガンバって私も書いていますので、ガンバってご覧くださいね。わたしの一方的な、量産ですが^^^よ [続きを読む]
  • 声の『離陸と着地』っていうこと、考えていますか?
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。お盆で帰省され、道路には他府県の車が溢れていますね。あちらこちらでは、花火大会も行われていますね。^^^声を発するときには、離れる瞬間がある。前に向かって、上に向って飛び立とうとする。一音、一語にあるものを発するのですよ。漠然と、ぼやっとしているとやり過ごしてしまう。自分の身体という陸地から離れるときが、わかりますか? [続きを読む]
  • 【マニア】ボイトレ・マニアになるとダメだよ!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。「ボイトレのテクニック」はとても良くできるのに、いざ声を出そうとするとトレーニングの成果が発揮されていない人が多いものです。こういう人は、ボイトレ・マニアのようになってしまって、知識はとても豊富です。こういう人ほど、豊かに響いたり、通る声が出ず、なぜか声を出したり、歌ったりすると違う声になってしまうのです。ぜっかく頑張 [続きを読む]
  • ボイトレでの『見落としがち』な3つのポイント!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。見落としがちなこと?今日は、ボイトレの時に見落としがちなポイントをまとめましたので、今後ぜひ意識してみてくださいね。①喉だけで歌う。喉だけで歌うのはNG。ボイトレは、全身を使って行うものです。スポーツを始める前にはストレッチやウォーミングアップをするように、発声をする前にも準備運動が必要です。一見関係なさそうに思うかもし [続きを読む]
  • お盆の意味とは?子供の頃の想い出より。。。
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。8月15日、恒例の「灯篭流し」が行われました。「花火大会」もみんなで見に行き、すさみ海水浴場周辺は大賑わいとなりましたよ。1年間に亡くなった人の霊を灯篭船に乗せて送る「灯篭流し」、地域によってやり方も時期も様々とのことですが、すさみでは古くから15日の夜12時と決まっていて、小さい頃には12時まで起きているのが大変だっ [続きを読む]
  • 今日もありがとう〜山から下りて来てくれて『赤とんぼ』
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。夏でも、町でよく見られるのが一生を低地で過ごすナツアカネです。アキアカネは夏の始めに山に移動してしまうので、低地ではみられませんが高原などに行くと元気に飛び回っています。夏の赤とんぼは赤というより、すこし薄い色をしていますね。ナツアカネの色は真っ赤というより橙色。アキアカネも最初は橙色なのでそのように見えるのです。夏の [続きを読む]
  • お盆の頃には聴きたくなる一曲ですね??○○時代!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。ニューミュージックの中心にいた井上陽水さんでした。そして、陽水さんは、現在に至るまでオリジナリティな歌を多数発表し、大勢のアーティストにも楽曲を提供している。1990年9月のシングルの名曲、「少年時代」の魅力をお届けします。飲み仲間の藤子不二雄(兄)からの依頼によって誕生した陽水さんの「少年時代」。戦時中、東京から富山県へ [続きを読む]
  • 今年は、蝉の合唱も『危険な暑さ』かもしれないなぁ〜??
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。これぞ真夏の蝉の王様。クマゼミ?ミンミンゼミ【鳴き声】ミーンミンミンミンミーン、ミーンミンミンミンミーン?見られる時期:7月〜10月?見られる場所:北海道から九州?体長:5.5〜6.5cmぐらい羽根が透明で、身体に青緑色が入っていてキレイですね。 ?ニイニイゼミ【鳴き声】チィーーー、ニィーー?見られる時期:6月〜9月?見られる場所: [続きを読む]
  • 『リズムについてのお悩み』も色々な相談が多いのです!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。リズムについてのお悩み、あなたも色々ありますね?リズムと一言で言っても・・・・そもそもリズムがわからない。・リズムから外れている?・上手くリズムに乗れてない。・一本調子な歌になる。・リズム感があるって?・ヘタではないけど、キレがない。・リズムにカッコよく歌いたい。リズムって、底が見えないくらいに深い。「頭ではわかるけど [続きを読む]
  • 『出したいと思う声』を出すための実践練習!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。声帯は鍛えることが出来ないし、自由に扱うことも、なかなかの至難の技と言えるのですよね。声を出すための調整器官だから、歌を歌うようになるとは、まさか思っていなかったのです。大昔のご先祖たちは。地球上の動物で、話すこと、歌うことは人間だけしか出来ないのです。この声帯を意識すればするほどに、喉に余計な力が入ってしまいます。本 [続きを読む]
  • まだまだ猛暑なのに『赤とんぼ』が飛んでるよ!!秋の気配?
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。この猛暑、元気な赤とんぼを見かけました。今日も、35℃の和歌山ですが、裏の川には赤とんぼが何匹も飛んでいるのですよ。少しだけ、寒気の入った風が吹いていますが、まだまだ、とんでもない暑さです。心なしか、蝉の合唱も小さくなったみたいです。一足早く、秋の気配になるのかな?まだ、少し赤い色は薄いものの、元気に飛び回っていました [続きを読む]
  • 『歌う』とは『訴ったう=うったう』が語源らしい!!
  • こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。ご覧いただき本当にありがとうございます。歌が上手い!歌が下手!いい声!!など色々あります。普段わたしたちは、簡単に口にしてますが、その、基準って?さて、何でしょうか?◆『恋一葉(こいひとは)』小田純平さんの弟子、寺本さんの持ち歌。客のお婆ちゃんが『ええ声や〜の!』少し方言で^^^。『ホンマやな〜』と隣りのお婆ちゃんにも伝染していった。『誰の歌な?』・・・寺本 [続きを読む]