Meds さん プロフィール

  •  
Medsさん: 女ばかりの薬屋さん in バンコク
ハンドル名Meds さん
ブログタイトル女ばかりの薬屋さん in バンコク
ブログURLhttp://meds21pharmacy.blog.fc2.com/
サイト紹介文バンコクの、女ばかりの日本人在住薬局です。タイの薬、女性の健康と美容に役立つ薬の紹介をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/03/17 11:55

Meds さんのブログ記事

  • Inulin イヌリンって?
  • ご無沙汰しております。早速ですが、イヌリンという成分をご存知でしょうか?私は知りませんでした (=∀=)オオバコ繊維粉末 Musilin(バラ売り)の隣に以前から並んでいて、パッケージのイラストから「腸をスッキリさせるための繊維粉末だろう」と勝手に思っていました。確かに繊維質に間違いはなかったのですが、もっと整腸作用がある成分でした。【成分表記】 イヌリン フラクトオリゴ糖 アセロラフラクトオリゴ糖と言えば整 [続きを読む]
  • 喪が明けました。
  • タイ在住者でなくとも恐らく多くの方がご存知かと思います。11月25日〜29日の間、ラマ9世 プミポン国王のお葬式がありました。26日の火葬の日は、年中無休のデパートや、24時間営業のコンビニなどもまさかの午後から休業で、街中は静まり、王宮付近には多くの人が集まり、恐らく・・・ 先にも後にもタイでこれほどの大事はないだろうと思える日でした。私は献花には出かけませんでしたが、TVでセレモニーをずっと見ておりました。26 [続きを読む]
  • ヒルドイドフォルテゲル
  • 以前にヒルドイドクリームの記事をアップしました。今回はヒルドイドのゲルの話を少し。。。Hirudoid Forte を買おうと思ったら品切れ中とのことで、替わりに「Forte Gel」が並んでいました。クリームの入荷を待ってもよいのですが、使った事のないものは使ってみたくなる性分なので、試してみる事にしました。Webで、「クリームよりべたつく感じ」というのを見た事があるのですが、  使った感想は、 ゲルはやはりゲルです [続きを読む]
  • 咳止めなのに?
  • 薬局で普通に販売する薬でも、パッケージに「?????????」(ヤーアンタラーイ/危険薬)と赤文字が印刷されているお薬は、薬剤師が管理しなくてはならないのですが、薬剤師が居れば普通に販売されています。しかしながら2ヶ月くらい前に「デキストロメトルファン」という薬剤が含まれる咳止めなどを販売する際には、「販売日と購入者、販売数量などの記録をとること」とタイのFDAより御触書が届きました。この薬剤、咳が酷 [続きを読む]
  • 1年が経ちました
  • 10月2日月曜日朝から黒い服を来た人が多く見られます。市場でも少し前から黒い服を売る業者が見られました。昨年の10月13日に、長きに渡ってタイの父として国を治められていたラマ9世が死去され、1年を過ぎた今月の26日に火葬が行われます。いよいよお別れです。日常的にはなんら変った気はしませんが、確実にタイの一つの時代が終わり、新しい時代が来るのだと思います。        ご冥福をお祈り申し上げます。 [続きを読む]
  • とりあえず軟膏
  • 痛くも痒くもないのですが。。。気付いたら布ズレで白いニキビのようなできものが!膿が出そうだったので出してしまったのですが・・・ とにかく臭い!これ、アテローム(粉瘤)というものらしいですね。なんと、脂肪が大好物なバクテリアが増えて住処になってしまうらしいです。気になってつまんでみたら中身が出そうな感じだったので、強めにしごいたらちょっと出てきました。でも無理をすると反って炎症を起こさせてしまうと思っ [続きを読む]
  • マンゴスチン喉スプレー(更なる)携帯サイズ
  • 以前ご紹介しましたマンゴスチンの喉スプレーに、携帯サイズが出ました。もともとの商品でも充分携帯サイズなので、『更なる』を加えました。マンゴスチンエキス入りの方がいいんでしょうかね。   大きさ比較の為に代表的なヤードムを並べてみました。     ほぼ同じくらいの大きさです。最近のバンコク、日中はソンクラーンを髣髴させるような、刺すような日差しで、突然雨が降って蒸したり涼しくなったりで、体調も壊し易 [続きを読む]
  • タイハーブ 痔の痛みを和らげる
  • タイハーブ商品の棚を見ていて自分の勘違いに気付きました。この商品の入荷時は、『新パッケージになった別の効能の商品』だと思ってスルーしていましたが、よく見たら実は痔の薬でした。Compound Pet Sung Kat Capsule   おなじみの Herbal One シリーズの一つです。成分は、  ≪シッサスグアドラングラリス≫アユールベーダでは消化不良、強壮剤、鎮痛剤などに使用されているようですが、野菜としても食されているようです [続きを読む]
  • 梅味の喉飴
  • 私の周りだけかもしれませんが、最近、風邪がはやっているようです。マスクが売れます。マスクって、普通の人が風邪や風邪の予防で装着するのは日本の文化らしいですね。風邪の軽い症状で、ちょっと喉が乾燥する時や乾いた咳が出る時などに薬ではなく喉飴を口にする事は少なくないと思います。お薬成分が入っているものもありますが、個人的には、薬剤入りは非常事態にしか口にしません。丁度社内にそういった症状現在進行形の人が [続きを読む]
  • 特別なマウスウオッシュ
  • タイで主流のマウスウオッシュと言えばリステリン。タイで販売されているのリステリンNo.6には、フッ素が入っています。日本製は見た目は同じでもフッ素抜きだそうです。リステリン以外で、日本から輸入されているマウスウオッシュの種類も増えてきましたね。以前から薬局に置かれていて気にはなっていましたが、気になりながら無視していました。『C-20』というマウスウオッシュです。以前、「普通のマウスウオッシュと違う」と聞 [続きを読む]
  • 青バナナは薬
  • 最近色々と忙しく、こちらの方がご無沙汰になってしまいました。久しぶりにお店をうろうろしましたら、棚に見慣れない薬が並べられていました。どうみても「バナナ」、の何か。クリームとかではなく、胃腸薬などの薬の棚に並んでいます。商品名は 『Herbacid』「Herbicide」 という事であれば英語で除草剤を意味しますが、言葉は似てるけれど全然関係はなさそうです。バナナパウダーとジンジャーパウダーで構成されるこのお薬は胃 [続きを読む]
  • Meds21恒例の懸賞クイズ
  • このブログには初めてアップしますが、Meds21 Facebookにて懸賞クイズがあります。今回が第3回目になります。第1回目の賞品:外付けハードディスク第2回目の賞品:オムロンの血圧計そして第3回目の賞品は「MED Phono」という超音波美容器となります。顔と体のシミ、シワ、たるみのケアに使えるようです。もちろん賞品が1つしかないので、「回答者から抽選で」というお話です。賞品をゲットできなかった方には5%のディスカウントク [続きを読む]
  • 万能消毒です
  • 過去の記事にいくつか消毒用の商品をご紹介させて頂きました。その際、「あまりにも一般的なので」という理由でサラリと名前を載せて済ませてしまった商品があります。イギリスのメーカーの、Dettolです。 日頃名前を意識していなくても、ものを見れば「ああ、これか」と思われるかと思います。コンビニやスーパーマーケットでもおなじみです。この「オリジナル」のリキッドについては、Dettolタイランドからは、50mlボトル〜5リッ [続きを読む]
  • 白髪染めシャンプーその2
  • 以前、このブログで、”白髪染めのシャンプーだか、トリートメントだか” という事で、個人的に愛用の白髪染め商品を紹介した事があります。   白髪染めこの商品と同種の商品のご紹介です。  Mano Dark Hair Shampoo Hair Color当店の店頭にも以前から「なんとな〜く」置かれていた商品なのですが、商品のパッケージが金と黒の、地味だか派手だかわからないようなデザインで、社内では「タイ古式らしい(ボ〜ラン)。仏壇を髣 [続きを読む]
  • パパイヤの葉
  • 少し前にパパイヤリーフティーを1袋頂きました。私は“コーヒー派”なので、お茶はわざわざ飲もうとしなければほとんど飲みません。時々「飲みたい」と思うのはやはり緑茶です。健康茶は目的があるから飲むという感じです。以前から比較的飲む事が多いのは桑の葉茶(マルベリーティー)です。低タンパク体質の私は血糖値が上がりやすいので、血糖値をあげないようにしてくれるからです。食前もしくは食事と一緒に取ればいいし、味 [続きを読む]
  • 骨のためのサプリ
  • 会社主催の健康診断を受けてきました。前回自主的に受けてから1年も経っていないのですが、1年も経っていないのに変わるものは変わってしまうのですね。改善方向なら万歳♪なんですが、反対なので頭が痛いです。女性はどうしたって加齢によって女性ホルモンが減少してしまい、それに伴い体の機能が徐々に低下してしまうものです。私にはまだ何の病気もありませんが、お医者様からはいろいろなアドバイスがありました。その中で特に [続きを読む]
  • Google Chrome のトラブル
  • 薬局には全く関係のない話ですが・・・同様の問題で困っている方がいらっしゃったら参考になるかもしれないと思い、記事にしておきます。長い間何も問題はなかったGoogle Chromeですが、ある日突然、私のPCと数人のスタッフのPCで試用しているChromeに異常が発生しました。検索画面で、サイトによりますが、サイトを開こうと した途端にすぐにウィンドウが閉じてしまったり、もしくはそのサイト内のどこかを すると [続きを読む]
  • Zanmira Nail Care (ザンミーラ)
  • 2016年2月の記事になりますが、こちらの商品『新入荷』とご紹介した事があります。『爪白癬用−新入荷』主に欧米諸国では ”Kerasal Fungal Nail Renewal Treatment” という商品名なんですが、製造元(ドイツ)も成分もこのZanmira Nail Careと同じです。最近日本でも発売されましたね。インターネットTVで日本のCMを見ました。インターネットで商品検索をすると、通販でたくさん上がってきます。でもまだタイの方が安いですね。 [続きを読む]
  • タイの情報
  • 先週、タイの情報ということで、Tripuuu (トリップー)というWebサイトで当店をご紹介頂きました。海外在住の方を初めとする複数のライターさんが情報を投稿して編集部で編集されているようなサイトで、旅行のプロが作る情報メディアとは異なるので興味深いです。そんなWebサイトに掲載をして頂いて恐縮しながらも嬉しいです。口コミが多くを占めるガイドブックで私が思い浮かべるのは「地球の歩き方」1979年に創刊とのこと [続きを読む]
  • マルチビタミン剤 Centrum
  • タイでは知名度のある米国ブランドのマルチビタミンタブレット  Centrum タイで流通している製品のパッケージや種類が米国のものとは異なるので確認してみたら、タイで流通しているものは輸入ではなくタイで製造されていました。製品名が同じでパッケージデザインもほとんど一緒ですが、「本国とは内容が違う」ようなのです。米国では男性用、女性用、50歳以上・・・など、目的別に選べるようですが、タイには普通の物 [続きを読む]
  • 万能の液体 ”塩化ナトリウム水”
  • このブログは「個人的な話」が発想となっている記事がほとんどなので、やはり個人的な話から(笑)ソンクラーン休暇で地球の反対側へ旅行しました。そのせいで体内時計が狂ってしまったのか? 便秘というトラブルが発生してしまいました。経口便秘薬は好きではないので(トイレタイムのコントロールが大変)、「少々お腹が張る」と感じる時は繊維系のサプリなどを利用しています。しかしながら、全く気配がない状況が数日続い [続きを読む]
  • 虫刺され
  • 急に、脚に酷いかゆみを感じました。「蚊にさされたか?!」と思ったのですが、見てみると、どうやら蚊より性質が悪そうな虫のようでした。翌日になると患部は丸く真っ赤になっていて、赤い部分の中心にぷつりと白く刺されたらしき痕が見えました。とにかく痒い・・・以前から蚊に刺される度に「何故ここには日本のような虫刺されのかゆみ止めがないんだろう?」と思っていました。自宅では日本から購入してきた虫刺され用のかゆみ [続きを読む]
  • コンタクトレンズの保湿
  • お客様からのご相談「コンタクトレンズを使用していて、目が乾燥してしまって・・・」目薬をお探しでしたが、丁度そのお客様がコンタクトレンズの洗浄剤もお求めであったので、こちらの商品をご紹介させて頂きました。  Alcon Opti-Free Pure Moist    コンタクトレンズの保湿が16時間継続するとの事です。消毒成分以外に洗浄、うるおい、保存液成分が含まれています。Alcon(アルコン)社の製品は日本でも販売されています [続きを読む]
  • マハヒン − アサフェティダ
  • アサフェティダ なるもの、何でしょう???スパイスやアユールベーダに詳しい方はご存知かと思います。いつものように「何でしょ?」と商品を手にとって、臭いが嗅げたので嗅いでみましたところ、強烈なインパクトを残す臭いが!何か、どこかで嗅いだ事のある臭い・・・調べてみたら、その ”アサフェティダ” なる植物でした。セリ科の植物で香辛料や薬草として昔から利用されてきた植物で、この臭いの原因は揮発性硫黄化合物が [続きを読む]
  • 女ばかりで「タイ人あるある」
  • 薬局の商品には全く関係のない話です。タイで、日本人女子との会話でよく出る話なんですが・・・たまたま本日もその話題になったので、記事にします。日本人女子が集まったときによく出る話、「何でタイ人ってあんなにトイレが長いの?」そうなんです。日本人の常識では考えられないほど長い間トイレの個室に引きこもる。人が列をなしていても何でもマイペースで引きこもる。私個人の経験ですが、日本人女子が集まった時に誰かがこ [続きを読む]