和井弘希の蘇生 さん プロフィール

  •  
和井弘希の蘇生さん: 和井弘希の蘇生
ハンドル名和井弘希の蘇生 さん
ブログタイトル和井弘希の蘇生
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kouki6220wai
サイト紹介文昭和36年「かぶらはん」昭和38年「櫻」創刊。昭和36年「地帯」42年『営』『鋭』同人「草苑」同人「里」同人
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/03/18 20:18

和井弘希の蘇生 さんのブログ記事

  • 清新/十七〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/十七 法悟空 内田健一郎 画 (5842) 大地震、大津波が発生した二〇一一年(平成二十三年)当時、元藤裕司は、学会にあって、大槌、釜石、大船渡、陸前高田など被害の激しかった地域の県長であった。 その日、彼は内陸部で仕事をしていた。釜石の自宅には、目の不自由な義母、妻、娘、乳飲み子の孫がいる。携帯電話もつながらず、家族や同志の安否が心配でならなかった。 まず自宅へ向かった。交通は規制され、身 [続きを読む]
  • 燕の子/今日の俳句 ≪第2186号≫
  • ≪2016年(平成28年)7月3日(日)≫(旧暦5/29) つばめの子村に異国の嫁が来て      保坂加津夫 高原のこころつつつつつばめの子     中原幸子 御破算でねがひましては燕の子      大和田鏡子 時計台海に向きをりつばめの子      武井美代子 つばめの子飛ぶや奈良井の深庇      高野清風※ 燕の子・雛燕・子燕 巣の中に一列に並んで、口をあけて、親燕が運んでくるエサを争って奪い合っている愛 [続きを読む]
  • 夏燕/今日の俳句 ≪第2185号≫
  • ≪2016年(平成28年)7月2日(土)≫(旧暦5/28) むらさきのこゑを山辺に夏燕     飯田蛇笏 浅い旅寝やまつさかさまに夏燕    廣嶋美惠子 夏つばめ地より昏れゆく北野坂    橋場千舟 夏燕すでに水面の夜明けゐて    岡部名保子 青空を海に浸して夏つばめ     市川英一※ 夏燕 燕は春に渡来し、四〜七月に通常二回産卵する。産卵後一ヶ月余りで巣立ちをし、成鳥ともども各地で軽快に飛翔する姿が見られる [続きを読む]
  • 清新/十六〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/十六 法悟空 内田健一郎 画 (5841) 元藤裕司は、釜石の、そして、三陸の広宣流布を心に描いた。そのために“自分に何ができるか”を考え、身近なことから第一歩を踏み出そうと思った。 “地域の同志のために、「聖教新聞」の配達をやらせてもらおう!” 彼は、意欲的に、仕事、学会活動に取り組んだ。やがて結婚した。勤務していた建築会社の倒産、自身や義父母の入院・手術などが続いたが、常に唱題を根本に、 [続きを読む]
  • 三光鳥/今日の俳句 ≪第2184号≫
  • ≪2016年(平成28年)7月1日(金)≫(旧暦5/27) 三光鳥大瑠璃小瑠璃結願す     黒田杏子 三光鳥ききつとにかく朝寝かな     佐々木敏光 山光鳥帯解き放つ宿院に      小坂順子 山光鳥あそべる樹々の暗さかな    森田 峠 山光鳥檜山杉山淋しくす      瀧澤宏司※ 山光鳥  ヒタキ科の夏鳥で、ツキ、ヒ、ホシ(月日星)ホイホイホイと鳴くことから山光鳥と呼ばれる。大きさは葭切ぐらい。上胸以上が紺 [続きを読む]
  • 清新/十五〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/十五 法悟空 内田健一郎 画 (5840) 山本伸一は、人生は苦悩との闘争であることを述べていった。 「経文に『三界は安きこと無し 猶火宅の如し』(法華経一九一ページ)とあるように、現実社会は、常に一寸先は闇といえます。非情であり、残酷です。ゆえに、何があっても負けない自分を築き、わが生命の宮殿を開き、幸福を実現していくために仏法があるんです。 人生とは、さまざまな悩み、迷いを抱えて、それを [続きを読む]
  • 大瑠璃/今日の俳句 ≪第2183号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月30日(木)≫(旧暦5/26) この沢やいま大瑠璃鳥のこゑひとつ   水原秋櫻子 大瑠璃鳥や白灯台に灘の照り     岡部六弥太 オオルリの恋のはじまり青まだ      豊田ささお 行きし瑠璃鳥またかへしきぬ山葵沢   橋本鶏二 風入るる藤村旧居瑠璃鳥のこゑ    堀口星眠※ 大瑠璃 ヒタキ科の夏鳥。その渡来は比較的早く四月中旬日本へ来て囀る。大きさは雀ぐらいで、雄の背面は目の覚めるよ [続きを読む]
  • 清新/十四〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/十四 法悟空 内田健一郎 画 (5839) 午前、午後と勤行会を行い、参加者と握手を交わし続けた山本伸一の手は腫れあがり、真っ赤になってしまった。 管理者室で手を冷やしながら、夜に予定されている岩手県新春記念幹部会に備えた。  しかし、ほどなく岩手未来会第一期の結成式が始まるとの報告が入った。高・中等部員からなる十数人の人材育成グループである。伸一は、「“未来からの使者”とお会いしにいきます [続きを読む]
  • 白鷺/今日の俳句 ≪第2182号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月29日(水)≫(旧暦5/25) 癌の妻風の白鷺胸に飼ふ      斉藤 玄 白鷺や植ゑし水田の稲みどり     門屋大樹 白鷺の降りし青田のあらたまる    柴田佐和子 白鷺の深みへ行くを見詰めをり    篠田純子 白鷺のはるかな白に居りにけり    不破 博※ 白鷺 サギ科の白い羽毛に覆われている鳥の総称で、大鷺・中鷺・小鷺があり、前二種は渡り鳥。小鷺は留鳥。いずれも初夏から巣を営む [続きを読む]
  • 清新/十三〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/十三 法悟空 内田健一郎 画 (5838) 十二日、水沢文化会館の開館を記念する自由勤行会は、結局、夕方までに数回にわたって開催された。いずれも山本伸一が導師を務め、あいさつもした。皆の輪の中に入り、握手を交わし、要望に応えてピアノも弾いた。 彼は、勤行会のたびに、「日ごろ、ご無沙汰していて申し訳なく思っています。私は、日々、岩手の皆さんの健康長寿、無事安穏を願い、真剣に題目を送っています。 [続きを読む]
  • 青鷺/今日の俳句 ≪第2181号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月28日(火)≫(旧暦5/24) 青鷺の叱と鳴きつゝけふの月     服部嵐雪 青鷺や闇のどこかが濡れてをり    加藤楸邨 青鷺はさみしき空を水に統ぶ     北 光星   青鷺や水に浮びし后陵        大島民郎 青鷺のはるかなる視野しぐれけり   上野さち子※ 青鷺 日本のサギ類の中では最も大型で、背面が青灰色。産卵期は四〜五月。北海道・本州・四国・対馬で繁殖するが、北方のもの [続きを読む]
  • 清新/十二〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/十二 法悟空 内田健一郎 画 (5837) 山本伸一が「明日の自由勤行会には、何人ぐらいの方が、お見えになるかね」と尋ねると、山中暉男が「数千人は来ると思います」と答えた。 「そうか。ほぼ同時刻に大挙して会員の皆さんが訪れた場合、どうすればスムーズに会場の出入りができるかがポイントです。特に混乱するのが玄関だ。 また、履物の間違いがないように対策を考えよう。学会の会館に喜んでやって来て、自分 [続きを読む]
  • 水鶏/今日の俳句 ≪第2180号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月27日(月)≫(旧暦5/23) 水鶏たたく五湖の一つの昏れにけり   岡本爽子 仮の寝に返す手枕水鶏鳴く       嶋田麻紀 水鶏笛きつと芭蕉を呼び寄せる     松田ひろむ ほろほろと水鶏の月のこぼれ雨     山本杜城 水鶏啼き高野は真夜も杉匂ふ      神尾久美子※ 水鶏・水鶏笛 クイナ科の鳥の総称。水鶏・緋水鶏などがあるが、和歌などに詠まれてきたのは、緋水鶏で、顔面から腹に [続きを読む]
  • 清新/十一〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/十一 法悟空 内田健一郎 画 (5836) 山本伸一は、水沢文化会館に残っていた役員の代表たちに、次々と声をかけていった。特に清掃の役員に就いていた婦人など、陰で黙々と作業に当たってくれた人たちには、丁重に御礼を述べながら語り合った。 それから、書類の決裁などの執務を開始すると、二階のロビーから大勢の人声が響いてきた。行ってみると、女子部の合唱団のメンバーが集まっていた。 彼女たちは、この日 [続きを読む]
  • 葭切/今日の俳句 ≪第2179号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月26日(日)≫(旧暦5/22) 言問はむ真間の芦洲に啼くげげす   臼田亜浪 夕潮の満ちわたりけり葭すゞめ    日野草城 葭切や晒布に重石拾ひ置く      高田蝶衣 子育ての大声同志行々子       加藤楸邨 目の前にあつて葭切鳴くことよ    外川飼虎※ 葭切・行々子・葦雀 ヒタキ科の夏鳥で、大葭切と小葭切がある。大葭切は雀より少し大きく鶯型である。背面はオリーブ色を帯びた淡褐 [続きを読む]
  • 蜜柑の花/今日の俳句 ≪第2178号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月25日(土)≫(旧暦5/21) ふるさとはみかんのはなのにほうとき   種田山頭火 花みかん瀬戸海流は争はず         鷹羽狩行 花みかん潜水艦の来てをりぬ        松下章子 ひとり住めば夜の濃くなる花蜜柑     つじ加代子 託児所はこの裏通り花みかん       柴田志津子※ 蜜柑の花・花蜜柑 普通は温州蜜柑をさし、日本でできた常緑潅木性の柑橘で、現在では西日本の暖地に [続きを読む]
  • 清新/十〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/十 法悟空 内田健一郎 画 (5835) 山本伸一は、直ちに、三陸から来た数人のメンバーが待つ一階へと下りていった。 三陸方面でも、同志は、宗門僧による過酷な仕打ちと戦い続けてきたのだ。 「大変ななか、ようこそ、おいでくださいました。ありがとう!」 彼は、一人ひとりと握手を交わした。 皆、口々に「先生!」と言って、?を紅潮させながら、伸一の手を、ぎゅっと握り締めた。その目には、涙が光っていた [続きを読む]
  • 花橘/今日の俳句 ≪第2177号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月24日(金)≫(旧暦5/20) 花橘妻子らそこにゐてはるけし    塚本邦雄 遠つ世のこと橘の花の香に      河野静雲 塚山に花橘の白さかな       伊丹さち子 橘の花の下にて伊豆の海      甲田鐘一路 橘の花の匂ふや神の前        石井桐陰※ 花橘(はなたちばな)→橘の花・大和橘・右近の橘。 タチバナは、日本のミカンの現生種で、温暖な地方の海岸に近い 山地に野生し、 [続きを読む]
  • 清新/九〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/九 法悟空 内田健一郎 画 (5834) 代表幹部会は、ほのぼのとした雰囲気に包まれるなか、山本伸一の指導となった。 彼は、地理的にも、気候的にも厳しい条件のなかで、堅忍不抜の意志をもって、広宣流布に挺身してきた岩手の同志を、心から賛嘆した。そして、「それぞれの地域にあって御本尊の功徳を受け、人間としての実力を培い、地域に根差した“広布の村長さん”になっていただきたい」と呼びかけた。 さらに [続きを読む]
  • サングラス/今日の俳句 ≪第2176号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月23日(木)≫(旧暦5/19) サングラス掛けて妻にも行くところ    後藤比奈夫 サングラスのパブロピカソに蜜蜂      金子兜太 親といふものやめたサングラス       能勢京子 サングラスそれからラム酒一瓶と      児玉硝子 ずぶ濡れの伝承の石サングラス       中原幸子※ サングラス ガラスに色のついている眼鏡。本来は強い紫外線から目を保護するものであるが、最近はフ [続きを読む]
  • 清新/八〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/八 法悟空 内田健一郎 画 (5833) 安房由光の販売店の配達員からも、宗門僧の圧力に屈して、学会を去る人が出始めた。配達員がいなくなった地域の配達は、安房自身が行わなければならない。彼は“負けるものか!”と、自分を奮い立たせた。 一月十一日、安房は、県北の二戸から県南の水沢まで、車で三時間ほどかけて、岩手県代表幹部会に駆けつけたのである。途中、吹雪に見舞われた。“これは、広布の道を象徴し [続きを読む]
  • 短夜/今日の俳句 ≪第2175号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月22日(水)≫(旧暦5/18) 短夜の麓に余吾の海白し       内藤鳴雪 明易き露台の花卉に人さめず     西島麦南 短夜の水満つ甕に一滴づつ     野見山朱鳥 短夜の水際に失せし男かな      中村苑子 短夜の入らねむれる汽車に乗る    篠原 梵※ 短夜・明易し・明早し・明急ぐ 春分の日から昼が長くなり、夏至になると最も夜が短くなる。この前後の明けやすい夜のことをいう。夜 [続きを読む]
  • 清新/七〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/七 法悟空 内田健一郎 画 (5832) 山本伸一は、水沢文化会館の大広間で、白蓮グループ、創価班、学生部の代表、運営役員などと次々に記念のカメラに納まった。 この日は、美しい夕焼けとなった。 燃えるような夕映えのなか、新年を記念する岩手県代表幹部会に出席するため、県内各地から続々とメンバーが集ってきた。 伸一は、午後五時から二十人ほどの代表と懇親会をもち、幹部の姿勢について語った。  「岩 [続きを読む]
  • 夏至/今日の俳句 ≪第2174号≫
  • ≪2016年(平成28年)6月21日(火)≫(旧暦5/17) 心澄めば怒涛ぞきこゆ夏至の雨        臼田亞浪 老どちの夏至夕暮を待つ会話         瀧 春一 キーウィの蔓が鞭打つ夏至の空        寺田良治 夏至の空女子高生らの批評癖     わたなべじゅんこ 潮境くつきり夏至のカフェテラス       中山純子※ 夏至 二十四節気の一つ。六月二十一日又は二十二日。太陽が黄経九〇度になること。もしく [続きを読む]
  • 清新/六〈小説「新・人間革命」〉
  • 清新/六 法悟空 内田健一郎 画 (5831) 山本伸一は話を続けた。 「今日は、岩手の大飛躍のために、ともすれば幹部が陥りがちな問題について、あえて厳しく語っておきます。 幹部は、組織を自分のものであるかのように考え、会員の方々を部下のように思っては絶対にならないということです。 学会の組織は、仏意仏勅の広宣流布のための組織です。“学会員は御本仏からお預かりした仏子である”と決めて仕えていこう、 [続きを読む]