紫釉 さん プロフィール

  •  
紫釉さん: 紫釉
ハンドル名紫釉 さん
ブログタイトル紫釉
ブログURLhttps://ameblo.jp/nanohana-haru/
サイト紹介文詩やささやき。 ときどき猫のお話。
自由文そっと囁くような そっと寄り添うような
そんなやさしさを 心がけたい

可愛らしさ 慎ましさを 大切にしたい

こころは いつも愛をみつめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/03/14 15:36

紫釉 さんのブログ記事

  • 紅い果実
  • 艶やかな林檎 蜜を潜めて 紅色慎ましやかにその掌へ 甘く薫るは恋のはじまり 熱くなる胸 整え秘めても ポッと色づく頬隠せずに 伏せた睫毛の震えまでもを 読み取られそうで俯いた 何気ない仕草や言葉 さりげない優しさや声 あなたというぬくもり灯る 幾重にも想い積み重なり あなたばかりを恋うこころ 紫釉 *画像はお借りしたものです 先日山形のリンゴとまた他の方から秋田のリンゴをいただきました。 真っ赤 [続きを読む]
  • 一日のはじまりに
  • おつかれさまのゆうぐれと おやすみなさいのほしのよる しずかなしずかなよるこえて めざめたあなたにおはようを ツンとさむさがしみいるあさは こころをことばをおくります しずかなしずかなよるこえて めざめたあなたにおはようを 紫釉 [続きを読む]
  • 青をくるむ雲のように
  • あなたの幸せがずっと続くようぽっかりと空いた雲間の青に 輝く青は幸福のしるしのよう 青をくるむみたいに囲む雲のようでありたい 互いの距離を保ちながらこころを贈り続けているようなそんな想いもあっていいでしょう 支えてるつもりが支えられてるあなたも青をくるむ雲なのかな 小さなエールを贈り続ける青がより一層輝くようにと祈りながら 紫釉 *画像はお借りしたものです いろいろな雲が窓の外を流れていき [続きを読む]
  • 微笑み重ね
  • 忘れたい痛みがあるなのに忘れられずに胸の中 石ころみたいに蹴飛ばしてじゃあねと背を向け歩けたら なんの痛みも知らぬよなそうねきみには映るかも 笑顔作りが得意になって心隠しが上手いだけ さよならと通り雨に忍ばせて手を振りそっと流せたら 微笑む思いを積み重ね満たせば痛みもそのうちきっと 紫釉 和む風景のおすそ分け。 先日、ドライブをしたときのもの。初めての場所、初めての景色。 迫力のある勢いで目 [続きを読む]
  • ときめき
  • 誰にも気づかれないようにときめきをそっと隠し持つ あなたにも見せたりしないの このときめきはまだわたしだけのもの 紫釉 *画像はお借りしたものです。 [続きを読む]
  • あまいろ
  • 筆先で流したような白い雲 ここから見えるものすべてに 愛しさを抱く 届けたい風景がある 伝えたい想いがある 透明に近いこころでいてよ                あまいろ頭上に広がる澄んだ天色で その胸を満たしてあげたいから 紫釉 ん。 ただ、ただ届きはしなかった言葉たちを可哀想に思う。 僅かな言葉のなかにたくさんの想いを込めて贈ったけれどその想いは汲んではもらえなかったこと。 *** *** *** [続きを読む]
  • こころ隣り
  • こころ隣りにあなたがいれば見えるものみなあたたかい 道端にたった一輪咲く花も枯れ葉舞う静まり返った公園も刻々と色濃くなる夕焼けも想いの隣り 声隣り 緩やかに時が流れていくことも朗らかに空を仰いでいくこともこころ隣りのぬくもりのなか あなたがくれるぬくもりのなか 紫釉 *画像はお借りしたものです [続きを読む]
  • あなた
  • ただコトバを真似たとしてもあなたのものにはなりません ただ仕草を真似たとしてもやはりあなたはあなたです 誰かを羨ましがり見えるものだけ単純に取り入れようとしたところでその誰かになれはしないのです 近づきたければその想いを知り知るための努力を惜しまないこと でもわたしはたったひとりしかいないあなたがいい あなたはあなたかけがえのないたったひとりのあなたです 紫釉 ホッとする今宵。 仕事の一 [続きを読む]
  • 月の女神
  • 月が美しいのはあなたを癒すため 神々しい輝きはあなたを護るため 暗闇を照らすのはあなたを導くため 密やかに穏やかに神秘的な光を放ち夢の中にあっても迷わぬよう 窓越し眠りにつくあなたを今宵も 紫釉 *画像はお借りしたものです。 [続きを読む]
  • 優しい愛がいっぱいこの世の中は輝いてる 哀しい愛もいっぱいそれでも愛は止まない 愛の持つ不思議なちから あなたもそしてわたしも愛を知り愛に迷う愛と向き合い愛に苦しむなのに遠ざけられずに愛の温かさに酔い慕う 紫釉 [続きを読む]
  • おもい
  • 少し持て余していたどうしていいかわからずにただ胸の奥に積み重なったその想いが苦しかった こころの奥の想いをそっと水面へ放ってみたら弧を描きながらゆっくり沈みはじめた そのまま沈んでいこうとする想いが途端に不憫に思えて慌てて掬い上げ日だまりに広げた 日だまりにそおっと広げたらやがてひかり含んでふっくらふんわり突如吹いた風にさらわれていった ざわざわと胸奥が騒ぎ始めるのを突然の出来事のせいと思お [続きを読む]
  • 想いの先
  • ひだまりのような声をください 月明かりのような眼差しをください 澄んだ空のような想いをください 触れ合えぬ寂しさに嘆くことなくあなたの温もりを纏い歩けるように 木洩れ日のような安らぎを 小川のせせらぎのような優しさを 吹きつける風に揺れることのない真心を わたしからあなたへ くじけそうな時にも打ちひしがれることなく胸に温かな光を宿したまま歩けるように 紫釉 ゆるりとしましょ。 秋の夜はゆるりが [続きを読む]
  • 秋の森で
  • 風と木の葉の音楽隊渇いた音色響かせて カサコソ カサカサカサカサ カサコソ 小気味よく軽やかに共にステップ愉しみましょう 秋風のドレスを纏えばお姫様気分のカーテシー 小さな秋のはじまりは物悲しさより笑顔から 実りの秋を歓びましょう色づく秋に癒されましょう 風と木の葉の音楽隊奏でる音に誘われて森の動物(コ)たちも賑やかに 紫釉        *カーテシー:お辞儀 [続きを読む]
  • 一輪の花
  • 愛せてますか 見つめてますか その傍らに一輪の花 仄かに紅さす憩い花 あなたへ向けて薫る花 揺れる寂しさ気づいてますか 隠した涙気づいてますか その傍らに一輪の花 想い一途に注ぐ花 あなたへ向け咲(え)む可憐花 紫釉 あぁ、もう9月なのですね。暑い暑いといっている間に。すまし顔の9月さん。いつの間にやら、いらしてました。 ドタバタだったり後半風邪気味だったりと仕事や体調の崩れなど夏を楽しむ間もな [続きを読む]
  • 広がる世界
  • 互いの違いを認め合って互いの違いを好きになれたら 考え方の違いを知ることはまた新たな世界の広がりであると そうして世界は繋がっていく 僕の世界になかったものが芽吹いてきみの世界になかったものが開いて そんなふうに広がる世界は温かで優しく心地よいはず 認め合うことがまずは始まりなのだと 紫釉 * 画像はお借りしたものです。 [続きを読む]
  • 夏恋
  • 蝉の声ジリジリ夏との距離を縮める眩暈に襲われそうな暑さの中へ景色全ては滲んではゆらゆらと 螺旋状にゆっくり記憶は遡り淡く儚い恋を浮かび上がらせた ただ側にいられるだけでよかったほんの少し遅れて歩くことを好んだその背中にきゅんと焦がれたきみのすべてがそこに込められてる気がした 特別な夏は何もかもを輝かせた瞳に映るすべてのものこの胸に感じるすべてのこときみという存在きみに恋していたわたしまでもを [続きを読む]
  • 星の子守唄
  • すれ違い逸れた想いひとつ 宛てのない空間を彷徨い続けることのないよう星の瞬き美しい夜天へと向けて放とう 星たちは個々の想い優しく抱いて歌ってくれる この想いも星に抱かれてひっそり眠りにつくのでしょう 紫釉 更新かなりマイペースですがそんなのんびりモードであっても忘れることなくいてくださるひと更新するたび、いつもここへと訪れてくださるみなさんに心から感謝します。 日々の生活、向き合うことの多 [続きを読む]
  • 青空に虹
  • 通り過ぎてきたもの触れられたもの触れられなかったもの それは喜びであったりそれは哀しみであったり 胸の中度々降る雨は小さな水たまりを幾つも作ったそこに映る虹や青空覗き込んだ泣き顔が微笑みに変わってた 自分のために生きることを戸惑わなくていいの 自分のために生きてこそ見えてくる優しさがある感じる温もりがある そしてより一層誰かを心から愛することができるから 紫釉 *画像はお借りしたものです。 [続きを読む]
  • 微笑むこと
  • 何もできないわけじゃない少しの勇気と踏み出す一歩 きみならできると魔法をあげる 何事も強いことがすべてではない弱い立場から見えることの強さ 優しさはそんなところから生まれるね 傷ついてきた重みは強さとなっていずれきみを守るよ 好きな歌口ずさんで歩いていこう微笑むことは幾つだってみつかるもの 紫釉 今日はすっきりさっぱり髪を切りにいく予定。夏モードにします。今はね、肩くらい。顎のラインに揃え [続きを読む]
  • 虹の彼方
  • ため息に染まる空 雨を待つ心のままに泣きたい憂鬱な午後 庭先の紫陽花までもほろりガラス窓越し寂し気に映る 愛情の表し方の違いいつも感じては拗ねてみたりして 梅雨明け前のセンチメンタル忙しいきみの背に送る眼差し 雨上がりの虹の向こう側希望の未来へ続いているとそう信じていたいの きみの広い世界の中に揺るぎのない私の場所永遠に守り抜く覚悟までもずっと信じていたいの 紫釉 *画像はお借りしたものです [続きを読む]
  • あなたからの風
  • 小窓を開け放ち待っているいつでもあなたからの風を 甘く心地よい薄紫の風髪を撫で頬をさすり唇から胸へ 見えぬ時間共にふたりのもどかしさ照らす月明かり 離れていればいつか心もふとそんなマイナスの渦 当たり前の愛と慣れれば見えぬ距離広がりそうで 互いの存在いつも隣りに愛を絆を守るための言葉欲しくなる 紫釉 *画像はお借りしたものです みなさん、お元気ですか(^-^) 大切なひとがいるならば想いを言葉を [続きを読む]
  • 好きなもの
  • 寝起きにコーヒーを部屋に満たされる薫り ときめきが降る光の朝眩さは宝石より価値のあるもの 誰かの言葉に傷ついて誰かの言葉に救われて繰り返される毎日の中に気づけば優しさが詰まってる 好きなものをひとつふたつ毎日そうして増やしていくの嫌なことを思う隙間もないくらいに 埋め尽くされたときにはきっともっと大切な何かを得ていそう 紫釉 *画像はお借りしたものです [続きを読む]
  • 憧れ
  • たおやかなその姿 碧空を背に更に引き立つ 強さを秘めしっとりと佇む 駆け引きなく咲く花は なんと優雅なことだろう 想い一途に咲くだけの 花の姿に憧れを抱く 紫釉 こうしてブログを続けているとふと思うことがあるのです。 もしかするとどこかで繋がっていてもしかするとどこかですれ違っていて もしかするとどこかで隣り合っていたかももしかするとどこかで目線が合っていたかも もしかすると旅先でもしかすると [続きを読む]
  • 甘い花のかおり
  • もういちどもういちどもういちどなんて 青草の上思い出たちを広げて寝転び微睡み見上げる空 もういちどなんて後戻り出来ないことくらいわかっているのに 過去にすがる自分をちっぽけだと可笑しくなるいっそ思い切り笑えたらいい ひかり無邪気にまとわりつく甘い花のかおりの恵み胸の高まりを鎮めるちから 過去より今を愛していけるよう 過去より今を見つめていけるよう 紫釉 *画像はお借りしたものです。 [続きを読む]