武田総合事務所 さん プロフィール

  •  
武田総合事務所さん: 大切な財産や想いを次世代へ繋ぐ架け橋
ハンドル名武田総合事務所 さん
ブログタイトル大切な財産や想いを次世代へ繋ぐ架け橋
ブログURLhttps://ameblo.jp/24daragon24/
サイト紹介文大切な財産や想いを次世代へ繋げる為のお手伝いをさせて頂いております。
自由文相続に特化した行政書士事務所と土地家屋調査士事務所を運営しております。『想い』を伝えていく事は簡単な事では御座いません。皆様の『想い』を最大限に伝えていく架け橋となる事をお約束します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/03/19 19:35

武田総合事務所 さんのブログ記事

  • 724 【さいたま地方法務局長表彰】を受賞致しました。
  •  昨日、第73回埼玉土地家屋調査士会定時総会が開催され、お陰様で【さいたま地方法務局長賞】を授与することが出来ました。誠実に、業務を行っていけば土地家屋調査士会員ならば誰もが受賞できるものですが、法務局という国家機関の行政庁の長から表彰して頂ける事は感謝の言葉しかありません。 喜びもつかの間ですが、総会終了後の懇親会では登記業務を中心とした土地家屋調査士業務の中で様々な諸問題が我々の業界にも影響を [続きを読む]
  • 723 幼児が悪いか、老人が悪いか
  • 先日とあるお店で食事をしていた時、ふざけていた幼児が老人にぶつかってしまい、大泣きをしていました。直ぐに、幼児の親が老人に向って謝っているという様子を目にしました。 ぶつかってしまった幼児はふざけていましたので人にぶつかる事は勿論わざとではありません。けれども、老人は、親に向って『近ごろの若い者は躾一つできない』等と説教じみた話をし始めました。 わずか数秒の出来事でしたのでどちらが悪いは正直分りま [続きを読む]
  • 722 相続人いない 86歳女性の終活
  • 前回ブログ投稿より、又、時間が経ってしまいました。 この時期はあっという間に時間が過ぎてしまいます。もっとこまめにブログを投稿したいのですが・・・ それはさておき、今日、タイトルにあるような記事が毎日新聞の記事で掲載されていました。 お読みになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000023-mai-bus_all 記事を読めばわかりますが、タイトル通り、相続人がい [続きを読む]
  • 721 母を前にして・・・
  • 昨年9月からずっと入院している母の様子を見ていて、色々と考えるようになりました。 体調はとても良くはなっており、もう直ぐ退院できそうなのですが・・・ その一方で入院生活が長引いてしまったせいか、とても耳が遠くなりました。 話しかけても、返事は返ってくるものの、半分くらいは会話が成立しない位です。 認知症が進んでいるとは思えないのですが・・・ 高齢者の方と仕事柄話をする機会が多いのですが、どうしても母親 [続きを読む]
  • 720 雪かき
  • 先日の大雪で皆さんもご自宅の前を雪かきされた方も多かったのではないでしょうか? この雪かきという作業、違った面で見て見ると結構面白いんです。 それは、土地の所有者の方がどこまでが自分の所有している土地かを認識する良いチャンスだからです。 つまり、どこまでが自分の土地の境界なのかを認識するわけです。 所有されている土地はまず、何らかの道路に接していると思います。自分の土地の前面道路の雪かきをどうするか [続きを読む]
  • 719 相続法の改正について
  • 7日の日に政府が検討している相続法に関する民法の改正案が報道されていましたね。 配偶者の短期居住権や20年以上の夫婦間の不動産贈与が遺産分割協議から除外されたり、 被相続人の預貯金を遺産分割前に生活費や葬儀費用に充てる、自筆遺言の簡素化、 法務局での遺言書の保管、相続人以外で被相続人の看護に大きな貢献をした人の金銭請求可能の制度などかなり、 内容が多岐にわたっております。 これまでもパブリックコメントが [続きを読む]
  • 718 相続人に海外在住の人がいると・・・
  • 昭和の時代の時と違い今は国際社会が発達し、海外へ行く機会が増えているのではないでしょうか?。 尤も、昭和の時でも国際交流は盛んでしたが・・・ 海外との交流が増えると当然国際結婚する夫婦が増えてきます。 相続手続きの中ではそれほど多くは有りませんが、相続人の中に海外在住の方がいると少し手続きが大変になります。 海外在住ですすから、その相続人の方を無視して相続手続きが出来ないからです。 一般的に、海外在住 [続きを読む]
  • 717 平成30年のスタートです
  • 新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。 昨年度末にインフルエンザにかかってしまい、体調的に優れないかと思っておりましたが、何とか昨年度中に体調を回復し 新たな年を迎える事が出来ました。 何かとブログが停滞気味になっておりますが、もう少し今年は土地家屋調査士業務をはじめ、相続関連業務につき情報発信できればと思っております。 そういった意味で今年のキーワードはズバリ『空き家 [続きを読む]
  • 716 普通の遺言なのに・・・
  • 終活という言葉が流行ってますね。まだまだ高齢者の方々が遺言を残されるケースの方が大半です。何しろ遺言書を残している方々の少なさは統計上からも明らかです。  さて、いざ、遺言書を書いたからといって安心している方が多いのも又、事実です。  そうですよね、遺言書を残せばその通りに財産が継承していくのが大半ですから・・・ 4人家族で夫が将来の為に全ての財産を妻に相続させるといった内容の遺言を残されるケースも [続きを読む]
  • 715 測量費用は高いですよ!
  • 土地家屋調査士業務の中で土地に関する登記手続きを行うときは一部の登記手続きを除き、必ずと言っていいほど土地を測量します。 でも、この測量に関する費用結構な金額がします。何万円単位ではなく何十万単位という費用が・・・ 私の場合、何故費用が高くなるのかHPに記載しているのですが、それでも見積もりの問い合わせで金額を提示すると必ずと言っていいほど皆さん驚かれます。 こちらに記載してあるのですが、残念がら見て [続きを読む]
  • 714母が入院しました。
  •  それほど遠くない距離に住んでいる母ですが、中々会おうと思っていても後日になってしまうのは、いつでも会いに行ける距離だからかもしれません。  そうはいっても、大きな病気もこれまでかかってきた事のない母でしたので、入院となるとやはり心が重くなってしまいます。 入院病棟が救命病棟だったせいもあるかもしれませんが・・・・  さしあたって直ぐに悪くなる事はないとのお医者さんの診断でしたので、安堵はしてますが [続きを読む]
  • 713 気づけば9月も中旬に・・・
  • この夏は非常にバタバタとしてまして、後半には体調を崩したこともあり、気づけばあっという間に9月に入っておりました。 体調を崩した最大の原因は、どうにも暑い夏ではなく、涼しかった日が多かったせいが多分に影響しております。 そうした中でこれまで抱えてきた相続案件や測量現場もこなしつつ、陽宅最近になって体調も戻りつつあります。 本来ならばもう少しブログを書きたかったのですが・・・ 9月に入り、少しずつですが [続きを読む]
  • 712 法定相続情報証明制度を利用してみました。
  • この5月末から開始された法定相続情報証明制度、利用する機会が偶然ありましたので利用してみました。 公証役場での遺言検索(同じ法務局所属だから利用できるのは当然として)から始まり、都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、等の金融機関をはじめ証券会社、自動車検査登録事務所等、相続手続に関する戸籍書類提出先に当たる窓口全て証明書1枚で対応してもらえました。登記に関しては勿論、司法書士事務所に証明書のみ提 [続きを読む]
  • 711 久しぶりの更新です。
  • ブログではご無沙汰しておりました。ここ最近迄、ずっと慌しい日が続いてしまいました。 仕事やプライベートなことまでブログとして書きたい事は山ほどあったのですが、時間がとれず、暫く振りの更新となってしまいました。 業務では土地家屋調査士の業務で現場の日々が続き、又、外業の合間には相続専門行政書士としての相続手続きをこなしつつ、 気づいてみれば5月以来のブログ更新となってしまいました。 はやりこれからは好き [続きを読む]
  • 710『結び』・・・
  •  このGWに白川郷を訪れたいと思うようになったのはやはり映画『君の名は』の影響を強く感じたからでした。  今は個人の権利ばかりを主張する社人が多くなる中で、この村には伝統である『結び』が今でも伝統として受け継がれています。この受け継がれている伝統を実際に自分自身の目で見る事により、失いつつある社会の絆を感じる事が出来たのは私自身がもしかしたらこうした伝統を忘れかけていたのかもしれません。 [続きを読む]
  • 709法定相続情報証明制度について
  • ご無沙汰しております。ブログの更新は滞っておりますが、何かと日常業務をこなしつつ日々過ごしております。 さて、皆様、既に報道等でご存じのように来月5月29日より、法務省管轄の法務局にて法定相続情報証明制度が開始されます。 詳しくはこちらで↓http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00284.html この制度は不動産登記規則という『規則』を改正して実現される制度になります。 昨年12月の段階で既に皆 [続きを読む]
  • 708新たな環境・・・
  • 今日は年度末ですね。明日、役所を主体にして考えれば4月3日(月)から新年度体制が始まります。市役所や法務局など、市民にとって身近な役所も新年度が始まります。  昨年の4月に新年度が始まった時、法務局に挨拶をしたせいか、担当者の方から、3月末で人事異動になるとの連絡を頂きました。私は支部長では有りませんので少々戸惑ってしまいましたが、それでも私にわざわざ連絡して下さった事にとても感 [続きを読む]
  • 708新たな環境・・・
  • 今日は年度末ですね。明日、役所を主体にして考えれば4月3日(月)から新年度体制が始まります。市役所や法務局など、市民にとって身近な役所も新年度が始まります。  昨年の4月に新年度が始まった時、法務局に挨拶をしたせいか、担当者の方から、3月末で人事異動になるとの連絡を頂きました。私は支部長では有りませんので少々戸惑ってしまいましたが、それでも私にわざわざ連絡して下さった事にとても感 [続きを読む]
  • 707成年後見制度基本計画について
  • 政府が24日の閣議で成年後見制度の基本計画について平成31年5月迄に見直すとの報道がありました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170324/k10010922631000.html  今の日本の超高齢社会を考えた時、もう待ったなしの状態にまで来ていると感じております。基本計画の内容を私自身が未だ把握していないので何とも言えませんが、もっと国民だけでなく、街の法律家と言われるような行政書士等の有資格者をもっと積 [続きを読む]
  • 706久しぶりの更新です
  • 御無沙汰しております。とっても久しぶりの更新となってしまいました。ここまで更新が遅れてしまうのは反省です。更新出来ない間は様々な出来事があり、一言では言い表せません。 季節の変わり目は早いもので近くの桜の花も開花し出したようです。来週にかけて満開になって来ると思うので楽しみにしてます。 更新できない間は日常業務は元より、旅行に出かけたり、これまでの自分自身を振り返ってみたりとある意味とて [続きを読む]
  • 705相続関連の測量業務
  • 最近相続に伴う測量業務の依頼が以前にもまして増えております。やはり、前回のブログ投稿のように相続発生に伴う空き家対策としての売却に伴う依頼が多くなりました。 空き家の状態で放置していると、建物が老朽化するだけでなく、登記の手続きも複雑になったりと放置していると支障が生じる事が多いのに対し、事前に対処する事により、問題解決に向けて取り組むことでスムーズに取り組むことが出来る事により、多くのメリ [続きを読む]
  • 703解体作業・・・
  • 事務所の直ぐ近くで空き家になっていた家の解体作業が始まりました。空き家になった理由はそれまで住んでいた方がお亡くなりになり、家族の皆さんも既に新たな生活拠点を別に持たれていらっしゃるからです。空き家の状態では相続人の方も空き家を管理するのに相当苦労されていらっしゃたようです。空き家ですと、不審者が出入りしたり、倒壊の危険が生じてしまうと特定空き家に指定させる可能性も生じてしまいます。 けれど [続きを読む]
  • 702気づけばあっという間に・・・
  • ドンドン時の経過が早くなってしまいました。2月に入り初めての更新。以前は毎日更新していたのでその反動が・・・ 言い訳は置いておきまして、先日の9日でブログを立ち上げてから早2年が経過しました。ここ数日、投稿したい事が次々と有ったのですが、気づけば更新せずに過ぎてしまうという・・・ これではいけませんね。反省します。 今年に入り、分ってはいたのですが、土地家屋調査士業務で日々現場に出ている [続きを読む]